閉じる


<<最初から読む

17 / 27ページ

モナ・リザの笑顔認識


界で最も有名な絵は、おそらくダヴィンチの「モナ・リザ」でしょうね。

大変なにぎわいでした。

以前来たときはほかの絵と並んで壁に展示されていたと思うのですが、

人が集まりすぎると、隣の絵が見えなくなってしまうせいでしょうか。

別に壁が作られ、モナ・リザだけ収められていました。

ちなみに、笑顔認識機能を備えたデジカメを持っていた友人がカメラを向けたところ、

一瞬ですがモナ・リザの笑顔が認識されたとか。

やっぱり笑っているんですね。



17
最終更新日 : 2011-08-18 17:36:44

これが絶対見たかった


出ました!「サモトラケのニケ」です。

実は、ルーブルの展示物で私が一番好きなのが、サモトラケのニケ。

その造形の美しさもさることながら、展示場所も素晴らしいのです。

階段の踊り場に、階段を見下ろすように置かれ、上からは天窓の光が差し込む。

写真などでは分からない、厳かな美しさが感じられて、ほれぼれしますよ。



18
最終更新日 : 2010-12-22 21:09:56

なんて便利なガイド機


約10年ぶりにルーブルを訪れて、感心したのがこのガイドです。

各国版が用意してあり、その展示物の説明を音声で聞くことができます。それもかなり詳しい。

展示物を地図から探せるのも便利です。

料金は確か6ユーロ。デポジットでパスポートを預けさせられるのには驚きましたが。

なお、Presented by KOREAN AIRでした。



19
最終更新日 : 2010-12-22 20:20:41

宗教の力は偉大だ


パリのノートルダム大聖堂。ヴィクトル・ユーゴーの小説でも有名なあそこです。

それにしても、この大きさと荘厳さには圧倒されます。

こういうものを見ると、やはり信仰の力、その上に経つ教会の権威というのものを

改めて実感する。

ヨーロッパではよくある経験です。


20
最終更新日 : 2010-12-22 20:36:15

音は立てずに見学です


ノートルダム大聖堂の中では、ミサの真っ最中でした。

ミサ中でも、見学させてくれるんですね。音を立てずに進みます。

中に入ると、外から見たのとはまた別の美しさがあります。

特に、バラ窓のステンドグラスが美しい。

それにしても、これだけ大きな教会の神父って、どんな人なんでしょう。



21
最終更新日 : 2011-01-04 14:43:24


読者登録

npcedtrさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について