目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

83 / 147ページ

2007年02月11日  テネシーワルツ

アリーが初めて外出許可を貰ったのは2月4日だった。

その後、経過も良くそれ以来アリーも明るくなり、僕らは僕らなりに精一杯生き、二人の僅かな時間を悔いなく過ごそうとした。

この一週間は本当に僕らに、久しぶりに訪れた楽しい愛に満ちた日々で、若い頃の恋のように情熱的なものではないけれど、僕らは僕らなりに静かだけれども何とも心温まる一週間を送る事ができた。

だがあれから一週間してアリーの容態が急変し、ついにアリーは、僕の呼びかけにも答えなくなってしまった。

今日も夕方近くにアリーの病院に行き、アリーの隣に座り手を握りアリーに話しかけても、アリーは、眠りについたままで、あの愛くるしい目を開けて、僕に微笑みをくれる事もなければ、僕の手を握り返してくれる事もない。

ただ僕の最愛の人は、ベッドで呼吸器の助けを借りながら目を閉じたままでいる。

明日の朝には、アリーの両親もフロリダからニューヨークに飛んで来る。 

僕はただアリーの隣に座り、目を閉じたままのアリーに静かに語り続けた。
 
今日の出来事を語り思い出話を語り、アリーの手を握ったままで丸一日、話を続けた。

話が尽きると僕は、アリーの隣で鼻歌を歌い始めた。

昔の唄、僕らが好きだった唄、子守唄、知ってる唄を全て唄った。

アリーの手を握ったまま、その握った手でリズムを取りながら、まるでアリーを寝かしつけるように、いつまでも唄を唄った。

最後に僕は”テネシーワルツ”を唄い始めた。
 
カントリーの名曲で、僕が若い頃にアメリカを彷徨った時に覚えた曲だ。

 

日本では江利チエミという歌手がこの唄を唄っていた。

そんなことを目をつむったままのアリーに語りかけながら”テネシーワルツ”を何度唄っただろうか。 

今日僕は、この病院にまた泊まる事になる。
 
もう夜中の1時近くなので周りに人はいない。
 
アリーの手を握り唄をうたおう。
 
アリーが僕の唄でもう一度目をさましてくれる事を、心から祈りながら。


<テネシーワルツ ー 訳詞>

私は、愛するあの人と、テネシーワルツを踊っていた。

私の幼友達が、たまたまそれを見かけたから、

私は、あの人に幼友達を紹介したの。

そして、彼女があの人と踊りを踊っている間に、

彼女は、私からあの人を奪って行ってしまった。

私は、あの夜とテネシーワルツを忘れない。

私は、失ったものの大きさを知ってしまった。 

そう、あの美しいテネシーワルツが流れていた夜、

私はあの人を失ってしまった。

<テネシーワルツ>


2007年02月12日  やせ我慢

本当は心は張り裂け、気持ちは千切れてしまいそうなんだけれど、こういう場面では、最後まで男らしくカッコをつけていたい。

別に誰かの視線を気にしているわけではないけれど、あえて言うならば、最後までアリーが自慢できる恋人になれるように努力をしたいので、精一杯、やせ我慢をして強い男のふりをしている。

取り乱すことなく、泣き叫ぶことなく、ただただ最後の最後まで、アリーの手をとって静かに話を続けたい。
 
昔の日本人のように、天命に凛として向き合っていきたい。

昔の人は、天命を認めながら冥加に尽きるまで、凛として努力を続けた。
 
僕も日本人の男の端くれであるならば、最後は日本人としてそのような男でありたい。

僕は今もアリーの手を取りながら、一人、静かにアリーと話をしている。

天気の話、施設の子供達の話、ボランティアの話、大学の話、財団の話、グラミー賞の話、カンヌ映画祭の話、アリーの好きなファッションの話、話題は尽きない。

たまに話が途切れると、僕は天井を向いて次の話題を探したり、少し立ち上がって窓の景色をみたりしている。 

いつもと変わらない風景だが、ただ病室は静かで、僕の声だけが響いている。

 


2007年02月13日  君が残した優しい思い出

アリーの両親がニューヨークにつき、アリーの看病を始めたので、結果的に、僕はアリーの病室を去らなければならなくなった。

理不尽だとは思うけれども、アリーの前で喧嘩をしてもしょうがないので、僕は不本意ながら病室から立ち去った。

手を離すと、アリーともう二度と会えないような気がしたけれど、僕はアリーの手をもう一度硬く握り、話しかけ手にキスをして立ち上がった。 

目を閉じたままで何も言わないアリーの顔を暫く見つめ、僕はドアを開けて病室から出た。

廊下であのぶっきらぼうな看護婦が、僕を見て泣いていた。

僕は彼女の肩を抱いて、
『あとは宜しく頼む』と伝え、アリーに何かあったら電話をするように頼んだ。

看護婦は、赤くなった目を伏し目がちにして、僕の顔を見ないで頷いた。

何日ぶりにか、僕は病院の外に出た。
 
もうかなり時間が経ったような気もするし、全ての出来事がほんの昨日だったような気もする。

肌を刺すような寒気の中、僕は歩き始めた。
 
今夜から雪になるという事で、刺すような寒気も若干湿っているように感じられた。

僕は別に行くあてもなく歩き始め、気がつくと、アリーが通っていた大学の前に立っていた。

ベンチに腰を下ろし、行き交う学生達をぼうっと眺めていた。

その中にアリーの幻を何度も見た。

この大学にも沢山の思い出がある。

アリーは夜学に通っていたので、いつも授業があるたびに、僕はアリーを車で迎えに出かけ、ここでアリーを待っていた。

春の夜、夏の夜、秋の夜、冬の夜と季節を越え、その季節ごとに、大学の中から出てくるアリーを思い浮かべる事ができた。

車に乗り込むや否や、その日の授業での出来事をまくし立てていたアリー。

試験の前に神経質になっていたアリー。
 
先生からの質問に見事に答えられたと得意げになるアリー。

そんな事を思い浮かべながら、僕は行き交う学生達を、一人ベンチに腰を下ろして眺めていた。

明日は、雪が降るらしい。
 
雪のバレンタインデイは久しぶりの事だ。

このまま雪が降り出すまで、ここに座っていようかなとふと思った。

2007年02月14日  雪のバレンタイン

昨日の夜からニューヨークでは雪が降り続き、今朝は一面雪景色になった。

アリーの両親は夜遅くまでアリーの病室にいたが、その後、仮眠を取りに家に帰ったので、僕は夜中過ぎに病院へ戻り、アリーの病室で朝まで時間を過ごした。

病室の明かりを消したまま、アリーの手を取って話を続けた。
 
病室が暗いので窓から雪が舞うのが良く見え、キラキラと光って見えた。

病室の中は静まりかえっており、僕の声の他には、スチームヒーターの蒸気の音と、雪が降る音だけが聞こえた。
 
雪のおかげで空が低く、明け方になると通りで人が話をする声や、遠くの電車の汽笛まで様々な音が聞こえてきた。

僕はそういった音を聞きながら、アリーの手を握り続け話を続けた。

夜があけ、朝になり、そろそろアリーの親が戻ってくる時間になったので、僕はもう一度アリーに話しかけ、キスをしてその場を立ち去った。

ひょっとしてバレンタインデーだから、アリーが目を醒ましてくれるのではないかと淡い期待もしたが、現実はそんなには甘くない。

『また来るね』とアリーにつげ、僕は病院を出て車に乗り込んだ。

灰色の空の下を、僕は仕事場まで車を走らせた。

空からは無数の雪が舞い落ちてきた。

信号待ちをしている間に空を仰ぐと、本当に天使がおりてくるような感じがした。

僕の大事な天使も、低い灰色の空から姿を現してくるような気がした。
 
後ろの車のクラクションで我に帰り僕はまた車を走らせた。

今日の夜遅くに、またアリーのところに帰るつもりだ。

バレンタインデーをアリーと一緒に過ごす為に。

 

他の大都市同様、ニューヨークも雪に弱い。

雪が降った途端に道路は混乱し、歩道もいたる所が雪のために歩く事が困難になる。

僕はそんな朝の混乱の中を車を走らせ、いつもの通り自分のビルの駐車場に車を滑り込ませた。

駐車場から下界に出ると、いたる所にバレンタインの風景を見る事ができた。

雑貨屋の店先には、バレンタイン用の花束が並べられ、チョコレートやキャンディの箱が売られていた。

街のいたるところにバレンタインの文字や、ピンクや赤のリボンが飾られていた。

雪の中でも道を行き交う人々の中には、花束を抱えて歩いている人をちらほら見かけた。

一人の若者が雑居ビルの入り口の前に立ち、大きなバラの花束を抱えながら、携帯電話で彼女に電話をしているのに出くわした。
 
きっと、バレンタインの花束を渡す為に、雪の中を彼女の仕事先まで来て、彼女を驚かそうとしているのだろう。

昔の自分を見ているような気がして、自然に僕は微笑んでいた。
 
僕と同じで、彼のそばを通り過ぎる通行人は、男女を問わず、皆、優しく微笑んでいるように見えた。

通行人の一人の老婆が、電話をかけ終わり、ビルの入り口で彼女が降りてくるのを待っていたその若者に、笑みを浮かべながら、
『ハッピーバレンタインデイ!』と言葉をかけた。

その若者も、照れ笑いをしながら通りすがりの老婆に
『ハッピーバレンタインデイ!』と返事をした。

僕も何となく心が温かくなり、微笑みながら彼の脇を通り過ぎた。

純粋な愛情には、それが誰であり、心が温められるようだ。

 

僕の仕事場は、ビルの高層階にあるので、仕事場の窓から見える下界の世界が、まるで天界から見下ろしているかのように見えた。 

ビル風に煽られて雪が、横なぶりに、たまには、下から上に吹き上がっているように見えた。

夜になるとそれがビルのライトに照らされて、夜光虫のように美しく光った。

僕は夜遅くまで仕事場で仕事を続けた。
 
夜の8時過ぎには、ビルの清掃員がやって来て、いつものように僕の部屋を掃除してくれた。
 
僕は彼らにバレンタインの菓子箱をあげて、
『ハッピーバレンタインデイ!』と言って微笑んだ。

その年老いた清掃員は、人懐っこい顔をくしゃくしゃにして、
『グラシアス』と言って笑うと、菓子箱を受け取り、スペイン語で鼻歌を歌いながら、別の部屋を掃除するために去っていった。

僕は彼の後姿を見送り、また仕事に戻った。
 
ラジオからはバレンタインに因んだ唄が流れ続けていた。 

たまに仕事の山から目を離し、僕の机の上で微笑み続けるアリーの写真を手にとって見た。

アリーは写真の中でいつもと変わらず、愛らしい微笑を僕に投げかけてくれていた。

暫く仕事を続けたが、かなり遅くなってきたので、日付が変わるまでに慌しく仕事場を後にし、僕はアリーの病室に戻った。

花屋さんに頼んで作ってもらった花束を持って、病室の扉を開けた。

昔読んだ子供の童話のように、僕の眠れる美女は、今朝見た時と同じように、静かにベッドの上で目を閉じていた。

聞こえる音は、病室の暖房のスチームの音と、アリーに取り付けられた生命維持装置の音が聞こえるだけだった。 

僕はまるでパントマイムでもしているかのように、アリーに微笑んで、花束を飾り、椅子に腰を下ろして、アリーの手を握り
『ハッピーバレンタインデイ!』と語りかけ、握っていた手にキスをした。

花束を花瓶に刺して、バレンタインカードを花瓶に貼った。
 
アリーに宛てて書いたカード。

もう何回も、アリーにカードを渡したけれど、今回ほど何を書こうか悩んだ事はなかった。

悩んだ挙句、僕は、カードにこう書いた。

 


”ハッピーバレンタインデイ!
いつも僕と一緒にいてくれてありがとう。
君が僕の人生に舞い降りてきてくれたその日から、僕の人生は、愛の力によって大きく変わり始めました。
そして、何年かの月日がたった今でも、愛の力は衰えるどころか、どんどん強さを増し、君のおかげで僕の人生は、より意味深い、幸せなものになりました。
そんな君の優しさと深い愛情に、感謝します。
ありがとう。
君が眠ったままになってしまった今でも、僕は、君の手を握っているだけで君の愛を感じ、それは僕に力をくれます。
いつか君とまた昔のように話が出来るようになった時には、君の愛の力のおかげで、僕がどれだけ成長したかを見せられるのを楽しみにしています。
永遠の愛を誓って。”


僕はアリーにそれを読んで聞かせて、もう一度、
『ありがとう』と言い、カードを入れた封筒の封を閉めた。

そして僕は病室の明かりを消して、パイプ椅子に深く腰掛け、アリーの手を握ったまま目を閉じて、アリーに語り始めた。

僕らのバレンタインデイは、そうやって終わって行った。


2007年02月16日  僕は信じている

バレンタインも終わり、また普通の日々が戻って来た。

雪は14日の夜には止んだが、それまで降り積もった雪が、道端に集められ、いたる所に灰色の雪山ができあがっていた。

僕は相変わらず夜中に病院に行き、アリーのベッドの隣で、アリーに語りかけながら夜を明かし、朝になると仕事に出かけるという生活を繰り返している。

昼間、仕事をしながら居眠りをしたりするのが日課になってしまった。
 
僕の仕事関係の人達は、アリーの病気の事を誰も知らないので、僕がまた遊びほうけて、昼間ついつい居眠りをしていると思っているらしい。

いつかアリーとまた話ができるようになった時に、二人の笑い話にしよう。

今日も仕事が暇になると机の上に足を投げ出し、目をつむって仮眠を取り、時間を見つけて更生施設のボランティアに出かける。

そして夜遅くまで働いて、またアリーの眠る病室に戻るという毎日だ。

全てはアリーの為と、僕の為。

アリーが目を醒ました時に、恥ずかしい所は見せられないので、少しでも成長した所を見せたいという一心だけだ。 

アリーとは一緒に成長して行くと約束したから。

病院で昏睡状態になってから、1週間以内に覚醒しないと、覚醒する可能性が非常に少なくなるという話を聞いた。 

 

アリーの親はどう思っている知らないが、僕はまだアリーが帰って来ると信じている。
 
そう信じているし、そう信じないと、僕の存在も否定されてしまうようで、どうして良いのかわからない。

今日もアリーの手を取って、僕はアリーに話しかける。

『僕は、君を信じているよ』とアリーに話しかけた。
 
気のせいか、アリーが僕の手を握り返したような気がした。
 
でもそれは気のせいのようだった。

僕はちょっと微笑んでアリーの顔を眺め、アリーの手を取ってキスをした。

何を話そうかと考えたけれども、思い出したように僕は”I Believe”(アイ・ビリーヴ)を唄った。

唄声は、低く病室に響いた。

 

アリーは目を閉じたままだけれども、僕はアリーに聞いて欲しくて、ただ一人唄を唄った。


<I Believe ー 訳詞>

闇の中を光を求めて闇雲に歩き回った。

闇雲に歩いて、なんとか救いの手を見つけ、

すがろうとした。

どうして?なんて聞いちゃいけないし、

無理に理解しようなって思わない方が良い。

心を開いて、気持ちを自由にして。

そうすれば、僕と君は、

そんなに離ればなれじゃないって気づくはずさ。

だって、僕は、愛が答えだって信じているから。

愛が、道を示してくれるって信じているから。

<I Believe>

 



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について