twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 童話・絵本 作者 いとうみちろう
価格 無料
タグ クマ環境保護絵本コンテスト第2回絵本コンテスト オリジナル絵本部門
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

246 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 17ページ (Web閲覧)
18ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
「ここももうだめね」森を失いすみかを追われるクマの親子はどうするのでしょうか・・・。

コメント一覧

ありがとうございます(^^)そのように言っていただいて、自分も続きを考えて、まとめてみたくなりました。
いとうみちろう : 2011-10-18 11:23:15

こちらにコメントいただきまして、またお気に入り登録していただきましてありがとうございます。心よりお礼申し上げます。最終ページのくまの足跡に親ぐま子ぐま両方の足跡をかいております。それによって、現実的には難しいだろうが、それでももしかしたらお母さんぐまは助かったのかもしれない・・・と自分が思いたいので想像の逃げ道にするためにいれたカットになります。悲しい話ですがこれによって自分はほんの少しだけ希望を感じています。ご覧いただけたことたいへん嬉しく思います。
いとうみちろう : 2010-11-19 00:55:13

はじめまして ほとんど同じお話が身近でおきました。コグマだけ森に帰らされました。 どうなるんだろうって・・・ どんぐりの木はあっても、今年はどんぐり1つ見つからない森です。
tellme+vinsan : 2010-11-17 21:58:15

悲しい話ですが、現実に起こっていることなんでしょうね。今年は、里におりてくる熊が多いようですが、殺されてしまうというのは、理不尽な気がします。
クロフクロウ@黒絵本 : 2010-11-12 23:49:00

facebook コメント一覧