目次
目次
目次
第1回 パソコンの仕組み
第1回 パソコンの仕組み
第2回 インターネットの仕組み
第2回 インターネットの仕組み
第3回 インターネットへの接続~多様化するインターネット接続
第3回 インターネットへの接続~多様化するインターネット接続
第4回 インターネット・サービスの仕組み: ホームページ・メールはどうやって見れるの?
第4回 インターネット・サービスの仕組み: ホームページ・メールはどうやって見れるの?
第5回 ホームページの仕組み:ホームページはHTML文書
第5回 ホームページの仕組み:ホームページはHTML文書
第6回 HTMLって何?HTMLはホームページ・ブログを作る書き方
第6回 HTMLって何?HTMLはホームページ・ブログを作る書き方
第7回 IPアドレスとネットワーク
第7回 IPアドレスとネットワーク
第8回 コンピュータの単位: B(バイト)・K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?
第8回 コンピュータの単位: B(バイト)・K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?
第9回 電子メールの仕組み
第9回 電子メールの仕組み
第10回 メールソフトとWebメール
第10回 メールソフトとWebメール
第11回 ブラウザを活用するための基礎用語
第11回 ブラウザを活用するための基礎用語
第12回 クラウドとは何か? 今後のインターネットのキーワード
第12回 クラウドとは何か? 今後のインターネットのキーワード
第13回 インターネット時代に必須な「セキュリティ対策(ウイルス対策)」とは
第13回 インターネット時代に必須な「セキュリティ対策(ウイルス対策)」とは
第14回 インターネットの危険を防ぐ「セキュリティソフト」の活用方法・選び方
第14回 インターネットの危険を防ぐ「セキュリティソフト」の活用方法・選び方
《番外編》
年賀状作成に役立つホームページと「年賀状メール」のマナー紹介
インターネットでは、簡単なパスワードは危険!! パスワードの作り方と使い方
奥付
奥付

閉じる


第10回 メールソフトとWebメール

第10回 メールソフトとWebメール

今の時代、メールは必要不可欠になりました。メールはいつでも気楽に情報連絡ができ、またメールは記録も残り、自分のデータ保管庫にもなります。今回は、メールソフトとWebメールについて紹介します。

少し前までは、インターネットのメールを利用する際、プロバイダからメールアドレスをもらい、専用のメールソフトでメールを使っていました。

しかし、最近は、これまでのメールソフトから、ブラウザを使った、無料の”Webメール”にメールの利用形態が変わりつつあります。

”Webメール”は、(1) 無料のメールサービス (2) 専用のメールソフトが不要 (2) ブラウザで利用する の特徴があります。

”Webメール”、次々と機能アップがされ、無料で使えるメール容量も大きく、迷惑メール対策も備え、携帯からでも利用できるなど、使い勝手も大幅に改善されています。

今後は、無料の会員登録をするだけで簡単に利用できる”Webメール”が主流になってくると思います。

今回は、代表的なメールソフト、USBで使えるポータブルメールソフト、お勧めできる”Webメール”サービスを紹介します。



■ メールソフトとWebメールとの違い


*メールソフトWebメールの違いを図にまとましたので参考にしてください。見にくい場合は下記を参照下さい。

  http://f.hatena.ne.jp/yougo-school/20101102124106


(1) メールの開始
   メールソフト・・・インターネット・プロバイダからメールアドレスを入手
   Webメール  ・・・簡単な無料会員登録をすれば利用可能

(2) メールの利用方法
   メールソフト・・・パソコンにソフトをインストールして利用
   Webメール  ・・・ブラウザでメールサービスのホームページを通じて利用

(3) メールデータの保管
   メールソフト・・・パソコンの中
   Webメール  ・・・インターネットのコンピュータの中

(4) 携帯からのメール利用
   メールソフト・・・パソコン専用のソフトであり、携帯からは利用不可
   Webメール  ・・・ほとんどのWebメールは携帯からでも利用可能



■ メールソフトとは


メールソフトは、メールをパソコンで受信、送信するときに利用される専用ソフトで、メーラとも呼ばれます。機能を簡単に述べると以下になります。

(1) メールの受信 インターネット接続業者のサーバに蓄えられている(着信している)メールを受信します。なお、パソコンで受信したらサーバから削除されます

(2) メールの送信 パソコンからインターネット接続業者のサーバを通じて、送信先にメールが送付されます。なお、サーバには送信メールは残りません。


なお、Windowsパソコンで、標準でインストールされているメールソフトは以下ですね。Windows 7では、パソコンにメールソフトは付属されず、インターネットから「Windows Live メール」をダウンロードし、メールソフトとして使うことになりました。

 ・Windows XP   : Outlook Express 又はOutlook
 ・Windows Vista  : Windows メール
 ・Windows 7    : なし(インターネットからWindows Live メールをダウンロード)


次に、代表的な無料のメールソフトを紹介します。


■ Thunderbird(サンダーバード)
http://mozilla.jp/thunderbird/

ブラウザFirefox開発のMojilla(モジラ)のオープンソースプロジェクトが開発している、無料のメールソフトです。POP、IMAPにも対応し、既存のメールソフトからのアドレスなどのデータをインポートすることができます。

他にも、迷惑メール対策、フィッシング詐欺アラームなどのセキュリティ機能、アドオンによる機能追加など、高機能です。


■ Windows Live メール
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowslive/products/mail.aspx

Microsoft提供の、Outlook Express、Windows メールの後継版ソフトで、迷惑メール対策などの機能も備えています。また、カレンダー機能があり、スケジュール管理も可能です。



■ ポータブルメールソフトとは


パソコンで利用できるメールソフトをUSBメモリーで持ち運ぶことができるようにしたのが、”ポータブルメールソフト”です。

USBメモリーにインストールしておけば、そのUSBをパソコンに差し込めば、メールの送受信が行えます。


■ Thunderbird Portable(サンダーバード ポータブル)
http://portableapps.com/apps/internet/thunderbird_portable/localization

Thunderbirdのポータブル版です。Thunderbird Portable(サンダーバード ポータブル)をUSBメモリーにインストールすれば、メールソフトをUSBメモリーで持ち運ぶことが可能です。


■ nPOPQ
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se165244.html

小さくて軽いメールソフトです。USBメモリーにインストールして外出先でも利用することができます。機能はシンプルですが、アドレス帳の保持、通常のメール送信、受信などの最低限必要な作業は可能です。



■ Webメール(ウェブメール)とは


インターネットのブラウザから使う事ができる電子メールで、「フリーメール」とも言われ、会員登録をするだけで無料で使うことができます。機能を簡単に述べると以下になります。


(1) メールの受信 ブラウザで、サービス提供のホームページを開いてログインし、インターネット保管の受信メールをみます。受信メールはインターネットのコンピュータに保管。

(2) メールの送信 ブラウザで、サービス提供のホームページを開いてログインし、、メールを作成&送信します。アドレス帳、送信メールはインターネットのコンピュータに保管。


Webメールはメールソフトは使わず、ブラウザを使って、メールの送信・受信をします。メールデータは、インターネット上のコンピュータで一括保管されます。

Webメールは、ここ数年で進歩をし、携帯電話からでも使うことができ、ますます利用者が増えてくると思います。


■Webメール(フリーメール)の特徴

Webメールも日々進化し、迷惑メールの機能搭載もほとんどのWebメールで搭載され、2010年の時点では、すでにパソコンの専用メールソフトの機能と同程度になったと言っても過言ではありません。

(1) ユーザ登録するだけで、”無料”で利用することができる
(2) ブラウザから、特定の(Webメール)ホームページにログインして使う
(3) メールデータは、パソコンの中ではなく、インターネットの中に保存される
(4) 迷惑メールは自動判断して排除する
(5) パソコンに加え、携帯電話からでも使える

その他、ウイルス駆除まで実施してくれる、Webメールサービスもあります。


■Webメール(フリーメール)で気をつけること

(1) インターネットカフェ等の共用のパソコンでは利用しない、ブラウザの履歴から他人に使われる可能性がある。

(2) 極力、迷惑メールの対象にならないよう、メールアドレスは、”10文字以上で英字・数字が混在したもの”にする方がよい。

(3) インターネットのコンピュータに残るので、機密情報・個人情報等の重要なメールのやり取りは、避ける。

(4) 急にサービスが停止する場合があるため、出来るだけ多くの人が利用し評判の良い大手提供のサービスを使用する。



■ 代表的なWebメール(フリーメール)


以下は、お勧めの無料のWebメールサービスです。いずれも大手の企業の提供で、継続的に機能アップが実施されており、安心して利用できます。

なお、Webメールを使うには、該当のホームページで登録し、アカウント(ユーザID)を入手し利用します(無料)。


(1) Gmail         :検索エンジンGoogleの無料Webメール
  http://mail.google.com/

(2) Windows Live Hotmail :Microsiftの無料Webメール
  http://explore.live.com/windows-live-hotmail


(3) Yahoo!メール     :検索エンジンYahoo!の無料Webメール
  http://promo.mail.yahoo.co.jp/


また、上記サービスのメール容量も、(2010年8月時点で)Gmailが約7.5GB、Hotmailが5GB~無制限、Yahoo!メールが1GBと大きいため、長期間、不自由なく利用することができます。

Microsiftの「Windows Live メール」は、パソコンにダウンロードして使う”専用のメールソフト”で、一方、「Windows Live Hotmail」(旧名称がHotmail)はMicrosift提供の”Webメール”で、ブラウザで使うメールです。


■個人的な評価

機能      Gmail     > Windows Live Hotmail > Yahoo!メール
使いやすさ   Yahoo!メール > Windows Live Hotmail > Gmail
メール表示速度 Gmail     > Windows Live Hotmail > Yahoo!メール


参考情報: 2010年04月05日
ASCII.jp:無料ウェブメールの最強はやっぱり「Gmail」なのか?
http://ascii.jp/elem/000/000/512/512243/

参考情報: 2010年08月02日
ASCII.jp:Hotmailは使えるメールサービスになったか? 他社と比較
http://ascii.jp/elem/000/000/544/544005/

参考情報: 2010年10月6日
【Gmail編】 Gmailの活用で一段上の快適さを実現
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20100917/1027545/?set=rss