目次
はじめに
page 1
page 2
page 3
はじめに
ヒゲを生やすという事。
page 1
ヒゲを生やすということ。
ヒゲを剃るという事。
page 1
ヒゲを剃るという事。
ヒゲを蒸すという事。
カミソリで剃るという事。
スキンケアをするという事。
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
ヒゲを生やしてみよう〜伸ばし方〜
page 1
ヒゲの生やし方 1
page 3
ヒゲデザインの基本テクニック
page 1
page 2
ヒゲデザインの基本テクニック 1
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
ヒゲデザインの基本テクニック 2
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
ヒゲデザインの基本テクニック 3
page 22
page 23
page 24
page 25
ヒゲデザインの基本テクニック 4
page 27
page 28
あごひげ(鬚:beard:ビアード)デザイン論
あごひげ(鬚:beard:ビアード)9
あごひげ(鬚:beard:ビアード)10
あごひげ(鬚:beard:ビアード)11
あごひげ(鬚:beard:ビアード)12
あごひげ(鬚:beard:ビアード)13
あごひげ(鬚:beard:ビアード)14
あごひげ(鬚:beard:ビアード)15
あごひげ(鬚:beard:ビアード)16
あごひげ(鬚:beard:ビアード)17
page 10
あごひげ(鬚:beard:ビアード)1
あごひげ(鬚:beard:ビアード)2
あごひげ(鬚:beard:ビアード)3
あごひげ(鬚:beard:ビアード)4
あごひげ(鬚:beard:ビアード)5
あごひげ(鬚:beard:ビアード)6
あごひげ(鬚:beard:ビアード)7
あごひげ(鬚:beard:ビアード)8
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)デザイン論
page 1
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)1
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)2
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)3
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)4
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)5
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)6
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)7
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)8
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)9
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)10
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)11
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)12
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)13
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)14
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)15
くちひげ(mustache、ムスタッシュ)
page 1
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)1
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)2
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)3
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)4
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)5
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)6
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)7
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)8
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)9
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)10
デザインパターン
page 1
ヒゲのデザインパターン 1
ヒゲのデザインパターン 2
ヒゲのデザインパターン 3
ヒゲのデザインパターン 4
ヒゲのデザインパターン 5
ヒゲのデザインパターン 6
ヒゲのデザインパターン 7
ヒゲのデザインパターン 8
ヒゲのデザインパターン 9
ヒゲのデザインパターン 10
ヒゲのデザインパターン 11
ヒゲのデザインパターン 12
ヒゲのデザインパターン 13
ヒゲのデザインパターン 14
ヒゲのデザインパターン 15
ヒゲのデザインパターン 16
ヒゲのデザインパターン 17
ヒゲのデザインパターン 18
ヒゲのデザインパターン 19
ヒゲのデザインパターン 20
ヒゲのデザインパターン 21
ヒゲのデザインパターン 22
ヒゲのデザインパターン 23
ヒゲのデザインパターン 24
ヒゲのデザインパターン 25
ヒゲのデザインパターン 26
ヒゲのデザインパターン 27
ヒゲのデザインパターン 28
ヒゲのデザインパターン 29
ヒゲのデザインパターン 30
ヒゲのデザインパターン 31
ヒゲのデザインパターン 32
ヒゲのデザインパターン 33
ヒゲのデザインパターン 34
ヒゲのデザインパターン 35
ヒゲのデザインパターン 36
ヒゲのデザインパターン 37
ヒゲのデザインパターン 38
ヒゲのデザインパターン 39
ヒゲのデザインパターン 40
ヒゲのデザインパターン 41
ヒゲのデザインパターン 42
ヒゲのデザインパターン 43
ヒゲのデザインパターン 44
ヒゲのデザインパターン 45
ヒゲのデザインパターン 46
ヒゲのデザインパターン 47
ヒゲのデザインパターン 48
ヒゲのデザインパターン 49
ヒゲのデザインパターン 50
ヒゲのデザインパターン 51
ヒゲのデザインパターン 52
ヒゲのデザインパターン 53
ヒゲのデザインパターン 54
ヒゲのデザインパターン 55
ヒゲのデザインパターン 56
ヒゲのデザインパターン 57
ヒゲのデザインパターン 58
ヒゲのデザインパターン 59
ヒゲのデザインパターン 60
ヒゲのデザインパターン 61
ヒゲのデザインパターン 62
ヒゲのデザインパターン 63
ヒゲのデザインパターン 64
ヒゲのデザインパターン 65
ヒゲのデザインパターン 66
ヒゲのデザインパターン 67
ヒゲのデザインパターン 68
ヒゲのデザインパターン 69
ヒゲのデザインパターン 70
ヒゲのデザインパターン 71
ヒゲのデザインパターン 72
ヒゲのデザインパターン 73
ヒゲのデザインパターン 74
ヒゲのデザインパターン 75
ヒゲのデザインパターン 76
ヒゲのデザインパターン 77
ヒゲのデザインパターン 78
ヒゲのデザインパターン 79
ヒゲのデザインパターン 80
ヒゲのデザインパターン 81
ヒゲのデザインパターン 82
ヒゲのデザインパターン 83
ヒゲのデザインパターン 84
ヒゲのデザインパターン 85
ヒゲのデザインパターン 86
ヒゲのデザインパターン 87
ヒゲのデザインパターン 88
ヒゲのデザインパターン 89
ヒゲのデザインパターン 90
ヒゲのデザインパターン 91
ヒゲのデザインパターン 92
ヒゲのデザインパターン 93
ヒゲのデザインパターン 94
ヒゲのデザインパターン 95
ヒゲのデザインパターン 96
ヒゲのデザインパターン 97
ヒゲのデザインパターン 98
ヒゲのデザインパターン 99
ヒゲのデザインパターン 100
ヒゲのデザインパターン 101
ヒゲのデザインパターン 102
ヒゲのデザインパターン 103
ヒゲのデザインパターン 104
ヒゲのデザインパターン 105
ヒゲのデザインパターン 106
ヒゲのデザインパターン 107
ヒゲのデザインパターン 108
ヒゲのデザインパターン 109
ヒゲのデザインパターン 110
ヒゲのデザインパターン 111
ヒゲのデザインパターン 112
ヒゲのデザインパターン 113
ヒゲのデザインパターン 114
ヒゲのデザインパターン 115
ヒゲのデザインパターン 116
ヒゲのデザインパターン 117
ヒゲのデザインパターン 118
ヒゲのデザインパターン 119
ヒゲのデザインパターン 120
ヒゲのデザインパターン 121
ヒゲのデザインパターン 122
ヒゲのデザインパターン 123
ヒゲのデザインパターン 124
ヒゲのデザインパターン 125
ヒゲのデザインパターン 126
ヒゲのデザインパターン 127
ヒゲのデザインパターン 128
ヒゲのデザインパターン 129
ヒゲのデザインパターン 130
ヒゲのデザインパターン 131
ヒゲのデザインパターン 132
ヒゲのデザインパターン 133
ヒゲのデザインパターン 134
ヒゲのデザインパターン 135
ヒゲのデザインパターン 136
ヒゲのデザインパターン 137
ヒゲのデザインパターン 138
ヒゲのデザインパターン 139
ヒゲのデザインパターン 140
ヒゲのデザインパターン 141
classicalヒゲスタイル
page 1
classicalヒゲデザイン 1
classicalヒゲデザイン 2
classicalヒゲデザイン 3
classicalヒゲデザイン 4
classicalヒゲデザイン 5
classicalヒゲデザイン 6
classicalヒゲデザイン 7
classicalヒゲデザイン 8
classicalヒゲデザイン 9
classicalヒゲデザイン 10
classicalヒゲデザイン 11
classicalヒゲデザイン 12
classicalヒゲデザイン 13
classicalヒゲデザイン 14
classicalヒゲデザイン 15
classicalヒゲデザイン 16
classicalヒゲデザイン 17
classicalヒゲデザイン 18
classicalヒゲデザイン 19
classicalヒゲデザイン 20
classicalヒゲデザイン 21
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論
page 1
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 1
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 2
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 3
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 4
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 5
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 6
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 7
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 8
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 9
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 10
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 11
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 12
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 13
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 14
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 15
ヒゲを生やせない場合のデザイン論
page 1
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 1
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 2
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 3
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 4
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 5
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 6
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 7
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 8
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 9
page 11
やっては駄目なヒゲデザイン
page 1
やってはいけないヒゲ 1
やってはいけないヒゲ 2
やってはいけないヒゲ 3
やってはいけないヒゲ 4
やってはいけないヒゲ 5
やってはいけないヒゲ 6
やってはいけないヒゲ 7
やってはいけないヒゲ 8
やってはいけないヒゲ 9
やってはいけないヒゲ 10
やってはいけないヒゲ 11
やってはいけないヒゲ 12
やってはいけないヒゲ 13
やってはいけないヒゲ 14
やってはいけないヒゲ 15
やってはいけないヒゲ 16
やってはいけないヒゲ 17
やってはいけないヒゲ 16
さいごに
page 1
さいごに〜ヒゲは男にとって何なのか?
page 3

閉じる


<<最初から読む

54 / 309ページ

あごひげ(鬚:beard:ビアード)11


「顎ヒゲ下部デザインラインにおける印象変化(図1)」


街で見かけるヒゲの大半は顎骨よりも下、首部位にかけてヒゲを生やしている場合を多くみかけます。顎骨より下のヒゲを剃り落すだけで、顔は上方向にリフトアップされます。図1のモデルは通常よりも二重顎の状態、つまり肥満気味を想定しております。3は顎骨から喉仏まで半分の場所で剃り落しております。2はさらにその半分で剃り落し、1は基本的なラインで顎骨の部位で剃り落しております。2と3は顔を横からみた場合に、実際よりも下方向に顔を大きくさせてしまうことになります。まずは、このデザインラインの変化から、「ヒゲデザイン」の意味を理解して頂けるかと思います。この下部ラインはヒゲデザインにおいて唯一はっきりとしたラインをデザインするラインとなります。技術的にはワンシェーブ&クロスシェービングを施術し、綺麗なラインをデザインすることにより「無精髭ではないキチンと手入れをしたヒゲ」を演出します。


54
最終更新日 : 2011-01-23 04:23:33

あごひげ(鬚:beard:ビアード)12


「顎ヒゲ下部デザインラインにおける印象変化(図2)」



顎から耳方向へヒゲがある場合は、その長さにより横軸の引き上げ効果がデザインする事が可能です。1から3にかけて、長さに応じて引き上げ効果があがるのがお分かりいただけると思います。また先端は細くする事により、横顔のイメージをシャープにする事も可能です。さらに綺麗にヒゲが生えそろってない場合でも、ヒゲが綺麗にあるように印象付けることが可能になります。ライン下部は、顎骨に沿ってひかれております。そのラインは顔本来のラインでありますので、顔を引き締める高価があります。また耳方向への長さは、顔の奥行きをデザインする事になります。欧米系の人よりも、顔の奥行きが乏しいアジア系の人には有効なデザインかと思います。


55
最終更新日 : 2011-01-23 04:21:28

あごひげ(鬚:beard:ビアード)13


「顎ヒゲボリューム点位置のよる印象変化(図3)」


ショートスタイルの顎ヒゲの場合は、ヒゲの立ちあがりをデザインします。ヘアスタイルで例えますと、ベリーショートスタイルの角部位のように、立ち上がったヒゲの毛先の位置により顎の位置をデザインすることが可能になります。・1の場合は上部にボリュームを位置することにより、顎を立体的に上に引き上げるデザインを印象付けます。・2は顎の中間部にボリュームを位置させ、顎を前面に押し出すようなデザインを印象付けます。・3は下部にボリュームを位置させて、顎本来の立体感をさらに印象付けるデザインになります。基本形としましては、手入れの容易さから3となるかと思います。


56
最終更新日 : 2010-12-29 02:39:29

あごひげ(鬚:beard:ビアード)14


「顎ヒゲボリュームのよる印象変化(図4)」


先ほどの図3はヒゲボリューム点位置による印象変化でしたが、ショートスタイルからロングスタイルに移行していく過程でのデザインラインの印象変化です。・1は図3の3になりますが、顎ヒゲ上部が長くなり下方向へ寝た状態に変化していきます。・2は顎骨を延長したデザインライン上に切りそろえた感じになります。頂点は前方斜めになり、顎を引いた印象をデザインすることが可能になります。また顎骨横方向のデザインラインを前面に伸ばすことにより、横顔をより立体的にデザインする事が可能です。横顔のバランスが最も映えるデザインラインのバランスです。・3はヒゲ上部が2よりもさらに長くなったデザインになります。長さゆえに、胸のほうへ向けてデザインラインが曲線を帯びております。その曲線的なデザインラインから、温厚な印象をデザインすることが可能です。ただしキチンと手入れをしないと、その印象とは対照的な印象を与えてしまうので手入れが大事になります。また横軸、縦軸ともに下方向になりますので面長な印象をデザインすることになります。ゆえに面長な顔の場合は避けた方が良いかもしれません。3の状態で「小顔(上方向へのリフトアップ)」を優先的に要望したい場合は2のデザインラインまで刈り込んでいきます。


57
最終更新日 : 2010-12-29 02:39:47

あごひげ(鬚:beard:ビアード)15


「左右角(つの)部位の高さによる印象変化(図5)」



顎ヒゲデザインにおけるW型の左右の角部位の高さによる印象の変化です。顎ヒゲ中央部のデザインでも顎の大きさ(高さ)をデザインする事が可能ですが、この角部位の高さによってもデザインは可能になります。1から3にかけて上方向へ高さが変化していきますが、高くなるほどに顎の大きさ(高さ)が変化するのが判るかと思います。これは後ほどの「ヒゲにより顔矯正デザイン」の項において述べますが、角の高さをデザインする事により印象をかえる事になります。またこの角部位においては男性的な印象と、知的な印象をもデザインする事ができます。基本的な角部位のデザインにおいては、「上方向の三角形」「下から上にかけて厚み(色味)が変化する」があります。「上方向の三角形」とは角部位は口角にかけて細くなるという事であり、「下から上にかけて厚み(色味)が変化する」とは口角にかけてヒゲの長さが短くなることを意味します。1と2におきましては一般的に多様される長さではありますが、3におきましては顎が長く見えるデザインとなりますので注意が必要になります。


58
最終更新日 : 2011-01-23 04:23:51


読者登録

gol13さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について