閉じる


<<最初から読む

38 / 50ページ

075・076

権力者はいつも

民衆の顔色を窺(うかが)い

ビクビクしているだけさ

 

* * *

 

強い言葉を

今ほど心待ちにしている

時代もない


077・078

過去も未来も変えられる

今をしっかりと生き抜くことで

過去も未来も違う意味を持つ事ができるから

 

* * *

 

何一つあきらめていい事なんてない

どんな小さな事でも もちろんだけど

大きな事ならなおさら あきらめるな


079・080

変節漢ほどかっこ悪くて

劣悪で愚かな生きものもいない

信用なんてできない

 

* * *

 

過去に敷いたレールは

すべて引き剥がされて

今じゃ真新しい道のりができてる


081・082

右と左に天使を連れて

純粋な心の君

汚(けが)れのないまま今日を歩いてる

 

* * *

 

許せない気持ちを

打ち消せたところで

何一つ得なことなど ありゃしない


083・084

あの頃 夢でいっぱいだったはずの胸が

すっからかんになってしまったのなら

僕がもう一度つめこんであげる 夢と希望を

 

* * *

 

何も信じられないと泣く

君の顔をもう見たくはないから

その笑顔を さあ 僕に見せてごらん



読者登録

瑠冠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について