目次
はじめに
page 1
page 2
page 3
はじめに
ヒゲを生やすという事。
page 1
ヒゲを生やすということ。
ヒゲを剃るという事。
page 1
ヒゲを剃るという事。
ヒゲを蒸すという事。
カミソリで剃るという事。
スキンケアをするという事。
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
ヒゲを生やしてみよう〜伸ばし方〜
page 1
ヒゲの生やし方 1
page 3
ヒゲデザインの基本テクニック
page 1
page 2
ヒゲデザインの基本テクニック 1
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
ヒゲデザインの基本テクニック 2
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
ヒゲデザインの基本テクニック 3
page 22
page 23
page 24
page 25
ヒゲデザインの基本テクニック 4
page 27
page 28
あごひげ(鬚:beard:ビアード)デザイン論
あごひげ(鬚:beard:ビアード)9
あごひげ(鬚:beard:ビアード)10
あごひげ(鬚:beard:ビアード)11
あごひげ(鬚:beard:ビアード)12
あごひげ(鬚:beard:ビアード)13
あごひげ(鬚:beard:ビアード)14
あごひげ(鬚:beard:ビアード)15
あごひげ(鬚:beard:ビアード)16
あごひげ(鬚:beard:ビアード)17
page 10
あごひげ(鬚:beard:ビアード)1
あごひげ(鬚:beard:ビアード)2
あごひげ(鬚:beard:ビアード)3
あごひげ(鬚:beard:ビアード)4
あごひげ(鬚:beard:ビアード)5
あごひげ(鬚:beard:ビアード)6
あごひげ(鬚:beard:ビアード)7
あごひげ(鬚:beard:ビアード)8
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)デザイン論
page 1
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)1
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)2
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)3
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)4
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)5
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)6
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)7
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)8
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)9
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)10
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)11
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)12
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)13
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)14
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)15
くちひげ(mustache、ムスタッシュ)
page 1
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)1
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)2
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)3
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)4
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)5
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)6
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)7
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)8
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)9
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)10
デザインパターン
page 1
ヒゲのデザインパターン 1
ヒゲのデザインパターン 2
ヒゲのデザインパターン 3
ヒゲのデザインパターン 4
ヒゲのデザインパターン 5
ヒゲのデザインパターン 6
ヒゲのデザインパターン 7
ヒゲのデザインパターン 8
ヒゲのデザインパターン 9
ヒゲのデザインパターン 10
ヒゲのデザインパターン 11
ヒゲのデザインパターン 12
ヒゲのデザインパターン 13
ヒゲのデザインパターン 14
ヒゲのデザインパターン 15
ヒゲのデザインパターン 16
ヒゲのデザインパターン 17
ヒゲのデザインパターン 18
ヒゲのデザインパターン 19
ヒゲのデザインパターン 20
ヒゲのデザインパターン 21
ヒゲのデザインパターン 22
ヒゲのデザインパターン 23
ヒゲのデザインパターン 24
ヒゲのデザインパターン 25
ヒゲのデザインパターン 26
ヒゲのデザインパターン 27
ヒゲのデザインパターン 28
ヒゲのデザインパターン 29
ヒゲのデザインパターン 30
ヒゲのデザインパターン 31
ヒゲのデザインパターン 32
ヒゲのデザインパターン 33
ヒゲのデザインパターン 34
ヒゲのデザインパターン 35
ヒゲのデザインパターン 36
ヒゲのデザインパターン 37
ヒゲのデザインパターン 38
ヒゲのデザインパターン 39
ヒゲのデザインパターン 40
ヒゲのデザインパターン 41
ヒゲのデザインパターン 42
ヒゲのデザインパターン 43
ヒゲのデザインパターン 44
ヒゲのデザインパターン 45
ヒゲのデザインパターン 46
ヒゲのデザインパターン 47
ヒゲのデザインパターン 48
ヒゲのデザインパターン 49
ヒゲのデザインパターン 50
ヒゲのデザインパターン 51
ヒゲのデザインパターン 52
ヒゲのデザインパターン 53
ヒゲのデザインパターン 54
ヒゲのデザインパターン 55
ヒゲのデザインパターン 56
ヒゲのデザインパターン 57
ヒゲのデザインパターン 58
ヒゲのデザインパターン 59
ヒゲのデザインパターン 60
ヒゲのデザインパターン 61
ヒゲのデザインパターン 62
ヒゲのデザインパターン 63
ヒゲのデザインパターン 64
ヒゲのデザインパターン 65
ヒゲのデザインパターン 66
ヒゲのデザインパターン 67
ヒゲのデザインパターン 68
ヒゲのデザインパターン 69
ヒゲのデザインパターン 70
ヒゲのデザインパターン 71
ヒゲのデザインパターン 72
ヒゲのデザインパターン 73
ヒゲのデザインパターン 74
ヒゲのデザインパターン 75
ヒゲのデザインパターン 76
ヒゲのデザインパターン 77
ヒゲのデザインパターン 78
ヒゲのデザインパターン 79
ヒゲのデザインパターン 80
ヒゲのデザインパターン 81
ヒゲのデザインパターン 82
ヒゲのデザインパターン 83
ヒゲのデザインパターン 84
ヒゲのデザインパターン 85
ヒゲのデザインパターン 86
ヒゲのデザインパターン 87
ヒゲのデザインパターン 88
ヒゲのデザインパターン 89
ヒゲのデザインパターン 90
ヒゲのデザインパターン 91
ヒゲのデザインパターン 92
ヒゲのデザインパターン 93
ヒゲのデザインパターン 94
ヒゲのデザインパターン 95
ヒゲのデザインパターン 96
ヒゲのデザインパターン 97
ヒゲのデザインパターン 98
ヒゲのデザインパターン 99
ヒゲのデザインパターン 100
ヒゲのデザインパターン 101
ヒゲのデザインパターン 102
ヒゲのデザインパターン 103
ヒゲのデザインパターン 104
ヒゲのデザインパターン 105
ヒゲのデザインパターン 106
ヒゲのデザインパターン 107
ヒゲのデザインパターン 108
ヒゲのデザインパターン 109
ヒゲのデザインパターン 110
ヒゲのデザインパターン 111
ヒゲのデザインパターン 112
ヒゲのデザインパターン 113
ヒゲのデザインパターン 114
ヒゲのデザインパターン 115
ヒゲのデザインパターン 116
ヒゲのデザインパターン 117
ヒゲのデザインパターン 118
ヒゲのデザインパターン 119
ヒゲのデザインパターン 120
ヒゲのデザインパターン 121
ヒゲのデザインパターン 122
ヒゲのデザインパターン 123
ヒゲのデザインパターン 124
ヒゲのデザインパターン 125
ヒゲのデザインパターン 126
ヒゲのデザインパターン 127
ヒゲのデザインパターン 128
ヒゲのデザインパターン 129
ヒゲのデザインパターン 130
ヒゲのデザインパターン 131
ヒゲのデザインパターン 132
ヒゲのデザインパターン 133
ヒゲのデザインパターン 134
ヒゲのデザインパターン 135
ヒゲのデザインパターン 136
ヒゲのデザインパターン 137
ヒゲのデザインパターン 138
ヒゲのデザインパターン 139
ヒゲのデザインパターン 140
ヒゲのデザインパターン 141
classicalヒゲスタイル
page 1
classicalヒゲデザイン 1
classicalヒゲデザイン 2
classicalヒゲデザイン 3
classicalヒゲデザイン 4
classicalヒゲデザイン 5
classicalヒゲデザイン 6
classicalヒゲデザイン 7
classicalヒゲデザイン 8
classicalヒゲデザイン 9
classicalヒゲデザイン 10
classicalヒゲデザイン 11
classicalヒゲデザイン 12
classicalヒゲデザイン 13
classicalヒゲデザイン 14
classicalヒゲデザイン 15
classicalヒゲデザイン 16
classicalヒゲデザイン 17
classicalヒゲデザイン 18
classicalヒゲデザイン 19
classicalヒゲデザイン 20
classicalヒゲデザイン 21
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論
page 1
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 1
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 2
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 3
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 4
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 5
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 6
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 7
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 8
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 9
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 10
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 11
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 12
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 13
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 14
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 15
ヒゲを生やせない場合のデザイン論
page 1
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 1
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 2
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 3
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 4
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 5
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 6
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 7
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 8
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 9
page 11
やっては駄目なヒゲデザイン
page 1
やってはいけないヒゲ 1
やってはいけないヒゲ 2
やってはいけないヒゲ 3
やってはいけないヒゲ 4
やってはいけないヒゲ 5
やってはいけないヒゲ 6
やってはいけないヒゲ 7
やってはいけないヒゲ 8
やってはいけないヒゲ 9
やってはいけないヒゲ 10
やってはいけないヒゲ 11
やってはいけないヒゲ 12
やってはいけないヒゲ 13
やってはいけないヒゲ 14
やってはいけないヒゲ 15
やってはいけないヒゲ 16
やってはいけないヒゲ 17
やってはいけないヒゲ 16
さいごに
page 1
さいごに〜ヒゲは男にとって何なのか?
page 3

閉じる


<<最初から読む

306 / 309ページ

やってはいけないヒゲ 16


「やってはいけないヒゲ〜泥棒ヒゲ」


・全てのヒゲの厚みが一緒で、メリハリがない。 

>口ヒゲ、顎角、顎ヒゲがつながっていて、ほぼ同じ太さで全てがつながっています。意外と街でみかけるデザインです。このデザインを避けるには、口角(口元)にむけて顎角ヒゲを三角形にして、口ヒゲも口角45度のところで剃り落します。そうすることによりメリハリができて、泥棒ヒゲに観られることはありません。


306
最終更新日 : 2011-01-23 22:36:00

さいごに〜ヒゲは男にとって何なのか?


ヒゲは男にとって何なのか?

ヒゲは男にとって何なのか?・・人によっては「毎日面倒臭い邪魔な存在」であるでしょう。ヒゲを剃らずに人前にでれば「無精髭」といわれ「そのヒゲはなんだ?」「ヒゲくらい剃ってこい」と蔑まされる。そんなにヒゲは邪魔なのか?いらない存在なのでしょうか?

初頭でお述べましたが、ヒゲは現代においては「怖い・汚い・偉そう」という3つのイメージが根強く残ってます。さらに「無精髭」の字のごとく「精(精神)が無い」つまり「無気力」という印象をも表してしまうのです。

現代においての「ヒゲ」においては自分は「デザイン」が欠けているからこそ、そのような評価が生まれていると思うのです。今迄のヒゲデザインにおいては。ヘアスタイルに付随したようなデザインが殆どでした、もしくは「顔形」によるデザイン、俳優さんなどのヒゲを真似るデザイン、従来のヒゲスタイル(クラシカル)から選ぶデザインets..もちろん、それらも間違ってはいないのですが、決定的な事が欠けているのです。

それは、ヒゲはまさしく十人十色ということ。生えている部位から濃さにいたるまで、まさに個性の固まりの素材なのであります。だからこそ、自分のヒゲはどのように周りから観れらているのか?という事を理解しながらラインをデザイン形成する事がとても大切な事になると考えてます。

ヒゲは男にとっては個性であると考えます。そして、その個性を表現できるのは「ヒゲが生え揃った」大人だけの表現なのです。ヒゲは10代はともかく、20歳後半あたりから生え揃ってきます。さらに年齢を重ねる程に円熟を重ね、白いヒゲはまさに「大人の個」の証になることでしょう。しかし、そこにデザインがなければ駄目です。デザイン次第では紳士にも優しい人柄にも観えますが、いつも怒っているようにも観られてしまう事もあるのです。

ヒゲは個性であると共に、本来の自分をさらに飛躍させる為のアイテムでもあります。家の近所では気恥ずかしくてサングラスなどをかける事はできませんが、リゾート地などでサングラスをかけて普段の自分ではない開放感を味わうのと似ています。サングラスというアイテム一つで何かが解放されるように、ヒゲによって新しい自我が生まれてくるのです。それは自分への自信であり、弱い面を克服できるキッカケになると思うのです。ただし自分の弱い面を隠すといっても隠しすぎてしまうと、周りの人には不信感だけをあたえてしまう事になります。やはり、そこにもデザインというものが必要だという事なのです。

個性と飛躍させるアイテム〜それらが積み重なると、ヒゲはその人の人生そのものを表す「顔」となります。若いヒゲは黒さゆえに、ヒゲ自体が目立ってしまいます。ゆえにデザインが重要になってくるのですが、白いヒゲが目立つようになるとどうでしょうか?白いヒゲは顔そのものを形成するがごとく、顔に馴染んでいくのです。それぞまさしく「大人のヒゲ」として目指すヒゲであると僕は思います。男にとって、大人の男にとってのヒゲとは、奇抜さなどだけじゃなく、「社会性」のあり「自然さ」をかねそなえた、顔そのものだと思うのです。本書を読み、そのようなヒゲと長く付き合う事ができる方が一人でも多く生まれれば良いなぁ、と思う次第であります。

308
最終更新日 : 2011-01-23 04:29:36

この本の内容は以上です。


読者登録

gol13さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について