目次
第一章 愛するということ
天使の指輪 
プロローグ 序章
プロローグ 序章
2006年 6月 ニューヨークの魅力
2006年06月3日  友達の背任行為
2006年 7月 病 
2006年07月05日  独立記念日 
2006年07月07日  七夕
2006年07月24日  病気
2006年07月25日  検査結果  
2006年07月26日  生きる理由
2006年 8月 日本へ
2006年08月04日  手術
2006年08月08日  退院 
2006年08月12日  日本へ
2006年08月23日  赤いドレスの女性
2006年08月24日  狸寝入り 
2006年08月25日  雷雨 
2006年08月26日  祈り
2006年08月31日  時代のうねり
2006年 9月 天国への階段
2006年09月07日  ローズホール
2006年09月10日  泣きじゃくる彼女
2006年09月11日  ワールド トレード センター
2006年09月21日  闘うこと  
2006年09月23日  市民権
2006年09月25日  日曜大工
2006年09月26日  朝日 
2006年10月 一緒に生きる
2006年10月03日  メルトダウン   
2006年10月05日  夜のハーレム
2006年10月08日  助手席
2006年10月09日  買い物
2006年10月14日  友達からのメール  
2006年10月16日  1週間分のキス
2006年10月17日  一緒に生きる
2006年10月18日  雨の火曜日   
2006年10月19日  友達へのメール
2006年10月25日  天使が舞い降りた。
2006年10月29日  神のご加護がありますように  
2006年11月 誕生日プレゼント 
2006年11月01日  ハロウィン
2006年11月02日  誕生日プレゼント
2006年11月16日  セントラルパーク    
2006年11月19日  キティちゃんの指輪
2006年11月20日  Left Alone  
2006年11月22日  仏心
2006年11月23日  小さいウイスキーボトル
2006年11月24日  帰還兵
2006年11月25日  旅の終わり 
2006年11月26日  パリでパン屋さん
2006年11月27日  クリスマスの買い物
2006年11月28日  神にすがる時 
2006年11月29日  スノーフレーク
2006年11月30日  もう一度病院生活に・・・
2006年12月 瞳の中に貴方が見える
2006年12月01日  ポインセチア
2006年12月02日  男の手料理 
2006年12月03日  天気の良い週末  
2006年12月06日  大切な思い出
2006年12月07日  北欧紀行
2006年12月08日  君のもとに帰る
2006年12月09日  The Show Must Go On.
2006年12月13日  東京にて
2006年12月14日  Going Home
2006年12月15日  瞳の中に貴方が見える
2006年12月16日  子守唄
2006年12月18日  クリスマスの匂い
2006年12月19日  君が世の中の全て
2006年12月23日  幸せの総量
2006年12月24日  People Get Ready  
2006年12月25日  クリスマス プレゼント
2006年12月26日  願い事
2007年 1月 天使の指輪
2007年01月01日  スローダンス
2007年01月02日  20年ぶりの友達
2007年01月06日  誕生日
2007年01月08日  天敬愛人
2007年01月13日  両親
2007年01月14日  名こそ惜しけれ  
2007年01月20日  非常勤の顧問
2007年01月22日  ただいま。
2007年01月23日  天使の指輪
2007年01月24日  ホットチョコレート
2007年01月25日  パリ
2007年01月29日  雪のニューヨーク
2007年 2月 雪のバレンタイン
2007年02月01日  愛しい人  
2007年02月02日  あたらしい発見
2007年02月04日  お帰りなさい。
2007年02月09日  残された時間
2007年02月10日  ありがとう
2007年02月11日  テネシーワルツ
2007年02月12日  やせ我慢
2007年02月13日  君が残した優しい思い出
2007年02月14日  雪のバレンタイン
2007年02月16日  僕は信じている
2007年02月19日  愛の力
2007年02月22日  ある別れ
2007年02月23日  別れの季節
2007年02月24日  I'm in.
2007年02月25日   Wild Horses  
第二章 生きるということ
page 1
2007年 2月 陽はまた昇る
2007年02月27日  アリーがいてくれれば
2007年02月28日  陽はまた昇る
2007年 3月 さようなら
2007年03月02日  さようなら。
2007年03月03日  心の整理
2007年03月04日  独り
2007年03月05日  ドライフラワー  
2007年03月06日  冒険の旅へ
2007年03月08日  コミットメント
2007年03月14日  こみあげる涙
2007年03月16日  更正施設の子供
2007年03月19日  天は自ら助けるものを助く。
2007年03月21日  新しい下着
2007年03月22日  夜明けのキャッチボール
2007年03月24日  目標を一つ達成
2007年03月28日  最後まで日本人として
2007年 4月 独り言
2007年04月29日  独り言
2007年 5月 天涯孤独
2007年05月14日  天涯孤独
2007年05月16日  ある家族
2007年05月28日  カタロニアの太陽
2007年05月31日  リスボンにて
2007年 6月 交渉
2007年06月02日  中国での交渉
2007年06月13日  皆で家に帰ろう
2007年06月22日  ベランダに咲く草花
2007年06月24日  あと半年
2007年 7月 人に優しくするという事
2008年07月05日  独立記念日
2007年07月24日  人に優しくするという事
2007年 8月 湊川(ミナトガワ)
2007年08月02日  馬鹿爆弾
2007年08月21日  霧雨
2007年08月29日  遺言
2007年08月31日  湊川
2007年 9月 男の値打ち
2007年09月25日  男の値打ち
2007年09月30日  天気のよい週末
2007年10月 自分の夢
2007年10月10日  自分の夢
2007年10月19日  結婚式の準備
2007年10月22日  妹の結婚式
2007年11月 天敬愛人
2007年11月01日  ハロウィン
2007年11月02日  誕生日
2007年11月16日  死の準備
2007年11月22日  愛情が宿った人形
2007年11月29日  古いもの  
2007年12月 幸せの値段
2007年12月08日   ディズニーランド
2007年12月16日  幸せの値段 
2007年12月18日  綺麗な心
2007年12月21日  大事な家族
2007年12月24日  君を想う気持ち
2007年12月25日  武器よさらば
2007年12月31日  生きるということ
2008年 6月 夢の実現
2008年 6月 夢の実現
アリーが教えてくれた事
アリーが教えてくれた事
晴耕雨読
晴耕雨読
愛のある日
愛のある日
あとがき
あとがき
補足
補足
感想&レビュー
感想&レビュー

閉じる


プロローグ 序章

プロローグ 序章

僕はアリーを見て、なんて愛おしいんだろうと真面目に思った。

40を過ぎたいいオヤジが、こんな事を言っては冷笑されると思うが、人を愛するという事は、なんてすばらしい事なんだろうと思う。

僕は大昔に、自分のせいで恋人を目の前で死なせてしまい、自分自身も精神異常になってしまった過去がある。

それ以来、自殺未遂をした回数は数えきれない程あり、僕の手首は傷だらけだ。

でも結局死にきれずに、正確には死ぬ勇気がなくて40過ぎまで生きている。

そんな僕が今、新しい恋をして、自分の新しい生き甲斐を見つけようとしている。

人間はとても弱い生き物だ。

狂ったように働くのも、自分がなぜ生きるのかという大きな疑問に、正面から向き合う事を避けるために、自分をただ忙しくしているだけだと思う。

僕は過去の経験から、決して僕とアリーの間にハッピーエンドがないことは知っている。

でも先の事は考えず、僕は今、自分が夢中になるものに夢中になりたい。

僕の仕事は一瞬の隙に大金持ちにもなれるけれど、その反面、一つ判断を間違えれば簡単に破産もする。

僕は仕事柄たくさんの人と競争をしなければならないし、時には人の生活を踏みにじってしまう事もない訳ではない。

強くなければ生きていけないと割り切って生きているつもりだが、過去に僕はたくさんの人を結果的に不幸にしてきた。

でもそれは仕事だから仕方がない。

不安で気持ちが揺らいでいても一歩戦いの場に出れば、僕は近寄ってくる者を全て切り倒していく自信がある。

そうやって一人で戦って今まで生き残って来た。

でも未だかつて、こんなに気持ちが揺らいだことはなかったかもしれない。

僕はアリーと付き合いだしてから1年半になるが、ここ何ヶ月かは僕の気持ちも変化して来て、見返りを求めない無償の愛を実践できないかと思うようになってきた。

今までの自分の過去を正直に見つめ直した結果、自分の幸せや満足を基準にするのではなく、相手の幸せの為にひたすら尽くしていく事に、自分の基準を求めようとしているのがわかる。

こんな気持ちの変化の中で、再び仕事の修羅場に戻った時に、躊躇なく相手を叩きのめす事ができるかどうかが、ちょっと不安になる。

きっと自分は大丈夫だと思うが、感覚が狂って自分が負けてしまったとしても、それはそれで面白い人生の結末かもしれない。


アリーは34歳だが、10年間会社勤めをした後で退職をして大学に戻り、今はバイトをしながら学校に通っている。

アリーは30半ばになり、このまま会社で働き続けるのは自分の人生によくないと判断して会社をやめ、将来の自分の人生設計のために大学に戻る事にした。

しかし、一方において大学を出直しても、その時には40近くになっている訳で、本当の自分の人生の目的について大いに悩んでいる。
 
アリーの人生には色々な悲しい出来事が過去にあり、その過去を引きずって今でもつらい思いをしている。

僕はアリーを心から愛する人間として、自分にできるだけの事を、見返りを求めずにしていきたいと心から思っている。

無償の愛を実践する事が、僕自身の魂の救済にもなるのではないかと思っている。

アリーと一緒の時間は僕を何よりも幸せにするし、僕はアリーとの時間を何よりも大事にしたいと思うが、一方において僕は、僕がありたいと思う精神的な境地にまだ至っていないので、アリーとの生活での些細な事が僕を非常に不安にさせる。

人が生きていくうえで一番大事なテーマは、人を愛するという事、人を愛する意味、そして、人が生きる目的はどういう事なのか知ることだと思う。

そんな事を人前で話す事自体が、青臭いと言う人もたくさんいると思うし、僕はその考え方を否定しない。

もしも僕に今、アリーがいなかったら僕もきっと同じ事を言うと思う。

でも僕にはアリーがいて、僕はアリーを心から愛している。

実際にアリーがその問題で苦しんでいる時に、僕としてはアリーの問題を僕の問題として捉えて、青臭いと言われようとも一緒に悩むというチョイスしかない。

僕はアリーの不安を取り除きたくてアリーの役に立つには、どうしたら良いのかをただただ考え続けている。