目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

71 / 147ページ

2007年01月14日  名こそ惜しけれ  

明日、僕は久しぶりに日本に行く。

何度も仕事でニューヨークを離れた事はあるけれども、今回程、感傷的になったのは、初めてかも知れない。

日本を離れて20年以上の年月が経った。

日本を離れる時には、もう二度と祖国の土を踏む事はないだろうと思った。
 
二度と自分の親族にも会う事はないだろうと思った。
 
その後、長い間日本に帰る事はなかったが、バブルの後に外国の禿鷹ファンドと一緒になって、日本に舞い戻った。

その時には、昔の日本での色々な悲惨な思い出がトラウマになって、復讐をするような気持ちだった。
 
お金は儲けたけれども、心が満たされる事はなかった。

色々な目にあって、色々自分でも考えた。

アリーと一緒になって、生まれ変わって、今までの自分の人生の許しを乞うように、心を入れ替えて人の為に生きる事にした。

しかし、今、僕の過去の生活の報いか、自分が一番愛してやまない人を病気で失おうとしている。

12月に、アリーのクリスマスプレゼントの為に、自分の財産の半分を処分した。

日本で持っていた会社も全て経営権を売り払ってしまった。 

僕はその時点で、もう生きて日本に帰る事はないだろうと思っていた。

でも、譲った日本の会社が、僕がいなくなった事で、おかしくなっていると聞いてしまった。
 
昔の僕だったら、売った後の話は買った人間の問題で、僕がのこのこ出て行くような事はなかった。

だけど僕は、今は日本に行ってこの人達が、僕なしで独り立ちできるようにしなければいけないと心から思う。
 
その為だけに日本に行く。

なぜならば、彼らが支払ったお金が、アリーの慈善団体の資金の大きな部分を占めているからだ。

 

万が一、誰かがアリーの慈善団体の資金を、僕が日本から騙しとったなどと言われたら、死んでも死にきれない。

だから僕は日本の会社を助けに行く。

自分の全てを失っても彼らを成功させ彼らの生活を守り、彼らが僕から会社を引き継いで良かったと心から思ってもらわないといけない。

これは僕が祖国を離れて20年以上たって、初めて感じる大和魂だ。

僕はどうなってもよいけれども、アリーの名誉に恥を塗る事はできない。

という事で、僕は明日の飛行機で日本に行く。

全てはアリーの名誉の為に。

何としても僕がいなくとも彼らだけで、利益をあげられるように、自分の全てをかけて闘うつもりだ。
 
昔の日本人は自分の名誉の為に命をかけた。 

”名こそ惜しけれ”と言う事だ。
 
時代は変わったけれども、僕は昔の日本人のように、アリーの名誉と僕の誇りを守る為に日本に行ってきます。


2007年01月20日  非常勤の顧問

日本に来て1週間、色々あったけれども、日本での仕事を何とかこなして、アリーの名誉を守る事ができたと思う。

アリーの財団を作る資金にするために、僕は自分の日本の会社の権利を売却したが、僕がいなくなったことで、会社の価値が下がったと判断され、ビジネスに色々の障害が出てきたのが原因だった。

別にそういった事は、会社の売買では良くあることで、それ自体、人に後ろ指をさされる事ではないのだが、アリー財団の設立にあたって、アリーの夢の実現にあたって、不幸な人を一人でも作る事はその性格上、許されないと僕は思った。

ビジネス上、頻繁に起こることであっても、きっとアリーが知ったら、それを悲しむであろうと思った。

僕が手放した会社の従業員の笑顔、その家族の笑顔、子供達の笑顔、アリーにとっては、それらは、皆等しく価値があり、守るべきものである気がした。

だから僕は、このまま素通りする事ができなかった。

日本に来て、売却した会社の経営陣と話し合い、僕は結局、その会社の非常勤の顧問となり、引き続き経営に関与する事にした。
 
それで会社に不安を感じ始めていた主要な取引先も、安心をし始めたようだ。

それが決まった後に、僕は、主要な取引先を新しい経営者と一緒に回り、引き続き経営に関与する事を告げ、関係の修復に努めた。

僕は、社員達が僕が顧問として戻ってきた事、会社に顔を出したことを素直に喜んでくれた事が、何よりも嬉しかった。

人の笑顔は僕の心を癒してくれた。
 
結局、僕が人に尽くすような体裁をとりながら、人の笑顔に、人の心に、僕が救われた気がした。

 

僕は自分にけじめをつけるために、顧問の仕事を無給で引き受けることにした。
 
一度売った会社からお金を貰う事はできない。

アップルの社長のスティーブ ジョブスも、社長でありながら給料は、年間一ドルしか貰っていない。

当然、沢山のストックオプションを持っているから、彼の場合は、会社の業績があがれば、彼も儲かる仕組みになっているが、会社の業績が下がれば、彼は損をするわけで、最低保証金額としての給料は、一ドルしか貰っていない。

この業界で体を張るという事は、そういうことなのだろう。 

だから僕もジョブスを見習い、この仕事では一切の対価を要求しない事にした。

それがせめてもの、僕の社員達に対する気持ちであり、アリーの夢に殉じたいという気持ちだ。

日本での仕事が一件落着したので、明日のフライトでニューヨークに帰る事にした。

この1週間は死ぬほど働いた。

そのあいだもアリーのことはいつも考えていた。
 
と言うか、気持ち的にはアリーと一緒にいたような気がした。

僕のテーブルの脇にはいつもアリーの写真があり、僕に向かって微笑んでいてくれる。

僕はその微笑を直接見たくなった。
 
明日にはその微笑を見る事ができる。

僕は君の微笑を見る為に、明日また飛行機に乗ります。


2007年01月22日  ただいま。

6時半出発のフライトだったので、成田を旅発つ時には、夜になった。
 
第2ターミナルのメインターミナルからサテライトに向かう途中のモノレールの窓から、色とりどりの灯りにともされた滑走路を眺めてみた。
 
窓ガラスにそれをぼーっと見つめる自分の年老いた顔も反射して見えた。

仕事が終わった今となっては、考える事はアリーの事だけだ。
 
それ以外は、全ての事が僕には虚ろに思えた。

望む事は一刻も早くニューヨークに戻って、最愛の人の顔を見る事だった。

やっと搭乗の時間になり僕はゲートに向かい、自分の席に腰を下ろすなり、いつものように深い眠りに落ちた。 

目を開けた時には、既にケネディ空港到着30分前だった。 

飛行機は零下2度の空港に滑り降り、僕は入管を抜け税関を抜け、自分を待っている運転手を見つけ、久しぶりのニューヨークの寒気を感じながら車に乗り込んだ。

一度家に帰りシャワーを浴びて、仕事を片付け、僕はアリーが待つ病院に向かった。
 
9日ぶりのアリーの笑顔を見るために。

病室の扉を開けると、そこには、僕が待ちこがれた笑顔でアリーが待っていてくれた。
 
僕は微笑んでアリーに
『ただいま』と言った。

嬉しかったし、全く悲しくなかったけれど、何故か涙がボロボロと出て来た。

涙を出しながら、僕はただ微笑んでアリーに
『ただいま』と言った。

アリーも、優しく微笑んで
『おかえり』と言ってくれた。
 
そして
『ただいま。って素敵な響きだよね』と言ってまた微笑んだ。

 

僕は、いつものようにパイプ椅子をベッドの脇に置き、二人は、昨日もこうしていたかのように話を始めた。

アリーは病院の話、僕は日本の話。

『自分の思うようにできたの?』とアリーは聞いた。
 
僕は笑って頷いた。
 
アリーは決して”上手く行ったの?”とは聞かない。

アリーにとって大切なのは、僕が自分の思うようにできたか、悔いは残らなかったか?ということでしかない。

だから、他の事は聞かない。

アリーは今回の日本行きが、アリーの財団に関するものだとは知らない。
 
でもアリーの事だからもう知っているのかもしれない。

アリーは、僕が悔いを残さないように思いっきりやったという事を聞くと、嬉しそうに微笑み、僕の頭を撫で、
『よかったね』と言って後は何も聞かなかった。

そして僕の頭を抱きかかえたまま、病院でできた新しい幼い子供の友達の話、アリーが最近読んだ本の話などを、まるで母親が子供に寝物語をするように聞かせてくれた。

僕は、ただただ幸せな気持になり、もう一度アリーの胸の中で
『ただいま』と呟いた。

アリーはそれに答えるように、僕の肩をポンポンと2度軽く叩いてくれた。

やっと、逢いたい人に会えた。


 


2007年01月23日  天使の指輪

ニューヨークに帰ってきて一夜が明けた。

病室には結局夜中の1時過ぎまでいて、アリーが寝息をたてはじめたのを聞いて、僕は家に帰った。

外は死ぬほど寒かったけれど、僕の気持ちはとても暖かかった。 

僕はアリーに、人を愛する事を教えてもらった。

その気持ちは僕の心に根付いて、更に成長し、アリーを愛するだけでなく、子供達や友達、仲間や隣人、この世界で僕と関わりのある全ての人に注がれる大きな愛に昇華していった。

人を愛する事で、自分を愛し、自分も成長して行く。

僕はアリーから貰った溢れる様な愛を、更正施設の子供達や、周りの人達とシェアをして行く。
 
それがアリーを、命を受け継ぐ唯一の方法だと思う。

アリーの名前のついた財団とか、そんな形だけのものでなくて、アリーの命を僕の心の中に大事に受け継いで、その灯火を僕の心の中で燃やし続け、周りの人に分け与えていく事の大事さが判るような気がした。

アリーの名前の財団なんか作って、ちょっと自己満足していた自分が恥ずかしくなった。

命を受け継ぐという事は、そんな表面的なことではなく、その人の命の灯火を心の中で受け継ぐ事なのだ。

財団はアリーの名前を後世に残し、アリーの志を目に見える形で残すものだから、それはそれで意味があるものだと思うけど、一番大事な事は、アリーの命を、僕が精一杯受け継ぐ事だと思うようになった。

アリーは僕の天使なのだから、遅かれ早かれ、天使は天使のいる場所へ返してあげないといけない。

こんな事を言うと、僕が医者の言う事を聞いてアリーのことを諦めたと思うかもしれないけれど、そんな事ではない。

僕もいつかは死ぬ。
 
誰もが死ぬように、アリーも死ぬ。
 
だからもしもアリーが天国に帰るのであれば、僕はアリーの命を、アリーと時間を過ごした証として受け継いで、僕の心の中で燃やし続けていきたいと思う。

医者が、アリーの病気は骨にまで達してしまったので、もう医者としてできることは無いと僕らに告げた。 

だから暫くしたらアリーは病院を退院する。

最後の日々を悔いなく過ごす為に。

きっと聡明なアリーのことだから、全て分かっているだろう。

 

僕はアリーの両親とアリー抜きで話をしようと思う。

アリーの最後の時をいがみ合っているのは、アリーにとってあんまり可哀想だ。 

アリーの親も、僕も、アリーを愛しているのであれば、表面的であっても、アリーのためだけを思って、お互いのわだかまりを捨てたい。

奇跡を信じていないわけではない。
 
きっと奇跡は、起こる人には起こるだろう。
 
だけど神様は時に気まぐれで、我々凡人にはわからないような悪戯をする。

だから僕は何があっても神様をうらむような事はしない。
 
全ての事には理由がある。
 
今はその理由がわからなかったとしても、悲しい事が起こったとしても、きっといつか時間が経てば全てがわかるはずだ。

僕が生きている間はわからないかもしれない。
 
死んだ後になってやっと理解できるかもしれない。

それでも良いんだ。

ただ、僕は最後までアリーに教えられたように、凛として清潔な人間であるように努力をしたい。

アリーに少しでも近づく為に。
 
僕の夢が消えてしまう前に、やらなければいけないことが色々ある。

アリーを見舞い、いつものように何時間も話を続け、色々な事を話した。

僕はアリーの手を握りながら、アリーに
『僕は、君にもうひとつサプライズを持っているんだよ』と言ってみた。

アリーは悪戯っぽい目をキラキラさせて、
『何? 何?』と興味津々だ。
 
僕も悪戯っぽく笑って、
『もう少ししたら教えるから、それまでは秘密』と言ってもう一度笑って見せた。

今日、宝石屋さんから電話がかかり、僕が頼んだ指輪が完成したと言われた。 

僕は、サプライズで婚約指輪と、小指につけるピンキーリングをセットで用意している。

婚約指輪は定番のダイアなんだけど、ピンキーリングは、ダイアとピンクサファイアにして、二つはめると、薬指のダイアと小指のピンクサファイアで、天使のデザインになる。

ピンキーリングだけ貰ったら、僕の細工に気づかないようになってるからいっぺんにあげるか、どっちを先にあげるか、色々悩みは尽きないけど渡すのが今から楽しみだ。

後は、いつアリーにそれを渡すか、そのタイミングを考えるだけだ。

神様、僕はどんな苦労も受け入れる準備があるのだけれど、あとちょっとだけ、僕に夢の続きを見させてください。

あと少しだけ。あと少しだけ。


2007年01月24日  ホットチョコレート

今日もアリーが眠りにつくまで、病院のパイプ椅子に座ってアリーの隣に座っていた。

アリーが眠りに落ちた事を確かめて、僕は席を立ち、灯りを消して病室を後にした。

一人、夜中のニューヨークのストリートを歩いて家に帰った。

零下の寒気が突き刺すように感じられたが、そのお陰でいつもより空気は澄んでいる気がした。

僕は立ち止まり、冷たい空気を胸に吸い込んで、ゆっくりと吐き出した。

交差点で、乞食が僕に歩み寄り物乞いをした。
 
僕は乞食に小銭を渡し、彼の肩をたたいて、世の中の全ての人の幸せを祈ってくれるように頼んだ。

乞食は、きょとんとして僕の顔を見た。

僕は、真正面から乞食を見すえ、
『僕に物乞いをするのであれば、あなたも社会に貢献をすべきだ。社会への貢献の仕方がわからないのであれば、せめて世の中の人々の為に祈るべきだ。貴方にも祈るくらいの時間は、あるだろう』と言った。

世の中には自分の事だけを考える人が多すぎる。
 
自分の事を考えるのは仕方ないけれども、そのちょっとの部分を人の事を考える時間に使えば、もっと世の中に対する考え方、視野が広がるはずだ。
 
少なくとも僕はそういう人間でありたいと思う。

天敬愛人とはそういう事を言うのだろう。
 
あるいは日本の武士道、西洋の騎士道とは、そういう事を言うのだと思う。
 
深く考える人には、それだけ社会に対する義務を負うのだと思う。

乞食は僕に恐れをなしたのか、あるいは僕が気がふれていると思ったのか、お金を受け取る事なく僕の前から消え去った。

僕は手の中に残った小銭をポケットに押し込み、また夜の道を歩き出した。

僕は明日の夜の飛行機でパリに行く。
 
今回パリには4~5日いる事になるだろう。
 
アリーの財団を設立するにあたり、僕の友達のフランスの政治家にも話をしたので、その関係でファンドレイジング(募金集め)の集会に出かける事になった。

理由はともあれ、正直、独りでパリに行くのは辛い。

 

アリーと、余生を送るのであればパリだと常々話しているので、僕の気持の中では、パリはアリーと行くものと決まっていた。

アリーにその話をすると、
『貴方が独りでパリに行くのは、悔しいけど、子供達を助ける為だから、アタシの分も頑張って来てね』と言われた。

そして
『浮気なんかしたら、しょうちしないからね』と言って悪戯っぽく笑った。

僕は、思わず吹き出してしまい、ただアリーを抱きしめて、
『I Love You.』と言った。 

そんな事は、言わなくてもわかっているのだけれども、アリーがあえて女としての冗談を言った事が、なぜか嬉しくて、可笑しかった。
 
だから、思わず
『I Love You.』と言ってしまった。
 
どんなに病気が進行しても、どんなに体重が落ちてしまっても、髪の毛がなくなってしまっても、アリーは僕にとっては、いつでも最愛の女性で、常に一番魅力的な女だ。

アリーは
『お土産は、ホットチョコレートが欲しいの。帰って来たら、そのまま病院に来てね。そうしたらアタシが貴方にホットチョコレートを作ってあげるから』と言った。 

だから僕はパリでホットチョコレートを探さないといけない。

僕は黙って頷き、微笑んでアリーにキスをした。

僕はアリーの手を握りながら、僕の一日をアリーに説明をした。
 
仕事の話、財団の話、更生施設の子供達の話、日本の里子の話、色々な話をした。

アリーはそれを聞きながら目を細めて僕の手を握った。
 
そして
『いつか、また二人で手を繋ぎながら街を歩いて、どこかでのんびりブランチができたら嬉しいね』と言った。

僕はアリーを見つめて、
『また二人でそうするつもりだよ』と答え、微笑んだ。

僕は明日の夜、アリーの心をつれてパリに旅立つ。




読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について