目次
目次
目次
第1回 パソコンの仕組み
第1回 パソコンの仕組み
第2回 インターネットの仕組み
第2回 インターネットの仕組み
第3回 インターネットへの接続~多様化するインターネット接続
第3回 インターネットへの接続~多様化するインターネット接続
第4回 インターネット・サービスの仕組み: ホームページ・メールはどうやって見れるの?
第4回 インターネット・サービスの仕組み: ホームページ・メールはどうやって見れるの?
第5回 ホームページの仕組み:ホームページはHTML文書
第5回 ホームページの仕組み:ホームページはHTML文書
第6回 HTMLって何?HTMLはホームページ・ブログを作る書き方
第6回 HTMLって何?HTMLはホームページ・ブログを作る書き方
第7回 IPアドレスとネットワーク
第7回 IPアドレスとネットワーク
第8回 コンピュータの単位: B(バイト)・K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?
第8回 コンピュータの単位: B(バイト)・K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?
第9回 電子メールの仕組み
第9回 電子メールの仕組み
第10回 メールソフトとWebメール
第10回 メールソフトとWebメール
第11回 ブラウザを活用するための基礎用語
第11回 ブラウザを活用するための基礎用語
第12回 クラウドとは何か? 今後のインターネットのキーワード
第12回 クラウドとは何か? 今後のインターネットのキーワード
第13回 インターネット時代に必須な「セキュリティ対策(ウイルス対策)」とは
第13回 インターネット時代に必須な「セキュリティ対策(ウイルス対策)」とは
第14回 インターネットの危険を防ぐ「セキュリティソフト」の活用方法・選び方
第14回 インターネットの危険を防ぐ「セキュリティソフト」の活用方法・選び方
《番外編》
年賀状作成に役立つホームページと「年賀状メール」のマナー紹介
インターネットでは、簡単なパスワードは危険!! パスワードの作り方と使い方
奥付
奥付

閉じる


第8回 コンピュータの単位: B(バイト)・K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?

第8回 コンピュータの単位: B(バイト)・K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?

パソコンなどのコンピュータ世界で使われる単位について理解しておくと、データの大きさ、各種メモリの容量などが分かるので、なかなか便利です。

データサイズが100KB(KB:キロバイトと読みます)、USBメモリの大きさは4GB(GB:ギガバイトと読みます)、のように使われる、KB、GBなどの単位や大きさについて、説明したいと思います。

なお、パソコンの主メモリ・ハードディスクの容量(大きさ)、文書・画像などのデータサイズ、USBメモリの容量、パソコンに関係するものの単位には、通常”B(バイト)”が使われます。

この”B(バイト)”という単位、簡単にいうと、英文字 1文字分=1B、日本語 1文字分=2Bに当たります。


なお、用語説明を添付の図で説明しています、参考にしてください。図は、下記の”はてなフォトライフ”にも掲載しています。

  はてなフォトライフ - パソコン用語
  http://f.hatena.ne.jp/yougo-school/20100814093954


■ K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?




なお、日常生活で、”1,000g=1Kg”、”1,000,000円=1M円”と表現しますが、この“K”や“M”は一般的に「単位の倍量・分量単位」で用いられ、何倍、何分の一を表現する単位です。

K(キロ)は1,000倍、M(メガ)は100万倍、G(ギガ)は10億倍を表現しますが、パソコンの世界でも同じです(正確には少し異なりますが、このように考えて問題ありません)。

パソコンの世界でも、よく次の様に言われますね。

(1) 画像データのサイズが250KB
(2) 光・インターネットは最大100Mbpsの高速通信、
(3) 320GBの大容量コンパクトHDD
(4) 高速2.53GHzのCPUを搭載のパソコン

”250KBのK”、”100MbpsのM”、”320GBのG”、”2.53GHzのG”これらは全て、単位の何倍かを表現しています。

  K(キロ)は1,000倍
  M(メガ)は1,000,1000倍    (100万倍) 1,000Kのことです
  G(ギガ)は1,000,000,000倍  ( 10億倍)  1,000Mのことです
  T(テラ)は1,000,000,000,000倍( 1兆倍) 1,000Gのことです

(注)なお、コンピュータの世界は2進数なので、正確には、K(キロ)は1,024倍、M(メガ)は1,024×1,024倍になります。

”K(キロ)が1,000倍”で、それを1,000倍するごとに、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)となります。

少し前までは、G(ギガ)が最高だったんですが、最近、HDD(ハードディスク)の保管容量が増えて、T(テラ)というG(ギガ)の1,000倍の大きさが出てきました。

データも文字情報から、画像、動画が増えてきて、保管する容量もどんどん増えていきます。この先、どうなるんでしょうか?



■ コンピュータの世界は2進数


日常生活は10進数、つまり”0~9”の数字で数えますが、コンピュータの世界は2進数で、”0、1”の数字しかありません。

10進数は、0から9までの10個の数字を使って数を表現します。数は、0、1、2、3、4、5、6、7、8、9と順に増え、次に位が増えて10になり、次に11、12、13、14、15・・・となります。

2進数は、数字0、1の2個の数字を使って数を表現しますので、数は、0、1と順に増え、次に位が増えて10になり、次に11、100、101、110、111・・・となります。

    10進数 0  → 2進数   0
    10進数 1  → 2進数   1
    10進数 2  → 2進数  10
    10進数 3  → 2進数  11
    10進数 4  → 2進数  100
    10進数 5  → 2進数  101
    10進数 6  → 2進数  110
    10進数 7  → 2進数  111
    10進数 8  → 2進数 1000
    10進数 9  → 2進数 1001



■ デジタルとアナログ


よく使われる”デジタル(digital)”という言葉は、デジタル時計で時分秒を数値で表現するように、「ある一定の間隔で(離散的に)、そのときの大きさを数値で表現する方式」です。

”アナログ(analog)”は「連続的に大きさを表現する方式」です。針がついたアナログ時計や温度計を考えると、分かり易いと思います。

コンピュータの世界は、”デジタル(digital)”の世界で、全てを”0、1”で表現することになります。

なお、デジタルで作られたものは数値を扱うため、アナログに比べて複製などが容易で、データの劣化も非常に少ないという特徴を持っています。



■ コンピュータの基礎単位


コンピュータは”0、1のみの2進数”で処理しますが、”ビット”とは、コンピュータが処理する最小の単位で、2進数の1桁に当たります。

しかし、コンピュータの基本的な単位としては、この”ビット”ではなく、通常、”バイト(略称、B)”が使われます。


  1バイト =8ビット (2進数の8桁) * バイトは”B”と表現

このように言ってもピンとこないと思いますが、1B(バイト)は英文字の1文字を記録する大きさと考えると分かりやすいと思います。日本語の1文字は2Bで記録されます。

  1B(バイト)=英文字1文字分を記録する大きさ(半角)
  2B(バイト)=日本語1文字分を記録する大きさ(全角)

   *日本語の1文字は2Bで記録されます。

  英文字の1文字は、1バイト=8ビットで表現
  「a」 → 「0110 0001」      *JISコードの1バイトコード

  日本語の1文字は、2バイト=16ビットで表現
  「あ」→ 「0000 0100 0000 0010」 *JISコードの2バイトコード


文書・表計算データのサイズ、画像データのサイズ、HDDの容量、USBメモリの容量、これらの単位も、”B(バイト)”です。

 文字コード表 JISコード(ISO-2022-JP)
 http://charset.7jp.net/jis.html


■ データ容量の計算: USBメモリ、音楽プレーヤー、デジカメ



■ USBメモリの容量

”4GBのUSB”というときは、正確には、”4G(ギガ)B(バイト)”の文字データを入れることができるUSBメモリ”ということになります。


  4GB(ギガ・バイト)のUSBメモリの大きさ
  =4×10億×B(バイト)= 40億英文字 = 20億日本語


■ 音楽プレーヤーに記憶できる曲数の計算

音楽CDの1曲4分の音楽をパソコンに取り込むと、その容量は約4MB程度(MP3形式)になります。

*CDに記憶されている音楽データをパソコンに取り込む際は、データを圧縮して取り込むので、その結果、CDに保存されているデータ容量の約1/10になります。

では、音楽プレーヤーの保管容量を4GB(ギガ・バイト)として、一体どれぐらい保管できるか計算すると次のようになります。

  4GB(ギガ・バイト)の音楽プレーヤー = 4,000MB(メガ・バイト)
             = 約1,000曲(4,000MB/4MB)の音楽保存可能
 
 (注)1曲4分の音楽 = 約4MB(MP3形式)
    

■デジカメに記憶できる写真の数

デジカメに入っているメモリの大きさが2GBとすると一体、どれぐらいの写真が入るのでしょうか?

1000万画素の画像だと、1枚が約2~5MB程度と言われていますので、下記のようになります。これは、あくまでも目安ですので、正確には、デジカメのカタログを見て下さい。

  2GBメモリが入っているデジカメ = 2,000MB
                  = 約400枚(2,000MB/5MB)の写真保存可能

 (注)デジカメ写真の1枚のサイズ(1000万画素の画像) = 約2~5MB

なお、高画質でとると、1枚が1MB以上のデータサイズになるため、インターネットでSNSやブログに貼り付ける場合は、サイズを縮小させることが必要になります。


≪補足≫ デジタルカメラの画素数とサイズの目安

写真サイズとピクセル寸法
http://photoshop.miyaginet.jp/a-Size.htm

200~300万画素  1枚の写真サイズ 約0.6MB(JPEG方式)
500~800万画素  1枚の写真サイズ 約2.8MB(JPEG方式)
600~1200万画素  1枚の写真サイズ 約4.6MB(JPEG方式)



■ インターネットなどの通信単位は”bps(ビーピーエス)”


なお、通信速度は、一秒間にどのくらいの量のデータを回線などが伝えることができるのかを示した数値です。単位は「bps(ビーピーエス)」で、多くの場合「Mbps」が使われます。

  bps  = bit per second ・・・・1秒間に伝送されるビット数
 Mbps = 100万bps    ・・・・1秒間に100万(=10の6乗)ビットのデータを送れる

なお、英文字の1文字は1バイト(8ビット)、日本語は2バイト(16ビット)なので以下になります。

 1Mbps = 100万/8ビット = 約12万 の英文字を送信する速度
    = 100万/16ビット= 約 6万 の日本語を送信する速度



■ コンピュータの早さを表す単位は”Hz(ヘルツ)”


パソコンの頭脳であるCPUが動く周波数が”Hz(ヘルツ)”で表され、これが、パソコンのコンピュータの早さを表す単位になります。

通常は、”GHz(ギガヘルツ)”、”MHz(メガヘルツ)”で表現されます。

このCPUの動作が速いと、パソコンの動作が速くなります。但し、CPUの動作以外に、搭載されているメモリの大きさ、使うソフトの種類も、パソコンの動作速度に影響を与えるので注意が必要です。

頭の良い人を”あの人は頭の回転が速い”といいますが、コンピュータも同じで、高い周波数で早く計算する方が、動作が速くなります。