目次
No.118~
No.118副住職ごあいさつ
No.119かんかんのう
No.120~129
No.123東北地方太平洋沖地震回向その2
No.122東北地方太平洋沖地震回向
No.121あるの、ないの、それとも……
No.120『断捨離』のすゝめ?
No.124飯を食え、食い終わったら茶碗を洗っておけ!
No.125お施餓鬼では僧堂生活について話します
No.126あちら側とこちら側
No.127気づくこころが美しい
No.128無常
No.129「物欲は世界を救う」か?
No.130~139
No130.ドジョウ
No.131「それでも人生にイエスと言う」
No.132ご祈祷
No.133お祝いの言葉の交換
No.134年頭に……
No.135福は外、鬼は内
No.136東日本大震災1周忌回向
No.137悲しみの木
No.138団体参拝・すなお
No.139魚は水を出づれば忽(たちま)ち死す
No.140~149
No.140我性(がせい)
No.141無事是れ絆
No.142名前
No143畏敬の礼の心
No.144「こわれゆくもの」
No.145平成二十四年度ご祈祷と演芸会無事円成・年忘れ
No.146花となって咲き、山となってそびえ、川となって流れる
No.147聞く力
No.148赤い風船 ~ 東日本大震災三回忌によせて
No.149陽岳寺 本尊『十一面観世音菩薩(じゅういちめん かんぜおんぼさつ)』
No.150~159
No.150 Have(ハヴ) A(ア) Nice(ナイス) Day(デイ)!
No.151ノアの方舟(はこぶね) 
No.152じぇ!じぇ!じぇ!
No.153盂蘭盆経~目蓮尊者の伝説
No.154在りし日の 背を洗うごと 墓洗う
No.155縁に随って、心法を忘ず
No.156代えがたいもの
No.157物語を信じる
No.158和をもって貴となす
No.159あなたが好き
No.160~169
No.1604年目
No.161はだかの王様
No.162お施餓鬼会

閉じる


<<最初から読む

45 / 45ページ

No.162お施餓鬼会

陽岳寺護寺会便り平成26年5月17日No.162

お施餓鬼会

 この4月に作り替えた通夜法要の一部です。

 《 陽岳寺の建つ深川は、川と海に囲まれた町です。

 その、とうとうと流れ続ける川を、橋の上から眺めた場合、橋の上に立つ私を今の私とすれば、上流の川は私の誕生以前から続く私であり、これより下流の川と海はその後の私であり、川は私の総てであると言えば、上流の川は眼には見えないけれど、今も流れて在り、下流の川は海に今流れ込んで同時にあるといえるでしょう。

 自分が今、存在すると言うことは、総ての時と空間が、私を表現してくれていることだと、仏教は教えます。

 その全ての時間は、今、橋の上に立つことにより、時間の空間化となって、上流と下流に分かれることを意味いたします。

 今という時間を持つことによって、時間は、過去と未来という相反するものとして、分けれることを見つめます。しかも、仏教の具体的な時間の特色とする考え方は、分かれることにより、却って、過去と未来に結びつけられている今の事実を見据えます。

 このことは、直線的な時間の流れがあるのだと考えるのではなく、今という時間に、ここに立つということで、過去と未来は誕生し、その今は、過去と未来を根拠として在ることになります。しかも同時に、過去や未来は、今を根拠としなければ存在しないと気づくのです。

 そして、その同時性を持つが故に、その今は、次々に過去に流れ込み、現在に生まれると見えてきます。ここから過去は不滅となることができます。そして、未来は、次々に現在となって消えてゆくと現実の姿をとらえます。

 過去・現在・未来とは、時の全体の流れでありながら、今から今へと、時の流れは、流れながら、現在にいて流れない今でなければなりません。

 釈尊仏陀の話される、絶対の現在、現在の永遠性、また、時間の前後際断とはこのことをいいます。

 現実の時間は具体的に、流れないものが流れ、流れるものが流れないことにおいて、時間は成立しています。

 次に、仏教の具体的な場所・空間の考え方です。川の話を思い出せば、橋の上に立つという行為です。

 釈尊仏陀は「行為によって自己・私がある」と語っています。つまり橋の上に立つことで時間と同時に、空間も区別されて、私と空間が誕生しなければなりません。

 このことは、私という存在は私以外の空間があって、つまり根拠にして在るということになります。同時に空間も私を根拠にしてあるという事実に気づくのです。しかも、今と同じように、私が立つ”ここ”は、必ず”ここ”から”ここ”へですので、場所という広がりは、時と同じく、”ここ”を根拠にして成り立っていることに気づきます。

 このことから、空間とは、世界や宇宙の全体でありながら、”ここ”から”ここ”へと、空間の広がりは、広がりながら、”ここ”にいて広がらない”ここ”でなければなりません。絶対の”ここ”、”ここ”の永遠性、また”空間”の前後左右の截断とはこのことをいいます。 》

 釈尊は現実の縁起(えんぎ)の法においては、現在生起といい、すべての時と空間は現在において生起するというのですが、これは別の言葉で言えば、現在に於いて結びついているということです。このことは、同時に結びつくことで、現在に於いて分かれるのだという事実を見つめます。

 その現在とは、今・ここという現実の私に係わっていることが理解できます。過去と現在という相反して絶対に交わらないものが、交わるのは、分かれながらも繋がっている自己の中に自己を映しながら、知る知らないにかかわらず、人は自己自身を形成して行きます。

 西田幾多郎師は『場所的論理と宗教的世界観』の中で、「自己の中に自己を表現し、自己自身を表現することによって自己自身を形成して行く。」と記していますが、何がというと、「矛盾的自己同一的世界」ということです。このことこそ、「自己と世界の在り方」ですが、相反するものが矛盾を媒介としてつながっている世界です。

 お施餓鬼は、お寺が媒介として、参加する方々の一期一会の総供養となるのですが、今を生きる私たちの生まれる以前の過去を含めての法要です。

 チベット「死者の書」の世界(中沢新一著 角川ソフィア文庫)にある言葉で、       誕生のときには、あなたが泣き

        全世界は喜びに沸く。

        死ぬときには、全世界が泣き

        あなたは喜びにあふれる。

        かくのごとく、生きることだ。

 世界の世は時間であり、界は空間であることから、世界とは今・ここということなのですが、今・ここに生起することのみに自覚している傾向に支配されているのが、今の時代の特徴です。

 お施餓鬼の経文の冒頭は、「若し人、三世一切の、仏を知らんと欲せなば、まさに、世界の一切は、おのれ自身の心が造ると、観ずべし」です。

 この仏という意味は、「矛盾的自己同一的世界」と同意味です。何故なら、おのれ自身の心が造るとは、同時におのれ自身の心が造らされていくということが含まれているからです。

 これが現在生起という意味なのですが、現在、様々な起きている事実は、縁起により起こることですが、同時に起こらされての起きるです。動き動かされ、動かされ動くと、人は勝手に生まれて、生きていくということではないはずです。すべてに因果の法則が支配しています。この法則を飛び越えることはできません。

 「誕生したとき、あなたが泣き、全世界は喜びにあふれる」

 世界とは時間と空間ですので、ここには過去に連綿としてつながる命からの今の表現という一期一会が記されています。

 「死ぬときには、全世界が泣き、あなたは喜びにあふれる」

 私にとって喜びあふれた死は、人の生きようとして重たい言葉です。このように生きるためには、一瞬一瞬を悔いなく生きる連続の時間に気づくことだと考えられます。

 これはチベットの書に記されている

言葉なのですが、考えてみると、この世を旅立っていったすべての人の、私たちへの問いかけと受け取れることができないでしょうか?

  私の中に脈々と流れる尊い血という歴史。今・ここに、いっしょに、いるから……。

  ここから、尊い私が、生まれた。

  ジテンキジンシュー  我ら、汝等に、この食を、施さん。 

  たとえ、あの人たちの声が聞こえなくとも、今、話しかけたい

  たとえ、あの人たちが食べなくとも、好きだったものをお供えしたい。

  たとえ、あの人たちの喜ぶ顔が見えなくとも、お花をお供えしたい。

  たとえ、あの人たちの姿が見えなくとも、手を合わせたい。

  もう、あの人たちと巡り逢うことができないから、何度でも、お香を献じたい。

  もう、あの人たちと巡り逢うことができないけれど、何度でも、感謝を捧げたい。

 お施餓鬼の、餓鬼に施す意味は、私たちの心に潜んで現れる餓鬼という醜さに気づくことです。

 そこで、法要は、「仏は、きびしさや一途さという我が心の鬼を造り、鬼は、優しさや受け容れるという我が心の仏を造りたまへ」と祈ります。

 

 今年も、各家々の時代をさかのぼって、家族から、親戚から切り離された多くの先に旅立たれた人への思いと、すべてを残して旅立っていた人の思いを、そして死者からの問いかけを、お施餓鬼の法要は、結びつけたいと思っています。


45
最終更新日 : 2014-04-13 10:27:56

この本の内容は以上です。


読者登録

素山さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について