目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

95 / 147ページ

2007年02月28日  陽はまた昇る

アリーが天国に帰ってからようやく2日目の朝を迎えた。

あれから僕は寝ていない。
 
疲れきって目を開けていられない程なのだが、何故か眠る事ができない。

だから起きている。

アリーが死んでも朝になれば陽は昇り、人々は仕事に出かける。

アリーが死んでも世の中は全く変わらない。

まるでアリーなど、もともと存在していなかったように。

僕はまだここに立っている。
 
端から見れば、僕は疲れきった亡霊のように見えるかもしれない。

僕は今ここに立って世の中を睨み返している。

僕が命を落として闘える場所、闘うものを探している。

僕は悲しい。

今すぐにでも愛する人のもとに行きたい。

でも、僕がお金を送り続けないと、日本の入国管理局から日本滞在許可を取り上げられ、路頭に迷う里子が沢山いる。

遠い昔に過ちを犯し、刑務所に入り、更生施設で精神的に立ち直ろうとしている子供達がいる。

アリーの名前をつけた財団で、救えるはずの子供達が、誰かの助けを待っている。

僕を信じてついて来てくれた、友達のビリー、昔の仲間、僕の会社の人間がいる。

僕は今まで人の為だけに生きてきた。

辛い事も沢山あったけれど、アリーに認めて欲しくて、その一心で、ここまでやって来た。

君がいなくなったら、今までみたいに全ての荷物を背負って、全ての人の為に歩いて行く事なんてできないよ。

僕は君の前では強がっていたけれど、本当はそんなに強い人間じゃないから。

でも現実は、君がいなくても僕はここに立ちはだかって、襲って来るものに立ち向かわなければいけない。

僕の後ろにいる人達が、不安げな目で僕を見つめているから。

そして僕は君の伴侶として、最後まで強くありたいから。

だから僕は今日も闘い続ける。

誰かが僕の首を落としてくれるのを密かに期待しながら。

2007年03月02日  さようなら。

あれからニューヨークでは穏やかな日が続き、ここ何日かは気温も上がって青空になった。

僕は、やはりアリーの葬儀には呼んでもらえなかった。

アリーの両親に嫌われているので、呼んでもらえないだろうと思っていたので、それほどショックではないが、やはり、最後にもう一度アリーの顔を見たかった。

ただ僕には沢山の思い出があるので、今でも目を閉じれば色々な場面のアリーを思い浮かべる事ができる。

だから、棺に納まったアリーの死顔を見ないほうが良かったのかもしれない。

葬儀に呼んでもらえないほどだから、当然アリーに指輪をつけて埋葬をしてくれるはずもなかった。

一生懸命アリーのためにデザインをした、ピンクサファイアのピンキーリングとエンゲージリングが、一度もアリーの指に納まる事がないのは、切ない気持ちがしたけれど、僕は小さな箱に、アリーに渡すはずだった二つの指輪と、思い出の品を詰めて、綺麗にラッピングをしてリボンをかけ、アリーのことを思い出し、少しアリーに祈りを捧げてから、その箱をニューヨークの海に流した。

僕は箱が波間に沈んで行くまで、海を見つめていた。

天使のデザインの指輪。

さようなら。

アリーがつけたら似合ったかな?

アリーに指輪をプレゼントするのは僕があの世に行って、アリーと再会したときの楽しみに取っておこう。

指輪を海に流して、僕はベンチに腰を下ろし、やめていた煙草に火をつけた。

 

天気が良い事もあって、バッテリーパークにはかなりの人がいた。

自由の女神を見に来た観光客。

公園で楽しそうに自分達だけの世界に浸る恋人達。

犬の散歩にやってきた老人。

公園で元気一杯走り回る子供達。

僕はそういった人々を眺めていた。
 
それぞれの人にそれぞれの生活があり、泣いたり笑ったりしながら、一日一日を過ごしている。

そんな当たり前な事を考えていると、何故か、それらの人々がとても愛おしく思えてきた。

僕とアリーの思い出が沢山詰まったアリーのアパートも、今月一杯で引き払う事になった。

アリーの両親から、2週間以内に荷物を処分して鍵を返すように言われている。
 
今週末にでもアパートに行って、自分の荷物を片付けに行こう。

あそこには二人だけの思い出が沢山ある。

僕はあの部屋が大好きだった。

ポインセチアで一杯にしてしまった裏庭。

アリーが死ぬ直前に病院から外出許可を貰い、最後に夕食を食べた部屋。

小さな暖炉に灯を入れて、アリーを抱きかかえ、ずっと暖炉の灯を見つめたあの夜。

二人でふざけながら一緒に料理を作った小さなキッチン。

きっと片づけをするごとに、沢山の素敵な出来事をまた、ひとつずつ思い出すのだろう。

仕方がないことだけれども、やはり切なくなる。

 


2007年03月03日  心の整理

アリーに渡すはずだった指輪を海に沈め、僕もそろそろ気持ちの整理をしなければならないと思い始めた。

今週末には、アリーのアパートの荷物も運び出さないといけないので、僕はアリーと過ごしたこのアパートで、最後の思い出を作る為に、昨日からこのアパートに泊まっている。

まだ気持ちの整理はついていないけれども、僕には守らないといけない人達が沢山いる。
 
その人達のために僕はまた歩き出し、彼らを守る為に闘い続けなければいけない。

それがアリーの為でもあるのだと無理やり信じ込もうとしている。

アリーが死ぬ前日の取締役会で、ビリーの会社の新しいプロジェクトを発表したばかりだ。

既にビリーは一足先にヨーロッパに飛び、プロジェクトの下準備を始めている。
 
僕も来週早々ヨーロッパに行って、彼を助けてやらないといけない。

最年長のロベルトには、二年でケリをつけると約束したが、実は、僕はこのプロジェクトを一年でケリをつけようと思っている。
 
一年で完結させるのはクレイジー(狂信者)だと思うけれども、やってできない事はない。
 
チャンスはあると思う。

逆に、みんなが考えるような安全なスケジュールで動かしていたら、きっと後から追って来る大資本の競争相手に潰されてしまう。
 
僕らのような小さい所が生き残るには、奇策で先手を取って、全速力で逃げ切るしかない。

だから僕は一年で決着をつけようと思っている。
 
それが唯一の方法だと思っているから。
 
自分の命をかけるのに不足はないプロジェクトだ。
 
アリーのアイディアもたくさん入っているから。

アリーのアイディアを証明するためにも、僕はここで負ける事はできない。

アリーの名前のついた財団も本格的に動き出した。
 
経済的な事情で学校に行けない子供達に、教育を施す手伝いをするのがこの財団の目的だ。

アリーの至った結論は、
”子供に一番必要なものは、教育だ”と言う事だった。 

他の人には他の意見もあると思うが、僕はアリーの結論を尊重し、アリーの遺志をついで、子供達に教育を施す手伝いをする事に全力を尽くしたい。

更正施設でのカウンセリングも再開した。
 
そこで彼らの話を聞き、彼らの痛みをともに感じる事が僕の仕事だ。

 

アリーがいつも僕に言っていたのは、

”子供達に何かを強制しても、彼らは決して心を開かない。子供達の心を開く為には、まず自分が子供達の話を聞き、痛みをともに感じて、子供達に愛をもって接しないと、子供達は、再び社会とのつながりを持とうとはしない。まずは自分が彼らを愛して、人から愛される事でどれだけ彼らの気持ちが救われるのかを理解できれば、はじめて彼らは、自分から社会とのつながりをもう一度築いてみようと思い、人を思いやったり、愛したり、人の話を聞いてあげたり、痛みを分かち合おうという気持ちが芽生えてくるはずだ。”

と言う事だった。

アリーは誰にでも惜しみなく愛を与えた。
 
そして、そうする事で愛を与えられた人達が、今度は別の人達に同じように愛を与える事を望んでいた。

僕は44歳のひねくれ者なので、本当の世界がそんなに簡単でないことは知っている。

でも少なくともアリーは、更正施設の子供達を愛していた。
 
そして、彼らをそんなに愛している人は他にいなかった。

彼らにだって愛は必要だし、誰かに心配されていると実感する事が必要だ。 

だから僕は、ここでもアリーの遺志を継ぐことにした。

アリーほどは、高貴な愛を与える事はできないけれど、僕は僕なりに無骨な男の愛情を持って、彼らに接してみようと思う。

彼らがアリー同様、僕にも心を開いてくれるように。

来週からはまた忙しくなる。
 
涙に暮れていても陽はまた昇る。

そして僕は歩き出さないといけない。

アリーの為に、そして僕を必要としている人達のために。



 


2007年03月04日  独り

今朝は気温が13度まで上がり、空も澄み渡り、まるで春が来たかのような美しい日になった。

アリーのアパートを今月中に引き払う事になり、僕も仕事を再開し来週から忙しくなるので、今週末にアパートの荷物を整理する事にした。

沢山の素敵な思い出が詰まった、アリーのアパートだ。
 
決して豪華ではないけれど、二人で懸命に生きた思い出の場所だ。

二人で笑い、泣き、語り合い、ふざけ合い、愛し合い、思い出は尽きない。

僕は、指輪を海に沈めた段階で、心の整理はかなりついたので、もう心が迷う事はないけれど、このアパートを出る前に、せめて最後の週末くらいは、アリーの思い出に浸って独りでいたいと思った。

44歳の中年が思い出に浸って、センチメンタルに涙ぐむのは格好悪いけれども、これが最後だからアリーにはおおめに見てもらおう。
 
きっと、アリーも
『しょうがない人ね』と言って笑ってくれるに違いない。

ひとつひとつ思い出のものを手に取って、チャリティーに寄付するもの、捨ててしまうもの、自分で思い出に取っておくものに分けないといけない。

ひとつひとつの物を手にするたびに涙がこぼれて来る。 

このアパートには僕一人だから、今日は泣いても構わない。

今日と明日はそうやって静かに時を過ごすつもりだ。

2007年03月05日  ドライフラワー  

土曜日に続き、日曜の朝も青空が美しかった。

気温は土曜日よりも下がったけれど、僕は革ジャンを羽織って寒さに身震いをしながら、表通りのスターバックスに出かけて、チャイティを頼んだ。

このスターバックスにも、数え切れないほどアリーと来たものだ。 

いつも頼むものはチャイティと決まっていたが、ここにも沢山の思い出がある。

このスターバックスに来るのも今日で最後だろう。
 
このアパートを引き払ってしまえば、このスターバックスに来る事もないと思う。

そう考えると、なんと言う事もないスタバですら、非常に懐かしく、名残惜しいものに思えるから不思議だ。

昨日から荷物の整理をはじめ、かなり整理もはかどった様な気がする。

一つ一つ残された物を手にとって、色々な事を思い出し、そのたびに手が止まり涙ぐんでしまうのだが、この作業は、これから先、僕が一人で前を向いて歩き出す為には、通らなければならない道のような気がした。

大きな段ボール箱を3つ置き、捨てるもの、寄付するもの、取っておくものに時間をかけて分類していった。

なかなか捨てる決心がつかないので、迷ったら、捨てる箱に入れるように心がけたが、やはり二人のものを捨てるのは、心が千切れるような気がする。

 

整理がかなり進んで、僕は、ドライフラワーの飾られた花瓶を手にして考えあぐねた。

アリーは、僕がアリーに花をあげた度に、その何本かを残して、ドライフラワーにして花瓶にさしていた。

アリーと付き合いだしてから、アリーが死ぬまで、僕は何十回と花束を渡したけれど、その全てを思い出に取っていたアリーの、意外に子供っぽいところを考えると、今でも微笑んでしまう。
 
そんな子供っぽいところも非常にかわいらしい女性だった。

僕は暫く考えあぐね、結局、花瓶からドライフラワーを抜き取り、その一本一本を手にとって、これは、あの時かな?これは、あの時かな?って考えながら、一本ずつに、”どうもありがとう”って言ってそれらを集め、静かに火をつけた。
 
僕とアリーの思い出が、煙になって空に消えていくような気がした。

僕は花が燃え尽きて灰になるまでそれを見つめていた。

部屋の整理が終わったら、何もないこの部屋で、僕はアリーを思いながら最後の夜を過ごし、明日の朝早くこのアパートを出て、鍵を両親宛に郵送する。

ここには、もう2度と戻ることはないだろう。

空に消えていく煙を目で追いながら、僕は全てのものに、”さようなら”、”ありがとう”と声をかけた。



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について