目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


2007年10月 自分の夢

2007年10月10日  自分の夢

最近はカーテンを開けたまま寝ているので、自然に朝日が昇ると目が醒めるようになっている。 

僕の寝室は東側に窓があり、丁度陽が昇ると、川面に照らされた朝日の反射で、天井に波模様が浮かび上がるので、その波模様がキラキラ光る。

今朝もその光で目を醒ました。

午前中は仕事の打ち合わせをした。

年配の人と、中年の人と、若い人たちのグループで、仕事の合間にその人たちのやり取りを聞いていると、なぜか面白いなあと思った。 

午前中の仕事が終わり、僕はその人たちを昼食に連れ出した。
 
半日一緒に過ごした事もあり、昼を食べる頃には、彼らも僕に慣れてきたようで色々と仕事以外の話しをするようになってきた。

特に若い人たちから見ると、僕は不思議な存在のようで、いつからこんな仕事をしているのか?
いつから外国で働いているのか?
いつからニューヨークにいるのか?
今まで他には、どんな仕事をしてきたのか?
とか、矢継ぎ早に質問攻めにあった。

レールに乗って、その社会の中で上を目指している若い人達には、レールを外れてしまった一匹狼の僕が不思議な存在に映ったようだった。

僕は微笑みながら彼らの話の聞き役にまわって、自分の話はあまりしなかった。

レールに乗っていようが、レールを外れていようが、大きな会社の一員だろうが、自分ひとりで働いていようが、日本で働いていようが、外国で働いていようが、それは生きていくうえでは大した違いにはならないと僕は常々考えているが、その話しはしなかった。

年寄りが若い人にそんな話しをすると、説教臭く聞こえて格好悪いと思ったからだ。

悔いのない人生を送れるかどうかが、僕にとっては、唯一のポイントなのだ。

僕にとっての悔いのない人生とは、自分の夢のために命をかけて、最後まで全力で努力を続けると言う事だ。

だから僕にとっては、夢さえ見つかれば、あとは愚直に最後まで諦めずに努力を続ければ、悔いのない人生になるわけだ。

他の人にとって人生は、もっと複雑なものかもしれないが、僕にとって人生とはそれほど単純な事なのだ。

だから若い時に、自分が命を張れる夢をどうやって見つけるか?と言うことが、目標を定めるにあたって一番悩むところだと思う。

 

少なくとも僕は自分が若い頃に、自分が何をすべきかがわからずに、かなり悩んだ事がある。

その時に、悩みぬいた末に僕がたどり着いた結論は、自分の夢が見つかるまでは、自分の周りにいる人を幸せにする為に尽くすと言う事だった。

周りの人の事を考えて、その人たちの幸せのために、全力で努力を続けていく過程で、新たな発見や出会いがあり、それが自分の夢に繋がったり、周りの人たちの夢が、いつの間にか自分の夢になったりするものだと言うのが、僕が経験から学んだ事だ。

天を敬い、人を愛する。

その中で自分の夢が広がっていき、自分が命をかけられるものが、見えてくるのではないかと思う。

僕は、相変らずレールに乗っているか、レールから外れているかと言う視点で話しをしている日本から来た人たちの話を聞きながら、ただ微笑んで相槌を打ち続けた。

相槌を打ちながら、こういう気持ちを感じてしまう自体、自分が年老いたと言う事なのかな?と思い、ちょっと自分が恥かしくなり、周りに気付かれないように照れ笑いをして頭を掻いた。

天敬愛人。 

他人を愛する事で自分を見つめなおす事ができる。

 
本来の天敬愛人とは意味が異なるけれど、それが44年生きてきた僕の生きざまだ。

生きている間に、自分の生きざまを確信する事ができると言うことは、ある意味では幸せなのかもしれないと思った。


2007年10月19日  結婚式の準備


アリーの妹の結婚式が、3日後に迫って来た。

僕は、色々悩んだけれど、結局、妹の結婚式に出席する事にした。

妹の結婚式用に、新しい服を一式新調した。

寸法取りを1週間前に行い、明日洋服を取りに行く。

目立ってはいけないので地味な服にしたが、古びた格好をする訳にもいかないので新調する事にした。

その他に、妹とその旦那さんにプレゼントを準備してカードを探し、いざ結婚式に出席するとなると、色々準備が忙しい。

そんな事を、忙しい仕事の合間にやるのだから、周りの人間は、僕を半ば呆れ気味で眺めている。

でも僕としては、自分を忙しくしている方が、気持ちが落ち着いて良い。
  
ふとした時間があくと、どうしてもアリーの事を考えたり、どうもネガティブになってしまう。

どんなに自分を忙しくしていても、ふとした瞬間に、ぼーっとした時間ができ、アリーの面影を探して一人涙ぐむ事がある。

そんな情けない僕を見て、きっとアリーはあの世から笑っているに違いない。

でも僕はそんな情けない男なんだよ。

もうすぐアリーの誕生日がやって来る。

今年はアリーが死んで初めての誕生日になる。

僕はアリーのいない誕生日を、どうやって過ごすのだろうか。

 


2007年10月22日  妹の結婚式

湖のほとりでの野外結婚式だったので、天気を気にしたが、雲ひとつない青空が広がり、素晴らしい結婚式になった。

妹達親族に会うのは、アリーが死んで以来だった。

式場には、アリーが満面の笑みを浮かべた写真が、イーゼルに立てられ、参列者の列の中に飾られていた。

写真の中で微笑むアリーを見つめ、流石に僕はアリーを思い出したけれど、泣き出したい気持ちを懸命に抑え、妹を祝福すべく皆と会話をして微笑みを浮かべた。

式は、新郎がクリスチャンで新婦がユダヤ教なので、宗教色を薄めたジューイッシュ(ユダヤ系)のスタイルで行われた。

式がつつがなく終わり、その後、屋外でそのままカクテルパーティになり、場所を湖にせり出したホテルのレストランに移して、披露宴とダンスパーティが夜遅くまで続いた。

イーゼルに立てられたアリーの写真は、式の後も披露宴席で妹達に微笑を浮かべ続けていた。

めでたい席なので、久しぶりに会った妹達と、踊ったり話をしたりして、努めて陽気に時間を過ごした。

披露宴もようやくお開きになった時に、僕は妹のところに行き、また結婚のお祝いを言った。

妹は僕に一際大きなハグをくれ、
『今日は、来てくれて本当に有難う。私達は皆、貴方の事を心配しているから強く生きてね。私達は貴方の事を今でも愛しているから』と優しく言ってくれた。

僕はもう一度微笑んで、
『ありがとう。そしておめでとう』と言った。

帰りがけにアリーの写真に目をやり、周りの人に気づかれないように投げキスをした。

皆に別れを告げ、一人夜風に吹かれながら、駐車場に停めてある自分の車に向かった。 

歩きながらネクタイを緩め、煙草に火をつけて煙をはいた。

周りに人もいなくなり、僕を照らす明かりも無かったので、我慢していた涙が頬をつたって流れた。