目次
はじめに
page 1
page 2
page 3
はじめに
ヒゲを生やすという事。
page 1
ヒゲを生やすということ。
ヒゲを剃るという事。
page 1
ヒゲを剃るという事。
ヒゲを蒸すという事。
カミソリで剃るという事。
スキンケアをするという事。
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
スキンケア〜Baxter
ヒゲを生やしてみよう〜伸ばし方〜
page 1
ヒゲの生やし方 1
page 3
ヒゲデザインの基本テクニック
page 1
page 2
ヒゲデザインの基本テクニック 1
page 4
page 5
page 6
page 7
page 8
page 9
page 10
page 11
page 12
page 13
page 14
ヒゲデザインの基本テクニック 2
page 16
page 17
page 18
page 19
page 20
ヒゲデザインの基本テクニック 3
page 22
page 23
page 24
page 25
ヒゲデザインの基本テクニック 4
page 27
page 28
あごひげ(鬚:beard:ビアード)デザイン論
あごひげ(鬚:beard:ビアード)9
あごひげ(鬚:beard:ビアード)10
あごひげ(鬚:beard:ビアード)11
あごひげ(鬚:beard:ビアード)12
あごひげ(鬚:beard:ビアード)13
あごひげ(鬚:beard:ビアード)14
あごひげ(鬚:beard:ビアード)15
あごひげ(鬚:beard:ビアード)16
あごひげ(鬚:beard:ビアード)17
page 10
あごひげ(鬚:beard:ビアード)1
あごひげ(鬚:beard:ビアード)2
あごひげ(鬚:beard:ビアード)3
あごひげ(鬚:beard:ビアード)4
あごひげ(鬚:beard:ビアード)5
あごひげ(鬚:beard:ビアード)6
あごひげ(鬚:beard:ビアード)7
あごひげ(鬚:beard:ビアード)8
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)デザイン論
page 1
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)1
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)2
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)3
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)4
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)5
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)6
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)7
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)8
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)9
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)10
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)11
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)12
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)13
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)14
ほおひげ(髯:sideburn:サイドバーン)15
くちひげ(mustache、ムスタッシュ)
page 1
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)1
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)2
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)3
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)4
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)5
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)6
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)7
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)8
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)9
くちひげ(髭:mustache:ムスタッシュ)10
デザインパターン
page 1
ヒゲのデザインパターン 1
ヒゲのデザインパターン 2
ヒゲのデザインパターン 3
ヒゲのデザインパターン 4
ヒゲのデザインパターン 5
ヒゲのデザインパターン 6
ヒゲのデザインパターン 7
ヒゲのデザインパターン 8
ヒゲのデザインパターン 9
ヒゲのデザインパターン 10
ヒゲのデザインパターン 11
ヒゲのデザインパターン 12
ヒゲのデザインパターン 13
ヒゲのデザインパターン 14
ヒゲのデザインパターン 15
ヒゲのデザインパターン 16
ヒゲのデザインパターン 17
ヒゲのデザインパターン 18
ヒゲのデザインパターン 19
ヒゲのデザインパターン 20
ヒゲのデザインパターン 21
ヒゲのデザインパターン 22
ヒゲのデザインパターン 23
ヒゲのデザインパターン 24
ヒゲのデザインパターン 25
ヒゲのデザインパターン 26
ヒゲのデザインパターン 27
ヒゲのデザインパターン 28
ヒゲのデザインパターン 29
ヒゲのデザインパターン 30
ヒゲのデザインパターン 31
ヒゲのデザインパターン 32
ヒゲのデザインパターン 33
ヒゲのデザインパターン 34
ヒゲのデザインパターン 35
ヒゲのデザインパターン 36
ヒゲのデザインパターン 37
ヒゲのデザインパターン 38
ヒゲのデザインパターン 39
ヒゲのデザインパターン 40
ヒゲのデザインパターン 41
ヒゲのデザインパターン 42
ヒゲのデザインパターン 43
ヒゲのデザインパターン 44
ヒゲのデザインパターン 45
ヒゲのデザインパターン 46
ヒゲのデザインパターン 47
ヒゲのデザインパターン 48
ヒゲのデザインパターン 49
ヒゲのデザインパターン 50
ヒゲのデザインパターン 51
ヒゲのデザインパターン 52
ヒゲのデザインパターン 53
ヒゲのデザインパターン 54
ヒゲのデザインパターン 55
ヒゲのデザインパターン 56
ヒゲのデザインパターン 57
ヒゲのデザインパターン 58
ヒゲのデザインパターン 59
ヒゲのデザインパターン 60
ヒゲのデザインパターン 61
ヒゲのデザインパターン 62
ヒゲのデザインパターン 63
ヒゲのデザインパターン 64
ヒゲのデザインパターン 65
ヒゲのデザインパターン 66
ヒゲのデザインパターン 67
ヒゲのデザインパターン 68
ヒゲのデザインパターン 69
ヒゲのデザインパターン 70
ヒゲのデザインパターン 71
ヒゲのデザインパターン 72
ヒゲのデザインパターン 73
ヒゲのデザインパターン 74
ヒゲのデザインパターン 75
ヒゲのデザインパターン 76
ヒゲのデザインパターン 77
ヒゲのデザインパターン 78
ヒゲのデザインパターン 79
ヒゲのデザインパターン 80
ヒゲのデザインパターン 81
ヒゲのデザインパターン 82
ヒゲのデザインパターン 83
ヒゲのデザインパターン 84
ヒゲのデザインパターン 85
ヒゲのデザインパターン 86
ヒゲのデザインパターン 87
ヒゲのデザインパターン 88
ヒゲのデザインパターン 89
ヒゲのデザインパターン 90
ヒゲのデザインパターン 91
ヒゲのデザインパターン 92
ヒゲのデザインパターン 93
ヒゲのデザインパターン 94
ヒゲのデザインパターン 95
ヒゲのデザインパターン 96
ヒゲのデザインパターン 97
ヒゲのデザインパターン 98
ヒゲのデザインパターン 99
ヒゲのデザインパターン 100
ヒゲのデザインパターン 101
ヒゲのデザインパターン 102
ヒゲのデザインパターン 103
ヒゲのデザインパターン 104
ヒゲのデザインパターン 105
ヒゲのデザインパターン 106
ヒゲのデザインパターン 107
ヒゲのデザインパターン 108
ヒゲのデザインパターン 109
ヒゲのデザインパターン 110
ヒゲのデザインパターン 111
ヒゲのデザインパターン 112
ヒゲのデザインパターン 113
ヒゲのデザインパターン 114
ヒゲのデザインパターン 115
ヒゲのデザインパターン 116
ヒゲのデザインパターン 117
ヒゲのデザインパターン 118
ヒゲのデザインパターン 119
ヒゲのデザインパターン 120
ヒゲのデザインパターン 121
ヒゲのデザインパターン 122
ヒゲのデザインパターン 123
ヒゲのデザインパターン 124
ヒゲのデザインパターン 125
ヒゲのデザインパターン 126
ヒゲのデザインパターン 127
ヒゲのデザインパターン 128
ヒゲのデザインパターン 129
ヒゲのデザインパターン 130
ヒゲのデザインパターン 131
ヒゲのデザインパターン 132
ヒゲのデザインパターン 133
ヒゲのデザインパターン 134
ヒゲのデザインパターン 135
ヒゲのデザインパターン 136
ヒゲのデザインパターン 137
ヒゲのデザインパターン 138
ヒゲのデザインパターン 139
ヒゲのデザインパターン 140
ヒゲのデザインパターン 141
classicalヒゲスタイル
page 1
classicalヒゲデザイン 1
classicalヒゲデザイン 2
classicalヒゲデザイン 3
classicalヒゲデザイン 4
classicalヒゲデザイン 5
classicalヒゲデザイン 6
classicalヒゲデザイン 7
classicalヒゲデザイン 8
classicalヒゲデザイン 9
classicalヒゲデザイン 10
classicalヒゲデザイン 11
classicalヒゲデザイン 12
classicalヒゲデザイン 13
classicalヒゲデザイン 14
classicalヒゲデザイン 15
classicalヒゲデザイン 16
classicalヒゲデザイン 17
classicalヒゲデザイン 18
classicalヒゲデザイン 19
classicalヒゲデザイン 20
classicalヒゲデザイン 21
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論
page 1
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 1
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 2
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 3
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 4
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 5
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 6
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 7
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 8
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 9
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 10
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 11
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 12
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 13
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 14
ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 15
ヒゲを生やせない場合のデザイン論
page 1
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 1
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 2
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 3
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 4
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 5
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 6
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 7
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 8
ヒゲを生やせない場合のデザイン論 9
page 11
やっては駄目なヒゲデザイン
page 1
やってはいけないヒゲ 1
やってはいけないヒゲ 2
やってはいけないヒゲ 3
やってはいけないヒゲ 4
やってはいけないヒゲ 5
やってはいけないヒゲ 6
やってはいけないヒゲ 7
やってはいけないヒゲ 8
やってはいけないヒゲ 9
やってはいけないヒゲ 10
やってはいけないヒゲ 11
やってはいけないヒゲ 12
やってはいけないヒゲ 13
やってはいけないヒゲ 14
やってはいけないヒゲ 15
やってはいけないヒゲ 16
やってはいけないヒゲ 17
やってはいけないヒゲ 16
さいごに
page 1
さいごに〜ヒゲは男にとって何なのか?
page 3

閉じる


ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 1


「ヒゲデザインにより顔面矯正ができるのをご存知ですか?」

ヒゲはヘアスタイルと同様に、その人の印象を大きく変えてしまいます。さらにヒゲは顔にあるものがゆえに、「目鼻口」などに様々な影響を与えてしまうのをごぞんじでしょうか?下記で述べる「ヒゲ矯正デザイン」では様々な顔の特徴をヒゲにより、矯正させるデザインテクニックとなっております。もちろん下記のデザイン論は全て正しく当てはまる訳ではありませんが、参考になればと思います。

ヒゲは人により十人十色である為に、全ての人を対象としたデザイン論は難しいです。しかし、ヒゲを伸ばして適当にデザインしてしまうと、第三者から観た顔の印象で大きく損をしてしまう可能性があるという事です。女性における化粧と同じ、と考えると判りやすいでしょう。唇が厚いのに、真っ赤な口紅を唇全体に塗る事により唇は大きく強調されます。そこで問題なのは、そう観られることを望んでいるか否かという事。「ヒゲ矯正デザイン」を理解すれば、自分だけのヒゲデザインを手にいれる事ができます。もし判らないようであれば、ヒゲのプロであり、シェービングのプロである理容店へ行く事をお勧めします。


最終更新日 : 2011-02-24 23:36:01

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 2


「顎の位置が曲がっている場合」

   

顔の正中線に対して、顎が左右に曲がっている場合(例では正面右方向)のヒゲによる矯正デザインです。まず下唇にある顎ヒゲは、三角形のデザインの頂点&唇下ヒゲの頂点により正中線を方向付けします。このヒゲで顔の正中線を導きだしてあげます。さらに顎ヒゲの左右に角がデザインできる場合は、そのデザインラインを人中(鼻下中央)に向かって伸ばすイメージでさらに正中線を方向付けます。その上で、顎ヒゲの下部ラインで曲がっている顎の頂点を補うように下部のデザインラインを構成します。つまり、顎ヒゲで、右方向に曲がっている顎の頂点を隠してあげるようにデザインします。この時のラインは、地面に対して平行にトリマーで横にトリミングすると良いと簡単にできます。

最終更新日 : 2011-02-24 23:36:01

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 3


「鼻が曲がっている場合」

   

鼻正中線に対して曲がっている場合の矯正デザインです(図では右に曲がっております)鼻は正中線をイメージする部位です。それを意識させないようにする為に、横幅のはる顎ヒゲをデザインします。顔上部を軽減するために、顎ヒゲの重心を低くなるように頂点をデザインします。顎ヒゲの左右に角がある場合は、その頂点を結んだ点の上限を顔の中間点くらいにして、顔の重心を下のほうにくるようにデザインします。下唇の顎ヒゲによる三角形の頂点により、正中線を導きだすデザインになります。この頂点が正中線に対して曲がってしまうと、余計に鼻の曲がりを強調するので気をつけてください。口ヒゲはるべく太めで、その頂点は鋭角なものでなく緩やかな感じでデザインがベストです。




最終更新日 : 2011-01-23 15:41:40

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 4


「口が曲がっている場合」

   

口が正中線に対して曲がっている場合のヒゲ矯正デザインです。基本的には口ヒゲで矯正デザインをいたします。まず口髭の上部、鼻の下のデザインラインは平行なラインをとります。そして上部の左右両脇には口角へ向けて少し角をつけたようなデザインにします。この角の位置も平行なライン上にデザインします。左右の口角位置が曲がっている(図では正面右下がり)ので、口角に少しかかるようしてヒゲを残して矯正します。上唇にはヒゲを被さずに、口角をヒゲで隠します。長さは中央部よりも両派時は短めにして、圧迫感をなくします、下唇ヒゲで正中線をだすと、より効果的です。




最終更新日 : 2011-01-21 10:43:27

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 5


「顎の高さが低い(狭い)場合」

   

顎の高さがない(顎が狭い)方のヒゲによる矯正デザインです。顎が狭い場合は、三角形デザインですと、顎を覆い隠してしまう為に避けた方が無難です。顎の中心よりも下のところを頂点とした緩やかなデザインラインで構成します。この時、単純に横に線をひいただけのデザインにしないように心がけて下さい。左右に少しラインが緩やかに落ち込む事により、しっかりとした顎をデザインします。また左右に顔の中心部に向けたデザインラインをもった突起部をデザインして、顎を上に引き上げると良いでしょう。



最終更新日 : 2011-01-21 10:45:28

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 6


「顎が長い場合」

   

顔全体のバランスのなかで顎の高さがある場合のヒゲによる矯正デザインです。高さを目立たなくさせる為に、三角形デザインにような高さのあるデザイン、低 いデザインも顎の長さも強調してしまうので避けたほうが無難でしょう。顎の中心あたりまでの高さで、左右にデザインラインを落とします。横にも幅をもた せ、顎の長さを横に分散させます。ただしあまり長くせず、両目尻までを上限とします。左右の角は眉間を中心とした角度をデザインして、顔下部を上に引き上 げます。唇下のヒゲは低めの三角形とし、顎の長さを少し軽減させます。長い三角形は顎を長く見せるのでNGです。顎を覆い隠すようなデザインにしてしまいますと、余計に顎の大きさを目立たせてしまうのでやめましょう。


最終更新日 : 2011-01-21 10:45:50

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 7


「顎幅が大きい場合」

   

顎幅が大きい(広い)場合のヒゲ矯正デザインです。左右のエラが張った角顔の方にも有効です。横幅はあまり左右に長くしてしまったり、短くしすぎても顔の横幅を助長してしまうので注意が必要です。正面から見える派には両目の内側範囲にしましょう。ヒゲデザインは緩やかな線で構成された三角形がベストです。高さは顎の3分の2程度までが良いでしょう。口幅の辺りで左右に角を上方向にあげて、区切りをつける事で顎ヒゲの大きさを調整します。色彩はあまり濃くしない(長くしない)で圧迫感をおさせる事が大切です。


最終更新日 : 2011-01-21 10:46:08

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 8


「顎が細い(幅がない)場合」

   

顎が細い(幅がない)場合ですが、三角形など上方向に高さがあるようなデザインはNGです。また鋭角なデザインも顎の細さを助長させてしまうために 避けた方がよいでしょう。唇下ヒゲも下方向に鋭角な三角形になるために顎をより細くみせてしまいますので避けます。それをふまえた上でデザインは緩やかに 左右に落ち込む曲線で構成します。幅は目の中心(瞳)までの幅で顎の大きさをデザインによって作り出します。さらにその左右の両脇には上方向への角を少し デザインしてあげることにより、顎の幅を強調して大きく見せることが可能になります。できるかぎり顎ヒゲの横幅を広げてあげる事がポイントです。


最終更新日 : 2011-01-21 10:46:23

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 9


「二重あごの場合」

   

顎骨が消えてしまって、二重あごになっている場合のヒゲ矯正デザインです。顎から頬を触ってみて、顎骨の線を確かめます。その下部は首として、上に線をデ ザインして顔を小顔に矯正いたします。基本的には耳下までヒゲが横方向にあることが望ましいですが、ない場合はあるところまでで大丈夫です。先端部分は形 状的には細く、色彩的には薄く(長さを短く)していきます。こうする事で顔の奥行きもデザインする事が可能になります。顎骨から下の首にかけるヒゲは綺麗 に剃り落してしまい、ラインもしっかりとつけるため深剃り(クロスシェービング)しましょう。二重顎部分をヒゲで覆い隠している場合を良くみかけますが、顔自体をかなり大きくみせる事になるので注意が必要です。


最終更新日 : 2011-01-21 10:46:45

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 10


「顔の奥行きがある(エラが張ってる)場合」

   

顔の奥行きがある方(エラが張っている)場合のヒゲ矯正デザインです。頬ヒゲで矯正しますが、「もみあげ」という部位でもあります。エラの部分が耳 より後方にある場合は、下方向へ頬ヒゲをそのままの太さで顎骨の下部ラインまで伸ばして行きます。その際に、下に行くにつれだんだんと薄くなるような色彩 のグラデーションをつけると圧迫感がありません。頬ヒゲで顔の奥行きのエンドラインをデザインしてしまい、矯正いたします。


最終更新日 : 2011-01-21 10:47:04

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 11


「顔の奥行きがある(エラが張っている)場合」

   

顔の奥行きがある方(エラが張っている)場合のヒゲ矯正デザインです。頬ヒゲで矯正しますが、「もみあげ」という部位でもあります。エラの部分が耳より後方にある場合は、下方向へ頬ヒゲをそのままの太さで顎骨の下部ラインまで伸ばしていきます。その際に、下にいくにつれだんだんと薄くなるような色彩のグラデーションをつけると圧迫感がありません。頬ヒゲで顔の奥行きのエンドラインをデザインしてしまい、矯正いたします。さらに顎ヒゲからの横方向のヒゲがある場合は、顎からエラに向かって色彩の変化をつけながら伸ばします。ヒゲで顔の輪郭をつくるのでより効果的です。逆に、下に行くにつれ濃くなると強調してしまうので避けたほうが良いと思います。


最終更新日 : 2011-01-21 10:48:03

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 12


「顔の奥行きがない場合」

   

顔の奥行きがない(細い顔)場合のヒゲ矯正デザインです。頬ヒゲでの矯正ですが、「もみあげ」で矯正するともいえます。顔の奥行きがないぶん、耳側斜め下に落とした筆のようなヒゲをデザインします。太めの頬ヒゲですと、顔を横からみた場合に「薄く」みえてしまうので注意が必要です。色彩は下にいくにつれて薄く(短く)していきます。下までヒゲがない場合は、T字レザーで筆型に剃り「産毛」を残します。シャープなデザインなので、印象も洗練されたような感じになります。ヘアスタイルの雰囲気が重たい時などでも、このデザインで軽さを演出できるかと思います。


最終更新日 : 2011-01-21 10:48:24

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 13


「顔の奥行きがない場合」

   

顔の奥行きがない(細い顔)場合のヒゲ矯正デザインです。顎ヒゲから顎骨にそって横にヒゲがある場合は、頬ヒゲとつなげます。その際に頬ヒゲは顔の内側ラインは外側に反るように奥行きをだし、外側(耳側)ラインも外側にそらして奥行きをつくります。頬ヒゲの太さは、少し細めにして頬部の肌をなるべく多く露出させます。下部ラインは顎骨に剃って、首から下は剃り落します。上方向にデザインを押し上げるので、上下の顔の細さも矯正可能になります。


最終更新日 : 2011-01-21 10:48:39

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 14


「顔の重心が下の場合」

   

顔の重心が下にある場合の、ヒゲによる矯正デザインです。頬ヒゲによる矯正になりますが、「もみあげ」のデザインによる矯正ともいえます。下方向に頬ヒゲを伸ばして、下部を鼻方向に跳ね上げます。こうすることにより、顔の下部にスペースをデザインして矯正が可能になります。この際に頬ヒゲを下まで下げすぎてしまうと、顔が長くなってしまうので注意が必要です。このデザインは、かなりワイルドな雰囲気になりますので、ビジネスなどには不向きなデザインかといえます。また先端が跳ね上がっているので、顎を上に揚げたような雰囲気になります。顎の大きい方には不向きなデザインになりますので注意してください。


最終更新日 : 2011-01-21 10:48:55

ヒゲデザインによる顔面矯正デザイン論 15


「顔の重心が上の場合」

   

顔の重心が上にある場合の、ヒゲによる矯正デザインです。頬ヒゲによる矯正になりますが、「もみあげ」のデザインによる矯正ともいえます。上方向に頬ヒゲを伸ばして、上部を顎方向に引き下げげます。こうすることにより、顔の上部にスペースをデザインして矯正が可能になります。この際に頬ヒゲを下まで下げすぎてしまうと、顔が長くなってしまうので注意が必要です。このデザインはかなりワイルドな雰囲気になるので、ビジネスには不向きかと思われます。また先端が引き下がってますので、顎を引き締め額が前にでたような印象を受けます。


最終更新日 : 2011-01-21 10:49:08