閉じる


<<最初から読む

41 / 50ページ

081・082

右と左に天使を連れて

純粋な心の君

汚(けが)れのないまま今日を歩いてる

 

* * *

 

許せない気持ちを

打ち消せたところで

何一つ得なことなど ありゃしない


083・084

あの頃 夢でいっぱいだったはずの胸が

すっからかんになってしまったのなら

僕がもう一度つめこんであげる 夢と希望を

 

* * *

 

何も信じられないと泣く

君の顔をもう見たくはないから

その笑顔を さあ 僕に見せてごらん


085・086

痛みを知りすぎているからと

それを理由にまだあきらめたりしないで

君には君の道があるから

 

* * *

 

今 君の目の前にある苦難という壁

それよりも君は強く偉大だから

何も怖がることはない


087・088

厳しき現実の中で

堂々と打ち立てられた夢ほど

気分のいいものはないよね

 

* * *

 

聞こえないはずの嫌な言葉が

今なお耳に強く残っていても

君も僕も共に負けずに進もうね


089・090

照れて恥ずかしいと思っても

心の中では歌を歌っていてよ

君だけの曲があることも知ってる

 

* * *

 

いろんな言葉を並べてきたけど

結局のところ君には ただ

幸せでいてほしいんだ それだけなんだ



読者登録

瑠冠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について