目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

55 / 147ページ

2006年12月09日  The Show Must Go On.

僕の飛行機がニューヨークに降り立った時にはもう辺りは暗くなっていた。 

氷点下の寒風が吹き抜ける滑走路を横切り、僕は迎えの車に乗り込んだ。

アリーのお姉さんの電話では、僕の飛行機がニューヨークに降り立つ直前に、アリーは意識を取り戻したらしい。 

アリーが意識を取り戻し一段落した事もあり、お姉さんは、僕とアリーをあわせる為に、気を利かせて、アリーの両親を暫く連れ出してくれる事になった。

夜の8時過ぎにお姉さんに病院に来るように言われた。

僕はお姉さんの計らいに感謝をし、夜の8時に病院に行く事にした。

時間的には一度家に帰る時間はあったのだが、そんな事は頭に浮かばず、僕は車を病院の近くでおり、病院の近くのダイナーで紅茶をすすりながら、8時になるのを待っていた。

僕が入ったダイナーは客はまばらで、病院に近いせいもあり、客は病院関係者か看病に来ている人達のように思えた。
 
皆、一応に疲れた表情で、ある者はテレビを呆然と見つめていたり、ある者は小さな声で話し合っていたり、ある者は新聞を読んでいたり、思い思いに疲れた表情で過ごしていた。

僕もその中の一人らしく、疲れた表情で映りの悪いテレビを眺めていた。
 
ふと我に返り時間を見ると8時を回っていた。

僕は紅茶の代金をテーブルに置き、ダイナーを後にして病院に向かった。

お姉さんの言った通り、アリーの病室には誰もいなかった。

僕の最愛の人は、一人ベッドに横たわっていた。
 
アリーの鼻にはチューブが入れられ、腕には何本ものチューブが刺されていた。

アリーは目を閉じており、疲れ果てて眠っているように見えた。

その姿を見た途端に、僕は哀しくて涙が止まらなかった。 

僕はアリーのベッドの脇のパイプ椅子に腰を下ろした。

 

一時間ほどしてアリーは静かに目を開けた。
 
そして僕を見つけると、静かに小さく笑みを浮かべた。

アリーが僕の方に手を伸ばしたので、僕はアリーの手を両手で握り、自分の胸の上に置いた。
 
そして、アリーに向かって微笑んで
『ただいま』と言った。

アリーは、もう一度微笑んで暫く僕を見つめ、それからまた静かに目を閉じた。

閉じられたアリーの目から涙があふれだし、筋になって顔を濡らした。
 
アリーは、ただ
『ごめんなさい』と言った。

僕はもう一度アリーの手を強く握り、アリーの手に口づけをした。
 
そして
『大丈夫だから』とだけ答えた。

僕はアリーの前で努めて平静を装い、何事もなかったかのように、アリーに色々とおもしろ可笑しく話をした。

アリーは微笑みながら僕の話を聞き、たまに小さく笑った。
 
力のない消え入りそうな笑い声だったけれども、僕には笑っているように聞こえた。

暫くしてアリーは両手で僕の頭を撫でながら、
『アタシは闘っている時の強い貴方を見ているのが好き』と言った。

最初は何を言っているのか判らなかったので、アリーに聞き返した。 

アリーは小さい声のまま、
『アタシは、闘っている時の強い貴方を見ているのが好き』と繰り返して微笑んだ。

そして
『アタシは貴方が帰って来るまで、死なないでここで待っているから、日本に行って仕事を済ませて来て』と言った。

僕は微笑んで
『仕事は、またいつでもやり直しができるから、気にしなくて良いんだよ』と言った。

アリーは
『アタシは、貴方の仕事が上手く行くのを自分の目でみたいの。だから、仕事を済ませて来て』と小さな声で言った。

そして
『そんなに簡単には、死なないから』と言ってまた小さく微笑んで見せた。

そして
『Show Must Go On』と呟いた。
(ショーは先へ進まなければなりません)

僕は、アリーの前では泣くまいとして平静を装っていたが、アリーのその言葉を聞いて急に涙が溢れ出してしまった。

 

それを見てアリーの目も急に赤くなった。
 
そして真っ赤になった目で僕を見つめ、
『Show Must Go On』ともう一度呟いて頷いてみせた。 

そして
『これが終わったら、もうどこにも行かないでアタシのそばにいて。でも、ここまで二人で頑張って来たんだから、アタシの為にも、この仕事は最後までやって、一緒にちゃんと幕をひかせて』と言った。

こんなに強い意思を持ったアリーの表情を見たのは初めてだった。

アリーの強い決意を感じた。

僕はただ頷いて、アリーの両手を握りしめた。
 
アリーを抱きしめたかったが、体中にチューブがあったので、そうもできず、ただただアリーの両手を握りしめた。
 
僕はアリーの両手を握りしめたまま、
『必ず帰って来るから』とだけ伝えた。

アリーはそれを聞くと微笑んで、
『必ずここで待っているから』と言った。

僕は、最後にアリーの口にそっとキスをしてアリーの病室を後にした。
 
振り返ると、また帰れなくなってしまうし、その場で泣き出してしまいそうだったので、振り返る事なく、後ろ向きに手を振ったまま病室を出た。

病院の外にでると、零下の寒風が吹き僕のコートの裾を揺らした。 

僕はこぼれ落ちる涙を拭く事もせず、そのまま夜の街を歩いた。

僕は、アリーの為に明日、日本に行く。
 
そしてアリーと一緒に頑張って来た何年かの生活に区切りをつける。 

これで最後だ。


2006年12月13日  東京にて

覚悟はしていたけれど、やはりメールも電話もできないで、6,000マイルも彼方にいるという事は、大変辛いものだ。

なるべく考えないようにして、仕事に集中するようにしているけれど、やはり色々と考えてしまう。

お姉さんのところに電話をして、色々聞こうかなとも思うけれども、やはり迷惑をかけたくないので、そういう事も出来ない。

ただ今の僕にできることは、自分のやるべき事に集中する事と、たまに空を見たり、花を見たり、街を行き交う人を見たりしながら、遠くにいるアリーの事を思う事だけだ。

あれほどメールや電話でやりとりをしていると、急にそう言ったものから遠ざかってしまうと、どれだけ寂しいのかという事が、痛いほどわかった気がする。

常に携帯で話ができるようになったのはここ十何年の事で、メールが普及するようになったのはもっと最近の事だ。
 
だから僕が若かった頃は、まさに今の僕の状況のように、メールも携帯もなかったわけで、そう考えると、いかに生活様式が変わってしまったかと言う事が良くわかる。

そういった機器に依存できない今の状況では、僕は、昔の人々が遠くはなれてお互いを思いあったように、空や花等の森羅万象に目をやりながら、アリーのことを心の中で深く考え、思う事しかできない。

僕の気持ちがアリーに届くといいな。

 


2006年12月14日  Going Home

東京での怒涛の5日間の後、今日、ニューヨークに帰ることにした。

日本にいる間は、殆ど満足な食事もしていないし、睡眠もできなかった。

取り付かれたように仕事をして、今は心身ともに憔悴しきってしまった。 

もうこれ以上歩けないほど努力をしたので、ここで一応区切りをつけてニューヨークに帰ることにした。

今は、空港のラウンジで飛行機が来るのを待っている。

僕のニューヨークの携帯に、アリーのお姉さんから留守電が一つ入っていた。

アリーは相変わらず病院におり、容態はすぐれないが、一応小康状態を保っているようだった。

ニューヨークについたらお姉さんに電話をして、僕が病院に行ってもよいようだったら、アリーに会いに行きたい。

でも、このままで会うとアリーも、消耗しきった僕をみて驚くだろうから、せめて飛行機の中で眠って、少し元気を取り戻さないといけない。

アリーは今、何を思っているのだろう。

2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える

ニューヨーク時間の夕方に、僕の乗った飛行機は、滑るようにニューヨークの空港に降り立った。

フライトは、ほぼ満席だった。
 
ニューヨークに帰る日取りを突然決めたので、僕のアシスタント達は、東京サイドもアメリカサイドもかなりてんてこまいだったようで、全ての飛行機会社に予約を入れてもキャンセル待ちのところがほとんどだったようだ。

最後に、幸運にもそのうちの一つのキャンセル待ちが取れたので、そのフライトに乗って帰る事ができた。

日本にいる間は殆ど寝ていなかったので、成田に着き、飛行機に乗り込むと、まだ飛行機がゲートを離れる前から、僕はそのまま寝てしまい、結局食事もとらずに11時間半、そのまま眠り続けたようだ。

目を醒ますと、ちょうど飛行機は既に着陸準備の為に高度を落としている所で、着陸10分前だった。 

窓の下には見慣れたマンハッタンの風景が広がっていた。
 
僕はその中に、アリーのアパートを思わず探していた。
 
アリーは今病院に入院しているのに、思わずアパートを探していた自分に苦笑をした。

飛行機を降り、税関を抜け、迎えの車に乗り込んだ。

携帯のメールをチェックすると、アリーのお姉さんから、今日の夜は両親がアリーを見舞っているので、彼らが帰ったら僕に連絡をするとメッセージが入っていた。

今すぐにでもアリーの病室に飛んで行きたい気持は一杯だが、アリーの病室で、また彼らと喧嘩をする訳にもいかず、どうしようもない気持を抱えながら、僕は取り敢えず家に帰って、お姉さんからの連絡を待つ事にした。

いつもだったら、アリーと電話で話をしている車の中で、僕は鳴らない携帯を弄びながら、ニューヨークの灰色の空を見ていた。

家に戻った頃には、もうあたりは暗くなっていた。

誰もいない家に戻り荷物を置き、冷蔵庫から水を出して取り敢えず水を飲んだ。

そういえば昨日から何も口に入れていなかったので、水が胃袋の底に流れ込むのを感じ取る事ができた。

こうなっては、僕は待つ事しかできない。

街は買い物客や観光客で賑わっている。
 
街並は既にクリスマス一色で、様々なイルミネーションで飾られている。

 

そんな中で僕は一人電話を待っている。
 
こんなに近くにいても、まだアリーに会う事ができない。
 
ただ待っているものは一本の電話。 

かなり遅くなってからお姉さんからメールがあった。

ようやく両親が帰ったので、面会時間はとっくに過ぎてしまったけれど、今からだったら病室に来ても大丈夫というメールだった。

僕はメールを見てすぐに病院に向かった。
 
病院に着いた時には、もう夜の11時に近かった。

街は相変わらずクリスマス一色で、タイムズスクウェアの店は、かなりの所が遅くまで営業をしており、観光客でまだ賑わっていた。

僕はそんな楽しそうな喧噪を抜け、一人病院に向かった。
 
アリーに会う事だけを考えて。

アリーの病室のドアを開けると、そこに僕が、ここずっと夢に見続けた天使が横たわっていた。
 
前よりも体にささっているチューブの数が増えてしまったけれど。 

前よりも周りの恐ろしげな機械の数が増えてしまったけれど。
 
でも、アリーはそこにいた。

僕を見つけると、アリーは疲れた微笑みを浮かべ、
『こんな姿になっちゃったけど、ちゃんと死なないで待っていたでしょ』と消えそうな声で言った。

僕も微笑んで
『僕にとっては、君は誰よりも美しいよ』と言ってアリーの手を取った。
 
そしてもう一度微笑んで
『ただいま』と言った。

アリーも
『お帰りなさい』と言って微笑んでくれた。

その姿はさらにやせ細り、体中にさされたチューブや、青ざめた顔色が、病気の進行を物語っていたけれど、アリーは、僕との約束を守って僕を待っていてくれた。


僕は
『僕を待っていてくれてありがとう。もうどこにも行かないから』と言った。

アリーは
『急いで帰って来てくれてありがとう。こんな格好を貴方に見せたくはなかったけれど、でも貴方に会いたかった』と言った。

僕はアリーの隣にすわり、アリーの手をとったまま、ヨーロッパでの仕事や、東京の仕事の話をした。

アリーに会う前までは、僕は会社の乗っ取り屋のような仕事をしていた。
 
経営陣の無策で潰れる直前になった会社を安値で買い、不要な部分は容赦なく切り落とし、望みのある所だけを高値で売り飛ばしていた。

人に胸を張って言えるような仕事ではない。

アリーと会って、アリーから色々な事を学んで、僕は会社を乗っ取って切り売りするのではなく、買い取った会社を、何とかそのまま再生させることができないかと考えるのが、僕の仕事に変わった。

そのお陰で僕の収入はがた落ちしたけれど、僕は人としての自信を持ち直す事ができた。

ここ何年かやっていた仕事は、切り捨てるのではなく、アリーから学び取った、再生をするという精神で取り組んだプロジェクトだった。

僕の同業者は皆、僕をお人好しの馬鹿者だと嘲った。

それでも良かった。
 
僕はアリーのように、人として、その生き方に自信を持てる人間になりたかった。

そのプロジェクトをここ何年か続け、今回のヨーロッパと日本での仕事で、倒産寸前で買い取った会社を、切り売りや従業員を解雇する事なく、なんとか事業再生をさせ、黒字復活させ、もっと安定した会社に合併させる事になんとか成功した。

僕はアリーに、プロジェクトがうまくまとまった事を報告して、アリーにお礼を言った。
 
僕が自分に自信を持てる真っ当な人間になれたのは、他ならぬアリーのおかげだった。

 

アリーは、ただ微笑んだままそれを聞いて
『アタシも嬉しい』と言ってくれた。

僕と仕事で絡んだ人達は、僕がこのままいなくなってしまう事が、容認できないようで、どうかそのまま仕事を続けて欲しい。

いなくならないで欲しいと言ってくれる。

ありがたい事だ。
 
それもこれもアリーのおかげで、アリーに会う前の僕だったら、人に恐れられる事はあっても、求められる事はなかった。

人の気持ちはありがたい。
 
ただ僕は、もう自分のミッションを成し遂げた気がする。

『これから、どうしようか?』とアリーに聞いてみた。

アリーは、力なく笑って、
『アタシの近くにいて、アタシの面倒を見なさいよ』と言った。

僕も笑った。

僕は
『その為には元気になって、パリに行けるようにならないと。その前にこのチューブを取り去って、僕が、君を抱きしめる事ができるようにしてくれないと』と言って笑った。

アリーも笑った。

もう夜中をまわり、かなり夜も更けて来た。
 
このままアリーを起こし続けるのも良くないと思い、僕は帰る事にした。

帰り際にアリーは、僕の頭を両手で掴み、自分の胸に抱きかかえるようにして、
『貴方は、アタシに何があっても死んじゃ駄目よ』と言った。
 
僕は一瞬言葉を失ったけれど、何か答えなといけないと思い、
『君はそんなに簡単に死なないよ』と答えた。

アリーは僕の頭を自分の胸に抱えたまま母親のように笑った。

そして
『今、アタシの瞳の中に、貴方が見える。それがとっても嬉しい。貴方がいない間ずっと貴方の事を考えていたけれど、やっぱり自分の目で貴方を見たかった』と言って小さく笑った。 

【 瞳の中に、貴方が見える 】

僕はアリーのフレーズを繰り返して呟いてみた。


 


2006年12月16日  子守唄

今週はハニカ、来週はクリスマスと、もうニューヨークは、年末ムード一色だ。
 
僕は、時差ボケでだるい体を起こす為にジムに行き、久しぶりに汗を流した。
 
ここ暫くジムにも行っていなかったので、随分痩せたなと思いつつ、せめてジムにいる時は、色々な事を考えないですむので、ただ無心にマシンに向かった。

ジムが終わって、たまった洗濯物を片付け、アリーのかわりに約束したボランティアのカウンセリングに出かけた。 

犯罪を犯して服役中の子供達の更生施設でのカウンセリングだ。

彼らの目を見ていると、昔の自分を思い出すような気がする。
 
簡単に結論めいた事を言うのは、良くないけれど、やはり、周囲の愛に飢えているのかな?という気がしたのは僕だけなのだろうか。

カウンセリングをしながらも、心は常にアリーの事を考えていた。 

僕はこれを、あくまでもアリーのかわりにしているに過ぎない。
 
だから、アリーのボランティアをしようと思った気持ちが妥協されないように、アリーだったら何がしたかったのだろうと考え、今日のボランティアをこなした。

ボランティアの後は仕事場に行き、色々と雑務をこなした。
 
気がついたら夜の8時を回っていた。
 
お姉さんからメールを貰ったので、アリーの病室にアリーを見舞いに行った。

アリーはいつも通りのアリーだったけれど、すこし疲れていて気が立っていた。

僕は、だから両親も早く帰ったのだな?と勝手に想像をしながら、ベッドの隣の椅子に座り、アリーの話を聞き続けた。

 

アリーのそういった話を聞くのは辛いけれど、何もできない自分自身はもっと辛かった。

ただ僕にできる事は話を聞くだけ。
 
だから僕はアリーの話を聞き続けた。
 
ただ、アリーの話を聞く。
 
それが今の僕にできる唯一の事。

悲しいけれど、それが現実だ。

一通りアリーの話を聞いてると、アリーも話し疲れたのか、僕の手をとり、目を閉じて暫く黙っていた。

小さい病室に静寂が訪れ、アリーの周りに並べられた機械の不気味な電気音だけが部屋に響いた。 

その音だけが部屋中に響くのに耐えかねて、僕が話を始めた。
 
どうでも良い僕の一日についてだった。
 
独り言とも、アリーに話しているともつかない小さな声で、ボランティアに行った時にあった子供達の事、その時に僕が話した事、感じた事、そんな事を話し続けた。

僕の手を握るアリーの手に、少し力が入ったような気がした。
 
アリーを見ると、目を閉じたまま涙を流していた。

僕はそのまま、独り言ともアリーに話しかけているとも、はたまた子守唄を唄っているともつかない小さな声で、アリーが眠りに落ちるまで、そうやって話を続けた。

話す事が見つからなくなると、自分の知っている昔話までした。

自分の子供を寝かしつけるように、ずっと話を続けた。

アリーの寝息が聞こえるまで。

アリーを寝かしつけ、僕はそっとアリーの手を離し病室の窓から外を見た。
 
病院の周りはアパートが建ち並んでいる住宅街だが、そのアパートの窓にも、クリスマスの飾り付けやイルミネーションが思い思いに飾られていた。

僕は窓から見える外の景色と、窓に反射して見えるアリーの姿を重ねて、暫く外を眺め続け、アリーの事を考えた。

時間がかなり遅くなっていたこともあり、病院の人に、いい加減に帰ってくれと言われたので、僕は病室を出て病院を後にした。

風に吹かれながら暫く夜の街を彷徨い、目に留まったバーに入り、ウイスキーを注文した。
 
そして僕自身を飲み込むように、ウイスキーを飲み込んだ。


 


 



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について