◆【メンテナンス情報】 10月24日(火) 14:00-17:00 の間、パブーはメンテナンスの為、利用できません。

twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格380円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ミステリー 作者 浅茅原 竹毘古
価格 380円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 29ページ (Web閲覧)
175ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
京都清滝、獣面(けものおもて)をつけて水漬(みづ)く男の過去。
探偵司書小泉佐保の感応力が解き明かす。

☆ 琵琶湖の西岸坂本に日吉大社がある。この地で中世能舞台遺構を調査していた京都百万遍(ひゃくまんべん)大学岡田教授は奇妙な獣面を発掘した。この獣面と、十年前に発見され直後に亡失した古文書『犬王聞書(いぬおうききがき)』とを結ぶ中で、四つの殺人事件がおこることを岡田は知るよしもなかった。
☆ 第一の事件は小泉佐保が目撃した。正月三日の夕方、四十メートルの高さの京都駅空中回廊から墜落死したのは、~

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧