閉じる


<<最初から読む

24 / 27ページ

凱旋門に上る


凱旋門は、外から見上げるだけでなく、上ることもできます。

凱旋門の内部に作られた螺旋階段をひたすら上って、上って、上ります。

気付かぬうちに、全員無言。

ただし、登り切った後の眺めは上々。

凱旋門を中心に放射状に広がる何本もの道と、その中心をまっすぐ走るシャンゼリゼ通り、

エッフェル塔なども見渡すことができます。

その景色はぜひご自分でお確かめください。


24
最終更新日 : 2011-08-18 17:35:44

夜の凱旋門


凱旋門を下りると、もう日は暮れかけていました。

ライトアップされた凱旋門は、昼間とは違う趣。

これは現代だからこそ。凱旋門を作らせたナポレオンも見られなかった景色でしょう。


25
最終更新日 : 2011-01-04 14:44:07

パリでステーキ

最終日は、パリで有名というステーキハウス「Les Relais de l'Entrecote」に行きました。

こちらは、「フランス語がまったく分からない」という人にこそおすすめです。

なぜなら、まったく会話が必要ないから。

席について聞かれるのは、お肉の焼き具合だけ。

ウェルダン、ミディアム、レアだけ答えられれば、問題ありません。

最初、出てくるお肉は半分。残りはそばのテーブルの銀皿で暖められています。

半分を食べ終わる頃になると、いかにもベテランというおばさまウエイトレスが

すっとやってきて、残りを乗せてくれる。

表情こそ無愛想ですが、行き届いたサービス、おいしいお料理に大満足です。



26
最終更新日 : 2011-01-04 14:44:44

あとがき

 パリを訪れたのは、10年前の学生旅行以来、今回で2度目。季節は9月、本格的に寒くなる前のちょうどいい季節でした(滞在中の私の服装は右のような感じ)。

 

 前回の旅と大きく違うのは、思わぬ“相棒”ができたこと。それが、デジタル一眼レフカメラです。PENTAXの「K-x」(色は赤)に「DA15mmF4ED AL Limited」というレンズを付けて持ち歩きました。このレンズ、薄型ながら、35mmフィルム換算で23mm相当という超広角。目の前に大きな建物がドン!と広がるヨーロッパ旅行には最適でした。自分の目で景色をながめた後、ファインダー越しにパリの街をのぞいてみると、肉眼とは違う、新鮮な発見があります。太陽の光も手伝って、キラキラと輝いても見えました。万国共通、老若男女、すべての人にとって、カメラが“旅の友”である理由を改めて認識した気がします。

 

そんな気持ちを残したくて、こんな本を作ってみました。読んでくださった方の何人かが、旅に出てみよう、カメラを持ってでかけよう思ってくださったら幸いです。




27
最終更新日 : 2010-12-26 22:01:20

この本の内容は以上です。


読者登録

npcedtrさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について