閉じる


<<最初から読む

45 / 50ページ

089・090

照れて恥ずかしいと思っても

心の中では歌を歌っていてよ

君だけの曲があることも知ってる

 

* * *

 

いろんな言葉を並べてきたけど

結局のところ君には ただ

幸せでいてほしいんだ それだけなんだ


091・092

夢を持たない世界は灰色

さあこれから色をあげよう

君に夢をあげよう

 

* * *

 

現実から逃げたところで

手に入れたものなんか

役に立たない


093・094

するどく刺すような痛みが

その胸を襲うのかい?

今はただ君の側にいたい気分なのさ

 

* * *

 

物も人も頭で考え思う以上に

復活を遂げるもの

これは最近焼きついた心象風景


095・096

命を込めて書くという事が

どういうことなのか

今日初めて知った気がした

 

* * *

 

人が人を救うということは

こんなにもこんなにも

熱いものだったのか


097・098

いつかの約束の言葉

覚えているのがたとえ僕一人でも

一人きりでも守っていく

 

* * *

 

甘い声で囁(ささや)かれても

決して自分の魂を

売り渡したりしないで



読者登録

瑠冠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について