目次
今年の干支、戌(いぬ)年
1月の天気
1月の星座 うさぎ座
北極星を探す目印「カシオペヤ座」
「ヨーロッパ」の由来、おうし座
冬将軍の正体
冬と天気と日本海
地上天気図と高層天気図
雲形で天気予報
平年値」と雪
世界の正月
門松と家康
「初夢」を楽しむ
冬のダイエットは老化を促進
成人式にネクタイを締めなおす  
「海のミルク」
白菜の効用
天然物信仰と食経験
難を転じる南天の実
水仙の花に注意
寒造り(かんづくり)
家庭の味が無くなってきた!
レンジde お餅
「今年の一皿」
「超簡単」--こうや豆腐
レンジ豚(ラーメンやチャーハンにもピッタリ)
おかゆの復権
あったか厚揚げのたたき
うま味調味料が中華料理を世界に広めた
即席めんを発明し世界の食文化を変えた男 安藤百福 ③
老化は足から来る
老死と料理
ハーブのすすめ
「飲むサラダ」マテ茶
関西人の体はでんぷんとソースでできている
油の特長を生かした調理
縁起のいい冬野菜「芽キャベツ」
聞いてビックリ!今時の若い人の食事
現代病の食養生 主食に玄米をとりいれる
愛煙家には厳しい時代に
焼き鳥の謎
ダイエットという食文化(後編)
正月後のお手当て
気血が足りない方の養生
先天の気(腎気)と後天の気(脾胃の気)
キレル子、ムカツク子をなくす食生活
風邪には「しょうがの練りチューブ」
へそ温灸のすすめ
ガメ(亀虫)の大量発生と、この冬の病気
お手当ての意義と順序
朝の便り
小寒からの養生法
長引く下痢症状
冬に多い中風(脳卒中)の防ぎ方
高齢者にもオススメ☆アロマセラピー
話し上手より聞き上手
江戸時代、標準語は無かった
「世間様」というものを憚る意識
多産は繁栄の象徴
タコの吸盤がロボットを進化させる?
レジのないお店
10のものを10発揮する努力
老人向け字幕表示
占いと迷信と星占い
敗北を免れる妙法
具体的に国民に提示する能力
3本の鼎(かなえ)
室町時代をみる縦と横 
明治150年と昭和100年 
老眼鏡と読書 
内戦と寛容
戦争を知らない時代の老武士が殺気を知る太平の世
ATMちょっと便利な利用法
『古事記』の神々(その10)
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

35 / 75ページ

試し読みできます

関西人の体はでんぷんとソースでできている

 穀物や雑穀の食べ方は大きく分けて2種類あります。ひとつは臼(うす)などで粉にして食べる『粉食』もうひとつが粒にして食べる『粒食』です。
 粉食は、穀物を粉にしたものを水で練って焼く、煮る、蒸すなどしたもの。いわゆるパン、団子、麺類などなど。粒にして食べるのは、米や麦を焼く、煮る、蒸すなどして食べるもの。
 どちらが主流であるかいうのは、それぞれの文化によるのですが、日本の主流は粒食です。
 その代表がごはん。
 麦なんかも麦ごはんにして粒のまま食べる。ヒエ、アワのような雑穀も粒のまま食べることが多いのです。
 ヨーロッパでは粉食が多くなります。小麦粉などでパンを焼いたりする。
 日本の粉食では、米や小麦を粉にして団子にしたり、ソバ、うどん、そうめんなどがあります。
 日本を東西に分けるとすると、関東よりも関西が粉食好きのようです。そもそも関西は、江戸ができる以前から京都大阪と日本の中心で、伝統が古いのに、なぜか「小麦粉」とか「ソース」が好きなんですねえ。
 かつて「関西人の体は“でんぷん”でできている」と喝破したのは、やはり関西出身の作家中島らも氏ですが、確かに関西人はでんぷん……、というか炭水化物が大好きで、うどんにお好み焼き、たこ焼きと、粉食がとても多いのです。
 おまけに大阪には「うどん定食」「お好み焼き定食」とうどんやお好み焼きをおかずにごはんを食べるということもしてのける地域で、さらに神戸で誕生した食べ物として「焼きそば」プラス「ごはん」の「そばめし」があったりもするのです。
 でもこれって、ごはんのおかずにパン……、みたいなものじゃないですか!
 わたし自身関西出身ですが、さすがに「どんだけ、炭水化物が好きやねん!」と、飛びツッコミのひとつもしたくなります。
 もっとも東京にもラーメンライスがあるし、スパゲティにガーリックトーストという食べ方もある。
 そう考えれば、日本人は欧米人よりも「ごはん」という炭水化物を大量に摂取し、その日本人の中でも関西人は炭水化物が大好きということになるのかなあ……? まあわたしも平気でお好み焼きとごはんを食べますけど。
 おまけに関西人はお好み焼きやたこ焼きに見られるようにソース大好きだし。
 生のトマトや天ぷらにソースをかけて食べる食習慣の人もたくさんいるし。
 まあ、それらをオーバーに言って
「関西人の体はでんぷんとソースでできている!」
 と言ったところでバチ当たらないでしょう。
(食文化研究家 巨椋修/絵:そねたあゆみ) 2013-01

試し読みできます

油の特長を生かした調理

一般的にサラダ油と呼ばれる油は、菜種、綿実、大豆サフラワー、ひまわり、コーン、落花生、米から作られた植物油を二種類以上混合し、精製され調合されたものを言います。サラダ油には、コレステロールの原因として有名な飽和脂肪酸が多く含まれていますが、植物油と言ってもすべて同じではありません。中でも、サフラワー油とキャノーラ油は、不飽和脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸を多く含む良質な油です。ごま油は、体内の過酸化物質や活性酸素の生成を防ぐ働きのあるセサミノールなどのほかカルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛などのミネラル、リノール酸やビタミンEを豊富に含んでいるので、炒め物や和え物に積極的に利用したいものです。荏胡麻油は、必須脂肪酸であるαリノレン酸が豊富です。米国で人気のフラックスシードオイルと呼ばれる亜麻仁油も、新陳代謝を高め、心臓血管や免疫システムなど体の機能を高めるオメガ3脂肪酸をはじめ、ビタミンEが多く含まれる素晴らしい油です。

どちらも発火点が低く加熱に弱いので、炒め物には向きませんが、マリネや和え物、またはスープやサラダにかけて取り入れるとよいでしょう。オリーブオイルは、他の植物油と異なり、種からではなく、果肉から作られる油です。ガン細胞を発生させる過酸化物質の形成を防ぐ働きのあるオレイン酸の含有量が極めて高く、豊富なビタミンEとポリフェノールが、活性酸素の発生を防ぎ、そのままでも美味しく、炒め物にも揚げ物にも利用できる大変理想的な油です。一番絞りとされる緑色のエキストラ・バージン・オリーブオイルは、栄養素的に味覚的にも優れているので、様々な料理に活用したいものです。風味も味もマイルドな黄色のピュア・オリーブオイルは、炒め物や揚げ物に利用するといいでしょう。 毎日の料理に使用する油を正しく選び、その特長をいかした調理が健康的な生活に重要な位置を示しているようです。

(アメリカ東海岸在住、フラウ山田/絵:吉田たつちか)  2008.01


試し読みできます

縁起のいい冬野菜「芽キャベツ」

 日本ではどちらかといえば新しい野菜で、それほどポピュラーではない芽キャベツ。ベルギーの首都ブリュッセル近郊で原産され、英語ではブラッセルスプラウトと呼ばれています。もちろんブリュッセルの市場では、旬の秋から冬にかけてよく見かけられます。

 ビタミンCが普通のキャベツやレモンよりも豊富で、風邪予防にも美肌にも効くことから、ヨーロッパの女性には人気のある芽キャベツ。しかし、小さくてころんとした丸い形は子供たちにもウケるのですが、独特の苦みが大不評。口に入れるとすごく嫌な顔してベーっと出しちゃいます。

 そこで、ヨーロッパのママたちは知恵を絞って、芽キャベツと子供の好きなパスタを合わせたレシピを続々と開発。さらに、この芽キャベツは、オリーブオイルやベーコンといったパスタに定番の脂質と調理すると、甘みを増して食べやすくなるのです。

簡単に作れて家族みんなが喜ぶ芽キャベツパスタのレシピを紹介します。

 ささっと熱湯にくぐらせた芽キャベツを半切りにして、みじん切りにしたエシャロット、短冊切りのベーコンと軽く炒めます。同時進行でパスタを茹で、おたま一杯のパスタの茹で汁を炒めた芽キャベツ等に加えて蒸し煮にするのがポイント。芽キャベツが好みの柔らかさになっ

たら塩こしょうで味を整え、茹で上がったパスタと混ぜて出来上がり。個人的に、芽キャベツの焼き具合をパスタ同様にアルデンテにするのが、歯触りも良くてお勧め。

他に、軽く炒めた芽キャベツをホワイトソースにからめて、チーズとパン粉を振りかけてグラタンにするのも美味。

西洋では「赤ちゃんはキャベツから生まれてくる」と言い伝えられているように、キャベツは子宝のシンボル。特に、芽キャベツはひとつの株から小さな実がいくつもなるように改良された子だくさんなキャベツで、多くの子宝に恵まれたい人にはより縁起のいい野菜と言えそう

です。旬の今、ぜひ家庭で食べたい野菜です。

(コラムニスト びねくにこ/絵:吉田あゆみ) 
2012-01


試し読みできます

聞いてビックリ!今時の若い人の食事

今月から、本格的に食養生相談を始めました。

西洋医学的な栄養指導とは違って、薬膳食養生は、食物の性質を主眼としたものです。

皆様の体質も、冷え性、のぼせ性、胃腸が弱い、体に余分な水が溜まりやすい体質などとあるように、食材にもそれを解決してくれるものがそれぞれにあります。

例えば、お腹を温めるものには、ニラ、鮭、鱒、黒砂糖など。ストレスを発散してくれるものには、らっきょう日本蕎麦、柑橘類、ジャスミン茶など。

これらを一覧にしたシートを作り、好き嫌いチェックしていただくのと、3日分の代表的な食事(朝、昼、夜、間食)を書いて持ってきていただくことで、それぞれの問題点と、今の体質を改善してゆく食事法をアドバイスすることができます。

シートを持ってきていただくと、なるほど!何故その方がその病気になっているのかがとてもよくわかります。

例えば、ストレスを溜めている方にかぎって、ストレスを発散する理気類は殆ど口にしていなかったり、冷え性で胃腸が弱く悩んでおられるのに、朝食がヨーグルトとバナナ(毎日)、野菜は生のサラダばかり、夕食は殆ど毎日おさしみをいただくなど。

しかしこれならまだ普通の方で、もっと信じられないことに、主婦なのだけど、家には包丁もまな板もなく、毎日スーパーのお総菜を並べ、お昼はハンバーガーか、コンビニ弁当。そして、この方の子供さんはアトピー中には、朝夕液体プロテインだけが食事という方もありました。これでは体質以前の問題です。

何でも揃う、便利な世の中になりましたが、それが原因の病気が急増しています。アトピー、不妊症、ガン、糖尿病・・・などなど、なかなか治らない病気!その殆どが食事に問題があるように思われます。

皆様もご自分に合った食養生を始めてくださいね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)2008.01


試し読みできます

現代病の食養生 主食に玄米をとりいれる

 主食に玄米を取り入れる意義は4つあります。

1,血流改善・・・手足がポカポカに!
 玄米は食物繊維を多く含み、腸管を刺激します。それにより、副交感神経が目覚め、交感神経の過緊張を和らげます。
 リラックスして体がポカポカと温かくなり、十分な血液が流れる体は、免疫パトロールの力を高めますし、十分な酸素と温かい体温の状況下ではガン細胞は生きづらくなります。
2,血糖値を下げる・・・ガン細胞に兵糧攻め
 玄米は血糖値の上がりにくい低GI食品です。白米に比べて血糖がゆるやかに上昇するため、インスリンの過激な分泌を抑えます。
インスリンが多量に分泌されると、血中の糖分は脂肪に変えられます。
 糖尿病の方や中性脂肪が高い方では、発ガンのリスクが高まります。ガン細胞は糖と脂肪が大好きです。
3,解毒排泄を高める・・・腸がスッキリ!!!
 玄米は、胚芽に含まれるフィチン酸の働きで、添加物、農薬、未消化のタンパク等を吸着して排泄する働きがあります。腸管の汚れが取り除かれて腸管免疫力をアップさせます。
4,抗酸化力をアップ・・体の炎症、老化を防ぐ玄米は抗酸化酵素(SOD)を多く含む食品です。活性酸素による酸化、遺伝子の損傷ガン細胞の分裂等の反応を抑制してゆく働きがあります。
 また、メラニン色素の合成を抑制する酵素も含まれ、シミ、ソバカス、しわも薄くなります。
★玄米を主食に取り入れる方の注意事項として、ミネラルを十分に摂っていただくことをお勧めします。普通にお肉や魚類も食べておられる方は、大丈夫ですが、厳重なる玄米菜食を長期間続けておられる方は、吸収のよい動物性のヘム鉄を摂らないため、フィチン酸のミネラル排泄作用と相まって、貧血傾向になることが多々あります。厳重なる玄米菜食を続けておられる方は、食事に海のミネラル・・しほよもぎを取り入れてください。
 (薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ) 


試し読みできます

愛煙家には厳しい時代に

愛煙家には耳の痛い話だが、近年の喫煙事情は世界中で変化しつつある。私が住むニュージーランドやノル ウェーなどは、公共の場での喫煙が禁じられている。レストランやカフェ・バー、飲み屋などがその対象の例に挙げられるが、基本的には屋外での喫煙は認められているため、オープンカフェなどが愛煙家に好まれている。この禁煙法が施行されてから、慌しく飲食店舗の外にテーブルと椅子を設置し、オープンエリアを作った店も少なくなかったようだ。そして、ここで注目したいのがタバコの値段だ。

日本での一般的な銘柄のタバコの値段が300円程度に対しイギリスやニュージーランドでの一般的な値段は1000円以上はする。こうして日本と他国との喫煙事情を比べると、 まだまだ日本はタバコに対して甘い側面をもっている。

例えば、ニュージーランドの法律で、喫煙者であることを理由に社員の雇用を拒否する権利が認められている。とんでもないような話だが、この権利の理由として、早死による会社への利益損失、勤務時間中の禁煙による業務の停滞などが挙げられるそうだ。実際、喫煙者によるイメージダウンや評判を懸念して、 喫煙者の雇用を禁止している企業もある。  とは言えども、これは喫煙者に対する差別だと悲鳴をあげる人も少なくない。日本に比べると喫煙者の比率はかなり少ないが、それでもやはり愛煙家に対して少し厳しすぎるのが現状で喫煙者が肩身の狭い思いをしていることに間違いはない。職場での喫煙の良し悪しは別にして、禁煙を希望している人に対して、国や会社からのサポートも重要なのではないかと思う。

(ニュージーランド在住、Reeoko/絵:吉田たつちか)2008.01


試し読みできます

気血が足りない方の養生

体が疲れやすい、めまいがする、気力がない、少し動くと症状が悪化する息切れ、不眠、手足のしびれ、月経不順などの症状でお悩みの方・・・・

このような方は胃腸の機能が弱く、食物のエネルギーがうまく転換されにくい体質です。

こんなときは、油物、甘い物、冷たいものなどを避け、また、消化のよいものでも、食べ過ぎはよくありません。

腹6~8分にとどめ、回数を増やしてもかまた、胃腸の調子が悪い方は、背中がとても懲りやすく、そうなると消化管が全く動かず、ドスンとしてしまいます。

ストレッチなどで、背中をしっかり伸ばしたりゆるめたり、それでも動かない方は、仰向けに寝ころんで、ゴルフボールなどを背中の凝っている部分にしき、ゴロゴロとしてみてください。

こりがとれると、必ず胃腸が動いてきますヨ。

また、気を増やすには、ある程度体を動かしてやることも必要です。

座り仕事の方は、1時間に一度は、ストレッチやスクワットなどで体を動かしてください。

まいませんし、食べたく無いときは無理に食べる必要はありません。

食事の時間がきたから食べるのではなく、お腹がすいてから召し上がってくださいね。

できれば、お腹がすいて、グーグー鳴りだしてから食事をとるようにするとよいのです。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)2007.01


試し読みできます

先天の気(腎気)と後天の気(脾胃の気)

人の生命力は、親からもらった先天の気(腎気)と、食物から採り入れた後天の気(脾胃の気)により決まります。

先天の気は、生まれながらに決まってしまっているので、体力や免疫力が低下して、闘病中の方は、後天の気を高めて、胃腸を立て直し、病気に打ち克つ力をつけてゆくことが大切です。

食物は、脾胃の働きで栄養となり、血液によって各臓器へ分配され、体を維持してゆきます。

また、免疫細胞となる白血球、酸素を運搬する赤血球などの血を作るのも、脾胃が司っており、胃腸はまさに、免疫力の大元です。

食物のまちがい、食べ過ぎ、ストレス、体力を上回った治療などによって、脾胃が損傷されると、全身に気血が巡らなくなり、

1,酸素や栄養素が十分に届けられない

2,免疫パトロールが低下する

3,解毒代謝、排泄が鈍る

4,ホルモン系に異常をきたす

などが起こり、病気が起こりやすくなったり、直りにくくなります。

脾胃の働きが改善され、正しい気血が巡るようになると、免疫も整い、病気に対する抗病力がついてきます。

食欲が落ちて、体重が減ってきている方は、まず、脾胃の立て直しをはかり、お

腹をよく温めてください。

 

(薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵/絵:吉田たつちか)2006.1

 


試し読みできます

キレル子、ムカツク子をなくす食生活

私の保健室には、「うちの子、すぐにキレルし、ムカツクなどの言葉を連発するのですが、どうしたものでしょうか?」という相談が度々あります。

このような相談は、以前は中学生~高校生に多かったのですが、最近は低年齢化して、小学生のお子様の相談であることも多くなりました。

キレやすい・・・というのは、個人の性格や、人格ではなく、生体ホルモンのバランス失調による影響が大きいと考えられています。

攻撃性、闘争性を促進するホルモンとしては、男性ホルモンであるアンドロジェンがあげられますが、これは、中高生男子でピークを迎えます。

また、卵、牛乳、乳製品、肉などをたくさん食べますと、性ホルモンが刺激され、小

学生のうちから初潮を迎えたり、男性ホルモンが活性化され、攻撃性を増すことになります。

これらの問題を抱えたお子様の食事について尋ねますと、パン、牛乳、乳製品、卵、ハム、肉を中心とした洋食であることが多く、さらに、加工食品、インスタント食品、ファーストフード、スナック菓子など、ミネラルを全く含まない食事メニューが共通してみられました。

これらを、ご飯と味噌汁を中心とした、日本古来の和食に戻していくことが大切です。

また、攻撃性の男性ホルモンに対し、それを抑制するような、神経伝達物質がセロトニンです。セロトニンを増やすには、次の様な工夫が必要です。

1、精白食品(白砂糖、白米など)よりも、精製されていないもの(黒砂糖、玄米)をとろう

2、加熱処理によりビタミンが破壊されるため、生の物もメニューにとりいれよう

3、塩素処理された水を飲まないよう、浄水器などで工夫しましょう

4、なるべく無添加、無農薬の食品を選びましょう

5、カフェイン、チョコレート、ココアなどのとりすぎに注意しましょう

現代の食事は、知らず知らずのうちに添加物などをたくさん口にしてしまい、それらが、内分泌を攪乱させたり、自律神経を乱したりすると言われています。

これらを摂らない事は不可能なので、いかに、摂ったものを素早く解毒排泄してゆくかが重要なポイントになります。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)2009.01

 


試し読みできます

風邪には「しょうがの練りチューブ」

寒さが増し、本格的な風邪のシーズン到来となりました。

日本も欧米同様、風邪をひくとまず医者にかかりますよね。医者にかからないまでも、市販の風邪薬に頼る人は多いのではないでしょか。

台湾では、風邪をひくとまず漢方医を訪れます。かなりの重症でない限り漢方医で症状を言い、漢方薬を処方してもらい、それを煎じて飲むという東洋医学を好む人が多いからです。温泉も多い台湾なので、自然の力で治癒させたいという考えを持つのでしょうね。

西洋医学が嫌煙される理由の一つには、西洋医学を取り入れている医師が処方する薬の多さにもあります。台湾では、薬の副作用を抑えるための薬も出されるので、ただの風邪に7種類以上もの薬が出されることも珍しくないのです。逆にアメリカでは、風邪程度では薬に頼らない方が良いと考える医師が増えているので、何だか皮肉な話ですよね。

冬の時期に多い喉風邪ですが、とても効果的な治療法があります。それは、市販の「しょうがの練りチューブ」を使用したとても手軽なもの。

ホット・レモンティーに少々しょうがの練りチューブを混ぜて飲むと、とても喉が楽になり、身体もポカポカと温かくなりま

す。熱がある時も発汗作用があるので、汗をかき熱を下げる助けをしてくれるのだそうです。

「何だか調子がわるいな」と思った日には、バックに「しょうがの練りチューブ」を入れてみては如何でしょうか?

(コラムニストJULIE/絵:吉田たつちか)2006.1

 


試し読みできます

へそ温灸のすすめ

ここのところ、ぐっと冷え込み、風邪をひいたり体調をくずす方が増えてきました。

今年の夏は、猛暑でしたので、皆様クーラーでガンガンに身体を冷やされたり、冷蔵庫から冷たい飲み物をたくさん飲まれていたようです。

ペットボトルを片手に、お茶、清涼飲料水などをガブ飲みする姿は、もう日常の光景となりました。

そのときは、何も感じないでしょうが、このような生活を長く続けると、確実に身体は冷えて、病気になりやすい体質を作ってゆきます。

身体が冷えきっているため、これからの季節、気温が低くなると、身体はもちこたえられず、風邪をひいたり、あちこちに不調がでてきます。

特に、低体温、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症、がんの方は、身体の内部がとても冷えています。

このような人のは、へそ温灸がお勧めです。

毎晩寝る前に、30分ほどへそ温灸を行ってください。

おへそは、私達の身体のエネルギーの中心で、最も冷やしてはならないところです。

この部分が冷えると、気のエネルギーが低下し血流障害、免疫の低下などを起こし易くなります。

逆に、おへその芯が温まると、気持ちも前向きになり、とてもリラックスしますし、よく眠れます。

温灸は、カイロなどとちがい、表面でなく、身体の深部を温めるので、とても効果が上がるのです。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵/絵:吉田たつちか)2005.1


試し読みできます

朝の便り

 皆さんは、朝一番の排便を眺めてみられる習慣がありますか?
便とは、その名前の通り体からのお便りなんですね。昨日までの食べ物が、間違っていなかったか、体の中で正しく栄養になったり、解毒されているか・・・等全て、朝の便りから把握することができます。
 体調が万全な時の排便は
1,便がコロコロしたり、細かったりせず、しっかりとつながっていること
2,色が濃い黄土色で、単一(よくこなれていて、まだらな感じがない)
3,悪臭がない
4,トイレの滞在時間が短く、排便後に残便感がない等です。
1,便が気持ちよくつながらず、切れたり軟便気味である方は、食事につなぎとなる繊維質が足りないためです。パンや麺類などの小麦粉食は、腸のヒダに詰まりやすいので、玄米や雑穀を主食に切り替えてください。慣れない方は白米に混ぜるところから始めましょう。
2,便が黒っぽかったり、よくこなれていない方は、とにかくよく噛むことを心がけてください。そして毎回腹一杯食べないように!腹6分食を心がけると、腸の負担が減少します。
3,便に悪臭がある方は、動物性食品(肉、牛乳、卵、魚)を消化酵素の割合以上に摂りすぎている可能性があります。真夏にお肉を放置すれば、すぐに腐るように、日本人の腸は長く、腸内でのお肉の滞在時間が長いために、摂りすぎればどうしても腸内で腐敗しやすくなります。このような状態では、腸内の免疫が正しく働きません。
4,トイレの滞在時間が長く残便感がある方・・・冷たい物を摂りすぎて腸が冷えていたり、ストレスや時間に追われた食事により、腸がリラックスできていない状態にあります。ながら食いや、イライラしながらの食事は絶対に避けてください。
 いかがでしたか?これからは、朝の便りから体からの信号を受け取り、体をいたわってあげてくださいね!
 
(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ) 2013-01


読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について