twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー , ノンフィクション 作者 きよみずミチル
価格 無料
タグ 医療ケアインフォームドコンセント肺がん 肺癌心のケア医師 患者
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

243 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 10ページ (Web閲覧)
11ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
「会議室を思わせる、スチールの机とイス。病室の向かいにあるその部屋には、父の手術を担当した消化器外科のY医師がいた。Y医師は厳しい表情で、私と父を交互に見た。・・・」(本文より)

このエッセイは、私が「医療現場における心のケア」について目を向け、考えるきっかけとなった体験を綴ったものです。

私のブログ「猫の目」で公開(2008年8月掲載)していましたが、今回、文章の一部を改訂のうえ、電子書籍化いたしました。


この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる