目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

90 / 147ページ

2007年02月23日  別れの季節

鈴木健吾の他に、僕は二人の長い友達をニューヨークから見送る事になった。

ひとりは僕の大先輩でニューヨークに通算20年いた強者だが、日本の大企業から役員待遇で迎えられ、そのオファを受けて日本に帰る事になった。

もうひとりは僕と同じ年の友達で、彼もニューヨークに通算15年いたが、やはり日本企業の社長として迎えられ、日本に帰る事になった。

別れは連鎖反応のように重なるようだ。 

一期一会という言葉の通り、僕は常に人と接する時に、その人と会うのがこれで最後だと思って、誠心誠意、人に尽くすよう心掛けているが、やはり何十年も苦労をともにしている人が、いなくなるのは、寂しいものだ。

ただ、僕にとって嬉しいのは、それぞれの友達が、みな新しい挑戦をしている事だ。

やはりニューヨークという生き馬の目をぬく街で生き残って来た日本人だけはあり、皆、転んでもただでは起きないしぶとさを持っているようだ。

僕は皆を見送って、まだここに独りで立っている。
 
僕には、ここしかないから。 

僕はそれでもニューヨークが大好きだから。

明日は、僕が顧問を務めるレバノン人の友達、ビリーの会社の取締役会がある。
 
この会社も紆余曲折があったが、会社は次の飛躍の為に色々と準備をしている。

別れは寂しいけれど、僕には干渉に浸る時間はないようだ。
 
やりたいこと、やらなければならない事はまだ山ほどある。

そして僕には何にも代え難い、最愛の眠り姫がいる。

アリーの為に。

2007年02月24日  I'm in.

今日はビリーの会社の取締役会があり、久しぶりに昔の仲間が、ニューヨークに集まった。

僕に死ぬまでついてくると約束した社長のビリー。

伝説的な数学者で、骨が溶けていく奇病にかかり、首から下を動かす事ができなくなってしまった最愛の奥さんを看病しながら、家族と自分の誇りの為に最後まで完全燃焼しようとしている、技術担当副社長のダグラス。

サンフランシスコで弁護士を雇う事ができない貧しい人達を弁護する公選弁護士(パブリック ディフェンダー)の経歴を持つ熱血弁護士だった、法務担当副社長のトーマス。

新聞社のオーナーで、僕らのようなベンチャーと転がり続ける事が大好きで、数々のシリコンバレーのベンチャーに投資をしたことがある投資家のロベルト。

僕の商売敵で、僕より倍以上の資金調達力を持つ、の業界での大先輩で、厳しいけれども僕の事を気にかけてくれ共同事業に乗ってくれたイタリア人の取締役、マードック。

僕の商売敵だけれども、年齢が近い事もあり、いつしか僕と無二の親友になったイギリス人の取締役、ケビン。

去年の11月に最愛の奥さんを癌で失い、一人娘と一昨年養子にした息子を、男手ひとつで育てようと悪戦苦闘している、僕の20年来の顧問弁護士のジョン。

そして、それに僕。

久しぶりの当時のメンバーが一同に顔を合わせた。

この半年程、僕が脳漿を絞り出す程苦心をして考えたこの会社の新しいプランを、他のメンバーに説明した。 

このプランにはアリーのアイディアが、かなり入っている。

僕のプレゼンテーションを聞いた、他のメンバーは、暫く黙り込んでいたが、一番最年長の新聞王のロベルトが、急に笑い出して、
『I am in.(一枚噛むぜ)』と言った。

皆もそれぞれ、
『I am in.』『I am in.』と意思表示をした。

これで新しい挑戦をする事が決まった。

簡単な道のりじゃないけれど、僕らはどこまでも転がり続ける。

最年長のロベルトが、
『俺は、お前らのように若くないのだから、俺が死ぬ前に結果を出してもらわないと困るぞ』と言って笑った。

僕は指を一本突き出して
『1年だ』と言った。

僕らの新しい旅が始まった。

 


2007年02月25日   Wild Horses  

昨日の夜中の2時過ぎに僕の携帯がなった。

電話をとると声の主は、あのぶっきらぼうな看護婦さんだった。
 
看護婦さんが言うには夜中過ぎにアリーの容態が急変し、意識を取り戻したので早く病院に来いというものだった。

僕は、たまたま前の晩が友達の会社の取締役会で、そのまま食事に出かけたので、取りあえず家に帰って着替えをしている所だった。

僕はとるものも取り敢えず、病院に車を飛ばした。

途中で赤信号を3つ程、すっ飛ばしたけれども、そんな事は僕にとってはどうでも良い事だった。

病院に着き、アリーの病室を開けると、あのぶっきらぼうな看護婦と医者に看護をされているアリーがベッドに横たわっていた。

 

僕はアリーの横にいつものように歩み寄り、アリーの手を取って、久しぶりにアリーの瞳を見つめ、精一杯の微笑みをアリーに投げた。

アリーも僕を見つめて、疲れた表情だったが、精一杯の微笑みを僕にくれた。

小さな声で何か言ったが、僕には聞き取れなかった。

アリーの髪の毛に手をやり、僕の耳をアリーの口元に近づけ、
『何を言ったの?』と聞いてみた。

アリーは弱々しい手で、僕の頭を抱えるようにして、
『ストーンズの”Wild Horses”(ワイルド・ホース)を唄っていたの』と、かすれる声で呟いた。

アリーは、僕がアリーに毎晩話しかけたり、唄を唄っていたのが聞こえていたようだ。

アリーは夢の中で”Wild Horses”を唄いながら、唄さながらに野生の馬と戯れていたらしい。

僕はまたアリーに微笑んで
『お帰り』と言った。
 
アリーは
『ただいま』と言って
『もう一度逢いたかった』と呟いて、消えてしまいそうに儚いキスをくれた。

僕らはそれから30分程話をした。
 
静かな夜に、静かな時間がたっていった。

僕の手を握りながら、ふと思い立ったように、アリーが僕の方を向き、

『今まで本当にどうもありがとう。貴方を大好きだし、私を愛してくれてありがとう。』と言って、それから
『死んだ後に、一緒に暮らそうね』と呟いた。

”死んだ後に、一緒に暮らそう”は、ストーンズの”Wild Horses”の有名な唄のくだりだ。
 
僕はアリーを見て
『Wild Horses?』と聞いた。
 
アリーは頷いて少し微笑んでみせた。

僕もアリーに微笑んでみせて、

『そうすることを約束するよ』と言って、それから

『そして野生の馬に、いつの日か俺たちも乗ろう。』と言った。

アリーはそれに満足そうに頷いて、また目を閉じた。

それが、僕がアリーと交わした最後の言葉になった。

アリーはそれからまた目を開く事は二度となく、医者と看護婦の懸命の処置も虚しく、朝日が上がるまでに天国に帰って行った。

最後に一筋の涙を流したが、なぜか顔は、微笑んでいるように見えた。

 

アリーの両親が病室に入って来た時には、アリーは、もう旅立った後だった。
 
僕は言葉もなく彼らをただ見つめていた。
 
両親も全てを察し、継母はその場に崩れ落ちた。
 
アリーの父親は僕に、
『暫く私たちだけにしてくれ』と言った。

僕は頷き、アリーの隣の椅子から立ち上がり、病室を出てフラフラと玄関に向かいそこに腰を下ろした。

いつの間にか朝になり、街は静かな日曜の朝を迎えていた。 

今日の夜には、また雪が降るらしい。

僕は病院の玄関の石段に腰を下ろし、ただ静かな街を眺めていた。

ストーンズの”Wild Horses”を呟きながら。


<Wild Horses ー 訳詞>


『俺には自由はあるけれど、

 もう時間がない。
 
 信頼は裏切られてしまい、

 もう涙しか残っていない。

 死んだ後にお前と一緒に暮らそうか。
 
 野生の馬は俺を連れ去る事はできなかった。

 でも、その野生の馬に、

 いつの日か、ふたりで乗ろう。

 野生の馬は俺を連れ去る事はできなかった。

 でも、その野生の馬に、

 いつの日か、ふたりで乗ろう。』


<Wild Horses>


知らない間に、あのぶっきらぼうな看護婦が僕の隣に座っていた。 

目に一杯の涙を溜めて。

そして
『私は、貴方達カップルを見ていて、本当に素敵なカップルだと思った。

羨ましい程に、眩しいカップルだった。』と言ってくれた。

二人で暫くそこに座って、曇った朝の空を眺めていた。



僕のポケットの中には、アリーに渡す事ができなかった天使の指輪が入っている。

僕はそれをみながら、溢れる涙をそのままにニューヨークの空を眺めた。

 




第一章  

愛するということ

 完



第二章 

 

生きるということ 

 

に つづく



2007年02月27日  アリーがいてくれれば

アリーが死んで、僕はただ放心状態で何をしたら良いかわからず、どうでも良い事に没頭して時間を潰したりしていた。

アリーに最後の別れをしてから、アリーの両親達が、アリーと一緒にいたので、僕は病院には戻ることはなかった。

アリーが死んでしまったという事が、まだ事実として受け入れられないでいる。
 
病状は悪化していたので、その覚悟はとうにできていたのだが、実際にアリーが去ってしまうと、その現実を受け入れる事ができなかった。

ただ僕は、男だと言う強烈な意識が、人前で取り乱す事だけはすまい、最後までアリーの恋人として、恥ずかしくない自分でありたいと言う気持ちだけで、一日を乗り切った気がする。

家に帰ると、あまりに沢山の思い出があり、僕は、それらをどうしたら良いのか戸惑ってしまった。
 
僕とアリーは、知り合ってから7年もたっていたし、アリーが車の中で僕に初めてキスをしてくれてから2年以上がたっていた。

だからニューヨークの全ての場所に、僕は何らかの思い出をアリーと持っている。 

それが地下鉄の中だったり、タクシーの中だったり、ハレームだったり、ダウンタウンだったり、レストランだったり、公園だったり、たんなるスタバだったり。

全てはいつもの通りなのに、そこにアリーだけがいない。
 
悲しいよりは、”どうして?”という感じで、どう対処したら良いのかが全くわからないでいる。

僕はアリーが死んだら自分も死ぬつもりだった。
 
そう決めていた。 

自殺をしようと思った事は昔から何度もあるし、手首も何度も切った。

だから死ぬ事は全く怖くない。

でも、今は自分がどうしたら良いのかが良くわからない。

僕は僕なりに十分世の中の為に頑張ったので、早くアリーのもとに行きたい。 

だけれどもアリーに会う時に自信を持って、男としてのプライドを持って会いたい。
 
アリーに褒めて欲しい。

だからアリーに胸を張って会う為には、最後の最後まで男として闘い続けないといけないのかもしれない。 

 

どうやったら自分の人生に逃げずに、胸を張ってアリーと早く会えるか、そんな事ばかりを真剣に考えていた。

自殺が罪だというのであれば、僕はきっとまた、自分を極限まで危険な立場において、神が僕の命を取るまで、自分の運命と闘い続けるのだろうか? 

人のやりたがらない事、リスクの高すぎる事、生命の危険に関わる事、自己犠牲、またそういった非日常的なものと日常的に付き合うのが、僕の残りの人生になるのだろうか? 

神が十分だと思えば、僕の命を取り上げるだろうし、僕は喜んで命を差し出そう。

どうせこの世に未練はないのだから。
 
むしろその日が早く来てくれれば僕はアリーに会える。

アリーが死んで、まだ一日しかたっていないのに、僕はもう羅針盤のない船のようだ。

僕のポケットの中には、アリーに渡す事ができなかった指輪が入っている。
 
僕はその天使のデザインをした指輪をみながら自問自答する。

僕は両親に頼み込んで、アリーを埋葬する時に、指輪も一緒に埋葬してもらうか?

指輪に僕の思い出を詰め込んで、イースト川にそれを投げ、ニューヨークの海の底に沈めてしまうか?

あるいは、アリーが誰よりも愛していたアリーの姪っ子に、アリーの形見としてあげるか?

まだ決めていない。

指輪のことは最後に悩めば良いのだけれども、僕とアリーには、あまりにも沢山の思い出があるので、それらをひとつひとつどうやって処理して行けば良いのか、今の僕には全く見当がつかない。

まずは、自分の命をどうするか決めないといけない。

なんて馬鹿な事を考えているの?と、端から見た人は思うかもしれない。
 
きっと僕は馬鹿なのだと思う。

最愛の恋人に死なれてしまったのは、これで2回目だ。

それなのに僕は、まったくすべもなく混乱してしまっている。

ただアリーの為に、恥ずかしくない身の処し方をしたいという一心だ。

アリーがここにいてくれれば。

 



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について