目次
今年の干支、戌(いぬ)年
1月の天気
1月の星座 うさぎ座
北極星を探す目印「カシオペヤ座」
「ヨーロッパ」の由来、おうし座
冬将軍の正体
冬と天気と日本海
地上天気図と高層天気図
雲形で天気予報
平年値」と雪
世界の正月
門松と家康
「初夢」を楽しむ
冬のダイエットは老化を促進
成人式にネクタイを締めなおす  
「海のミルク」
白菜の効用
天然物信仰と食経験
難を転じる南天の実
水仙の花に注意
寒造り(かんづくり)
家庭の味が無くなってきた!
レンジde お餅
「今年の一皿」
「超簡単」--こうや豆腐
レンジ豚(ラーメンやチャーハンにもピッタリ)
おかゆの復権
あったか厚揚げのたたき
うま味調味料が中華料理を世界に広めた
即席めんを発明し世界の食文化を変えた男 安藤百福 ③
老化は足から来る
老死と料理
ハーブのすすめ
「飲むサラダ」マテ茶
関西人の体はでんぷんとソースでできている
油の特長を生かした調理
縁起のいい冬野菜「芽キャベツ」
聞いてビックリ!今時の若い人の食事
現代病の食養生 主食に玄米をとりいれる
愛煙家には厳しい時代に
焼き鳥の謎
ダイエットという食文化(後編)
正月後のお手当て
気血が足りない方の養生
先天の気(腎気)と後天の気(脾胃の気)
キレル子、ムカツク子をなくす食生活
風邪には「しょうがの練りチューブ」
へそ温灸のすすめ
ガメ(亀虫)の大量発生と、この冬の病気
お手当ての意義と順序
朝の便り
小寒からの養生法
長引く下痢症状
冬に多い中風(脳卒中)の防ぎ方
高齢者にもオススメ☆アロマセラピー
話し上手より聞き上手
江戸時代、標準語は無かった
「世間様」というものを憚る意識
多産は繁栄の象徴
タコの吸盤がロボットを進化させる?
レジのないお店
10のものを10発揮する努力
老人向け字幕表示
占いと迷信と星占い
敗北を免れる妙法
具体的に国民に提示する能力
3本の鼎(かなえ)
室町時代をみる縦と横 
明治150年と昭和100年 
老眼鏡と読書 
内戦と寛容
戦争を知らない時代の老武士が殺気を知る太平の世
ATMちょっと便利な利用法
『古事記』の神々(その10)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 75ページ

試し読みできます

冬と天気と日本海

近年地球の温暖化がが年々進み、年々冬も暖かくなっているとのこと。それでも天気図では、ちゃんと「冬の顔」を確認することができるようになってきました。

 テレビなどの天気予報で天気図を見ると、西の大陸には「冬将軍」と呼ばれる高気圧(シベリア高気圧)があります。

冷暖房の効き目で体感したことがあると思いますが、暖かい空気は軽いので上に浮かび、冷たい空気は重いので沈みます。冬場の大陸の冷え込みはとても厳しいものです。冬場の大陸に溜まってできた冷たい空気の塊が、この高気圧なのです。また大陸は水蒸気量が少ないので、この空気の塊はとても乾燥しています。

さて。その高気圧が、大陸から日本列島にやってこようとするときにたちはだかるのが、日本海です。日本海には黒潮が流れ込んでいる影響などで、シベリア高気圧に比べるとずい分気温が高く湿っており、冷たく乾いた空気に熱と水蒸気を補給します。この状態は「湯気が立ち込める温泉浴場」にたとえられるほどです。日本海で立ちこめた湯気は、やがて雲を作ります。これが雲画像で見られる「筋状の雲」です。その雲が次々と日本海側の地域に押し寄せて、 しかし、そうやってできた雲も、日本列島を南北に連なる脊梁山脈を超えることができません。雲は日本海側で山を昇りながら、雨や雪として水蒸気を落としてしまったあと、乾いた空気となって一気に太平洋側へと駆け下ります。乾いた空気は湿った空気よりも気温が変化する割合が大きいので、その空気が太平洋側にやってくるころには、初めよりもずい分暖かくなっています。(これを「フェーン現象」といいます)

 こういう理由で、日本の冬は、日本海側で悪天が多く、太平洋側では乾燥した晴天が多くなるのです。

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2005.1


試し読みできます

地上天気図と高層天気図

天気予報で何気なくひんぱんに使われることばで、何となく聞き逃していることはありませんか?例えば、「前線」「寒気の中心」「ジェット気流」、などなど。
これらは、「高層天気図」といって、地上より高いところの天気図を参考にして決められています。

新聞や天気予報で見かける天気図は、「地上天気図」です。描かれている線は、同じ気圧のところを結んだ「等圧線」や前線です。しかし高層天気図は、これとは全く違っています。

例えば、前線を決めるのは主に「850hPa(ヘクトパスカル)高層天気図」です。つまり、地上では、気圧が同じところを結んで線を引いているのに対し、高層天気図では気圧が同じ場所の「高度」に線を引いているのです。これを「等高度線」と言います。前線は、850hPaの天気図で、等高度線が密集しているところを目安に引かれます。850hPa面は、およそ、高度1,500付近、つまり、富士山の中腹辺りの高度に当たります。

また、高層天気図に描かれているのは等高度線だけではなく、観測地点の気温や風向・風速、湿度なども表現されています。そこで、500hPa面での気温が-30℃以下になると、おおむね「寒気」と呼ばれます。500hPa面といえば、高度はおよそ5,000m。エベレストの中腹くらいに当たります。真冬の寒気は-45℃以下になることもあるのですよ!

ジェット気流は、300hPa面、高度約1万m、国際線旅客機が飛ぶくらいの高度で吹いている強い風です。

高層天気図には他の特殊な気象要素が描かれたものが、他にもたくさんあります。こうやって立体的に見た大気の要素をコンピュ-タにかけ、日々の天気予報は発表されているのです。

(気象予報士・小説家 チャーリー/絵:吉田たつちか)2009.01


試し読みできます

雲形で天気予報

天気を予報するときに気象予報士が使う天気図には、各観測地点の気温や湿度など、色々な気象情報が出力されています。雲も形も天気を予報する際に必要となるとても重要な要素の一つです。それを、高度や形状によって、国際的に10種類に分けたものを「10種雲形(じっしゅうんけい)」といいます。みなさんが普段使っている「入道雲」などの俗称に沿って10種雲形を説明していきます。 まずは空の高い所にできる雲から。「すじ雲」と呼んでいるものは、白くて細いすじ雲で、「巻雲(けんうん)」といいます。  

白くて小さい、やや丸みを帯びた、魚のうろこのような雲を「まだら雲」と言ったりしますが、10種雲形では「巻積雲(けんせきうん)」といいます。  

空に薄いベールがかかったような「うす雲」を「巻 層雲(けんそううん)」といいます。太陽や月は暈(かさ)をかぶります。  

次にやや高い所にできる雲。「ひつじ雲」や「むら雲」と呼ばれる雲を「高積雲 (こうせきうん)」といいます。 空を灰色に覆う雲「おぼろ雲」は、「高層雲(こうそううん)」といいます。

高層雲よりも暗く空を覆う雲「あま雲」を「乱層雲 (らんそううん)」といいます。  

さらに低い所にできる雲になると、「くもり雲」と 呼ばれる、決まった形のない黒いかたまりの「層積雲 (そうせきうん)」や、「きり雲」と呼ばれる灰色や 乳白色をした「層雲(そううん)」があります。  

また、「つみ雲」「わた雲」と呼ばれる、青空に浮かぶ白い雲を「積雲(せきうん)」、「入道雲」は、「積乱雲」といいます。  

国際天気図には、例えば「積雲から積乱雲に変化しつつあるもの」、など、変化の過程にあるものも表現 できるように、約30種類の記号で表現されているのです。

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2008.01


試し読みできます

平年値」と雪

この冬、近畿地方には、今年も暖冬傾向であるという予報が出されました。が、12月初めの時点では「平年より気温の低い日」が続いています。

これらの基準となる「平年値」とは、10年ごとに見直されており、今使われている値は2001年~2010年まで適用され、1971年~2000年までの30年間の平均の値が使われています。地球の温暖化が始まったのは、石油・石炭などのいわゆる化石燃料が使われ始めた産業革命の頃からといわれていますので、近年の「平年以下」なんて、寒いといってもまだまだ序の口だと思って、寒さを乗り切りましょう!

さて、寒波がやってきてまず気になるのは、やはり雪が降るか降らないか、ではないでしょうか。特に、普段から雪の備えが不十分な太平洋側の都市部などでは、少しの積雪でも交通機関に大きなダメージを受けたりすることがあります。

一般的には、地上の気温が2℃以下で、降水は雪(2~4℃だとみぞれ)になると言われています。また、能登半島の輪島の上空に-35℃以下の寒気がくるの日本海側で大雪あるいは逆に、日本の南海上、八丈島の南を低気圧が東進すると、関東地方で雪が降ると言われています。

また、降水の1mmは降雪の1cmに相当すると言われています。「1時間5mmの降水」が、雨ならば大したことはないかもしれませんが、もしそれが雪で、5cmも積もったりしたら、大変なことになります。

地上付近の空気が乾いているほど雨が雪になりやすく、異常に空気が乾いていれば、7℃でも雪が降ったことがあるとか。

日本には「雪、月、花」ということばもあるように、雪は時には風情を添えるもの。十分に注意して、美しい冬を事故なく満喫いたしましょう!

(気象予報士 チャーリー /絵:吉田たつちか)2006.1

 


試し読みできます

世界の正月

『日本』のお正月とは、もともとは神道的なもので、年の初めに各家庭に降りてくる年神様をお迎えする行事のことです。この年神様は五穀豊饒を約束してくれる神様でもあり、お正月の飾りつけもそれに関連したものになっています。

お正月といえば、大晦日に年越しそばを食べ、元旦に初宮参りをし正月三が日は、ゆっくりと過ごすもの。

では、外国では、どのようにお正月を過ごしているのでしょうか?

『アメリカ』の大晦日は、まるでお祭りです。花火をあげたりして元旦へのカウントダウンを派手に行います。そして元旦の日は、テレビでアメリカン・フットボールを見る、というのがスタンダードなお正月の過ごし方なのです。ちなみに休みは1月1日だけ。大晦日も休みではありません。

アメリカでは、11月の第4木曜日『Thanksgiving day』(感謝祭)が、日本のお正月みたいなもので、実家に帰ったり、親戚が集まったりと親睦を深めます。ターキーを食べることでも知られる感謝祭では、物凄いご馳走が並び、外食好きなアメリカ人も、この日は家で食事をとります。外食をしようとしても、お店は週末まで閉まっているので出来ません。そして、クリスマスでは、プレゼントを贈りあい、これが日本のお年玉のような役割をしています。

『中国』でも、1月1日は得に何事もなく過ぎていきます。それもそのはず、中国では新暦ではなく、旧暦のお正月『春節』を祝うからです。2月にある旧正月では、1週間ほどの休みをとり、爆竹を鳴らし、獅子舞が踊ったり、と大変賑やかなものになります。食卓には、年夜飯という、縁起のよい食材を使用した、8品以上もの特別な料理が並びます。お年玉を贈る習慣もあり、独身であれば、何歳であっても貰う権利があるのです。

他にも旧暦のお正月を祝う国として『タイ』があります。タイでは4月に旧正月を、独特なスタイルで祝います。寺院にお供え物の料理を持参し、お祈りをした後、バケツに水を入れて、みんなで水を掛け合うのです!これは、タイの国中で行われる『水まき祭り』で、熱帯性気候の国ならではの習慣と言えるでしょう。

不安定な状態が続くイラクなど『イスラム圏諸国』には、お正月はありません。イスラム暦第9番目の月『ラマダン』(断食月)明けに行われる盛大な祭りが、日本のお正月にあたるようなものでしょう。ラマダンとは、預言者マホメットが、天使ジブリール(ガブリエル)を通し、 最初の啓示を受けたとされている祝福の月で、イスラム教徒は日の出から日没まで、水までもを絶つ断食を行います。

このラマダン明けの3日間は『イード・ル・フィトル』と呼ばれる断食明けの盛大なお祭りが行われ、親戚や知人らが集まり豪華な食事をしたり、水タバコを呑んだり、プレゼントを贈りあったりします。街中煌びやかにライトアップされ、アッラーの神の教えにしたがって断食をなしとげたことを祝うのです。

(コラムニスト JULIE/絵:吉田たつちか)2005.1


試し読みできます

門松と家康

 お正月の象徴とも言える門松。玄関先に飾って新年を迎えるのは日本の伝統文化です。まっすぐに伸びる竹と青々とした松下部に添えられた葉牡丹や赤い南天の実を見ると、新しい年が始まったのだと実感し、気持ちが引き締まります。

 門松を飾る意味は、新年が来たことを告げる年神様が天から降りてくる際の依代(よりしろ)、つまりは目印にするためだそうです。古くは平安時代から飾られました。当時の門松には竹は飾らず、松だけを飾りました。松は中国の唐の時代に長寿の木としてあがめられていたので、平安貴族が縁起をかつぎ、松の枝を持ち帰って自らの屋敷の門前に飾りました。だから「門松」と名付けられたのでしょう。竹が加わったのは室町時代に入ってから。 竹も長寿を意味するので、元日にふさわしいと好まれたようです。やがて、子孫繁栄を願う実の沢山なった南天も添えられ、現在の門松へと発展していきました。

 今や門松の中央になくてはならなくなった竹ですが、スパンと斜めに切られた「そぎ」と、節のところで真横に切った「寸胴(ずんどう)」の二種類があります。地方によってどちらが選ばれるのかが異なるようですが、「そぎ」のほうが圧倒的に多いそうです。

 では、なぜスパンと斜めに切られるようになったのでしょうか。これには面白い逸話があります。

 時は戦国時代。一五七三年のこと。現在の静岡県浜松市で大きな戦が起こりました。武田信玄と徳川家康が争った三方ヶ原の戦いです。この戦で家康は大敗しました。大勢の家来を亡くし、命からがら浜松城へ逃げ帰りました。悔しさが込み上げる家康は、竹を武田と見たてて、「次は必ず信玄を斬るぞ」と竹をスパンと斜めにそぎ落としました。そしてその竹を飾り戒めとしました。これが「そぎ」の始まりと言われているのです。

 白い息を吐きながら初詣に出掛ける途中、いくつもの門松に出会います。竹の形が斜めに切られた「そぎ」であったら、家康の逸話を思い出してください。そして、それを自分の戒めに置きかえて、「昨年上手くいかなかったことを今年は絶対に成し遂げてやるぞ」と、新年の誓いを立ててみてはいかがでしょうか。

(小説家 華山 姜純/絵:吉田あゆみ)
2012-01

試し読みできます

「初夢」を楽しむ

皆様良い初夢を見ることができたでしょうか?

年が明けてから初めて見る夢を「初夢」といいますが、新暦では元日もしくは二日の夜、旧暦の時代は節分の夜であったなど、捉え方が全く異なり一定しません。

昔は良い夢を見ることを願って宝船の絵を枕の下に敷いて寝る風習がありました。この宝船の絵の多くには「長き世の十の眠りの皆目覚め波乗り船の音のよきかな」という歌が書き添えられていました。ひらがなに直すと「なかきよのとをのねふりのみなめざめなみのりふねのおとのよきかな」となり上から読んでも下から読んでも同じ文句になる回文となっています。これは吉夢が現実になるように、また逆夢にならないようにという二つの願いがこめられたものと考えられています。

また宝船の絵の裏面には、獏の絵が描かれているものもありました。獏は人の悪夢を食べ、その革を敷いて寝ると邪気を避けるという中国の古い伝承に基づき、期待に反して悪い夢を見ないようにというものです。

日頃無信心でも初詣に行って一年の多幸を祈ったり、おみくじを引いてその吉凶に一喜一憂したりする方は多いはず。初夢に限らず時には先人に倣ってまじないをし、吉夢が見られるように祈りながら眠りにつくなど、古いならわしを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

(コラムニスト 現庵/絵:吉田たつちか)2006.1


試し読みできます

冬のダイエットは老化を促進

 冬至は陰陽でいうと陰の極みの時期です。陰が極まれば、陽に転じ、この日より一陽が生まれ、自然界の陽気が地下で動き始めます。
 日本では、冬至の日には、かぼちゃを食べ、 ゆず湯に入って身体を温め、寒邪から身を守りますが、中国ではあずき粥を食べて身体の 解毒をはかるそうです。
 一陽生まれるといっても、これからが最も寒い時期で、空気の乾燥も進み、インフルエンザやノロウイルス等が流通しやすい条件になります。現代人はこの季節に忘年会、新年会等のパーティーが続き、知らず知らずのうちに暴飲暴食します。
 身体の免疫は、入ってきた食物や飲み物を吟味して栄養に変えたり解毒するのに疲労困憊し外からのウイルスのパトロールが手落ちになります。
 食べ過ぎて胃腸が疲れている人ほど、ウイルスに感染しやすくなりますので、ご注意ください。
 宴会の前後は、ご飯と一汁一菜程度の粗食を心がける。食べ過ぎて胃腸に負担がかかったと思ったら、小豆と鳩麦の八倍粥(半カップのお米に4カップの水、小豆と鳩麦はそれぞれ大さじ1を入れて、コトコト炊きます)を召し上がってください。
 新年を迎えたら、1年の病気予防のために、屠蘇酒をいただきましょう。おやつには、落花生、栗、胡桃、小豆、黒豆、胡麻、黒砂糖などを混ぜ込んだパウンドケーキを作ってみられてはいかがでしょうか?
 これらの食材は、体内で陽気の成長を促し、寒い冬から身を守り、一年の体力を養う原料です。
生クリームタップリの洋菓子を止めて、身体を養うお菓子を一家で楽しみましょう。
 冬は野生の動物が冬眠するのと同じく、エネルギーを充電する時期なので、ダイエットをしてはいけません。多少太るくらいがよいのです。
 食事を減らして寒い中を歩いたりするのは、もってのほかで、身体に冷えが充満し、春を迎えてから眩暈、自律神経失調、鬱病、アレルギーなどの病気を起こすようになります。冬のダイエットは老化を促進すると心得てください。
(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)2011.01


読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について