閉じる


<<最初から読む

16 / 30ページ

海軍さんの肉じゃがは34分で出来る



「何これ、すごくおいしい…」
実は正直、そんなに期待していなかったのに、呉名物の肉じゃがは、レベルが違った。砂糖のシンプルな甘さ、醤油の力強さ。煮過ぎていないタマネギ、澄んだ味。
肉じゃがのルーツは海軍さん。レシピは、英国に留学経験のある東郷平八郎が、シチューの材料に醤油を入れたのが始まりではないか、という説が有力。「くれ肉じゃがの会」によると、コツは、海軍レシピ通りに作ること、出来れば呉の醤油「本むらさき」を使うこと、だそうです。
(今回のレシピは、「くれ肉じゃがの会」による公開レシピです。)


■海軍さんの肉じゃが(当時の名前は「甘煮」)レシピ


1 油入れ送気
2 三分後生牛肉入れ
3 七分後砂糖入れ
4 十分後醤油入れ
5 十四分後蒟蒻、馬鈴薯入れ
6 三十一分後玉葱入れ
7 三十四分後終了

  • 醤油を早く入れると醤油臭く、味を悪くすることがある
  • 合計三十五分と見積もれば充分である

(ちなみにこれは船上の「蒸気釜」での作り方なので、油を入れて三分も待たなくていいかも…)。


16
最終更新日 : 2011-04-01 20:22:41

塩ラーメンをトマトラーメンに



中華料理店に行くと、「トマト入りラーメン」が、結構ある。
正直に言うと、美味しいんだかマズいんだかよく分からない、曖昧なメニューだ。
でも自作すると、美味しいものが作れてしまう。なぜかしら。

■材料
インスタント塩ラーメン、生トマト

■作り方
通常の水分量でお湯をわかし、麺といっしょに、トマト投入。

3分間、ぐつぐつ一緒に火にかけ、トマトエキスを煮出す。火を止めて、通常と通りにスープ粉を入れる。

どんぶりに入れてから、さらに生トマトのスライスを、上に乗せる。




意外かもしれませんが、塩ラーメンとトマトの酸味が、素敵なハーモニーをかもしだします。
煮えたトマトも美味しいですよ。

17
最終更新日 : 2011-03-26 10:48:06

お麩でつくる、ヒレカツ的なもの



ベジタリアンの方向けの、グルテンで出来た「フェイクのお肉」というものがある。
台湾式菜食「素食」の店で食べてみたのだけれど、美味しかった。
「真似て作ってみようかな」と思って専門店に行ってみたら、材料が結構お高い。
なので、車麩を使ってみることにした。グルテンだから、似たものが作れるはず。

■材料
車麩、卵、パン粉、市販のソース

■作り方
車麩を20分くら水に漬け、もどったら、水分をきゅーっとしぼる。
とき卵をひたして、パン粉をつけ、油で揚げ、市販のソースをかけて食べる。



想像以上の完成度。ソースの効果もあって、大変に肉っぽい味になった。
ササミか、ブタ肉か、という感じ。人をだませるかもしれません。お試しあれ。


18
最終更新日 : 2011-04-01 19:05:34

チェコのおイモ料理、ブランボラーク



チェコ情報誌「CUKR(ツックル)」編集長・梶原さんに、チェコ料理を教えてもらった。

私 「あのー、私、チョコ料理って言われても、どんなものかイマイチ想像がつかないんですが…。」
梶原 「うーん、そうですね、基本はジャガイモです。チェコ人が日本に来て、ゴハンとオカズが出て来ると、『なんでイモがないの?』って訊かれます。」

私 「えっ、そんなにイモが!?」
というわけで、チェコ人にとって大切なおイモ料理、「ブランボラーク」を作ってみます。


■材料
ジャガイモ、ニンニク、赤ピーマン、タマネギ、パン粉、塩

■作り方
ジャガイモは5コくらいを皮をむいて、すりおろす。
タマネギはみじん切りにして炒める。
すりおろしたジャガイモに、ニンニクをつぶしたもの、タマネギ、タマゴ、パン粉、塩を入れる。
タネを全部混ぜたら、フライパンで両面焼く。
赤ピーマンは適当な大きさに切り、生のまま添える。



パンケーキみたいにパサパサしていなくて、お好み焼きや、チヂミとも違う感触。ジュワッとしていて、ジャガイモとタマネギとニンニクがハーモニーを奏でていて、チェコ名物のビールに、ぴったりの味です。

19
最終更新日 : 2011-04-16 07:42:09

パンを茹でて作るパン、クネドリーキ



チェコ料理だ。残ったパンを使った茹でパンだ。これが妙に、うまい。日本人感覚の「パンのうまさ」じゃない、パンの底力のような味がする。古いパンの再利用法なのかな? と勝手に思っていたのだけれど、チェコ情報誌「CUKR(ツックル)」梶原さんに訊いたら、「チェコのパンはもともと固くて日持ちするので、パンを混ぜ込むのは再利用というよりバリエーションのひとつ。 他に茹でじゃがいもやサラミ、パセリを入れたりもします。添える料理や味の好みで決めてるいるようです」とのこと。なるほど、異文化。

■材料
小麦粉150グラム、牛乳50ml、ドライイーストひとつまみ、
卵黄小さじ1、塩適量、食パンなど余ったパン1枚くらい

■作り方
ぬるく温めた牛乳と小麦粉、ドライイーストを混ぜて「予備発酵」というやつをする。(予備発酵が要らないドライイーストもあるので注意)。次に、材料を全部混ぜて、こねる。食パンはちぎって混ぜ込み、4、5センチの円筒形にまとめる。
沸騰したお湯に塩をひとつかみ入れ、30分茹で、1.5センチくらいにスライスする。



本来は「グラーシュ」というスープと合わせるのだけれど、ビーフシチューと食べてもおいしいです。尚、レシピは「CUKR4号」に掲載されているものを参考にしました。感謝。



20
最終更新日 : 2011-04-01 20:37:02


読者登録

大塚幸代さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について