目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

133 / 147ページ

2007年11月29日  古いもの  

今日は久しぶりによい天気になった。

この最近天気が悪かったので、その鬱憤を晴らすかのように、僕は男友達とサッカーの練習をしに行き、2時間ほど汗を流した。

その後、友達数人でいつもどおりブランチに行き、ミモザを引っ掛けて家に帰った。

夕方になって僕は、友達のジェイドの家に遊びに行った。

僕は去年、アリーの癌が見つかった時に、アリーになんとか生きる希望を持ってもらいたいと思って、友達を誘ってヨットレースに参加した。

ジェイドはその時、僕の急な呼びかけにもかかわらず理由を聞くこともなく仕事をやりくりして、ヨットレースに駆けつけてきてくれた友達だ。

ジェイドは2度目の離婚の手続き中で、近々引越しをする彼の家に行って、僕は荷造りを少し手伝った。

荷造りを手伝えば、晩飯を奢ってくれるという約束だったので、彼を手伝う事にしたのだが、別に、晩飯を奢って欲しかったわけではなく、ただ、こういう時に友達を助けるのが照れくさかったので、照れ隠しに適当な理由をつけただけのことだった。

だけれども、別に二人とも夜の予定があるわけではなかったので、男二人で、食事にでかけることにした。

男二人で車に乗り込み、ニューヨーク湾の近くのレストランに出かけ、男二人で芝生の上に置かれたテーブルに陣取り、夕日に染まる自由の女神に乾杯をしながら二人で食事をした。
 
たまには男同士も良いものだと思った。

二人は言葉少なにワインを注ぎあい、ニューヨーク湾に夜の帳がおりるまで、そこに座っていた。

こういう時の男同士には言葉は要らない。

ジェイドを送ってから自分の家に帰り、コーヒーテーブルに足を投げ出し、ウイスキーグラスを片手に、タバコに火をつけた。

僕は、何気なく手にしたジッポのライターに目をやった。

そういえば、僕はこのライターを25年近く使っている。

昔は綺麗な金色の真鍮製のライターも、今はくすんだ色になっているが、なんともいえない存在感を持ったライターになっている。

”伊達に古いだけじゃないぜ”と無言のうちに押し出す存在感。

やはり道具も使い込む事で味が出てくるのだと思う。

 

僕の周りの愛する人たちは、皆、僕から遠いところに行ってしまい、僕は一人きりになってしまった。

でも僕が愛した道具達は、まだ僕の周りで独特の光を放っている。

新しけりゃ良いってもんじゃないんだぜ。

とでも言うかのように。

僕はどんどん新しいものに買い換えるよりも、一つのものを使い込むタイプだ。

物にも心があると思っているから、使い込んでいく事で、物とも情が繋がっていくって言うか、そういう付き合い方をしたいと思っている。

有名なギター工房があるんだけど、そこで丹精込めて作られたギターは、ギター完成時に3日間、素敵な音楽をギターに聞かせる。
 
そうすると、ギターの音色が変わるそうだ。

水の結晶って言う有名な話があるけど、水を入れたコップの下に、”ありがとう”とか愛のある言葉を書いた紙を置いておくと、水の結晶が綺麗になるんだけど、コップの下に”馬鹿”とか”死んじまえ”とか汚い言葉を書いた紙を置いておくと、水の結晶が汚くなる。

その話ではないけれど、僕は物とも情を持ってとことん付き合いたいと思う。

持ち物で、持ち主が想像できるように、持ち物と付き合いたいなと思いながら、僕は愛用のジッポライターでタバコにまた火をつけた。


 


2007年12月08日   ディズニーランド

僕は来週一週間程、日本に行って仕事をしなければならなくなった。

仕事で日本に行くのだけれど 僕は土曜日に無理やり時間を作って、僕が保証人をしている里子達を引き連れて、ディズニーランドに行く事にした。

親のない子供達だって、小学校に行って休みに何をしたか友達同士で話をしたいだろう。

別に特別な事をしなければいけないなんていう必要はないのは事実だ。
 
世の中には、そんなイベントなどなくても、幸せに生きている人たちがたくさんいる。

だから、子供達をそんなところに連れて行こうなどと言う考えは、僕の不遜のなせる業かもしれない。

僕は間違っているかもしれないけれど、僕が子供だったら、やっぱり年に一度くらいは、クリスマスくらいは、どこかに連れて行って欲しいと思うから、自分の気持ちに素直になって、子供達を誘ってみようと思う。

血のつながりがなくたって、赤の他人だって愛しているんだと言う事をわかってほしいから。
 
そして自分達が大きくなったときに、今度は自分達が、そう言った境遇の子供達に愛を持って接してくれたら、僕の罪で汚れた心が浄化されて、天使に許してもらえるような気がするから。

ニューヨークは気温が下がり、今日はまた雪がふるそうだ。

地上に墜ちた星のように、美しく輝く5番街のスノーフレークを見ながら僕は家路を歩いた。

2007年12月16日  幸せの値段 

日本にきて一週間、怒濤のように働いた。

僕は築地の青果市場の近くに、果物を梱包する小さな会社を一つ持っている。
 
里子の世話を始めた後に彼らの親達や、彼ら自身が大きくなってきたときに働く場所がないと、日本の当局はなかなか融通がきかないので、面倒に思って、彼らが働く事ができる小さな会社を一つ作った。

その会社は全く儲からないが、子供達の為に人生をやり直そうと誓った不法入国者達が、その子供達の為に、誇れる親であろうと頑張る事ができる場である事ができればと僕は思っている。

土曜日は約束どおりに、里子達をディズニーランドに連れて行った。

親がいる子達は親も連れて行ったので、結構な人数になった。

朝から夜の10時まで、まるでツアーガイドのように走り回った。

お陰で、中国からのツアーのガイドさんにはガイドと間違われ、帰る頃にはお友達になってしまった。

本当はのどかな週末だと思ったのだが、子供達に目一杯走らされ、最後のほうには、心臓が口から飛び出るかと思うほど疲れきってしまったけれど、嬉しそうな子供達の笑顔と、その子供達の笑顔をみて嬉しそうに笑う親達の笑顔を見る事ができれば、僕の疲労も報われた気がするし、彼らの笑顔は、僕にも笑顔をもたらしてくれた。

僕は昔、自分の恋人を殺してしまった。
 
そして彼女のおなかの中にいた僕の子供も殺してしまった。

その後も、のうのうと生き続け、自分が生き残る為に人をだまし、人を泣かして生きてきた。

僕の手は僕が犯してきた罪で汚れている。

そんな中で天使のようなアリーに出会い、自分の罪を悔い改めて少しでも罪を償う為に、人の為に自分の命を使う事にした。

そうしていれば、いつか僕が死んでアリーと再会する時に、神様も僕の事を許してくれて、死後の世界を最愛の人と、今度こそ、二人が歳をとるまで一緒に過ごす事ができるかもしれない。

そんな事を思いながら、笑顔ではしゃぐ子供達の姿を眺めていた。

幸せは決してお金で買うことはできない。

笑顔もお金で買うことはできない。

命もお金で買うことはできない。

失った時に初めて気づく、この世の中の大事なもの全てが、決してお金で買うことができないものなのだ。

 

そんな当たり前な事を考えながら、少しでも多く、子供達が笑顔でいられるように、愛されていると実感できるように、そして周りの全てのものに愛を注ぐ事ができるように、それが僕の罪滅ぼしであり、この世に生きている理由なのかもしれない。


幸せの値段。


頭ではわかったつもりでいるけれど、肌でそれを感じた時に、その尊さに改めて思いを巡らせてしまう。

僕は仕事のディナーの前に、銀座の博品館に行き、人数分のクリスマスプレゼントを買った。

築地の会社を預かる従業員に、クリスマスの前にそれらを博品館まで取りに行ってもらい、サンタクロースのふりをして子供達に上手くそれらを渡してもらう事にした。

別にクリスマスを宗教的に祝う必要は無い。
 
僕が彼らに伝えたいのは、誰かが彼らを愛しているという事。

ただそれだけ。

別にプレゼントがあるから愛があるというわけではないけれど、他の友達が親からプレゼントを貰っている時に、悲しい思いをさせたくはない。

いずれ大人になった時に全てがわかり、サンタクロースなんていないって言う事がわかった時に、それでも彼らを愛していた男がいたという事を思い出してくれるだけで良いのだ。

僕は愛に飢えている。
 
だから人に愛を与える。

自分が愛されなくても、人を愛する事で、何となく愛を確認する事ができる。

ちょっと屈折しているけれど、人を愛するという事は、僕にとっては自分を愛するという事なのだ。

全てが終わり、僕は一人成田でニューヨーク行きの飛行機を待っている。

僕の生活は決して安定していない。

リスクの大きすぎる生活だ。

止まったら、負け。
 
ひるんだら、負け。

だから生き残る為には、闘い続けるしかない。

夢を信じ、自分を信じ、人を愛し、人を信じるだけ。

もうすぐ、フライトの時間だ。



 


2007年12月18日  綺麗な心

僕は日曜日の12時の飛行機でニューヨークに戻って行った。

いつもは金曜日まで働いて、土曜にフライトで帰るのだけれども、今回は里子達をディスニーランドに連れて行く約束を守るために、土曜日は日本にいて、日曜日に帰る事にした。

いつもは時間がもったいないので、仕事が終わるとさっさとニューヨークへ帰るのだけれども、今回は優しい気持ちでニューヨークに帰れた気がする。

やっぱり子供達と一日を過ごして、一緒に笑って、彼らの微笑みを体で感じる事が出来て、そういうふれあいが、僕を優しい気持ちにしたのかもしれない。

ディズニーランドで、里子達と一緒に花火を見ていると、僕が最初に里子にして8歳になる女の子が、僕を見上げて
『Toshは、どうしてお嫁さんいないの?』と聞いた。

僕は彼女と手を繋ぎながら花火を眺めていたが、彼女の顔を見て微笑んで、
『僕には大好きな人がいるんだよ。心を綺麗にしないと見えないんだけどね。だから大好きな人を見る事ができるように、僕は一生懸命心を綺麗にしようとしているんだよ』と言った。

その女の子は僕を見上げて微笑んで
『Toshは、綺麗な心を持っているよ。だからそのうち見えるようになるよ』と言ってくれた。

僕は思わず笑ってしまい、その女の子の手をもう一度握りしめて花火を見上げた。

優しい気持ちを握りしめて、僕はいつものように飛行機の中で眠りについた。

目をつむっていても涙がこぼれ続けるけれど、それは悲しいからじゃない。

暖かい心に触れる事が出来ると、心から溢れだしてくる涙と言えばいいだろうか。

僕は暖かい涙に包まれ、一週間分の睡眠を取るように、食事もせずに眠り続けた。


ニューヨークに着く頃に僕は目を醒ました。

飛行機が高度を下げ、厚い雲を突き抜けると、見慣れた街が灰色の空の下に濡れていた。

 

 


2007年12月21日  大事な家族

今夜は、僕の仕事場のクリスマスパーティを開催した。

マンハッタンのホテルのボールルームを借り切って、全従業員とその家族を招待した。

生バンドを雇って、ボールルームでダンスが出来るようにセットアップをし、家族や子供達の為にビンゴを準備した。

従業員とその家族達の笑顔を見るのは、やはり嬉しい。
 
僕にとってはみんな大事な家族だ。

僕の会社は、毎年毎年が綱渡りなので、いつもこの季節になると、”来年は、彼らの笑顔を見る事ができるのだろうか?”と不安になる。

僕を信じてついてきてくれる人たちの顔から、笑顔を絶やさないようにするのが僕の仕事だ。

そのためにはどんな状況になっても、僕は夢を諦めず、夢を信じ続ける。
 
そして最後の最後まで希望を繋ぐように、知恵の限りを尽くして対策を練り、行動し続けないといけない。

それが、僕の仕事だから。

人の出入りが激しいこの業界で、僕の所は人が動かないのが有名になっている。

たまに同業者から、
『人を繋ぎとめる秘訣はなんですか?』と聞かれる事がある。

僕は笑って
『人を心から愛する事。自分が人に何が出来るのかを常に考える事。それしかない』と答えている。

人から何をして貰うかじゃなくて、人に何ができるかを考えるようにしないと、なかなか人って定着してくれないと思う。

僕が払っている給料は決して安くはないけれど、ある競合者は2倍の給料を積んで、僕の所から引抜をしようとしたことが何度もある。

お金は大事だけれど、お金は全てではない。

 

僕が大事だと思うことは、同じ夢を共有する事、その夢に向って少しずつでも良いから前進する事、そして自分が社会に貢献している事を感じ、自分自身が成長している事を感じ取れる事だと思う。

 

だから僕らは何度も死線を越えてきた。

去っていった人たちもいたけれど、残る人も沢山いる。

困難に直面した時に誰でも怖いし辛いけれど、困難に直面した時に何をしたのかが、自分の将来にとても大事だと言う事を、みんなわかっているからだと思う。

ディナーの後、僕は師走の街に出た。

午後から雨が降ったので、夜になってもまだ街は濡れていた。

濡れた道路に写った街のクリスマスの灯りが、より街を美しく彩っていた。

僕は夜の風に吹かれながら、少し遠回りをして家に帰った。

夜風に吹かれながら、従業員の家族達の笑顔を思い出した。
 
最後まで夢を諦めずに、彼らの為にそして自分の為に、自信を持ち続けなければいけないと思った。

僕にとっては、皆が家族の一員みたいなものです。

 

 

ありがとう。



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について