twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 浅茅原 竹毘古
価格 300円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 12ページ (Web閲覧)
123ページ (PDF)
試し読み:1ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 やまとしうるはし、と読むタイトルの由来はいろいろありますが、基本的には倭建命=日本武尊=やまとたけるのみこと、の歌の一部です。倉敷の大原美術館で、棟方志功さんの「大和し美し」柵という大型の版画作品を観たこともあります。棟方志功さんがどんなお気持ちで造られたのかは分かりませんが、そういうタイトルを付けるという点では、似通った心性なのかもしれません。
 
 この作品は、いわゆる普通の文芸小説です。事件も殺人もトリックもまったく御座いません。世間でいう、ミステリとか推理小説ではなく、また古代史、時代小説でもありません。もちろん私小説でもないし、お笑いでもないし、バイオレンスでもなく、エンターテイメントとは対極に位置します。要するにわかりにくい小説です。

この本には試し読みが 1 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

2018年3月に発行された沖縄ローカル釣り漫画「ラッキーキャッツルアーフィッシングスクール」最新作!...

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

本書はFBなどネットに投稿された台湾に関するいろいろな情報をまとめたものです。タイトルは村上春樹の造...

もっとみる