目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


<<最初から読む

47 / 147ページ

2006年11月29日  スノーフレーク

僕は来週からカリフォルニアを皮切りに、ヨーロッパと日本を回る世界一周の仕事があり、またプライベートでも色々準備をしなければいけない事が多いので、急に色々と忙しくなった。

僕はアリーの声が聞きたくなったので、仕事場からアリー電話をして二人でいろいろな話をした。

アリーは兄弟でクリスマスプレゼントの欲しいものリストを交換したという話をしてくれた。 

アリーの兄弟は、みな、特別裕福という訳ではないので、アリーは、兄弟に遠慮をして、スターバックスのプレイペイドカードだとか、薬局で売っているような$10もしない化粧ポーチだとか、そんなものをリストにあげていた。

『僕にはそんなに遠慮をしなくていいから、欲しい物のクリスマスプレゼントのリストを送ってくれないか?』と聞いてみた。

アリーは電話口で笑って、
『アタシは貴方と一緒にいるだけで毎日クリスマスみたいに楽しいから、プレゼントはいらない』と言った。

そして、
『アタシは貴方と一緒になってから毎日幸せよ』と言ってくれた。

僕は
『それじゃあ、プレゼントを考えるヒントには全然ならないな』と文句を言った。

アリーはそれを聞いて小さな声で笑った。 

その後も二人の会話は続いた。
 
アリーは犯罪を犯した少年達の、カウンセリングのボランティアの件を気にしていた。

ボランティアに参加した途端にアリーの病状が悪くなって、結局何もできていない事に、後ろめたさを感じているようだった。

僕はアリーがきっとその事を気にしているだろうと思ったので、数日前に更生施設に出向き、アリーがカウンセリングをできない間、僕がかわりにカウンセリングのボランティアをやる手配をした。 

僕は今、アリーのかわりに週に2時間、更生施設に行きカウンセリングを手伝っている。

 

僕はアリーにその旨を伝えて、心配しないように言った。 

アリーは、その話を聞くと、
『全く貴方って人は』と言って言葉を詰まらせた。

『君の具合が良くなるまで、君ができない事は僕がやるから』と言って僕は小さく笑った。 

アリーも
『ありがとう』と言って小さく笑った。

あまり長い間話をするとアリーも疲れるだろうと思い、適当な所で会話を切り上げ電話を切った。

受話器を下ろした後も暫くアリーの事を考えた。
 
アリーの事が、頭から離れなかった。
 
色々考えだすと気持が萎えてしまいそうになるが、何とか自分を奮い立たせ僕は仕事に戻った。

今日は、夜遅くまで仕事場で仕事を続けなければいけない。 

僕は仕事で、来週カリフォルニアでスピーチをすることになっていて、その原稿を準備していたら、原稿をセーブする為に使った古いフラッシュメモリーから昔の写真が出てきた。

昔の友達の誕生日パーティの写真だ。

多分8年位前に取ったもので、その写真に写っている友達との連絡はもう何年もない。

パーティの場所だった、友達のアパートも今はそこには無く、友達の電話番号ももう変わってしまった。

あの時はあんなに楽しそうに、皆笑っていたのに、あの時には、その後全く皆と音信不通になってしまっている今日を予想する事も無かった。

一期一会と言うけれど、数え切れないほどのさよならを乗り越えて、今日の僕がいる。

夜になってお腹がすいたので、夕食を調達しにビルの外に出た。
 
街はもうすっかりクリスマス気分で、観光客や買い物客が、街にあふれていた。

僕はジャンバーの襟をたて、楽しそうで幸せそうな人々の間を抜け、近くのデリにサンドイッチを買いに出かけた。

途中で5番街と57丁目の交差点に飾られた、大きな雪の結晶のオーナメントを見上げた。

その巨大なスノーフレークは、白と青に輝くクリスマス前の夜空を美しく飾っていた。

 


2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・

今日は11月末にしては暖かい一日だった。 

今朝も早めに起きて仕事場に向かった。
 
薄い雲が一面に張っていたが、雲の隙間から朝日の帯がこぼれていた。

エンパイアステートビルは雲の中に隠れ、僕はハドソン川沿いのハイウェイを走りながら、まるで北欧の街に来ているようだと思った。

今日はロックフェラープラザのクリスマスツリーの点灯式があるので、ミッドタウンは、朝から交通規制で混雑していた。

ニューヨークで最大のクリスマスツリーなだけに、観光客が朝から群がり、交差点を渡るのも一苦労だった。

人の海を何とか泳ぎきり、僕は仕事場にたどり着いた。

昼時にアリーから電話があった。

アリーは、医者や両親と話した結果もう一度病院に戻ることになってしまった。 

覚悟はしていたけれど、それを聞いたときは、正直、少しショックだった。
 
でもアリーにはそれを悟られないように平静を装い、
『入院すれば、僕も見舞いにいけるから、今よりもっと会えるね』とだけ言った。

今はアリーは実家にいるので、アリーの両親に嫌われている僕は、アリーを見舞う事ができない。
 
それに比べれば、病院の方がアリーに会うことが出来る。

アリーは
『そうね』と頷き、
『毎日、見舞いに来てくれないと怒るからね』と言って悪戯っぽく笑った。

アリーは、病院に戻る前にアパートに戻って、何日か僕と一緒に過ごしたいと言った。
 
アリーの親もその位の情けはあるようだった。

これが最後になるかもしれないなと思いつつ、僕は
『それじゃあ、部屋を慌てて掃除しなきゃ。空のウイスキーボトルも隠さないといけないし』とおどけて見せた。 

アリーはそれを聞いて、
『アタシの部屋なんだから、綺麗にしてね』と言って笑った。

アリーとその後もいろいろと話をしたあと電話を切り、僕は仕事に戻った。

 


2006年12月01日  ポインセチア

アリーの入院が決まって、その前に数日だけでも二人で時間を過ごしたいとアリーが言った。

僕らは今日から今週末まで、昔のように僅かな時間を二人で過ごす事にした。

今朝の仕事は、全てキャンセルして、朝の9時半にアリーを実家に迎えに行った。
 
僕がアリーの実家についたのは、9時半よりちょっと前だったが、既にアリーは玄関の前に立っていて、僕が来るのを待っていた。

車を横付けし、アリーの荷物を後部座席に放り込み助手席にアリーを座らせた。
 
車に乗るとアリーは、
『おはよう』と言って満面の笑みを浮かべ、僕にキスをしてくれた。

僕も笑顔を浮かべ、アリーに
『おはよう』と言った。

僕は久しぶりにアリーを助手席に乗せて、アリーと数え切れないほどドライブをした道を、アリーのアパートを目指して走った。

家に帰り、久しぶりに二人でアパートのドアを開けた。

アリーは暫くぶりに帰ってきたかのように、アパートの中を見回し、振り返って僕に大きなハグをしてくれた。

そして
『思ったよりも綺麗にしていたのね』と憎まれ口をひとつきいて、悪戯っぽく笑った。
 
アリーは、ダイニングテーブルの真ん中に置かれた、大きなバラの花束を見つけた。 

『おかえり』と僕は言った。

アリーは花束を見てニッコリと微笑み、
『どうもありがとう』と答えた。

僕は午後からの仕事があったので、アリーをベッドに寝かせて、食事をさせてから仕事場に戻ることにした。

僕はもうひとつ、アリーにサプライズを準備していた。

 

実は沢山のポインセチアの鉢を買い込み裏庭に敷き詰めて、庭中をポインセチアで埋め尽くした。
 
アリーはベッドに入ってから、カーテンを少し開けて庭をみるだろうから、その時にびっくりさせたいと思い、ポインセチアを敷き詰める事を考えた。

僕はアリーにその事は触れずに、昼食を一緒に取った後、仕事場に戻った。

1時からの会議があったが、会議場所にギリギリ12時59分に滑り込み午後の仕事を始めた。

暫くしてアリーから携帯メールが来た。

会議中だったが携帯メールを開いてみると、予想したとおりベッドから庭を見て、ポインセチアに驚いたアリーからのメールだった。

僕はアリーからのメールを見てちょっと笑い、何事もなかったかのように会議に戻った。
 
アリーが喜んでくれたのが素直に嬉しかった。

今日は仕事をできるだけ早く終わらせてアパートへ帰ろう。
 
今日から日曜日まではほんの数日しかないけれど、二人に残された僅かな時間の一瞬一瞬をアリーと一緒に、悔いなく過ごしたい。


 


2006年12月02日  男の手料理 

昨日の夜は、アリーが久しぶりに帰ってきたこともあり、アパートでゆっくり時間を過ごした。

外で長い時間食事をするのも、心配だったので久しぶりに僕が料理をした。

別にたいしたものを作ったわけではないけれど、マッシュルームのソテーとラムチョップ、小さなポテトをガーリックで炒めたものと、温野菜の4品を用意した。

アリーのアパートで、まともな料理をしたのは初めてだったけれど、料理をしているうちに段々自分でも調子が出てきたようで、キッチンでワインを開けてからは絶好調で、ほろ酔い気分で料理を続けた。

アリーは、それが面白かったようで、何度も用もなくキッチンに来ては、僕の料理を楽しそうに見ていてくれた。 

料理がようやく出来上がり、アリーはソーダー水で、僕はキッチンから飲み続けていたワインで乾杯をして料理を食べた。

アリーが
『ワインで一緒に乾杯できないけど我慢してね』と言って笑った。
 
僕は
『一緒に水で乾杯しろって言われたら困るけどね』と言っておどけて見せた。

暖かい夜ではあったが、せっかくだったので暖炉に火を入れた。
 
ろうそくの灯と暖炉の灯が、やわらかく揺れたお陰で、僕の見栄えの悪い料理も、ちょっとは美味しそうに見えたかもしれない。

食事が終わり、二人でソファにもたれて横になっていると、裏庭を見ながらアリーが
『もう12月だね。本当だったら、ロンドンに行くはずだったのに、ゴメンネ』と小さな声で言った。 

僕は
『ロンドンは、君が元気になったらいつでも行けるから』と答えた。

アリーはソファの上の僕に背を向けて寄りかかっているので、僕からはアリーの顔を見る事はできなかった。 

暗い話をしないように、僕は頭の中をフル回転させた。
 
楽しい話、くだらない映画、テレビドラマ、音楽、話を変えてくれるものだったらなんでも良かった。

でもこういう時には、なかなか良いアイディアがすっとは浮かばず、僕は、ただ黙ったままアリーを後ろから抱きしめる事しかできなかった。

 

暫くしてアリーは、そのまま手足を猫のように伸ばして、大きなあくびをしながら、僕を振り返り、
『もうそろそろ寝ようか?』と言って微笑んだ。

僕も微笑んでソファから立ち上がり、ソファに座っていたアリーを抱き上げ、ベッドに連れて行った。

アリーは、抱き上げられながら、
『一番会いたかったのは、抱き上げられてベッドに連れて行ってもらうことだったかもしれない』と言って笑った。

アリーをベッドに寝かせ、片付け物を簡単にすませてから僕もベッドに入った。
 
アリーが猫のように僕に寄って来た。

僕はアリーのぬくもりを感じながら、アリーが寝付くまで、アリーの髪の毛を撫で続けた。
  
アリーが眠りに落ちたのを確認して、そっとアリーの腕を離し、僕はベッドから出た。

夜になって少し雨が降ったようだが、気温は余り下がらず、生暖かい夜になった。

僕はウイスキーのボトルを持って裏庭に出た。
 
椅子についた雨の露を取り払い、椅子に腰を下ろしてウイスキーをラッパ飲みした。

中年オヤジが、よれよれの黒いコートを羽織り、ポインセチアの花畑の中で、一人壊れかけの椅子に座ってウイスキーを飲んでいる。

全く絵にならない風景だが、僕はそうやって酒を飲み続けた。 

窓越しにアリーの寝顔が見えた。

花を眺め、アリーの寝顔を眺め、夜空を眺めて、たまに目に溜まった涙をぬぐい、僕は一人でウイスキーを飲み続けた。


2006年12月03日  天気の良い週末  

今日は朝から素晴らしい天気になった。

昨日の夜もあまりよく眠れなかったので、朝方うつらうつらしていると、アリーも早く目を醒ましたようで、僕の上に覆いかぶさりおはようのキスをしてくれた。

カーテンをあけ、外の光を室内に入れながら、僕らは、まだベッドの中に潜ったままで色々と話をした。

僕が
『今日は、何をしたい?』と聞くと、アリーは
『髪の毛を切って、それから貴方と街を一緒に歩きたい』と言った。

天気も良く気温もそれほど寒くないので、僕らはアリーの言う通りに土曜日を過ごす事にした。

明日の午後には、僕はまたカリフォルニアに行かなければならないので、二人で一緒にいられるのは今日が最後だ。

日曜日に飛行場に行く前に、僕はまたアリーを実家に戻さなければならない。

何で髪を切りに行きたいのかな?と思って、それとなく聞いてみたら、アリーは笑いながら、
『せっかく大好きな人と一緒にいるんだから、綺麗に見せたいと思うのは女として当然でしょ』と言った。

馬鹿な事を聞いちゃったなと思って、ちょっと照れてしまったけれども、綺麗な所を僕に見せたいっていうアリーの気持ちが嬉しかった。

午前10時近くまで、ベッドの中でテレビを見たりしてゆっくりと過ごし、アリーに簡単な朝食を食べさせて、僕はアリーを美容院まで車で送って行った。

美容院の前で、アリーは振り返り、
『綺麗になって来るから待っていてね』と言って微笑み、キスをして美容院の中に消えて行った。

 

髪の毛を切ったアリーを2時半に迎えに行き、アリーの具合も良さそうだったので、冬の訪れを見せるセントラルパークの中を、二人で手を繋いでゆっくりと散策をした。

その後二人で少し買い物をした。立ち寄った店のひとつで、何気なくアリーの指輪のサイズを測った。

薬指が6号で小指が3号だった。
 
これで、バレンタインのサプライズの情報がかなり集まってきた。

サイズがわかったので、後はアリーの好みを研究しながら、アリーの好きそうな指輪をデザインするだけだ。

買い物を終え、二人でアパートに戻った。 

途中でデリに寄り、チーズとサラミとクラッカーを買った。

家に帰ってソファに横になりながら、チーズとサラミをつまみ、二人で映画を見た。

予想通り、アリーは途中で寝てしまい、結局二人がおきたときには、夜の10時を回ったところだった。

どうしようか迷ったけれど、アリーが外食したいというので、アパートの近くの行きつけのイタリア料理屋に出かけた。

レストランに着いた時には、11時近かったけれど、オーナーは嫌な顔をせずに、僕とアリーのためだけに料理を出してくれた。

レストランのオーナーは、事情は全く知らないが、僕らのテーブルに腰をおろし、色々と話をしてくれ、帰るときには、
『神のご加護がありますように』と言ってくれ、僕らに大きなハグをしてくれた。

レストランを後にして僕とアリーは、手を繋いで一緒にアパートまで歩いて戻った。
 
僕はエンジェルをコートに包んで、歩きなれた街角を、二人でかみ締めるようにして歩いた。

次に二人を待ち受けるものを見る事が怖くて、このまま二人で永遠と街を歩き続けたい気持ちがした。
 
覚悟はしているけれどやはり怖い。
 
どうしようもない恐怖が僕を支配した。

 

アパートに帰り、二人で残っていたクリスマスプレゼントのラッピングを少しした。
 
日本の子供たちに、アリーも一言ずつメッセージを書き込んでいった。
 
アリーは、まるでマリアのような優しさで、自分が会った事もなく、おそらく会うこともないであろう子供たちに慈愛に満ちたメッセージを一言一言、大事に書きとめていった。

夜もかなり更けたので、アリーに寝るように諭した。
 
アリーは、最後の夜だったので眠りたくないといったが、具合が悪くなるといけないので、二人でベッドに入った。

僕はアリーを抱きかかえたまま、結局一睡もせずに夜を明かした。
 
アリーも寝付かれないようだった。

色々辛い事も多いけど、僕はアリーの体温を感じながら、アリーと一緒に時間を過ごせる事を神様に感謝した。

このまま朝が来なければ良いと思ったが、そんな願いがかなうはずもなく、いつものように朝が来た。

僕が目を醒ました時には、アリーも目を醒ましていた。

僕はアリーにキスをしてベッドを出て、シャワーを浴び、服を着て飛行場に行く準備をした。

アリーは、まだ裸のままベッドの中で休んでいた。
 
服を着替え、旅行の準備を済ませた僕に、アリーがまたベッドに手招きをした。

僕はアリーに招かれるまま、服を着たままベッドに横になり、アリーと一緒にテレビを見た。 

10時半過ぎになって、アリーが、
『私もシャワーを浴びて用意をしないといけないから』と言い、やっとその言葉をきっかけにして、僕も飛行場に出かける決心がついた。

アリーに見送られ、僕はアパートを出て車に乗り飛行場に向かった。

アリーとの楽しい4日間は、あっという間に終わってしまい、僕は仕事の為にカリフォルニアに向かう事になった。



読者登録

エンジェルカズキさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について