目次
今年の干支、戌(いぬ)年
1月の天気
1月の星座 うさぎ座
北極星を探す目印「カシオペヤ座」
「ヨーロッパ」の由来、おうし座
冬将軍の正体
冬と天気と日本海
地上天気図と高層天気図
雲形で天気予報
平年値」と雪
世界の正月
門松と家康
「初夢」を楽しむ
冬のダイエットは老化を促進
成人式にネクタイを締めなおす  
「海のミルク」
白菜の効用
天然物信仰と食経験
難を転じる南天の実
水仙の花に注意
寒造り(かんづくり)
家庭の味が無くなってきた!
レンジde お餅
「今年の一皿」
「超簡単」--こうや豆腐
レンジ豚(ラーメンやチャーハンにもピッタリ)
おかゆの復権
あったか厚揚げのたたき
うま味調味料が中華料理を世界に広めた
即席めんを発明し世界の食文化を変えた男 安藤百福 ③
老化は足から来る
老死と料理
ハーブのすすめ
「飲むサラダ」マテ茶
関西人の体はでんぷんとソースでできている
油の特長を生かした調理
縁起のいい冬野菜「芽キャベツ」
聞いてビックリ!今時の若い人の食事
現代病の食養生 主食に玄米をとりいれる
愛煙家には厳しい時代に
焼き鳥の謎
ダイエットという食文化(後編)
正月後のお手当て
気血が足りない方の養生
先天の気(腎気)と後天の気(脾胃の気)
キレル子、ムカツク子をなくす食生活
風邪には「しょうがの練りチューブ」
へそ温灸のすすめ
ガメ(亀虫)の大量発生と、この冬の病気
お手当ての意義と順序
朝の便り
小寒からの養生法
長引く下痢症状
冬に多い中風(脳卒中)の防ぎ方
高齢者にもオススメ☆アロマセラピー
話し上手より聞き上手
江戸時代、標準語は無かった
「世間様」というものを憚る意識
多産は繁栄の象徴
タコの吸盤がロボットを進化させる?
レジのないお店
10のものを10発揮する努力
老人向け字幕表示
占いと迷信と星占い
敗北を免れる妙法
具体的に国民に提示する能力
3本の鼎(かなえ)
室町時代をみる縦と横 
明治150年と昭和100年 
老眼鏡と読書 
内戦と寛容
戦争を知らない時代の老武士が殺気を知る太平の世
ATMちょっと便利な利用法
『古事記』の神々(その10)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

11 / 75ページ

試し読みできます

世界の正月

『日本』のお正月とは、もともとは神道的なもので、年の初めに各家庭に降りてくる年神様をお迎えする行事のことです。この年神様は五穀豊饒を約束してくれる神様でもあり、お正月の飾りつけもそれに関連したものになっています。

お正月といえば、大晦日に年越しそばを食べ、元旦に初宮参りをし正月三が日は、ゆっくりと過ごすもの。

では、外国では、どのようにお正月を過ごしているのでしょうか?

『アメリカ』の大晦日は、まるでお祭りです。花火をあげたりして元旦へのカウントダウンを派手に行います。そして元旦の日は、テレビでアメリカン・フットボールを見る、というのがスタンダードなお正月の過ごし方なのです。ちなみに休みは1月1日だけ。大晦日も休みではありません。

アメリカでは、11月の第4木曜日『Thanksgiving day』(感謝祭)が、日本のお正月みたいなもので、実家に帰ったり、親戚が集まったりと親睦を深めます。ターキーを食べることでも知られる感謝祭では、物凄いご馳走が並び、外食好きなアメリカ人も、この日は家で食事をとります。外食をしようとしても、お店は週末まで閉まっているので出来ません。そして、クリスマスでは、プレゼントを贈りあい、これが日本のお年玉のような役割をしています。

『中国』でも、1月1日は得に何事もなく過ぎていきます。それもそのはず、中国では新暦ではなく、旧暦のお正月『春節』を祝うからです。2月にある旧正月では、1週間ほどの休みをとり、爆竹を鳴らし、獅子舞が踊ったり、と大変賑やかなものになります。食卓には、年夜飯という、縁起のよい食材を使用した、8品以上もの特別な料理が並びます。お年玉を贈る習慣もあり、独身であれば、何歳であっても貰う権利があるのです。

他にも旧暦のお正月を祝う国として『タイ』があります。タイでは4月に旧正月を、独特なスタイルで祝います。寺院にお供え物の料理を持参し、お祈りをした後、バケツに水を入れて、みんなで水を掛け合うのです!これは、タイの国中で行われる『水まき祭り』で、熱帯性気候の国ならではの習慣と言えるでしょう。

不安定な状態が続くイラクなど『イスラム圏諸国』には、お正月はありません。イスラム暦第9番目の月『ラマダン』(断食月)明けに行われる盛大な祭りが、日本のお正月にあたるようなものでしょう。ラマダンとは、預言者マホメットが、天使ジブリール(ガブリエル)を通し、 最初の啓示を受けたとされている祝福の月で、イスラム教徒は日の出から日没まで、水までもを絶つ断食を行います。

このラマダン明けの3日間は『イード・ル・フィトル』と呼ばれる断食明けの盛大なお祭りが行われ、親戚や知人らが集まり豪華な食事をしたり、水タバコを呑んだり、プレゼントを贈りあったりします。街中煌びやかにライトアップされ、アッラーの神の教えにしたがって断食をなしとげたことを祝うのです。

(コラムニスト JULIE/絵:吉田たつちか)2005.1


試し読みできます

門松と家康

 お正月の象徴とも言える門松。玄関先に飾って新年を迎えるのは日本の伝統文化です。まっすぐに伸びる竹と青々とした松下部に添えられた葉牡丹や赤い南天の実を見ると、新しい年が始まったのだと実感し、気持ちが引き締まります。

 門松を飾る意味は、新年が来たことを告げる年神様が天から降りてくる際の依代(よりしろ)、つまりは目印にするためだそうです。古くは平安時代から飾られました。当時の門松には竹は飾らず、松だけを飾りました。松は中国の唐の時代に長寿の木としてあがめられていたので、平安貴族が縁起をかつぎ、松の枝を持ち帰って自らの屋敷の門前に飾りました。だから「門松」と名付けられたのでしょう。竹が加わったのは室町時代に入ってから。 竹も長寿を意味するので、元日にふさわしいと好まれたようです。やがて、子孫繁栄を願う実の沢山なった南天も添えられ、現在の門松へと発展していきました。

 今や門松の中央になくてはならなくなった竹ですが、スパンと斜めに切られた「そぎ」と、節のところで真横に切った「寸胴(ずんどう)」の二種類があります。地方によってどちらが選ばれるのかが異なるようですが、「そぎ」のほうが圧倒的に多いそうです。

 では、なぜスパンと斜めに切られるようになったのでしょうか。これには面白い逸話があります。

 時は戦国時代。一五七三年のこと。現在の静岡県浜松市で大きな戦が起こりました。武田信玄と徳川家康が争った三方ヶ原の戦いです。この戦で家康は大敗しました。大勢の家来を亡くし、命からがら浜松城へ逃げ帰りました。悔しさが込み上げる家康は、竹を武田と見たてて、「次は必ず信玄を斬るぞ」と竹をスパンと斜めにそぎ落としました。そしてその竹を飾り戒めとしました。これが「そぎ」の始まりと言われているのです。

 白い息を吐きながら初詣に出掛ける途中、いくつもの門松に出会います。竹の形が斜めに切られた「そぎ」であったら、家康の逸話を思い出してください。そして、それを自分の戒めに置きかえて、「昨年上手くいかなかったことを今年は絶対に成し遂げてやるぞ」と、新年の誓いを立ててみてはいかがでしょうか。

(小説家 華山 姜純/絵:吉田あゆみ)
2012-01

試し読みできます

「初夢」を楽しむ

皆様良い初夢を見ることができたでしょうか?

年が明けてから初めて見る夢を「初夢」といいますが、新暦では元日もしくは二日の夜、旧暦の時代は節分の夜であったなど、捉え方が全く異なり一定しません。

昔は良い夢を見ることを願って宝船の絵を枕の下に敷いて寝る風習がありました。この宝船の絵の多くには「長き世の十の眠りの皆目覚め波乗り船の音のよきかな」という歌が書き添えられていました。ひらがなに直すと「なかきよのとをのねふりのみなめざめなみのりふねのおとのよきかな」となり上から読んでも下から読んでも同じ文句になる回文となっています。これは吉夢が現実になるように、また逆夢にならないようにという二つの願いがこめられたものと考えられています。

また宝船の絵の裏面には、獏の絵が描かれているものもありました。獏は人の悪夢を食べ、その革を敷いて寝ると邪気を避けるという中国の古い伝承に基づき、期待に反して悪い夢を見ないようにというものです。

日頃無信心でも初詣に行って一年の多幸を祈ったり、おみくじを引いてその吉凶に一喜一憂したりする方は多いはず。初夢に限らず時には先人に倣ってまじないをし、吉夢が見られるように祈りながら眠りにつくなど、古いならわしを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

(コラムニスト 現庵/絵:吉田たつちか)2006.1


試し読みできます

冬のダイエットは老化を促進

 冬至は陰陽でいうと陰の極みの時期です。陰が極まれば、陽に転じ、この日より一陽が生まれ、自然界の陽気が地下で動き始めます。
 日本では、冬至の日には、かぼちゃを食べ、 ゆず湯に入って身体を温め、寒邪から身を守りますが、中国ではあずき粥を食べて身体の 解毒をはかるそうです。
 一陽生まれるといっても、これからが最も寒い時期で、空気の乾燥も進み、インフルエンザやノロウイルス等が流通しやすい条件になります。現代人はこの季節に忘年会、新年会等のパーティーが続き、知らず知らずのうちに暴飲暴食します。
 身体の免疫は、入ってきた食物や飲み物を吟味して栄養に変えたり解毒するのに疲労困憊し外からのウイルスのパトロールが手落ちになります。
 食べ過ぎて胃腸が疲れている人ほど、ウイルスに感染しやすくなりますので、ご注意ください。
 宴会の前後は、ご飯と一汁一菜程度の粗食を心がける。食べ過ぎて胃腸に負担がかかったと思ったら、小豆と鳩麦の八倍粥(半カップのお米に4カップの水、小豆と鳩麦はそれぞれ大さじ1を入れて、コトコト炊きます)を召し上がってください。
 新年を迎えたら、1年の病気予防のために、屠蘇酒をいただきましょう。おやつには、落花生、栗、胡桃、小豆、黒豆、胡麻、黒砂糖などを混ぜ込んだパウンドケーキを作ってみられてはいかがでしょうか?
 これらの食材は、体内で陽気の成長を促し、寒い冬から身を守り、一年の体力を養う原料です。
生クリームタップリの洋菓子を止めて、身体を養うお菓子を一家で楽しみましょう。
 冬は野生の動物が冬眠するのと同じく、エネルギーを充電する時期なので、ダイエットをしてはいけません。多少太るくらいがよいのです。
 食事を減らして寒い中を歩いたりするのは、もってのほかで、身体に冷えが充満し、春を迎えてから眩暈、自律神経失調、鬱病、アレルギーなどの病気を起こすようになります。冬のダイエットは老化を促進すると心得てください。
(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)2011.01

試し読みできます

成人式にネクタイを締めなおす  

お正月が開けると1月のもうひとつつの行事、成人式が各地で開催されます。以前は1月15日でしたが、現在では1月の第2月曜日が成人の日と定められています。女の子達は煌びやかな振袖を纏い、男の子達はスーツや羽織袴で参列します。既に20歳を越していてもひとつの節目、成人としての心構えを新たにする儀式。時折、ハメを外す「成人」も居ますが、この日を境に素敵な大人に成長してもらいたいものです。

大人のアイテムのひとつにネクタイが有ります。発生の地はどこだかご存知ですか。紳士の国イギリスを想像する方が多いのではないでしょうか。実は、アドリア海に面したクロアチアが発生の地なのです。激動の17世紀、フランスのルイ13世を守る為に出征したクロアチア兵が、無事帰還するようにと恋人や妻から贈られたスカーフを首に巻いていたのが始まりと言われています。これがルイ13世の目に留り、フランスでも流行するようになりました。クロアチア兵士が巻いていたことから「クラバット」と呼ばれています。ネクタイというのは英語圏だけでしか使用されず、他は現代でもクラバットと称されています。

成人男性の正装として世界的に定着したネクタイ。日本で初めてネクタイを締めたのは、ジョン万次郎とのこと。アメリカ帰りの荷物の中にネクタイが有ったそうです。維新後、明治政府は列強各国に並べるよう、洋装を推奨しました。官僚の多くがスーツにネクタイという現代と同じようないでたちで、仕事に励んだそうです。

ネクタイは服飾から見ると、ただの装飾品のひとつです。しかしキュッと結ぶことで心が引き締まり、大人としての自覚が芽生えるのではないでしょうか。昔は帯を結びなおすと言われていましたが、今はネクタイを締めなおし、立派な大人として社会に貢献してもらいたいものです。大騒ぎをする「新成人」さん、ネクタイをキュッと締めたら大人の仲間入りですよ。忘れないでくださいね。

(コラムニスト 朝比奈うろこ/絵:吉田たつちか)2009.01


試し読みできます

「海のミルク」

俗に「海のミルク」と呼ばれるほど、牡蠣は栄養価のとても高い食品です。亜鉛、鉄、銅、カルシウム、カリウム、マンガン、セレンなどのミネラル類をはじめ、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンEなどをバランスよくかつ豊富に含んでいます。特に亜鉛は100g中に13.2mgも含まれていて全ての食品の中でもトップクラスです(五訂食品成分表より)。

 亜鉛は非常に重要なミネラルで、遺伝子発現・たんぱく質合成など細胞の増殖や分化において中心的な役割を果たしています。不足すると、味覚障害や脱毛、皮膚炎、食欲不振、免疫機能低下、男性機能不全など様々な障害が現われます。

 また、牡蠣にはアミノ酸の仲間タウリンも豊富に含まれていて亜鉛と同様に食品中でトップクラスの含有量を誇っています。タウリンは、コレステロールを下げる働きがある他、肝機能や心機能を高めたり、目の新陳代謝を促進する働きもあります。

 さらに、牡蠣は消化吸収のよいエネルギー源であるグリコーゲンを多く含んでいて、滋養にも優れた食品です。

 栄養に優れた牡蠣ですが、生食用ではない牡蠣は細菌やノロウィルスなどを含んでいて食中毒をおこすことがありますので、加熱してからお召し上がりください。

 よく誤解されることがあるのですが、生食用と加熱用の違いは、鮮度の違いではありません。生食用は、水揚げした後、殺菌した海水を循環させて数日間飼育することにより除菌します。鮮度に関して言えば、水揚げしてすぐに出荷される加熱用の方がむしろよいのです。鮮度がよさそうだからといって除菌されていない加熱用の牡蠣を生食するのは避けましょう。

(医学博士 食品保健指導士 中本屋幸永/絵:吉田たつちか)2010.01


試し読みできます

白菜の効用

 寒さの厳しいこの時期、鍋料理をつつく機会も多いのではないでしょうか。今回は、鍋料理には付き物の白菜の栄養成分について紹介します。 

 白菜は、大根やキャベツなどと同様にアブラナ科植物に属します。英語で“Chinese cabbage”と呼ばれるように中国原産です。日本で本格的に栽培されるようになったのは、明治になってからと言われています。日本の食生活にすっかり溶け込んでいて古くからの伝統食のように思われがちな食材ですが、比較的新顔の食材なのです。
 白菜に含まれる主な栄養成分としては、食物繊維、ビタミンCカリウム、カルシウムなどが挙げられる他、アブラナ科植物に特有のイソチオシアネートという抗がん物質を含んでいます。
 実は、白菜を始めとするアブラナ科植物には、このイソチオシアネートの他にもグルコブラシシンと呼ばれる抗癌物質が含まれています。グルコブラシシンそのものは、抗癌物質ではありませんが、食事から摂取されると体内でインドール-3-カルビノールやジインドリルメタンという優れた抗癌作用を持つ成分に変化します。インドール-3-カルビノールやジインドリルメタンは、乳がんや前立腺がん細胞など多くのがん細胞の増殖を抑える他、がん細胞を直接的に殺す作用を持っています。この作用はアポトーシス(細胞死)と呼ばれる現象として知られています。
 オタマジャクシが成長してカエルになるとき自然と尾が消えてなくなるように、各細胞には不用になると自爆死するスイッチのようなものが備わっていると考えられています。インドール-3-カルビノールやジインドリルメタンのような物質は、アポトーシスを引き起こすスイッチをオンにする作用があるものと解釈されています。白菜は、かなり地味な野菜ですが、意外と働き者なのです。

(医学博士 食品保健指導士 中本屋 幸永/絵:吉田たつちか)2011.01


試し読みできます

天然物信仰と食経験

 消費者の中には、必要以上に化学合成品を毛嫌いする方もおられます。そのような方は、天然の食材や抽出物は全て安全であると過信する一方、化学合成されたものについては過剰に危険視して徹底的に排除しようとする傾向があります。その様子はまるで宗教のようであり、「天然物

信仰」と揶揄されています。

 しかし、天然か合成かというだけで食品の安全性を判断するのは、余りにも短絡的です。食品の安全性を判断する上で最も重要なポイントとなるのは十分な食経験があるかないかということに尽きるのではないでしょうか。

 天然物にもたくさんの毒性物質があります。よく知られているところで言えば、フグ毒、トリカブト、ジャガイモの芽、青梅などがそうですが、数え上げればきりがありません。しかし、これらの毒性物質も長い食経験の中から、どのくらい食べれば、あるいはどの部分を食べれば毒なの

かが明らかにされ、上手く食生活に取り入れられて来ました。ふぐは肝臓や卵巣を食べない、トリカブトは弱毒化処理して漢方薬「附子(ブシ)」として利用、ジャガイモは芽を除く、青梅は梅干に加工して食べるなど、工夫すれば安全に食べることができます。

 このように毒のある食材を安全に食べることができるようになったのも長年に亘る食経験の積み重ねによるものです。一方、食経験の浅い食品ではアマメシバ事件のような食中毒事故も起りました。

 アマメシバ事件とは、東南アジアの熱帯雨林地帯に生えるトウダイグサ科常緑低木アマメシバによる食中毒事故です。2003年に40代の女性がアマメシバの粉末加工品を1日4回、計8gを130日間にわたって摂取した結果、閉塞性気管支炎を起こして入院しました。しかし、原産地の東南アジアでは、事故もなく普通に食べられていたようです。なぜ現地では事故がなかったのかというと、煮て食べられていたことと(煮ることによって毒性物質が揮発あるいは無毒化されるものと解釈されています)、恐らくは長年の食経験でどれくらい食べると危険なのかがわかっていたからだと考えられています。台湾では生のままジュースで飲んだことにより多数の患者と死者まで出すことになりました。日本では、粉末化して売られたために生や煮て食べるよりも過剰量を摂取し易い状況になってしまったことが原因のひとつであると考えられています。

 最近は南米ブームで南米の薬用植物などが健康食品としてよく日本に持ち込まれたりすることがあります。販売に先立って厚生労働省の食薬区分の審査を受けることになりますが、その際、判断材料の一つとして重要視されるのがやはり現地での食経験です。つまり、天然物だからという

だけでは全く安全性の根拠にはならず、実際に毒性があるのかないのかは、これまでに食べて何も健康被害がなかったのかということで判断するのがもっとも確かだということです。

 一方、化学合成品の安全性については、事前に動物試験などにより安全性が徹底的に検証されている分、食経験の浅い天然物よりもむしろ信頼できる面もあります。もちろん、動物と人間では同じ成分に対して反応性が異なる場合もあり、動物実験での結果がそのまま当てはまらない場合

もありますから注意は必要です。また、化学合成品には合理的に設計されているという利点もあります。例えば、合成抗菌剤の場合幅広い細菌に効果(「抗菌スペクトルが広い」といいます)があったり相対的に強い効果がありますが、天然抗菌剤の場合には抗菌スペクトルが狭かったり、

効果の弱いものがあったりするので、場合によっては十分な抗菌力が発揮されずに食中毒が発生するということにもなりかねません。

 天然だからということだけで不用意に飛びつかず、また化学合成だからというだけで毛嫌いすることもなく、アンテナを張り巡らし、有用なものは上手く利用して行きたいものだと思います。

(医学博士 食品保健指導士 中本屋 幸永/絵:吉田あゆみ) 
2012.01


読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について