目次
1月の天気
1月の星座 うさぎ座
北極星を探す目印「カシオペヤ座」
「ヨーロッパ」の由来、おうし座
冬将軍の正体
冬と天気と日本海
地上天気図と高層天気図
雲形で天気予報
平年値」と雪
世界の正月
門松と家康
「初夢」を楽しむ
冬のダイエットは老化を促進
成人式にネクタイを締めなおす  
「海のミルク」
白菜の効用
天然物信仰と食経験
難を転じる南天の実
水仙の花に注意
寒造り(かんづくり)
家庭の味が無くなってきた!
レンジde お餅
「今年の一皿」
「超簡単」--こうや豆腐
レンジ豚(ラーメンやチャーハンにもピッタリ)
おかゆの復権
あったか厚揚げのたたき
うま味調味料が中華料理を世界に広めた
老化は足から来る
老死と料理
ハーブのすすめ
「飲むサラダ」マテ茶
関西人の体はでんぷんとソースでできている
油の特長を生かした調理
縁起のいい冬野菜「芽キャベツ」
聞いてビックリ!今時の若い人の食事
現代病の食養生 主食に玄米をとりいれる
愛煙家には厳しい時代に
正月後のお手当て
気血が足りない方の養生
先天の気(腎気)と後天の気(脾胃の気)
キレル子、ムカツク子をなくす食生活
風邪には「しょうがの練りチューブ」
へそ温灸のすすめ
お手当ての意義と順序
朝の便り
小寒からの養生法
高齢者にもオススメ☆アロマセラピー
話し上手より聞き上手
江戸時代、標準語は無かった
「世間様」というものを憚る意識
タコの吸盤がロボットを進化させる?
レジのないお店
10のものを10発揮する努力
占いと迷信と星占い
敗北を免れる妙法
具体的に国民に提示する能力
3本の鼎(かなえ)
内戦と寛容
戦争を知らない時代の老武士が殺気を知る太平の世
ATMちょっと便利な利用法
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

1月の天気

 さて新しい一年の始まりです。俳句の世界では、「新年」という季節があり、それに合わせた季語があります。
「初詣で」「初日の出」「鏡餅」などなど。にぎやかでおめでたいことばがたくさん並んでいます。ほかの季節と同じくらいの数の季語が「新年」という季節にあるんですよ!
 一月の二十四節気は、まず五日、「小寒(しょうかん)」から始まります。いわゆる「寒の入り」ですね。初候「芹(せり)がよく育つ」次候「地中で凍った水が動き始める」、末候「雉(きじ)が鳴き始める。
 芹と言うと春の七草の筆頭ですね。「七草粥(ななくさがゆ)」ももちろん新年の季語ですよ。
 次に二十日、「大寒(たいかん)」。「一年で最も寒い時期」という意味です。現代とは少しズレがあるかもしれません。二月が一番寒いですよね。でも大寒は初候「ふきとうがつぼみを出す」、次候「沢の水が厚く凍る」、末候「鶏が卵を産み始める」と進みます。もうお正月ムードはなくなっていますね。
 ちなみに。大寒に入る前の一月十七日は冬の土用の入りです。土用は夏だけでなく、暦の上での季節が変わる前には必ずある「季節」です。冬の土用も、およそ十五日ほどあって、それが過ぎると二月四日は立春。暦の上では春を迎えることになります。
 この時期、太平洋側の朝はものすごく気温が下がりますよね。天気予報で「放射冷却」ということばをよく耳にする季節だと思います。これは、よく晴れた夜のあいだ、地面の熱が全て空に放出されて、朝の気温が上がらないことを言います。だから逆に、曇った朝の方が気温は比較的高いはずです。雲がお布団の役目をしているのだ、とよくたとえられます。晴れた朝というのはお布団を掛けずに眠っているようなものなのですね。
 そんな朝は霜も発達するので、農作物には注意が必要ですし、お車を運転される方は路面の凍結にも充分にお気を付けて下さいね。昔は運動場のグラウンドなどで霜柱(しもばしら)をジャリジャリと踏み付けて遊んでいましたが、今でもできるのでしょうか? あんまり温暖化して欲しくないなぁと思います。
 
(気象予報士 チャーリー/絵:そねたあゆみ) 2013-01

試し読みできます

北極星を探す目印「カシオペヤ座」

一年を通してほぼ頭の真上にある「W」に似た形の星座に気づかれたことはあるでしょうか? これは「カシオペヤ座」といって、北極星を探す目印にもされています。
 このカシオペヤというのは、ギリシア神話では、エチオピエの王妃でした。しかし自分が美人であることを自慢して、海の妖精と競争をしたせいで、神々の怒りを買い、自分の娘であるアンドロメダを怪物のえじきにするよう命じられました。少女アンドロメダは鎖で絶壁の波打ち際に縛られ、美しい頬を蒼ざめさせて涙を流して打ち震えていました。ちょうどそこに通りかかったのが、勇者ペルセウスでした。ペルセウスはかつてメデューサという怪物を退治したことがあります。それは髪の毛が全て蛇でできていて、一目見ただけで人を石にしてしまうほど恐ろしいと言われたものでした。ペルセウスがメデューサを退治したとき、その血が地面に染みこんで、翼の生えた馬となり、それをペガサス(天馬)と呼びペルセウスはそれに乗って空を駆けているときに岩場に縛られた美少女を見つけたのです。

 ペルセウスはアンドロメダに近づいて、どうしてそんなところに縛られているのかと尋ね、アンドロメダにそのいきさつを知らされました。そうしているうちに遠くの海からはゴーっという轟音とともに真っ黒で大きな、赤い口と尖った白い歯を見せた蛇が迫ってきつつありました。

 するとペルセウスは、ペガサスを巧みに操りながらその怪獣に剣を何度も突き立て、とうとうその蛇を退治することに成功しました。それを見て喜んだアンドロメダの両親たちはペルセウスに感謝し、アンドロメダと結婚することになりました。

 冬の夜空では、カシオペヤとアンドロメダ、そしてペルセウスとペガサスが、それぞれお互いにとってなくてはならないもののように寄り添って見ることができます。

(気象予報士・小説家 チャーリー/絵:吉田たつちか)2010.01


試し読みできます

冬将軍の正体

冬になると、天気予報でよく「冬将軍」ということばを耳にするようになります。「冬将軍がやってくると寒くなる」というのはご存じでしょうが、さて、冬将軍の正体とは一体何でしょう?

冬将軍は、正式には「シベリア高気圧」と言います。その名の通り、シベリアで生まれます。 10月を過ぎたころからシベリア辺りの高緯度地域は、太陽の陽射しが弱まるため、徐々に冷え始めます。クーラーが足元から冷えていくので経験されていると思いますが、冷たい空気というのは暖かい空気に比べて重いのです。

シベリア地方では、どんどんと、冷たい空気が地表付近に滞留していくのです。それが非常に大きなかたまりになったのが、冬将軍・シベリア高気圧なのです。大陸育ちなので、非常に乾燥しています。

夏の暑さをもたらす太平洋高気圧が南から張り出してくるようにシベリア高気圧も日本列島に対して北西(あるいは西方)から張り出してきます。

が、この非常に冷たく乾燥した冬将軍に対して、日本海は暖流の流れ込む、温泉のようなものなのです。

日本海があることで、大陸と、日本列島の日本海側、さらには太平洋側との気候に大きな違いができるのです。

冬将軍が比較的暖かい日本海を通るとき、下は暖かく上が冷たいという立体構造になります。すると冷たい空気の方が重いので、下にもぐり込もうとします。

これが「対流現象」で、これのときに積乱雲の列が発生し、気象衛星画像に見られる「筋状の雲」ができるのです。

しかしこれも、日本列島を南北に貫く脊梁山脈を越えるときに雪を降らせると同時に水蒸気を落とし切ってしまうので、太平洋側では乾燥した晴れのお天気が続くことになるのです。

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2007.1


試し読みできます

冬と天気と日本海

近年地球の温暖化がが年々進み、年々冬も暖かくなっているとのこと。それでも天気図では、ちゃんと「冬の顔」を確認することができるようになってきました。

 テレビなどの天気予報で天気図を見ると、西の大陸には「冬将軍」と呼ばれる高気圧(シベリア高気圧)があります。

冷暖房の効き目で体感したことがあると思いますが、暖かい空気は軽いので上に浮かび、冷たい空気は重いので沈みます。冬場の大陸の冷え込みはとても厳しいものです。冬場の大陸に溜まってできた冷たい空気の塊が、この高気圧なのです。また大陸は水蒸気量が少ないので、この空気の塊はとても乾燥しています。

さて。その高気圧が、大陸から日本列島にやってこようとするときにたちはだかるのが、日本海です。日本海には黒潮が流れ込んでいる影響などで、シベリア高気圧に比べるとずい分気温が高く湿っており、冷たく乾いた空気に熱と水蒸気を補給します。この状態は「湯気が立ち込める温泉浴場」にたとえられるほどです。日本海で立ちこめた湯気は、やがて雲を作ります。これが雲画像で見られる「筋状の雲」です。その雲が次々と日本海側の地域に押し寄せて、 しかし、そうやってできた雲も、日本列島を南北に連なる脊梁山脈を超えることができません。雲は日本海側で山を昇りながら、雨や雪として水蒸気を落としてしまったあと、乾いた空気となって一気に太平洋側へと駆け下ります。乾いた空気は湿った空気よりも気温が変化する割合が大きいので、その空気が太平洋側にやってくるころには、初めよりもずい分暖かくなっています。(これを「フェーン現象」といいます)

 こういう理由で、日本の冬は、日本海側で悪天が多く、太平洋側では乾燥した晴天が多くなるのです。

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2005.1


試し読みできます

地上天気図と高層天気図

天気予報で何気なくひんぱんに使われることばで、何となく聞き逃していることはありませんか?例えば、「前線」「寒気の中心」「ジェット気流」、などなど。
これらは、「高層天気図」といって、地上より高いところの天気図を参考にして決められています。

新聞や天気予報で見かける天気図は、「地上天気図」です。描かれている線は、同じ気圧のところを結んだ「等圧線」や前線です。しかし高層天気図は、これとは全く違っています。

例えば、前線を決めるのは主に「850hPa(ヘクトパスカル)高層天気図」です。つまり、地上では、気圧が同じところを結んで線を引いているのに対し、高層天気図では気圧が同じ場所の「高度」に線を引いているのです。これを「等高度線」と言います。前線は、850hPaの天気図で、等高度線が密集しているところを目安に引かれます。850hPa面は、およそ、高度1,500付近、つまり、富士山の中腹辺りの高度に当たります。

また、高層天気図に描かれているのは等高度線だけではなく、観測地点の気温や風向・風速、湿度なども表現されています。そこで、500hPa面での気温が-30℃以下になると、おおむね「寒気」と呼ばれます。500hPa面といえば、高度はおよそ5,000m。エベレストの中腹くらいに当たります。真冬の寒気は-45℃以下になることもあるのですよ!

ジェット気流は、300hPa面、高度約1万m、国際線旅客機が飛ぶくらいの高度で吹いている強い風です。

高層天気図には他の特殊な気象要素が描かれたものが、他にもたくさんあります。こうやって立体的に見た大気の要素をコンピュ-タにかけ、日々の天気予報は発表されているのです。

(気象予報士・小説家 チャーリー/絵:吉田たつちか)2009.01



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について