目次
目次
目次
第1回 パソコンの仕組み
第1回 パソコンの仕組み
第2回 インターネットの仕組み
第2回 インターネットの仕組み
第3回 インターネットへの接続~多様化するインターネット接続
第3回 インターネットへの接続~多様化するインターネット接続
第4回 インターネット・サービスの仕組み: ホームページ・メールはどうやって見れるの?
第4回 インターネット・サービスの仕組み: ホームページ・メールはどうやって見れるの?
第5回 ホームページの仕組み:ホームページはHTML文書
第5回 ホームページの仕組み:ホームページはHTML文書
第6回 HTMLって何?HTMLはホームページ・ブログを作る書き方
第6回 HTMLって何?HTMLはホームページ・ブログを作る書き方
第7回 IPアドレスとネットワーク
第7回 IPアドレスとネットワーク
第8回 コンピュータの単位: B(バイト)・K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?
第8回 コンピュータの単位: B(バイト)・K(キロ)・M(メガ)・G(ギガ)とは何か?
第9回 電子メールの仕組み
第9回 電子メールの仕組み
第10回 メールソフトとWebメール
第10回 メールソフトとWebメール
第11回 ブラウザを活用するための基礎用語
第11回 ブラウザを活用するための基礎用語
第12回 クラウドとは何か? 今後のインターネットのキーワード
第12回 クラウドとは何か? 今後のインターネットのキーワード
第13回 インターネット時代に必須な「セキュリティ対策(ウイルス対策)」とは
第13回 インターネット時代に必須な「セキュリティ対策(ウイルス対策)」とは
第14回 インターネットの危険を防ぐ「セキュリティソフト」の活用方法・選び方
第14回 インターネットの危険を防ぐ「セキュリティソフト」の活用方法・選び方
《番外編》
年賀状作成に役立つホームページと「年賀状メール」のマナー紹介
インターネットでは、簡単なパスワードは危険!! パスワードの作り方と使い方
奥付
奥付

閉じる


第2回 インターネットの仕組み

第2回 インターネットの仕組み

もう日常生活に欠かせなくなったインターネット、全体像を理解するのはなかなか困難です。しかし、その仕組みを大まかに理解しておくと、難解なインターネット用語も理解しやすくなり、インターネットの便利さや危険さを感じることができます。

そこで、”インターネットの仕組み”を大まかに理解するため、大胆に簡略化した図を作成してみました。

専門的には、曖昧な部分や不正確な部分もあると思いますが、下記の(1)~(10)の用語を一つの図にまとめ、インターネットの全体の仕組みがイメージ出来るようにしました。少しゴタゴタ図になっていると思いますが、参考になれば幸いです。

 (1) インターネット: 世界中のコンピュータをつないだもの
 (2) IPアドレス: コンピュータに付けられた番号
 (3) ホームページ: 文字や画像、動画を一つの文書にまとめたもの
 (4) サイト: ホームページがおかれているインターネット上での場所
 (5) URL: ホームページのアドレス
 (6) インターネット接続業者(プロバイダ、ISP): インターネットに接続する会社
 (7) インターネット接続: 代表的なもの、光ファイバー、ADSL、CATV
 (8) ブラウザ: ホームページを表示するソフト(IE、Firefoxなど)
 (9) ダウンロード: インターネット(のコンピュータ)からデータを取り出す
 (10)アップロード: インターネット(のコンピュータ)にデータを登録する


図は、下記の”はてなフォトライフ”にも掲載しています。

  はてなフォトライフ - パソコン用語
  http://f.hatena.ne.jp/yougo-school/20100606032739


以下、簡単に説明します。



■ インターネット


インターネットは、「世界中のコンピュータが結ばれているシステム」です。世界中の企業・各機関・官公庁などがインターネットに情報を流し、また様々なサービスを提供しています。また、パソコンさえあれば誰でも情報発信し参加することができます。

携帯電話でも、インターネットのホームページを見るのはもちろんのこと、インターネットのサービスも受けることができるようになりました。

通常、インターネットというと、ホームページの事が浮かびますが、これはインターネットを利用したサービスの一つで、日本中・世界中の人達との電子メールも、インターネットを利用したサービスです。



■ IPアドレス


「IPアドレス」は、インターネット上のコンピュータに付けられた番号です。これがないとインターネットに接続できません。「IPアドレス」は、よく「住所」や「電話番号」に例えられます。

相手に荷物を送るときには「住所」、相手と電話するときには「電話番号」が必要なように、コンピュータ通しでデータをやり取りするときには、「IPアドレス」が必要です。

IPアドレスは「123.124.125.191」(IPv4の表現方法)のように,3桁の数字を4個、「.」で区切り、表現されています。

なお、ホームページやメールのやり取りの時に、このIPアドレスを使っても良いのですが、数値のため分かりづらく面倒なので、考え出されたのが「ドメインネーム」という記号です。

  URL   http://www.home.co.jp *”www.home.co.jp”がドメインネーム



■ ホームページ、サイト(site)、ウェブ(Web)


ホームページは、文字や画像、動画を一つの文書にまとめたものです。なお、ホームページは相互に”リンク”で関連付けられています。ホームページは世界中のコンピュータの中に置かれています。


サイト(site)は、英語で「敷地、位置」のことで、インターネットの場合には、「ホームページがおかれているインターネット上での場所」のことです。


ウェブ(Web)は、ホームページの仕組みを利用したインターネット・サービスのことです。Webには”クモの巣”と言う意味がありますが、インターネット上の世界中のホーム ページどうしが”リンク”で、クモの巣のように結び付けられていることから、ウェブ(Web)と呼ばれています。



■ URL


URLとはホームページのアドレスで、"Uniform Resource Locator"の略です。URLの基本形は以下です。
     http://www.abcdef.co.jp/xyz.html

ブラウザの表示に鍵マークが付いたり、URLの表示色が変わったりしたときに、 ”http://”が ”https://” と ”httpにsが付く”場合があります。

これは、ホームページを表示したり、個人情報を入力したとき、「データのやり取りが暗号化され、安全ですよ」という意味です。



■ インターネット接続業者(プロバイダ、ISP)


プロバイダ、ISPとも呼ばれますが、ADSL回線、光ファイバー回線、データ通信専用回線などを通じて、顧客である企業や家庭のパソコンをインターネットに接続する会社のことです。家庭のパソコンは、このインターネット接続業者のコンピュータを通じてインターネットに接続されます。



■ インターネット接続


インターネットに接続する方法として、代表的なものに、自宅のパソコンをインターネットに接続する、光ファイバー(FTTH)、ADSL(非対称デジタル加入者伝送方式)、CATV(ケーブルテレビ)があります。

これは、電話回線やケーブルテレビなどの固定回線を使う方法ですが、それ以外に、携帯電話や
モバイル無線通信(携帯電話網、公衆無線LANサービス、モバイルWiMAX)があり、インターネットの接続方法も多様化の時代になってきました。



■ ブラウザ


インターネットのホームページを見るときに使うソフトが「ブラウザ(browser)」です。代表的なものに「IE(Internet Explorer)」があります。

なお、ブラウザには、「IE」以外にも、「Firefox」、「Chrome」、「Safari」、「Opera」などたくさんあり、いずれも無料で手に入ります。



■ ダウンロード、アップロード

「ダウンロード」とは、インターネットのコンピュータから、個人のパソコンに、データを転送することを言います。

「ダウンロード」の逆が「アップロード」で、個人のパソコンから、インターネットのコンピュータにデータを転送する事を言います。