目次
賢者様の仲人事情【第一部】
賢者様の仲人事情【第一部】
序章
序章~不幸は突然訪れる~
第一章 姫君の危機
第一章 姫君の危機【1】
第一章 姫君の危機【2】
第一章 姫君の危機【3】
第一章 姫君の危機【4】
第一章 姫君の危機【5】
第一章 姫君の危機【6】
第一章 姫君の危機【7】
第一章 姫君の危機~霊界通信~
第二章 傍らにいつも
第二章 傍らにいつも【1】
第二章 傍らにいつも【2】
第二章 傍らにいつも【3】
第二章 傍らにいつも【4】
第二章 傍らにいつも【5】
第二章 傍らにいつも【6】
第二章 傍らにいつも【7】
第二章 傍らにいつも【8】
第二章 傍らにいつも【9】
第三章 月の雫
第三章 月の雫【1】
第三章 月の雫【2】
第三章 月の雫【3】
第三章 月の雫【4】
第三章 月の雫【5】
第三章 月の雫【6】
第三章 月の雫【7】
第三章 月の雫【8】
第四章 姫君と近衛隊
第四章 姫君と近衛隊【1】
第四章 姫君と近衛隊【2】
第四章 姫君と近衛隊【3】~丘陵のエヴァンス~
第四章 姫君と近衛隊【4】
第四章 姫君と近衛隊【5】
第四章 姫君と近衛隊【6】
第四章 姫君と近衛隊【7】
第四章 姫君と近衛隊【8】
第五章 届かない声
第五章 死者達の晩餐
第五章 心を喪失した姫君
第六章 皇太子失踪
第六章 皇太子失踪【1】
第六章 皇太子失踪【2】
第六章 皇太子失踪【3】
第六章 皇太子失踪【4】
第六章 皇太子失踪【5】
第六章 皇太子失踪【6】
第六章 皇太子失踪【7】
第六章 皇太子失踪【8】
第六章 久遠に貴方を想う
終章
終章~最後のサクリファイス~

閉じる


序章

試し読みできます

序章~不幸は突然訪れる~



 盛大な抗議の声が、皇宮に響いた。
 季節は初夏。山に行ったり海に行ったり川で水遊びしたり、ティリスの大好きな季節の始まりだ。
 そもそも、早速海に遠征しよう計画を立てていたところ、どうも、体調が思わしくない気がして、ティリスはカタリーナに連れられて、具合を診てもらいに来たのだった。来たのに。
「おやおや、何を驚かれるやら。おめでとうございます、姫君。二ヶ月というところですな」
 医師はあっさり言った。
「――何が、だ――」
 何が、めでたいんだ。
 何で、世間一般「おめでとう」なんだ。
「待ってよ先生、じゃあ、海は!? 山は!? 川は!?」
「もちろん、駆けて行ってはなりませんぞ。輿に乗せてもらってお行きなさい。あまり、体に負担をかけないように――」
「剣術の稽古はっ!!?」
「姫様、少し落ち着かれて下さい。こういったこと、覚悟なさっていなかったんですか!?」
 医師は無慈悲だった。
 少し驚いた様子のカタリーナも、無慈悲だった。

 

 姫君の災難は、とてもあっさり始まった。

※ 災難ではありません。妊娠したくなかったら、きっちり避妊しましょーね。