閉じる


鳥形八式 3

7の鳥
休みの動きから、膝を少し曲げて、両手を右腰の横へ持ってきます。
その姿勢から、ゆっくり息を吸いながら膝を伸ばし、両手を臍の前の方に軽く放り出すようにします。
続いて、ゆっくり息を吐きながら膝を曲げ、両手を左の腰に巻きつけるようにします。
ちょうど、捻りのスワイショウをゆっくりしているよ
うな動きです。
これを3から5往復ほどしてから休みの動きに戻ります。
8の鳥
休みの動きから、両手の掌を上に向け、息を吸いながら両手を腰の横に引き寄せ、指先を内側
に向けるように手首を捻ります。
次に、息を吐きながら腰を後ろに引き、手の甲を前に向け、胸の前に押し出します。
息を吸いながら腰を前に出し、同時に両手を頭の上まで引き挙げ、掌を上に向けます。
息を吐きながら腰を後に引き、両手で空を撫でるように、外回しに半円を描き前に動かします。
息を吸いながら腰を前に出し、両手で空を撫でるように、外回しに半円を描いて戻してきます。
息を吐きながら腰を後に引き、掌を前に向けて空気を撫でるように胸の前に降ろしてきます。
息を吸いながら腰を前に出し、両手を左右に分けて、掌を上にして腰の後に回します。
息を吐きながら腰を後に引き、掌は上に向けたまま手首を捻って前に出します。
そこからそのまま最初の動きに移っていって、それを9回ほど繰り返してから休みの動きに戻ります。
収功
準備の動きと同じように両手を上げて顔の前で合掌し、丹田に降ろした後、しばらく静功しましょう。
静功が終わったら、再び合掌し、両手をこすり、顔・頭・首・腕・胸・腹・腰、足などを揉む、叩く、撫でさするなどをして終わりましょう。

峨眉内功 1

ここにご紹介する「峨眉内功」は、中健次郎先生が雑誌「気マガジン」に連載されたもので、この中のいくつかは、中先生から直接指導を受けました。

ここでは、言葉や動きなど、功法として学び易いように、和気風に文章化しています。
練功の時は、1から8までの全てをする必要はなく、自分の体調に合わせて1の起式と8の収功の間に、好きなものをいくつか入れて練功して下さい。
1、起式(チィースィー、初めの動作)
足を肩幅に開き、膝を軽く曲げて立ち、両手は掌を向かい合わせ体側に降ろし、指先は大地に伸びるように構える。
※ 呼吸については、これから全て(吸)は息を吸いながら、(呼)は息を吐きながらのことなので、ゆっくりした呼吸に合わせて動作をして下さい。
①(吸)両手の小指と薬指を折り曲げる。
②(呼)他の3指を軽く揃えて大地に伸ばす。
③(吸)両手を前からゆっくり肩の高さに挙げる。
④(呼)折り曲げていた指を伸ばす。掌は向かい合わせる。
⑤(吸)肘を曲げ両手を胸の前に引き寄せる。指先は上に向ける。
⑥(呼吸に合わせて)見えない気の糸を引っ張るような感じで、12回、開合の動作をし、13回目に気を包むよう
に合掌し、心の中で「6」数える。
⑦(吸)肘を張り、両手を胸の前で水平にあげる。
⑧(呼)膝をゆるめながら、両手をゆっくり丹田まで降ろし、掌を下腹部に当てる。
収式(スォースィー、収めの動作)
息を吸い、膝を伸ばしながら、両手をへその高さに挙げ、帯脈(へそを通る胴まわりの経酪)に沿って、左右に開き、続いて、息を吐きながら、指先の力は緩め地に伸びる感じで、両手を体側に沿って降ろす。

 

8、収功  (スォーコン)

①(呼)両手をゆっくり丹田に重ねる。男は左手、女は右手を先につける。

②(自然呼吸)身体をリラックスさせ、ゆっくりとその場で足踏みを60歩ほどする。歩いても良いし、静かに60まで数えても良い。

③(呼)両手を体側に降ろし、静かに目をあけて終わる。


峨眉内功 2

2、採気法―天と地―
地の気を採る
①(吸)掌は下向きのまま、労宮と10本の指先から大地
の気を採る感じで、両手を横から肩の高さまで挙げる。
②(呼)両手を遠くへ伸ばす。
③(吸)踵を挙げ、足の裏の湧泉からも大地の気を採りながら、両手を額の前までもってくる。掌は下向き、指
先は向かい合わせ。
④(声を出す)踵を降ろし、膝を緩めながら、邪気を出すつもりで「シュイーー」と声を出し、両手を任脉に沿って丹田まで降ろし、気を丹田に収めるように掌を下腹部に当てる。
収式
※33回繰り返す。体の弱っている人や体調の悪い時は12回でも良い。
 

天の気を採る

①(吸)掌を上向きにし、労宮と10本の指先から天の気を採る感じで、両手を横から肩の高さに挙げる。

②(呼)両手を遠くへ伸ばす。

③(吸)踵を挙げながら、天の気を採る感じで、両手を頭の上まで挙げ、掌を百会に向ける。

④(呼)踵を降ろし、膝を緩めながら、両手をゆっくり任脉に沿って丹田まで降ろし、丹田に気を収めるように掌を下腹部に当てる。声は出さない。

収式

   3回繰り返す。体の弱っている人や体調の悪い時は12回でも良い。

 

3、腎・命門を強くする法
①(吸)両手を横からゆっくり肩の高さまで挙げる。
②(呼)掌を前に向ける。
③(吸)上半身は少し前かがみにし、両手を臍の前で合わせる。
④(自然呼吸)奥歯を軽く噛み、目は親指を見、両足指は大地をつかむようにして、全身の陽の気を集める気持ちで、掌を36回こすり合わせる。肩に力が入らないように気をつける。
⑤(吸)両手をうしろに回し、掌を腰に当てる。
⑥(自然呼吸)足も目も歯もリラックスして腎臓を36回こする。
⑦(特殊呼吸)鼻から強く息を「スー、スー」と2回吸い、口を一旦すぼめ、  唇を横に開く瞬間に、腎の邪気を出すイメージで、息を「フィーッ」と吐く。これを3回繰り返す。
⑧(吸)掌をひっくり返し、手の甲を腰につけ、体をまっすぐに戻し、軽く息を吐く。
⑨(吸)手の甲を体から離さないように、腰から前に回し、臍の前で手の甲を合わせ、手の甲をくっつけたまま、両手を胸まで引き上げ、掌を胸にペタッとつける。
⑩(呼)両手を臍の高さまで降ろす。膝は曲げない。
収式

※ 3回繰り返す。


峨眉内功 3

4、鳴天鼓 (めいてんこ)
①(吸)両手を横に20°ほど開く。
②(呼)体の前に両手を回し、下丹田に気を感じながら、下腹から離して重ねる。
③(吸)両手を重ねたまま額の前まで挙げる。
④(呼)気を入れるように両手を印堂にあて、左右に開き、掌を耳に当て、耳をふさぐ。
⑤(自然呼吸)両手で耳をふさいだまま、人差し指を中指の上に乗せて、指を弾くように、頭の後ろの風府穴(外後頭隆起の下1寸)をトントンと36回たたく。
⑥(自然呼吸)両手を耳にあてたまま、36回、歯を噛み合わせる。
歯を噛み合わせたまま、36回、頬をふくらませて口をゆすぐ動作をし、同時に舌を前後に動かす。頬がふくらん
だ時に舌を前に出すようにし、唾液を口一杯ためる。
   口にたまった唾液を丹田まで飲み込む感じで、3回に分けて飲み込む。
⑦(呼)両手を、喉の前で向かい合わせ、任脉に沿ってゆっくり降ろし、掌を下腹部に当てる。
収式
※ 3回繰り返す。
 5、採気法―太陽の気―
①(吸)気感を絶やさないように両手を横に20°ほど開く。
②(呼)腰を少しかがめるようにし、両手を大腿部の前に回す。掌は大腿部に向ける。
③(吸)手首、肘をゆるめたまま、両手をゆっくり前から肩の高さまで挙げる。
④(呼)手首、肘を前に伸ばす。掌は下向きのまま。
⑤(吸)指や掌から気を採り入れつつ、両手を胸まで引き寄せる。掌は前に向ける。
⑥(呼)掌で太陽または月の気を採気するように、両手を斜め上方に伸ばす。
⑦(吸)両手で円を描くように太陽または月の気をかき集め、印堂に入れる。
⑧(呼)掌を下に向け、採り入れた気を、身体の中を通すように両手で導きながら降ろし、掌を下腹部に当てる。膝も緩めながら。
収式。
※ 3回繰り返す。

峨眉内功 4

6、武火
①(呼)親指、人差し指、中指の3本の指をつまみ、他の指は掌につける。鷹の爪の形という。
②(強い吸)踵を挙げ、鼻から強く息を吸い、両手を横から素早く頭の高さまで挙げる。
③(呼)指をほどき、踵も降ろしながら、ゆっくり両腕を横から降ろし、下腹部の前で掌を上向きにして円を作る。
④(吸)弧を描くように両手を前から頭上までゆっくり挙げる。気は、督脉に沿って上へ挙げる。
⑤(呼)両手を前からゆっくり丹田まで降ろし、下腹部に当てる。気は任脉を降ろす。
⑥(自然呼吸)丹田に集めた気に素早く点火し、気を丹に変える。ガスにマッチで火を点けるようにボッと燃やし、あとは弱火か中火で丹田をトロトロと燃やすようにする。決して強火で燃やさない。
収式
※ 3回繰り返す。

 

7、練丹
①(吸)両手を横に20°ほど開き、軽く息を吐く。
②(吸)上体(背骨)を左へ45°捻る。
③(呼)正面に戻る。
④(吸)上体を右へ45°捻る。
⑤(呼)正面に戻る。
②から⑤を3往復繰り返す。
⑥(吸)3往復が終わったら、両手をゆっくり胸の前まで挙げ、親指と人差し指で楕円形を作り、目をつぶってタントウする。意念を円の中心におく。時間は長いほど良い。

この本の内容は以上です。


読者登録

和気信一郎さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について