目次
No.118~
No.118副住職ごあいさつ
No.119かんかんのう
No.120~129
No.123東北地方太平洋沖地震回向その2
No.122東北地方太平洋沖地震回向
No.121あるの、ないの、それとも……
No.120『断捨離』のすゝめ?
No.124飯を食え、食い終わったら茶碗を洗っておけ!
No.125お施餓鬼では僧堂生活について話します
No.126あちら側とこちら側
No.127気づくこころが美しい
No.128無常
No.129「物欲は世界を救う」か?
No.130~139
No130.ドジョウ
No.131「それでも人生にイエスと言う」
No.132ご祈祷
No.133お祝いの言葉の交換
No.134年頭に……
No.135福は外、鬼は内
No.136東日本大震災1周忌回向
No.137悲しみの木
No.138団体参拝・すなお
No.139魚は水を出づれば忽(たちま)ち死す
No.140~149
No.140我性(がせい)
No.141無事是れ絆
No.142名前
No143畏敬の礼の心
No.144「こわれゆくもの」
No.145平成二十四年度ご祈祷と演芸会無事円成・年忘れ
No.146花となって咲き、山となってそびえ、川となって流れる
No.147聞く力
No.148赤い風船 ~ 東日本大震災三回忌によせて
No.149陽岳寺 本尊『十一面観世音菩薩(じゅういちめん かんぜおんぼさつ)』
No.150~159
No.150 Have(ハヴ) A(ア) Nice(ナイス) Day(デイ)!
No.151ノアの方舟(はこぶね) 
No.152じぇ!じぇ!じぇ!
No.153盂蘭盆経~目蓮尊者の伝説
No.154在りし日の 背を洗うごと 墓洗う
No.155縁に随って、心法を忘ず
No.156代えがたいもの
No.157物語を信じる
No.158和をもって貴となす
No.159あなたが好き
No.160~169
No.1604年目
No.161はだかの王様
No.162お施餓鬼会

閉じる


No.118~

No.118副住職ごあいさつ

陽岳寺護寺会便り平成22年12月1日No.118副住職ごあいさつ

みなさん、はじめまして。陽岳寺の副住職です。
本来ならば、皆様のご自宅へ挨拶に伺うところですが、この護寺会便りにかえさせていただきます。

ほぼ毎月刊行の護寺会便りは、私の師匠、父・陽岳寺住職の作であります。その護寺会便りにて、私の動向はお知らせしていました。

2007年の春、鎌倉は円覚寺の修行道場にいったこと。今年の春3週間ほど戻ってきていたこと、そして今年の夏に帰ってきたことなどをです。
深川の陽岳寺に帰ってきたのだから、すぐ皆さんにお伝えしようかと思ったのですが、8月の時点では私はただの修行僧でありました。
そこで、皆さんに報告するのは、陽岳寺の副住職になってからにしようと決めたのでした。

修行道場での経験に加え、陽岳寺の本山であります京都の妙心寺にて、9月に2泊3日の研修をおこない、11月15日に副住職の任命式(垂示式といいますが)をおこなってまいりました。2泊3日の研修や、本山での辞令があるなど、まるで会社のようだなと思ったものでしたが、これも時代の変遷のようです。

さて、陽岳寺では大事にしている行事があります。5月の第4土曜日のお施餓鬼と、11月の最終日曜日の祈祷会および演芸会です。
本年も無事11月28日に、祈祷会および演芸会を行うことができました。また、総代の方々が発起人となって、時期世代和尚の衣・袈裟料にと寄付を募り、415万5千円もの御寄進をいただきました。
祈祷会にお集まりいただきました皆さん、また護寺会員の皆様、そしてご寄進いただきました有志の方々には、厚くお礼を申し上げます。ありがとうございます。

祈祷会が私の初お披露目となったわけですが、そのときにお話ししたことがありました。
それは、お墓参りにいらっしゃるとき、ドアホンを押して、「○○から来ました○○です」と、ただそれだけでいいですから。顔を出していただけたら、ということです。
私は小さいころから本堂の隣の庫裡に住んでいましたし、お彼岸のときは皆さんの前に姿を見せていました。けれども、鎌倉にいっておりました3年半の空白は大きく、皆さんの顔と名前を覚えることが仕事のひとつでもあります。どうか、皆さんお姿を見せていただけたらなと思います。
そして、この挨拶には、それだけではない理由があるのです。
お寺という言葉からイメージできることは、葬儀や法事といったことだと思います。死んでからお世話になるところ、周囲にいただろう死んでいった人たちのためにある場所でしょうか?
そして、お寺とどう付き合えばいいか分からない。分かってはいるけれども、近寄りがたい。
実際、檀信徒の皆さんにとって、お寺との関係とは、親族らが死んでから始まる関係となっているように思います。通夜・葬儀、そして、お骨にして、納骨、時が経てば年回忌のお勤めをする、と。

しかし、お寺としては、そこまでに至る長い時間を共有して、ゆっくりと形成していく、お寺と檀信徒の皆さんとの共通理解・共通認識を深めていきたいと思うのです。
この時間感覚は、現代のような効率や合理性を優先する考え方とは相いれないものかもしれません。
通夜・葬儀・法事が少しずつ自分の気持ちを整理する場であると気づいてくれればと、住職は決まり切った法要では意味がない、つらい体験を乗り越えていく「過程」にしようと考えてきました。
本来、日本の葬送儀礼は、遠慮なく悲しみなどの感情表現ができる数少ない場であったのだと思います。故人を知る人が集まること。家族の知らない故人の一面を教えてもらうことによって、遺族にとって気持ちを整理できる場なのだと。そして、新しい家族に伝えていくためにも。

そのためにも、お墓参りのついででもかまいません。お寺のものと、もちろん家族親族の方々とも、話しをしてほしいと思うのです。その「過程」が、法要の内容として皆さんに返っていきます。
陽岳寺の先祖供養や年中行事などが、失われつつある絆を再生していく拠り所となるか、その役割は小さくないと思っています。

すこし難しい話しでしたが、思い出したときで結構ですので、お寺、お墓との繋がりを大事にしてほしいのです。今年もいろいろありましたと、来年もまた見守ってほしいと。
皆さんが健康でいらっしゃることが、なによりのご供養であるということです。
仏壇やお墓は、祈り願う場所です。しかし、その祈りや願いは届くことはないのでしょう。それならば、祈り願うわれわれが、私たち自身の祈りや願いを聞かなければならないのかもしれません。その気づきや確信によって心が充たされる。このことを心の中に生きるということだと、陽岳寺は考えています。
わたし達の生や死は、この広い心の世界に、産まれれば、縁が広がり、亡くなれば、また縁が広がっていることを気づくことです。
住職が言っていました。「父や母を子が思う心は、父や母が亡くなれば子の心の中に広がります。でもよく考えてみれば、その父や母も、自分を産んで育てた父や母を思っていたのだ。それが分かれば連鎖して広がっていくはずだ。そうしたら、今度は自分の源から追ってみれば、この繋がりが分かるし、自分以外の人も同じだ」と。

先日、法事の際、「新しい和尚さんのことは、なんという名前で呼べばいいのでしょう?」と聞かれたことがありました。宗派では、新たに命ずると書いて「新命(しんめい)さん」「新命和尚」という呼び名があります。この呼び名は、私たちお坊さんにはしっくりくるのですが、世間では知られていません。
そして、住職は答えました。「私はこう思っています。これからたくさん、新命さんと接するでしょう。接した人たちが、彼を、お寺の次の世代だと、多くの人が認めたとき、自然と呼び名が決まってくると思っています」と。
新命さん、副住さん、和尚さんとなんでも結構です。どうぞ皆さん声をかけていただければと思います。
(陽岳寺新命 合掌)


No.119かんかんのう

陽岳寺護寺会便り平成23年1月1日No.119かんかんのう

 成田山不動寺のご開帳が、文政四年(1821年)に深川永代寺であったとき、唐人踊りの見世物が催されました。
 この唐人踊りは、一気に江戸中に広がったということです。この唐人踊りの歌が、「かんかんのう」という歌でした。
 「看々那(かんかんのう)九(きゅう)連子(のれんす)九(きゅう)九連子(はきゅうれんす)。九九連々(きはきゅうれんれん)三叔阿(さんしょならへ)財副儞官様(ざいおほうにかんさん)………………」
 歌の文句は、ちんぷんかんぷんですが、同じ年に、両国に見世物として出され動物がひとこぶ駱駝(らくだ)で、ユーモラスと異国情緒をあおり、全国に面白おかしく広がっていったと思われるのです。やがて、庶民は、大きくのっしりとした人を、「らくだ」と呼ぶようになり、落語「らくだ」が誕生したのでしょう。

 落語に登場する”らくだ”は、名前を馬という男ですが、物語に登場がすでに死体ですし、題名があだ名ですから、考えてみれば斬新な落語でもあります。
 死んだらくだの生き様は、登場人物によって語られるだけです。語り部は、屑屋の久六、やくざの半次、びんぼう長屋の月番である下駄の歯入屋、家主、八百屋です。

 お話しは、面白おかしく、大笑いしながら、月番に香典を集めさせ、大家からは酒と、どんぶりに大盛りの煮染めに飯二升、八百屋からは菜漬け用の四斗樽を棺桶として、天秤に荒縄をせしめます。
 二人で通夜をしてどんちゃん騒ぎながらも、朝方まで語り明かすも、翌朝、二人が棺桶を落合の焼き場まで担いで行くのです。しかも、到着した落合では、古樽だったので底が抜け、死体を落としたことを告げられ、探しにもと来た道を戻ります。ようやく見つけたものの、見つけたらくだは間違えの願人坊主の酔っ払いで樽に詰めてしまいます。落合で火葬しようと火を点けたところで、落ちになります。

 笑いながら、三遊亭円生のCDを聞きながら、今だったら、きっと”らくだ”を見つけた人は、福祉事務所や警察に電話するだろうなどと考えてしまうのです。その後はどうなるのか、気にはするものの、日常のあわただしさに追われて、いつしか忘れられることでもあるのでしょう。
 江戸末期より明治に至るこの時代、今の時代より、もっともっと住まいも、モノの少なさ、種類の少なさ、不便さも、比較にならないほど貧しかった時代だったはずだ。
 それにしても、落語の話ではあるものの、この時代の世界は、なんと生き生きしていたのだろうかと思います。だいたい死体を背負い起こして、「カンカンノウ キュウノレンス」と踊らせることが許されるというのか、その許すという点を突破した人間の自由さ、おおらかさをです。今の笑う自分を考えてみると、虚しく思うことでもあります。もっとも創作の世界ですが……。

 らくだの財布の中身は年中からっけつで、長屋に住んでいながらも、住人とは、嫌われて、怖がられる存在。生きて係わっていた人は、らくだの死に、赤飯を炊いて喜ぼうとするものの、らくだの最後にささやかな長屋生活の庶民の花を咲かせています。

 半次と久六は、酒を飲みながらも、立場が逆転するさまは、庶民の逆襲のようであり、ここにおいて半次と久六は同じ立場となります。久六は、半次に言い付け、同じ棟の店子の女房からカミソリを仮受け、らくだの頭を剃りあげ旅立ちの準備をします。しかも、その剃り上げたことが、翌日の願人坊主(がんにんぼうず)との取り違えに発展するから、見事な伏線です。
 ちなみに願人坊主とは、宗派本山に僧籍を持たない僧侶の姿をした人で、当時は、怪しげな旗を立てたり、施主に変わって願掛けや水垢離をしたり、お経を読んだりもしたのでしょうか、穴を掘って暮らしていたとも言われますが、今の時代なら、どんな穴になっているでしょうか。

 三遊亭円生の通夜。
 《そのらくだは、買え買えと、「狸の毛皮一枚を買わないか」と、こう言ったことがあるんです。何度も煮え湯を飲まされながらも、そこには、貧乏根性があるのか、狸の皮なら儲かると、のった私が悪かった。買うならすぐに手付け五百をよこせと、狸の皮を見せるのが先だと、すったもんだをくり返し、男は度胸だと出した五百。
 その五百をもぎ取り、らくだは外に、買ってきた酒と肴で、「さあ飲め、食え」で、酒にありつけて「有難てえ、有難てえ」と。
 そのうち狸の皮を思い出し、らくだにせがむと、らくだは、畳を上げ根太をはがして、「ここにあるから見て見ろ」とらくだが言う。縁の下をのぞき込むと、らくだが、久六の頭の上に畳を敷き、ドカッと座って、久六は床下で動けない。「馬鹿なことしちゃいけない。どこにあるんだ」と。
 らくだは、「お前の前にある。長屋に年古く住んでいる狸がお前の前にいる。二、三間先に穴があってそん中にいるから、そいつを穴から出してトッつかめえて持って行くんだ」と。「生きていちゃイヤだ」というと、「こう言うのを捕らぬ狸の皮算用」てんだ、お前を出すには、あと金五百よこせ」と、とうとう半次さん一貫を不意にしちまった。》

 古今亭志ん生の演じた、通夜。
《ふー、親方、あんたも偉いね。それでこそ兄弟分てんだ。金があって葬式出すのはだれだってできらぁ。なくって出すんだ。仏になったやつを悪く言いたかないが、らくだってやつはひどいね。こないだなぁ、左甚五郎の蛙を売るってんだ。さすが甚五郎だね、良く出来てるね。これなら十円で買うってったら、売るって俺の手の上に置いた。生きていやがる。チクショー。
 もっと(酒)注げよ。釜の蓋が開かないだろうって? 冗談じゃね~や。雨の二日や三日振ってもなぁ~、おう、家族を飢えさせる久六さんじゃねえんだよ。見損なうな。このお酒はおめえ一人でとった酒じゃねえぞ。ケツを上げろぃ。てめえのケツじゃねえんだ。徳利のケツをよ。こんなしみったれた大家の家から来た煮〆だけじゃぁなく、魚屋行ってマグロの中トロのブツでも持ってこい。いやだのと言ったらカンカンノウを踊らせる、と言って持ってこい。》

桂文珍のらくだは、半次が脳天の熊五郎に変わって、紙屑屋との通夜。
 《熊五郎が、山水画の雪舟の鼠が手に入ったという。それを買えという。そんな鼠が手には入ったら、わて、買いますわというと。生きた鼠を手に乗せられました。
 今の紙屑屋になった顛末を、すべて酒のせいで貧乏所帯になった話しはじめる。日常の生活の中の情愛を語る紙屑屋に、熊五郎はすっかり聞き役にまわり、うつむいて泣く熊五郎に、兄弟になって二人してらくだの湯灌をし、ひげを剃ろうとするが、カミソリがない。この先の店子に娘三人が暮らしているから、そこで借りてこいと。貸してくれなかったららくだを連れていって、カンカン踊りをしてやるぞと下げる。》

 立川談志は、この通夜に独特の人情を添えます。
 《久六が酔うほどに、怒り、悔しさ、情けなさ、必死さ、涙と笑いを誘いながら、ある時、通り雨がやってきて雨宿りを二人でしている時がありました。
 すると、らくだが、「この雨を買え」と言い出して、「そんな出来もしないこと言わないでくれ」と、いうつもりで黙っていた時のことです。あたしが黙っていますとね、何を思ったんでしょうね。らくださんがあたしの頭をコンとこづいてね、その後、じっと雨をみつめているんですよね、あのらくださんが。寂しかったんでしょうかね、らくださんも。》
 通夜で語る、らくだと屑屋の行状。酒が入ったとはいえ、そこに小市民的な久六の思いと無法者のらくだがあぶり出されています。そして、庶民の通夜やしきたり、野送りの姿を原型として彷彿させるのです。落語の、人の不幸を、こういう形であぶり出し、笑いにするすごさに敬服します。
 今年もよろしくお願い申し上げます。

◎正月は誰にでもやって来るモノです。その正月に一休禅師は、歌を創って人に渡したそうです。門松や冥土の旅の一里塚 目出度くもあり目出度くもなし 

« 前の章