目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

69 / 147ページ

2007年01月08日  天敬愛人

1月6日、7日と病院に2泊した。
 
本当は見舞い客が病院で夜を明かすのは認められていないので、病院側も嫌がるのだが、いつの間にか、病院側もしょうがないと思うようになったようだ。

そんな事もあり、週末はずっとアリーと一緒に過ごした。
 
二人でずっと週末を過ごすなんていうのは、アリーがまだ入院する前の事だったので、ずっと昔の事のような気がした。

6日はアリーにドレスで誕生日を祝ってもらい、7日はいつものように病室で二人でゆっくりとしていた。
 
穏やかな週末だったのでDVDを何本か借りてきて二人で見たり、僕が病室の掃除をしたり新しい花を買ってきて飾ったり、そんな当たり前の事をして過ごした。

静かで平和な時間が、ゆっくりと過ぎて行った。

ただ二人でいるだけで、こんなにも心穏やかに時間を過ごす事が出来るという事をすっかり忘れていた。

二人で同じ時間を過ごせるだけで僕は幸せを感じれられた。

後どの位、二人に時間が残されているのかなどと心配するのは野暮な事だ。

どんな健康な人にも必ず終わりはある。
 
その終わりを気にして、今の幸せを満喫できないのは、不幸だと思う。 

桜の花のように、その瞬間を満喫し、感謝し、潔く、凛としていたい。
 
そんな事を考えさせられた週末だった。

今日からアリーの両親がニューヨークを訪れ、10日程滞在し、アリーの世話をするらしい。

という事は、僕はアリーに10日程会えない事になる。
 
これだけ近くにいても、会えない時は会えないのだ。

何とも言えない気持を抱えて僕は仕事を続けた。

 

自分の運命を受け入れ、天を、天命を受け入れ、それを敬う。
 
天を敬うという事は、天と同じように、自分の事はさておいて他人を敬う。
 
それが、天敬愛人(天を敬い、人を愛する)という事だ。

僕の大好きな西郷南州の言葉だ。
 
僕は西郷南州翁のように、国を背負うような器の人間でもないし、ちっぽけな存在に過ぎないが、僕の小さいなりの世界の中で、アリーを通じて学んだ事に、南州翁の言葉は、共通するものがあるような気がする。

自分にどんな運命が迫って来ても、それを嘆いたり、人のせいにしたり、恨んだりせず、天命として受け入れる。
 
天命を敬い、天命の指示に従うように、まるで天が平等に人を愛するように、自分も他人を愛する。

僕はアリーの為に生きている。
 
そして、アリーを通じて知る事ができた、数々の助けを必要とする人達の為に生きている。
 
そんな中で、僕が、自分の為にアリーの両親と喧嘩をして、アリーとの時間を勝ち取ろうとするのは、天敬愛人の精神からは反しているような気がする。

僕はその分、人の為に尽くせば良い。
 
アリーに僕の気持もきっと伝わるはずだ。
 
そんな事は言っていても、頭ではわかっていても、僕も生身の人間だから、流石にアリーに会えないのは正直辛い。

僕は自分の気持を鎮める為に、更生施設の子供達と話をして、自分自身を忙しくさせた。

でも常にアリーの事を考えている。
 
たまに上着のポケットに忍ばせたアリーの写真を引っ張りだして、それを見ながらアリーに話しかけてみたりする自分がいた。

夜になり、病院の看護婦から電話があった。

看護婦が言うには、アリーから僕に電話をするように頼まれたそうだ。
 
言われた通りに、夜の9時過ぎにアリーの病室に出かけて行った。

丁度、アリーの両親は家に荷物を取りに帰った所だった。 

15分程の時間だったけれども、僕はアリーと一緒に時間を過ごした。

まるで泥棒猫みたいでちょっと気持が萎えたけれども、15分でもアリーに会えるのは嬉しい。

病室に入ると、アリーは僕を笑顔で迎えてくれたけれども、じきに涙を一杯目に浮かべ、そして泣き出してしまった。

 

あれだけ強いアリーでも、やはり挫ける時はある。
 
僕は、ただアリーの話を聞き、アリーを抱きしめてあげる以外できる事はない。

生半可にアリーの言う事にコメントをする程、僕は無責任ではない。

いい加減な慰めほど人を傷つけるものはない。
 
僕は、ただ正直に、真摯に、同じ痛みを感じる事で、アリーの気持を和らげる事ができればと、ただそれだけ祈りながら、アリーを抱きしめ、話を聞く事しかできなかった。
 
それが僕の愛し方だ。

不器用だけれども、そんな愛し方しか僕にはできない。

僕の胸の中でアリーは色々な不安をぶちまけた。
 
僕はそれを聞き、最後にアリーに、僕は最後までアリーの傍にいる事、そして何が起ころうとも、アリーの味方でいる事だけを伝えた。

僕は逃げない。

そしてアリーを陰から支え続ける。

今の僕にできることはそれだけだ。

アリーはひとしきり泣いた後に
『どうもありがとう』と言って、涙で真っ赤になった目を僕に向け、無理に笑ってみせた。
 
そして
『もうすぐ両親が、帰って来ちゃうから』と言った。

僕はアリーにそっと口づけをして病室を出た。
 
帰り際にいつもの看護婦と目があったので、彼女におやすみとありがとうを伝えた。

看護婦も少し、涙ぐんでいるように見えた。

僕は夜の街に出て、ただ歩き続けた。
 
先週とうってかわり、刺すような寒気が、容赦なく僕の体を突き刺した。
 
独りで夜の街を歩きながら、どうしようもなく涙が出て来た。
 
頭ではわかっていても、泥棒猫同様の自分が情けなかった。

天敬愛人と独りで呟きながら、たまたま通りがかったバーに入り、止まり木に腰を下ろして、寒気を感じる事がなくなるまでウイスキーを飲み続けた。

アリーの両親がいる間は、お互いがかえって辛くなるので、来週から僕は、暫く日本に行く事にした。
 
再生をさせ、その後を託した日本人の経営者が、かなり苦労をしているのは聞いていたので、彼が無事に再生後の会社を軌道に乗せられる事ができるように、手助けをしてやるべきだろうと思った。

これも天敬愛人だと、一人呟いてみた。


2007年01月13日  両親

アリーは近日中にまた手術をする。

その為にアリーの両親はニューヨークに帰って来て、アリーの手術と術後の経過を見守る事になった。

部外者の僕は、それに立ち会う事もできなければ、アリーの両親がいる間は、見舞いに行く事もできない。

僕とアリーは恋人同士なのだから、アリーの両親の事は気にせずに一緒にいるべきだ。

あるいは、アリーの親とちゃんと話し合って理解を求めるべきだと思っている人もいると思う。

実はアリーに呼ばれて、僕はまた病院に行った。
 
アリーは涙ながらに、僕と離ればなれになりたくないと言った。
 
そして一緒に親に会って、許しを乞うように僕に哀願した。
 
僕もアリーの一途な心に感激して、もう一度アリーの親に会う事にした。

暫くしてアリーの親が病室にやって来た。
 
僕を見るなり彼らの表情は変わり、父親は声を荒げて怒鳴り散らし始めた。
 
アリーは泣きながら両親に許しを乞い、僕も同じようにしたが全ては逆効果だったようだ。

アリーはこの騒ぎのおかげで具合が悪くなってしまった。
 
僕は病室を追い出され、病室の外で親に、この騒ぎでアリーの具合が悪くなったのは、僕のせいだと言われ、本当にアリーの事を愛しているのであれば、アリーの前から消えてくれと言われた。

アリーが病気でなければ、アリーをさらって何処か二人で遠い所に行く事もできたろうが、アリーは今は、自分で歩く事もできない病人だ。
 
ドラマのような奇跡が起こる訳もなく、僕は冷静になって何が一番現実的かを考えなければいけなかった。

僕は我ながら大人げない事をしたなと少し後悔をしたけれど、これをやらなければ、アリーも僕が揉め事を嫌がって逃げたと誤解するだろうし、タイミングは悪かったけれども、やらなければならない事だったのだと思う。

夜に病院の看護婦から電話を貰って、病院の近くのダイナーで待ち合わせをした。

看護婦はアリーが書いた手紙を僕に渡しに来てくれた。 

 

僕は看護婦さんに
『ありがとう』と言った。
 
看護婦さんは、だまったまま僕を優しくハグしてくれた。
 
そして『彼女(アリー)の為にも挫けないでね』
と言って去って行った。

僕は独りでダイナーのカウンターに腰を下ろしコーヒーを飲みながらアリーの手紙を読んだ。


”今日はごめんなさい。 
アタシもどうしても我慢できなくて気持ちをぶつけてしまいました。 
貴方にも嫌な思いをさせてごめんなさい。 
でも、貴方がアタシと一緒にあそこまでお願いしてくれているのを見て嬉しかった。
アタシも自分の両親が好きだし、両親は両親で、私の為を思って色々言っているのだし、こんな時にアタシの我侭で、貴方と両親をあんな形で喧嘩させてしまって申し訳ないと思っています。
アタシが元気になれば、いつかはみんなわかってくれるんだから、アタシが元気になれば良いんだよね。
アタシは、貴方を誰よりも愛しているから、貴方の為に病気と闘って、必ず元気になってみせます。
今日は、本当にありがとう。”


と手紙には記されていた。

僕はカウンターでコーヒーを飲みながら、覚えのある可愛らしい筆跡をいつまでも指でなぞっていた。

アリーも頑張ってるのだから僕も頑張らないと。

兎に角、今度の手術はアリーに頑張ってもらって、その経過が一段落したら、ちゃんと一つ一つ両親に説明をして行こう。 

もう泥棒猫みたいにこそこそするのはやめて、時間がかかってもちゃんと正面から真摯に話をしよう。

アリーの病気が重くなり、もう残された時間が少ないと思い、回り道をしたくないと思っていたのかもしれない。
 
でもそれは僕の独りよがりな思いだったのかもしれない。
 
アリーの両親だって、アリーの事を僕と同じくらいに愛しているのだ。

コーヒーを飲み干し、僕はダイナーの外に出て夜の街を独り歩いた。

まだ店は開いていたので僕は宝石店に入り、色々品定めをしてアリーに渡す婚約指輪を買った。
 
ダイアとピンクサファイアの可愛い指輪だ。 

この指輪を堂々と渡す事ができるように、何度でも少しずつでも、アリーの両親の理解を求められるように努力をしよう。 

アリーが病気を克服して元気になろうとしているのだから、このぐらいの事は僕にもできるはずだ。

 


2007年01月14日  名こそ惜しけれ  

明日、僕は久しぶりに日本に行く。

何度も仕事でニューヨークを離れた事はあるけれども、今回程、感傷的になったのは、初めてかも知れない。

日本を離れて20年以上の年月が経った。

日本を離れる時には、もう二度と祖国の土を踏む事はないだろうと思った。
 
二度と自分の親族にも会う事はないだろうと思った。
 
その後、長い間日本に帰る事はなかったが、バブルの後に外国の禿鷹ファンドと一緒になって、日本に舞い戻った。

その時には、昔の日本での色々な悲惨な思い出がトラウマになって、復讐をするような気持ちだった。
 
お金は儲けたけれども、心が満たされる事はなかった。

色々な目にあって、色々自分でも考えた。

アリーと一緒になって、生まれ変わって、今までの自分の人生の許しを乞うように、心を入れ替えて人の為に生きる事にした。

しかし、今、僕の過去の生活の報いか、自分が一番愛してやまない人を病気で失おうとしている。

12月に、アリーのクリスマスプレゼントの為に、自分の財産の半分を処分した。

日本で持っていた会社も全て経営権を売り払ってしまった。 

僕はその時点で、もう生きて日本に帰る事はないだろうと思っていた。

でも、譲った日本の会社が、僕がいなくなった事で、おかしくなっていると聞いてしまった。
 
昔の僕だったら、売った後の話は買った人間の問題で、僕がのこのこ出て行くような事はなかった。

だけど僕は、今は日本に行ってこの人達が、僕なしで独り立ちできるようにしなければいけないと心から思う。
 
その為だけに日本に行く。

なぜならば、彼らが支払ったお金が、アリーの慈善団体の資金の大きな部分を占めているからだ。

 

万が一、誰かがアリーの慈善団体の資金を、僕が日本から騙しとったなどと言われたら、死んでも死にきれない。

だから僕は日本の会社を助けに行く。

自分の全てを失っても彼らを成功させ彼らの生活を守り、彼らが僕から会社を引き継いで良かったと心から思ってもらわないといけない。

これは僕が祖国を離れて20年以上たって、初めて感じる大和魂だ。

僕はどうなってもよいけれども、アリーの名誉に恥を塗る事はできない。

という事で、僕は明日の飛行機で日本に行く。

全てはアリーの名誉の為に。

何としても僕がいなくとも彼らだけで、利益をあげられるように、自分の全てをかけて闘うつもりだ。
 
昔の日本人は自分の名誉の為に命をかけた。 

”名こそ惜しけれ”と言う事だ。
 
時代は変わったけれども、僕は昔の日本人のように、アリーの名誉と僕の誇りを守る為に日本に行ってきます。


2007年01月20日  非常勤の顧問

日本に来て1週間、色々あったけれども、日本での仕事を何とかこなして、アリーの名誉を守る事ができたと思う。

アリーの財団を作る資金にするために、僕は自分の日本の会社の権利を売却したが、僕がいなくなったことで、会社の価値が下がったと判断され、ビジネスに色々の障害が出てきたのが原因だった。

別にそういった事は、会社の売買では良くあることで、それ自体、人に後ろ指をさされる事ではないのだが、アリー財団の設立にあたって、アリーの夢の実現にあたって、不幸な人を一人でも作る事はその性格上、許されないと僕は思った。

ビジネス上、頻繁に起こることであっても、きっとアリーが知ったら、それを悲しむであろうと思った。

僕が手放した会社の従業員の笑顔、その家族の笑顔、子供達の笑顔、アリーにとっては、それらは、皆等しく価値があり、守るべきものである気がした。

だから僕は、このまま素通りする事ができなかった。

日本に来て、売却した会社の経営陣と話し合い、僕は結局、その会社の非常勤の顧問となり、引き続き経営に関与する事にした。
 
それで会社に不安を感じ始めていた主要な取引先も、安心をし始めたようだ。

それが決まった後に、僕は、主要な取引先を新しい経営者と一緒に回り、引き続き経営に関与する事を告げ、関係の修復に努めた。

僕は、社員達が僕が顧問として戻ってきた事、会社に顔を出したことを素直に喜んでくれた事が、何よりも嬉しかった。

人の笑顔は僕の心を癒してくれた。
 
結局、僕が人に尽くすような体裁をとりながら、人の笑顔に、人の心に、僕が救われた気がした。

 

僕は自分にけじめをつけるために、顧問の仕事を無給で引き受けることにした。
 
一度売った会社からお金を貰う事はできない。

アップルの社長のスティーブ ジョブスも、社長でありながら給料は、年間一ドルしか貰っていない。

当然、沢山のストックオプションを持っているから、彼の場合は、会社の業績があがれば、彼も儲かる仕組みになっているが、会社の業績が下がれば、彼は損をするわけで、最低保証金額としての給料は、一ドルしか貰っていない。

この業界で体を張るという事は、そういうことなのだろう。 

だから僕もジョブスを見習い、この仕事では一切の対価を要求しない事にした。

それがせめてもの、僕の社員達に対する気持ちであり、アリーの夢に殉じたいという気持ちだ。

日本での仕事が一件落着したので、明日のフライトでニューヨークに帰る事にした。

この1週間は死ぬほど働いた。

そのあいだもアリーのことはいつも考えていた。
 
と言うか、気持ち的にはアリーと一緒にいたような気がした。

僕のテーブルの脇にはいつもアリーの写真があり、僕に向かって微笑んでいてくれる。

僕はその微笑を直接見たくなった。
 
明日にはその微笑を見る事ができる。

僕は君の微笑を見る為に、明日また飛行機に乗ります。


2007年01月22日  ただいま。

6時半出発のフライトだったので、成田を旅発つ時には、夜になった。
 
第2ターミナルのメインターミナルからサテライトに向かう途中のモノレールの窓から、色とりどりの灯りにともされた滑走路を眺めてみた。
 
窓ガラスにそれをぼーっと見つめる自分の年老いた顔も反射して見えた。

仕事が終わった今となっては、考える事はアリーの事だけだ。
 
それ以外は、全ての事が僕には虚ろに思えた。

望む事は一刻も早くニューヨークに戻って、最愛の人の顔を見る事だった。

やっと搭乗の時間になり僕はゲートに向かい、自分の席に腰を下ろすなり、いつものように深い眠りに落ちた。 

目を開けた時には、既にケネディ空港到着30分前だった。 

飛行機は零下2度の空港に滑り降り、僕は入管を抜け税関を抜け、自分を待っている運転手を見つけ、久しぶりのニューヨークの寒気を感じながら車に乗り込んだ。

一度家に帰りシャワーを浴びて、仕事を片付け、僕はアリーが待つ病院に向かった。
 
9日ぶりのアリーの笑顔を見るために。

病室の扉を開けると、そこには、僕が待ちこがれた笑顔でアリーが待っていてくれた。
 
僕は微笑んでアリーに
『ただいま』と言った。

嬉しかったし、全く悲しくなかったけれど、何故か涙がボロボロと出て来た。

涙を出しながら、僕はただ微笑んでアリーに
『ただいま』と言った。

アリーも、優しく微笑んで
『おかえり』と言ってくれた。
 
そして
『ただいま。って素敵な響きだよね』と言ってまた微笑んだ。

 

僕は、いつものようにパイプ椅子をベッドの脇に置き、二人は、昨日もこうしていたかのように話を始めた。

アリーは病院の話、僕は日本の話。

『自分の思うようにできたの?』とアリーは聞いた。
 
僕は笑って頷いた。
 
アリーは決して”上手く行ったの?”とは聞かない。

アリーにとって大切なのは、僕が自分の思うようにできたか、悔いは残らなかったか?ということでしかない。

だから、他の事は聞かない。

アリーは今回の日本行きが、アリーの財団に関するものだとは知らない。
 
でもアリーの事だからもう知っているのかもしれない。

アリーは、僕が悔いを残さないように思いっきりやったという事を聞くと、嬉しそうに微笑み、僕の頭を撫で、
『よかったね』と言って後は何も聞かなかった。

そして僕の頭を抱きかかえたまま、病院でできた新しい幼い子供の友達の話、アリーが最近読んだ本の話などを、まるで母親が子供に寝物語をするように聞かせてくれた。

僕は、ただただ幸せな気持になり、もう一度アリーの胸の中で
『ただいま』と呟いた。

アリーはそれに答えるように、僕の肩をポンポンと2度軽く叩いてくれた。

やっと、逢いたい人に会えた。


 



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について