目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


晴耕雨読

晴耕雨読

僕は相変らず、忙しく動き回っている。

忙しくなればなるほど、人の為に生きる事を心がけるようにしている。

つい自分が手一杯になってしまうと、自分の事だけを考えがちになる。

自分の便利や利益だけを考えて、自分の事だけを考えると、危なくなった時に、不思議に周りから救いの手が来なくなってしまい、窮地に追い込まれる。

私利私欲を捨てて人の幸せの為に頑張っていると、危なくなった時に、不思議に何処からともなく救いの手が差し伸べられるのを、僕は自分の人生で何度も経験した。

だから忙しくなるほど、自分を捨てて人の為に生きるように心がけないと、ついつい僕もわが身可愛さに自分中心になってしまい結局失敗してしまうからだ。

正義を貫き、人の為に生きると言う事は、他人の苦しみを分かち合う事になるわけだから、自分自身も相当ボロボロになる。

だから人の為に生きると決めるにも、相当の覚悟が必要になる。

よく上から目線で他人を助けたり、自分の勝手な理論で他人を助けたりする人を見かけるが、僕はそれは違うと思っている。

どんな人も平等で、真剣に生きており、生き抜くために必要なプライドを持っている。

だから上から目線でのボランティアや、自分の理論を相手に押し付けるような援助は、他人のプライドこそ傷つけても、人を助ける事にはならないと僕は思う。

そこが、僕がアメリカのグローバライゼーションと相容れないところなのだと思う。

人の為に生きると言うのは、僕にとってはそれだけのコミットメントだと思っている。

ともに痛みを分かち合い、それを乗り越え、乗り切ると言うのが、人の為に生きる事だと僕は感じている。

その為に他人の苦労を背負い、ともに傷つきのた打ち回り、ボロボロになるけれど、結果として僕は、その人の人生の一部もともに経験する事ができ、たった一度の人生なのに、一度に何人分もの人生を経験する事が出来ると思う。

そしてその経験は、僕の心をより豊かに、そして慎み深いものにしてくれると思うのだ。

そうやって僕は、人生を勉強させてもらっているのだと思う。

だから自分が忙しくなるほど、自分を捨てて人の為に生きたいと思う。

 

そして、自分の人生を終えるちょっと前に、大好きな人と、晴耕雨読の生活をちょっとでも満喫できれば最高だと思う。

 

それが僕が自分の人生を全うするにあたっての、ささやかなお願いだ。

アリーが死ぬ前に、一度僕に言ったことがある。

『アタシが、死んだら、ちゃんと新しい素敵な彼女を見つけるんだよ』って。

僕が
『君が死んでも、僕は君の事が好きだから』って言ったら、アリーは笑いながら首を振って、
『アタシが死んでもアタシを好きなのは当たり前よ。でも、他の人も好きになりなさい。貴方が死んで、アタシのところに来た時には、どんな女からも貴方を取り返して見せるから。だから、アタシを思っていてくれる気持ちがあれば、他の人を好きになっても良いんだよ』と言ってまた笑ってた。

今でも、アリーのその時の顔を覚えている。

人生の最後の1年くらいは大好きな人と、静かな山里で畑を耕しながら、自然を愛し、自然に愛され、ゆっくりとした時間を過ごしたい。

月を愛で草木を楽しみ、虫の音を聞きながら、大好きな人と語り合いたい。

その時が来るまでは、何があっても頑張りぬく覚悟だ。
 
そして、その時が来るまでに、この世にはいない大好きな人を心で感じられるように、もっと心を研ぎ澄まさなければいけない。

アリーが一緒でなければ、晴耕雨読をしても楽しくないからね。

だからその時が来るまで僕は頑張る。
 
その時が来るのは、そんなに遠い事ではない気がする。