目次
はじめに
page 1
page 2
page 3
はじめに
ヒゲを生やすという事。
page 1
ヒゲを生やすということ。
ヒゲを剃るという事。
page 1
ヒゲを剃るという事。
ヒゲを蒸すという事。
カミソリで剃るという事。
スキンケアをするという事。
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
ヒゲを生やしてみよう〜伸ばし方〜
page 1
ヒゲの生やし方 1
page 3
ヒゲデザインの基本テクニック
page 1
page 2
ヒゲデザインの基本テクニック 1
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
ヒゲデザインの基本テクニック 2
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
ヒゲデザインの基本テクニック 3
page 22
page 23
page 24
page 25
ヒゲデザインの基本テクニック 4
page 27
page 28
あごひげ(鬚:beard:ビアード)デザイン論
あごひげ(鬚:beard:ビアード)9
あごひげ(鬚:beard:ビアード)10
あごひげ(鬚:beard:ビアード)11
あごひげ(鬚:beard:ビアード)12
あごひげ(鬚:beard:ビアード)13
あごひげ(鬚:beard:ビアード)14
あごひげ(鬚:beard:ビアード)15
あごひげ(鬚:beard:ビアード)16
あごひげ(鬚:beard:ビアード)17
page 10
あごひげ(鬚:beard:ビアード)1
あごひげ(鬚:beard:ビアード)2
あごひげ(鬚:beard:ビアード)3
あごひげ(鬚:beard:ビアード)4
あごひげ(鬚:beard:ビアード)5
あごひげ(鬚:beard:ビアード)6
あごひげ(鬚:beard:ビアード)7
あごひげ(鬚:beard:ビアード)8
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)デザイン論
page 1
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)1
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)2
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)3
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)4
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)5
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)6
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)7
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)8
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)9
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)10
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)11
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)12
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)13
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)14
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)15
くちひげ(mustache、ムスタッシュ)
page 1
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)1
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)2
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)3
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)4
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)5
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)6
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)7
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)8
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)9
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)10
デザインパターン
page 1
ヒゲのデザインパターン 1
ヒゲのデザインパターン 2
ヒゲのデザインパターン 3
ヒゲのデザインパターン 4
ヒゲのデザインパターン 5
ヒゲのデザインパターン 6
ヒゲのデザインパターン 7
ヒゲのデザインパターン 8
ヒゲのデザインパターン 9
ヒゲのデザインパターン 10
ヒゲのデザインパターン 11
ヒゲのデザインパターン 12
ヒゲのデザインパターン 13
ヒゲのデザインパターン 14
ヒゲのデザインパターン 15
ヒゲのデザインパターン 16
ヒゲのデザインパターン 17
ヒゲのデザインパターン 18
ヒゲのデザインパターン 19
ヒゲのデザインパターン 20
ヒゲのデザインパターン 21
ヒゲのデザインパターン 22
ヒゲのデザインパターン 23
ヒゲのデザインパターン 24
ヒゲのデザインパターン 25
ヒゲのデザインパターン 26
ヒゲのデザインパターン 27
ヒゲのデザインパターン 28
ヒゲのデザインパターン 29
ヒゲのデザインパターン 30
ヒゲのデザインパターン 31
ヒゲのデザインパターン 32
ヒゲのデザインパターン 33
ヒゲのデザインパターン 34
ヒゲのデザインパターン 35
ヒゲのデザインパターン 36
ヒゲのデザインパターン 37
ヒゲのデザインパターン 38
ヒゲのデザインパターン 39
ヒゲのデザインパターン 40
ヒゲのデザインパターン 41
ヒゲのデザインパターン 42
ヒゲのデザインパターン 43
ヒゲのデザインパターン 44
ヒゲのデザインパターン 45
ヒゲのデザインパターン 46
ヒゲのデザインパターン 47
ヒゲのデザインパターン 48
ヒゲのデザインパターン 49
ヒゲのデザインパターン 50
ヒゲのデザインパターン 51
ヒゲのデザインパターン 52
ヒゲのデザインパターン 53
ヒゲのデザインパターン 54
ヒゲのデザインパターン 55
ヒゲのデザインパターン 56
ヒゲのデザインパターン 57
ヒゲのデザインパターン 58
ヒゲのデザインパターン 59
ヒゲのデザインパターン 60
ヒゲのデザインパターン 61
ヒゲのデザインパターン 62
ヒゲのデザインパターン 63
ヒゲのデザインパターン 64
ヒゲのデザインパターン 65
ヒゲのデザインパターン 66
ヒゲのデザインパターン 67
ヒゲのデザインパターン 68
ヒゲのデザインパターン 69
ヒゲのデザインパターン 70
ヒゲのデザインパターン 71
ヒゲのデザインパターン 72
ヒゲのデザインパターン 73
ヒゲのデザインパターン 74
ヒゲのデザインパターン 75
ヒゲのデザインパターン 76
ヒゲのデザインパターン 77
ヒゲのデザインパターン 78
ヒゲのデザインパターン 79
ヒゲのデザインパターン 80
ヒゲのデザインパターン 81
ヒゲのデザインパターン 82
ヒゲのデザインパターン 83
ヒゲのデザインパターン 84
ヒゲのデザインパターン 85
ヒゲのデザインパターン 86
ヒゲのデザインパターン 87
ヒゲのデザインパターン 88
ヒゲのデザインパターン 89
ヒゲのデザインパターン 90
ヒゲのデザインパターン 91
ヒゲのデザインパターン 92
ヒゲのデザインパターン 93
ヒゲのデザインパターン 94
ヒゲのデザインパターン 95
ヒゲのデザインパターン 96
ヒゲのデザインパターン 97
ヒゲのデザインパターン 98
ヒゲのデザインパターン 99
ヒゲのデザインパターン 100
ヒゲのデザインパターン 101
ヒゲのデザインパターン 102
ヒゲのデザインパターン 103
ヒゲのデザインパターン 104
ヒゲのデザインパターン 105
ヒゲのデザインパターン 106
ヒゲのデザインパターン 107
ヒゲのデザインパターン 108
ヒゲのデザインパターン 109
ヒゲのデザインパターン 110
ヒゲのデザインパターン 111
ヒゲのデザインパターン 112
ヒゲのデザインパターン 113
ヒゲのデザインパターン 114
ヒゲのデザインパターン 115
ヒゲのデザインパターン 116
ヒゲのデザインパターン 117
ヒゲのデザインパターン 118
ヒゲのデザインパターン 119
ヒゲのデザインパターン 120
ヒゲのデザインパターン 121
ヒゲのデザインパターン 122
ヒゲのデザインパターン 123
ヒゲのデザインパターン 124
ヒゲのデザインパターン 125
ヒゲのデザインパターン 126
ヒゲのデザインパターン 127
ヒゲのデザインパターン 128
ヒゲのデザインパターン 129
ヒゲのデザインパターン 130
ヒゲのデザインパターン 131
ヒゲのデザインパターン 132
ヒゲのデザインパターン 133
ヒゲのデザインパターン 134
ヒゲのデザインパターン 135
ヒゲのデザインパターン 136
ヒゲのデザインパターン 137
ヒゲのデザインパターン 138
ヒゲのデザインパターン 139
ヒゲのデザインパターン 140
ヒゲのデザインパターン 141
classicalヒゲスタイル
page 1
classicalヒゲデザイン 1
classicalヒゲデザイン 2
classicalヒゲデザイン 3
classicalヒゲデザイン 4
classicalヒゲデザイン 5
classicalヒゲデザイン 6
classicalヒゲデザイン 7
classicalヒゲデザイン 8
classicalヒゲデザイン 9
classicalヒゲデザイン 10
classicalヒゲデザイン 11
classicalヒゲデザイン 12
classicalヒゲデザイン 13
classicalヒゲデザイン 14
classicalヒゲデザイン 15
classicalヒゲデザイン 16
classicalヒゲデザイン 17
classicalヒゲデザイン 18
classicalヒゲデザイン 19
classicalヒゲデザイン 20
classicalヒゲデザイン 21
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論
page 1
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 1
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 2
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 3
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 4
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 5
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 6
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 7
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 8
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 9
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 10
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 11
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 12
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 13
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 14
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 15
ヒゲを生やせない場合のデザイン論
page 1
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 1
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 2
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 3
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 4
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 5
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 6
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 7
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 8
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 9
page 11
やっては駄目なヒゲデザイン
page 1
やってはいけないヒゲ 1
やってはいけないヒゲ 2
やってはいけないヒゲ 3
やってはいけないヒゲ 4
やってはいけないヒゲ 5
やってはいけないヒゲ 6
やってはいけないヒゲ 7
やってはいけないヒゲ 8
やってはいけないヒゲ 9
やってはいけないヒゲ 10
やってはいけないヒゲ 11
やってはいけないヒゲ 12
やってはいけないヒゲ 13
やってはいけないヒゲ 14
やってはいけないヒゲ 15
やってはいけないヒゲ 16
やってはいけないヒゲ 17
やってはいけないヒゲ 16
さいごに
page 1
さいごに〜ヒゲは男にとって何なのか?
page 3

閉じる


<<最初から読む

64 / 309ページ

あごひげ(鬚:beard:ビアード)3


「基本的な形状デザイン〜三角形型(図2)」


このスタイルは、精悍な印象がデザインされます。横幅は顎の大きさを助長するので力強さをかねたデザインが可能です。三角形頂点の位置により顔の中心線を導く事ができますので、輪郭矯正のデザインが可能です。頂点の延長上には眉間を基本にすると導きやすいでしょう。鼻の状態によっては矯正が可能です。三角形の角度の延長線上ラインのa角は顔上部の大きさを、b角は身体の大きさを印象づけますので、相互のバランスが必要です。あまり角度を急なものにしてしまうと、顔がひじょうに細い印象を助長するために注意が必要です。その際は頂点部分を横にとってしまって台形にする事により、効果を和らげる事が可能です。


64
最終更新日 : 2011-10-22 16:26:52

あごひげ(鬚:beard:ビアード)4


「基本的な形状デザイン〜台形型(図3)」


整然としたスタイルで、厳粛な印象がデザインされます。横幅は顎の大きさを助長するので、その幅により顎幅の大小をデザインする事が可能です。さらに四角という形から、男性的な印象をデザインするとこができます。逆三角形の顔形においては、頂点部位の印象を和らげる働きがあります。縦の長さは顎から唇までの3分2ほどまでが理想です。この型値からは口の表情を助長しないために、寡黙な雰囲気を印象づける事ができます。a角が大きいと身体を大きく、顔の重心は下になりがっしりとしたデザインになります。


65
最終更新日 : 2011-10-22 16:26:52

あごひげ(鬚:beard:ビアード)5


「複合的な形状デザイン〜W型(図4)」


w型とは上記型の横に口角部位へ伸びる角状のヒゲがある状態で、基本的形状は口角方向への三角形になります。このスタイルは顎の大きさをさらに助長しワイルドな印象がデザインされます。また三角形という形状から上方向(a方向)へのさらなる顎の引き上げ効果があり、それは頂点の高さに比例しております。基本的形状が三角形と述べましたが、同じ太さで口ヒゲなどとつなげた場合は”泥棒ヒゲ”のような印象になってしまうので注意が必要です。口角までのヒゲが生えていない場合は、顎ヒゲを少し剃り込む事によっても形成が可能となります。両脇三角形の頂点延長ライン上には口角があるが基本ですが、その印象を利用して口の大きさをデザインする事が可能となります。唇から顎までが短い方にはお勧めですが、長い場合は三角形の頂点はなるべく低くしたほうが無難となります。口ヒゲの両脇をこの三角形の頂点に合わせて切り落としますと、その間にヒゲがなくても存在するような印象をデザインする事ができます。b角が大きいと、身体を大きくデザインする事も可能です。


66
最終更新日 : 2011-10-22 16:26:52

あごひげ(鬚:beard:ビアード)6


「複合的な形状デザイン〜O型(図5)」


「複合的な形状デザイン〜O型(図5)」O型とは顎鬚中央部が凹み、両脇角がでている状態になります。このスタイルは、その形状から中央部に丸いO型をイメージさせることができます。このイメージにより、丸い顔の形状をデザインをします。顔に柔らかい印象を与えますので、痩せている方にはお勧めです。ただし場合によっては丸顔を助長したり、縦方向に顎を長く印象づけてしまうなどの事があるので注意が必要です。両脇の角の長さ(a)によりO型をさらに印象づけ、角度(b)によりO型の大きさをデザインできます。 ヒゲを構成する部位が少ないために、顎の鬚が薄い方などにもデザイン可能なのも特徴です。 ヒゲの薄い方や、あまりヒゲを大袈裟にデザインできない方にも良いかと思われます。


67
最終更新日 : 2011-10-22 16:26:52

あごひげ(鬚:beard:ビアード)7


「複合的な形状デザイン〜凸型(図6)」


中央部が台形型で、両脇は顎後部に向けて伸びているデザインです。中央部の台形部分は口よりも小さくデザインする事により、口を大きく印象づける事ができます。また、上部を鼻幅と同幅にする事により鼻筋が通った印象を与えることができます。また a角の変化により、顔上下部の大きさに変化を与えるデザインが可能になります。 横方向に伸びたデザインラインbにより顎下部に安定感をデザインします。 横方向のデザインラインの位置によっても、その安定感の度合いをデザインする事が可能です。 低いほど安定感は増しますが、面長顔および顎部位が長い方の場合は注意が必要になります。重心が下になるぶんだけ、下方向に顔および顎を伸ばすデザインになる為です。そのような場合は、基本的形状デザインである台形型が良いと思われます。


68
最終更新日 : 2011-10-22 16:26:52


読者登録

gol13さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について