閉じる


<<最初から読む

19 / 27ページ

なんて便利なガイド機


約10年ぶりにルーブルを訪れて、感心したのがこのガイドです。

各国版が用意してあり、その展示物の説明を音声で聞くことができます。それもかなり詳しい。

展示物を地図から探せるのも便利です。

料金は確か6ユーロ。デポジットでパスポートを預けさせられるのには驚きましたが。

なお、Presented by KOREAN AIRでした。



19
最終更新日 : 2010-12-22 20:20:41

宗教の力は偉大だ


パリのノートルダム大聖堂。ヴィクトル・ユーゴーの小説でも有名なあそこです。

それにしても、この大きさと荘厳さには圧倒されます。

こういうものを見ると、やはり信仰の力、その上に経つ教会の権威というのものを

改めて実感する。

ヨーロッパではよくある経験です。


20
最終更新日 : 2010-12-22 20:36:15

音は立てずに見学です


ノートルダム大聖堂の中では、ミサの真っ最中でした。

ミサ中でも、見学させてくれるんですね。音を立てずに進みます。

中に入ると、外から見たのとはまた別の美しさがあります。

特に、バラ窓のステンドグラスが美しい。

それにしても、これだけ大きな教会の神父って、どんな人なんでしょう。



21
最終更新日 : 2011-01-04 14:43:24

地下道に要注意


こちらがシャンゼリゼ通りから凱旋門の下へと抜ける地下道の入り口。
ただし、注意が必要です。
地下道があるのは、凱旋門に向かって右側の歩道の終点。左側の歩道にはありません。
かつて私は左の歩道を歩いていたために、地下道があることに気付かず、
凱旋門を取り囲むあの交通量の多い道路を走って渡ったことがあります。
クラクションを鳴らされながら。
はずかしい、若気の至りです。

22
最終更新日 : 2010-12-22 21:11:04

パリの中心、凱旋門


パリのもう一つの象徴的建築物、凱旋門。

いつ来ても驚くのは、凱旋門をくるりと囲む道の交通量の多さです。

円形なのに、石畳なのに、車線もめちゃくちゃに、車がすごいスピードで通り過ぎます。

パリに住んでいてもこの道に不慣れな人は、脇道に抜け出すタイミングがつかめず

何周もぐるぐる回ってしまうそうです。

地下道をくぐれば、この道を越えて凱旋門の下に出られます。


23
最終更新日 : 2011-01-04 14:43:45


読者登録

npcedtrさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について