閉じる


<<最初から読む

14 / 30ページ

ハンドメイド・はんぺん



今、「魚の練り物、再評価ブーム」が自分内で起こっている。
ちくわ、つみれ、はんぺん、てんぷら、うまいよ、全部うまい! 手作りするとさらにうまい!
子供の頃、あんなに苦手だったのに。何故大人になると「アリ」になるのだろう。

■材料

白身の魚100グラム(基本タラだけど、何の魚でも可)

塩、砂糖、みりん、酒、山いも、卵(卵白のみ使用)

■作り方

魚の身をほぐして、ミキサーかフードプロセッサーにかける
ミンチになったところに、みりん、砂糖、きざんだ山いもを入れ、再び混ぜる
さらに卵白、酒、塩少々を入れて、またシェイク。
タネが出来たら、銀紙にすりつけ、少し茹でて形が固まったら、フライパンで焼く。



市販のはんぺんは「つなぎ」がいっぱい入ってるけれど、自作のものは、ほぼ「白身魚のすり身」オンリーなので、ほんとに美味です。タルタルソースにも合います。

14
最終更新日 : 2011-04-01 18:48:40

ペキンダック、もどき



北京ダック…って、肉眼で見たことがあっただろうか。いわゆるテレビの旅番組で見た画像しか思い浮かばない。丸くて飴色の、ぼんやりキラキラとしたイメージ。
調べてみると北京ダックとは、「もともとは宮廷料理」「丸々太らせたアヒルの丸焼き」「皮だけ食べたり、皮と肉を食べたり、地域差がある」「本場北京では1000円くらいから食べられる」んだとか。食べてみたい。しかし、食べる機会はそうそうない。じゃあ、似たモノを、自宅で作れないだろうか? 

■材料
鶏骨付きモモ肉、、花椒、ガムシロップ
食パン(耳なし)、あればニンジン、キュウリ

■作り方
鶏肉を、さっと湯通しして、ガムシロップを塗って、一晩干す。
オーブントースターで、いい色になるまで焼く。
皮をそぎ切って、甜麺醤と野菜とパンと一緒に食べる。



本物の北京ダックと比べてどうか分からないけど、干した鶏肉は想像以上に美味しいです!




15
最終更新日 : 2011-04-01 20:22:01

海軍さんの肉じゃがは34分で出来る



「何これ、すごくおいしい…」
実は正直、そんなに期待していなかったのに、呉名物の肉じゃがは、レベルが違った。砂糖のシンプルな甘さ、醤油の力強さ。煮過ぎていないタマネギ、澄んだ味。
肉じゃがのルーツは海軍さん。レシピは、英国に留学経験のある東郷平八郎が、シチューの材料に醤油を入れたのが始まりではないか、という説が有力。「くれ肉じゃがの会」によると、コツは、海軍レシピ通りに作ること、出来れば呉の醤油「本むらさき」を使うこと、だそうです。
(今回のレシピは、「くれ肉じゃがの会」による公開レシピです。)


■海軍さんの肉じゃが(当時の名前は「甘煮」)レシピ


1 油入れ送気
2 三分後生牛肉入れ
3 七分後砂糖入れ
4 十分後醤油入れ
5 十四分後蒟蒻、馬鈴薯入れ
6 三十一分後玉葱入れ
7 三十四分後終了

  • 醤油を早く入れると醤油臭く、味を悪くすることがある
  • 合計三十五分と見積もれば充分である

(ちなみにこれは船上の「蒸気釜」での作り方なので、油を入れて三分も待たなくていいかも…)。


16
最終更新日 : 2011-04-01 20:22:41

塩ラーメンをトマトラーメンに



中華料理店に行くと、「トマト入りラーメン」が、結構ある。
正直に言うと、美味しいんだかマズいんだかよく分からない、曖昧なメニューだ。
でも自作すると、美味しいものが作れてしまう。なぜかしら。

■材料
インスタント塩ラーメン、生トマト

■作り方
通常の水分量でお湯をわかし、麺といっしょに、トマト投入。

3分間、ぐつぐつ一緒に火にかけ、トマトエキスを煮出す。火を止めて、通常と通りにスープ粉を入れる。

どんぶりに入れてから、さらに生トマトのスライスを、上に乗せる。




意外かもしれませんが、塩ラーメンとトマトの酸味が、素敵なハーモニーをかもしだします。
煮えたトマトも美味しいですよ。

17
最終更新日 : 2011-03-26 10:48:06

お麩でつくる、ヒレカツ的なもの



ベジタリアンの方向けの、グルテンで出来た「フェイクのお肉」というものがある。
台湾式菜食「素食」の店で食べてみたのだけれど、美味しかった。
「真似て作ってみようかな」と思って専門店に行ってみたら、材料が結構お高い。
なので、車麩を使ってみることにした。グルテンだから、似たものが作れるはず。

■材料
車麩、卵、パン粉、市販のソース

■作り方
車麩を20分くら水に漬け、もどったら、水分をきゅーっとしぼる。
とき卵をひたして、パン粉をつけ、油で揚げ、市販のソースをかけて食べる。



想像以上の完成度。ソースの効果もあって、大変に肉っぽい味になった。
ササミか、ブタ肉か、という感じ。人をだませるかもしれません。お試しあれ。


18
最終更新日 : 2011-04-01 19:05:34


読者登録

大塚幸代さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について