目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

106 / 147ページ

2007年03月22日  夜明けのキャッチボール

ニューヨークを夜の8時半に出て、サンフランシスコの空港に夜中の12時過ぎに着いた。

そこでレンタカーを借り、ハイウェイ101号線を南に走った。

真夜中過ぎのハイウェイを走る車は少なく、僕はヘッドライトをハイビームにして、漆黒の闇の中をひたすら南にむけて走った。

飛行機の中で睡眠をとったこともあり、また明日のミーティングの事で神経が高ぶっている事もあり、夜中の1時を回っていたが眠気がおきなかったので、僕はホテルに行かずにそのまま仕事場に行く事にした。

誰もいない仕事場で、朝が来るまでミーティングの作戦を練ろうと思った。

誰もいない駐車場に車を止め、事務所に入ると、例の黒人のプログラマーのスミスが、一人、コンピューターに向かってプログラムを書いていた。

僕が入ってくると、少なからず彼も驚いたが、
二言、三言、話をすると、彼はまたコンピュータに向かい、プログラムを書き始めた。

さして広くはないけれど、夜中の事務所に、黒人のプログラマーと、黄色人種の僕がたった二人、黙々とそれぞれの仕事を続けた。
 
二人ともやっている仕事は違うけれど、同じ夢を実現するために、こうやって夜を徹して働いている。 

それぞれの夢を実現するために。 

それぞれの責任を果たすために。

夜が明ける頃、気分転換のために僕はスミスを誘って、近くの野球場でキャッチボールをする事にした。

スミスは、ただ笑って僕についてきた。
 
誰もいない、まだ暗い野球場のライトに灯をともし、ふたりだけでグラウンドでキャッチボールをした。

彼の投げるボールをグラブで受け取るたびに、彼の思いを感じ取る事ができたような気がした。

無言のまま、僕に頑張るようにエールを送ってくれているような気がした。

キャッチボールを終え、事務所に戻り、僕はシャワーを浴びて着替えをし、ミーティング場所に向かった。

厳しい攻防が一日続いた。
 
ただ、僕は整然と自分の信念のもとに主張をし、引き下がる事はなかった。
 
また明日、一日ミーティングを行う事になった。

 

ここで、50億円を調達する事ができれば、それを梃子に、もうひとつの話を150億円でまとめる事ができる。
 
そうすれば、それを梃子に、本命のヨーロッパでの仕事で500億円調達する事も夢ではない。

と言うか、調達しなければいけない。

今年中に700億円調達するのが僕の計画だ。
 
その全ては、僕がカリフォルニアで最初の50億円を調達できるかどうかにかかっている。

負ける事はできない。

一日の仕事を終えて事務所に戻り、僕はスミスを連れ立って、近くのダイナーに夕飯を食べに出かけた。
 
仕事の話や家族の話を少ししたけれど、基本的に静かな食事になった。

僕とスミスは、もう7年間も一緒に働いているし、お互い尊敬をしているので、大事な場面で二人に言葉は要らない。

無言だけど、一緒にいるだけで彼の気持ちは、僕に十分伝わってくる。

明日も頑張って、彼らのためになんとか、この話をまとめたいと言う意欲が静かに沸いてくるし、彼の無言の信頼を感じると、失敗はできないと言う緊張感も高まってくる。

気持ちが萎えそうになると、僕は従業員とした約束を思い出す。

僕は自分のスピーチで、彼らに次のように約束した。


”僕は、君たちを冒険に連れて行くが、君たちに必ず成功すると約束する事はできない。
成功するように最善を尽くすけれども、失敗するかもしれない。
だから成功を約束する事はできないけれども、代わりに、僕は、誰よりも最初に現場に立ち、最後まで現場に残る事、そして、僕は、君らの誰も置き去りにしない事を約束する。”


それが、人間同士の信頼だと思うから。

スミスはきっと、僕を信頼してくれているのだろう。

だから夜を徹してもプログラムを書き続け、この緊張感が一杯の状況でも何も言わず、ただ無言のサポートを僕にくれるのだろう。

僕は、ただ、彼らの信頼と信念に感謝し、明日こそ、なんとか結果を出そうと心に誓った。

 

 


2007年03月24日  目標を一つ達成

カリフォルニアでの二日目の交渉が終わった。

二日目も一日目同様、厳しい展開だったので、結局ミーティングが終わったのは、翌日の未明になった。

僕は、自分の目的を達するまでは帰る事ができなかったので、ただただ粘り続け、結局夜を明かす事になった。

ミーティングが終わり、カリフォルニアの仕事場に戻った。
 
まだ夜の開けきれない高速を、僕は、レンタカーの幌を降ろして風を受けながら走った。

そのうち、シリコンバレー独特の禿山のあたりが、真っ赤に染まり、太陽が顔を出し始めた。神々しい朝日だった。

禿山も朝日に染められ、ラベンダー色に燃え上がった。

茶色い禿山が、朝日に照らされると、赤ではなく、ラベンダー色になると言う事を初めて知った。

あまりにきれいだったので、車を高速の路肩に止め、暫く朝日を見ながら、タバコに火をつけた。 

そして、またアリーの事を思った。
 
今ここに、この場所に、アリーがいてくれたら、二人でこのラベンダー色の景色を一緒に眺める事ができたのに。

仕事場に戻ると、プログラマーのスミスが、また夜通しプログラミングをしていたようで、彼のPCにまだ灯がともっていた。

あたりを見回したが、スミスは見当たらなかった。 

きっと、眠気覚ましに、外をジョギングでもしに行ったのだろう。。

丁度、ヨーロッパは夕方だったので、ヨーロッパで本命の案件を頑張っているビリーとビデオ会議をする事になった。

機材のスイッチを入れ暫くすると、画面の向こうに、相変わらず陽気だが、連日の仕事で少しやつれた感じのビリーが何人かの部下と一緒に現れた。

お互いの状況確認や、ヨーロッパでの仕事の進み具合、細かい修正や、方針の確認をした。

一通り話が終わったところでビリーが、聞きにくそうにカリフォルニアでの交渉の状況を聞いた。

 

やはりヨーロッパの状況は、厳しいのだろうと思った。

僕は、少し間を置いてから、彼らに、
『カリフォルニアのターゲットは、墜としたぞ。 これで、目標をひとつ達成だ!!』と言って彼らにウインクをした。

するとビデオ会議の向こう側の、彼らの顔が見る見るうちに明るくなり
『YES!!』と叫んでガッツポーズを見せる姿が、映し出された。
 
やはりヨーロッパは、一筋縄では行かなかったのだろう。

向こう側の騒ぎが一段落するとビリーが、満面の笑顔で、
『助かったぜ。兄貴』と言った。

僕は笑いながら二本指を立てて、
『後、二つ残っているからな』と言って
『おめでとう』と言い、また笑った。

これで最初のドミノは、倒れた。

ビデオ会議を終え、僕はまた仕事場に戻った。
 
スミスは、いつの間にかオフィスに戻っており、ヘッドフォンをつけ音楽を聴きながらプログラミングをしていた。

僕はスミスの肩を叩き、
『スクランブルエッグにベーコンでも食べに行かないか?』と誘った。


明日からは、日本だ。


2007年03月28日  最後まで日本人として

日本に来てから、ノンストップで2日間、働き続け、今、成田の空港のゲートでニューヨーク行きの飛行機の搭乗開始を待っている。

週末に日本に着き、久しぶりに成田エクスプレスに乗って、東京に向かった。

成田空港を出ると、千葉県の田園風景が目に入った。
 
日本独特の細長い田んぼ、典型的な農家、乾いた田んぼのあぜ道を犬が走り、その脇で焚き火に火をつけている老人の姿が目に入った。

あまりにもその日本的な風情に、涙があふれてとまらなかった。

僕は人生の半分以上を外国で暮らしているが、やはり僕は骨の髄から日本人だ。
 
あまりにもその懐かしくて切ない風景を目にし、長い間一人で外国で戦ってきたこともあり、その懐かしさ、切なさに涙があふれてしょうがなかった。

特にこの半年は色々な事がありすぎた。
 
そして僕は今、また一人、負ける事ができない闘いに挑んでいる。

最後の最後まで、日本人として恥ずかしくないように闘い続けたい。

僕に残された時間がそれほどない事は何となく、感覚的にわかっているつもりだ。
 
アリーが逝ってしまった後、いつ僕が息絶えたとしても後悔はない。
 
ただその時が来た時に恥ずかしくないように、準備をしておきたい。

ただそれだけだ。

僕としては、アリーのアイディアが沢山入った今のプロジェクトを成功させれば、この世の中での義理は果たせると思っている。
 
だから僕は、残りの人生をあと12ヶ月と考えて、それまでに全ての仕事にケリをつけるつもりで日々事にあたっている。

 

自分の残りの人生が、あと365日と思うと、一日一日をどう有効に過ごさなければいけないかと言う気持ちが、より切実に感じられる。

自分の知力と体力の全てを使って、豪快に、潔く、凛として、一日一日をすごして行きたい。

アリーと再会した時に恥ずかしくないように。
 
少しでも成長した僕をアリーに見せる事ができるように。

その心構えがあれば、ほとんど気合負けをする事はない。

これだけ景気が悪く格差社会が加速し、閉塞感のある日本でも、僕の業界では、まだ生ぬるい風が吹いているようで、ピンと張り詰めた空気をかもし出すような相手に、僕はこの二日間で会う事はなかった。

勝負は、最初の立会いでほとんど決まる。
 
切っ先が触れた瞬間に、この二日間、ほとんどの相手は気合負けをする。

ちょっと拍子抜けのするような二日間だった。

予定通り仕事をこなし、今日、僕はこれからニューヨークに帰るところだ。

カリフォルニアでの成功と、日本での仕事の結果を踏まえ、僕は二つ目のドミノを倒しにかかる。

夏までには、全てのドミノを倒すつもりだ。

今日ヨーロッパに残り、まだ戦っているビリーとビデオ会議をした。

カリフォルニアの仕事の成功で元気がついたらしく、厳しい状況でも活き活きとしているのがわかり、なんとも心強い。

ニューヨークに帰り次第、僕は二つ目のドミノに取り掛かる事になる。

兎に角、僕の全てをかけて、このドミノを倒す事に全力を傾けたい。


2007年04月29日  独り言

精根尽き果てて、もう体を動かす事もできない。

それでも前に進まなければならない。

アリーとの約束を果たさなければいけないから。

信じてついて来ている人達を守らないといけないから。

だから、まだ前を見つめて、少しでも前に進みたい。

なにがなんでも、やり遂げたい。

それが自分の生かされている理由だと思うから。

だから、もう少しだけ。もう少しだけ。

2007年05月14日  天涯孤独

昨日の夜のフライトでニューヨークを発ち、夜間飛行で、早朝のヨーロッパの空港に着いた。

ホテルにチェックインをして、昼からの仕事に備えて、今、気持ちを無にして、時間が来るのを待っている。

願いは、叶う。
 
そう信じるだけ。

先方も必死なので、また1ダース近くの人たちがやって来るのだろう。
 
それに立ち向かう僕は、今日もたった一人。

そして僕が手にする武器は、自分の信念だけ。

僕の信念が曲がってしまったり折れてしまった時に、僕の全てが終わる。

僕の信念がまっすぐにある限り、僕は命の限りここで闘い続ける。

簡単な事だ。

ただ、それだけの事だ。

自分はいつも独りだった。

自分の親との縁も薄かったし、僕が全身全霊を込めて愛した人を、事故と病気で2度失った。

アリーが死んでから、自分には愛に包まれると言う事は、ないのだろうと諦める事にした。

もうこれ以上、哀しい思いはしたくないから。

天涯孤独である事を受け入れてはいるが、まだ何処かで、愛や温もりを求めている自分がいる事をしっている。

自分が愛に包まれない事を知っているから、その分、他人の幸せを祈る気持ちが強くなるのかもしれない。

僕の周りの人には、ささやかでも幸せになって愛に包まれていて欲しいと真剣に思う。

美しい五月晴れのベルギーの田園風景の中で、僕はひとつ深呼吸をして、一人、気持ちを高めようとしている。

僕の信念が折れてしまわないように。

読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について