閉じる


<<最初から読む

23 / 34ページ

10.用語解説 
  
[あ]

アーカイバル ARCHIVAL 
広義には、100年単位の長期保存にかなう収蔵庫や空調などの設備が整っている状態のこと。フィルムアーカイブ内で使用する備品(保存容器、梱包材、包装紙など)を指す場合は、所蔵品の長期保存に際して悪影響を及ぼすことのない素材、つまり化学反応を起こさない(不活性)素材を指す。 
    
アーカイバル・プリンティング[フィルム→フィルムへの複製] ARCHIVAL PRINTING 
復元を専門とする現像所(ラボ)でおこなう複製作業。縮みや乾燥など、劣化の兆候がみられる古いフィルムも傷めることなく扱えることが条件となる。通常は、現存するネガからプリントを作成すること、または現存するプリントからネガ(インター・ネガ)と新しいプリントを作成することを指す。現状ではフィルムからフィルムへの複製を繰り返すことが最善のフィルム保存方法とされている。 
 
アウトテイク OUT-TAKE 
最終プリントの段階で結局使われることのなかった場面を撮影したフィルム。 
 
アセテート ACETATE 
フィルムのベースの一種。遅撚性。ナイトレート・ ベース(可燃性)のリスクを回避するため、1920年代にアマチュア用フィルムとして生産が開始された。ナイトレートの製造が中止された1950年代初頭からは、35mmベースの主流を占めるようになる。アセテート系ベースにはダイアセテートとトリアセテート(=セルロース・トリアセテート/トリアセテート・セルロース/3酢酸セルロース/TAC)がある。近年ではトリアセテートが主流で、ポリエステル・ ベースとともに「不燃性(セイフティ)」とも呼ばれる。アセテート系ベースの成分である酢酸はビネガーシンドロームの要因となる。 
   
映画フィルム MOTION PICTURE FILM
薄く柔軟性のある透明な素材で、通常は片側または両側にパーフォレーションがあり、連続する画像を擁している。 

エッジウェーブ/フラーティング EDGEWAVE/ FLUTING 
フィルムの中央部が縮んで(またはエッジが伸びて)、全体がワカメ状になること。

エッジコード/デートコード EDGE CODE 

フィルムの製造番号。エッジに沿って印刷された記号が、製造年やベース素材などをあらわす。 
 
エマルジョン/乳剤 EMULSION 
感光乳剤。映画フィルムにおいてはハロゲン化銀粒子をゼラチンに分散させたものを指し、これがフィルムのベースにコーティングされる。 
 
エンド TAIL 
フィルムの巻末(トップ HEAD参照のこと) 。

オプティカル・サウンド /オプチカル・サウンド/光学サウンド OPTICAL 
光学技術によりフィルムの端に沿って記録される音声。透明なフィルム上に波線のようにみえるのがエリア で、グレーのグラデーションのようにみえるのがデンシティー。音の抑揚に対応するトラック部分の形状が映写機のエキサイターランプによって読み取られ、その光が音声に変換されて再生される仕組み。 

[か] 


シングル・パーフォレーション SINGLE-PERFORATION FILM
片側だけにパーフォレーションのあるフィルムのこと。この場合、パーフォレーションのない側にサウンド・トラックがあることが多い。 
 
カッピング CUPPING 
フィルムの受けるダメージの一種。フィルムがお椀型に反って平らに戻らない状態。フィルムの一部がひどく縮むことで起こる。縮み方によってはバックリング、エッジ・ウエーブ/フラーティングなどの呼び名がある。 
    
カメラ・オリジナル CAMERA ORIGINAL 
撮影時に使用された(現像所ではなく撮影カメラの中で感光した)フィルム。 
 
クレイジング CRAZING 
乳剤面にあらわれるひび割れのようなライン。アセテート・ベースの縮みによって起こる。

形状 GAUGE 
フィルムの幅(単位:ミリ)。 
35mm:プロ仕様。1895年に登場。 
16mm:プロ/アマ兼用。1923年に登場。
8mm:アマチュア用。1932年に登場(コダック社製)。ストックは16mm幅で、現像段階で半分(8mm)に切断。
スーパー8:プロ/アマ兼用。1965年に登場(コダック社製)。 
シングル8:アマチュア用。1965年に登場(ポリエステル・ベース、カートリッジ、富士フイルム社製)。 このほかに9.5mm、28mm、17.5mm、70mmなどがある。 
   
ゲート GATE
撮影用カメラ、映写機、焼付機などで、アパチャー(開口)部分にフィルムを正確にセットする機構。 
 
現像処理 PROCESSING 
感光したフィルムの現像、定着、水洗など。ネガ現像とポジ現像がある。 
    
コダカラー KODACOLOR 
1920年代に登場した16mmレンチキュラー加色法カラーで、映写時に特別なレンズを必要とする。 直にフィルムを見ると、ラインの入った白黒画像になっている。 
    
コダクローム KODACHROME 
世界でも最初期の多層式カラーフィルム。1935年にコダックが16mmアマチュア用フィルムとして製造を開始した。安定性の高いリバーサルフィルムだった。
    
コンザベーション[保存] CONSERVATION 
フィルムの劣化の進行を遅らせ、その延命につとめること。例えば、フィルムをアーカイブ仕様の缶に入れて低温度に設定した収蔵庫に保管するなど、必要最低限の処方を指す。

[さ] 

サウンドトラック SOUNDTRACK 
フィルムの片側(パーフォレーションとフレームの間)に沿って走っている光学トラック、あるいは磁気トラックのこと。

サプライリール SUPPLY REEL 
映写機のゲートを通過して映写される前のフィルムをかけるリール(テイクアップリール TAKE-UP REEL 参照のこと)。 
    
樟脳 CAMPHOR 
ナイトレートおよびダイアセテートフィルムに使用される可塑剤(加工性、物理的性質を改善するための添加物)で、フィルムに柔軟性と安定性を与える。いわゆる防虫剤の臭いから判別できる。 
    
シングル8 SINGLE 8 
形状 GAUGE参照のこと。 
    
シンチマーク CINCH MARKS 
フィルムや磁気テープ上のタテ方向に走る短いキズ。原因となるのはフィルムの巻きの中に紛れこむ埃やゴミなど。不適切な方法で巻き取られた場合などに起こる(シンチング CINCHING 参照のこと)。 
    
シンチング CINCHING 
フィルムを巻き取るとき、端をきつく引っ張ることによってフィルムの巻きの中に紛れた埃やゴミが擦れ、表面に細かいタテ傷が付くこと(シンチマーク CINCH MARKS 参照のこと)。 
     
スーパー8 SUPER8 
形状 GAUGE 参照のこと。 
 
ステージング・エリア/慣らし室 STAGING AREA 
低温度で保管されているフィルムをすぐに倉庫の外に出すと結露などを起こすため、倉庫の設定よりやや高めの温度でフィルムを慣らす。そのために用意されたスペースのこと。 
    
スプライス/接合/接着 SPLICE 
連続して映写できるようにフィルムとフィルムをつなぐ作業のこと。以下の3タイプがある。 
テープスプライス TAPE SPLICE(ベースの素材を問わず使用できる) 
セメントスプライス CEMENT SPLICE(ポリエステル・ベースには使用できない) 
高周波スプライス ULTRA-SONIC SPLICE(ポリエステル・ベースにのみ使用できる)

スプリット・リール SPLIT REEL. 
コア巻きのフィルムを支えるリール。取り外しのできる2面が合わさって、その中央にコアを挟む構造になっている。 
    
スプロケット SPROCKET 
映写機、カメラ、撮影機などに使用されているフィルム送りのためのローラーに付いている歯。この歯がパーフォレーションとかみ合うことでフィルムを輪動する。

セイフティ・フィルム SAFETY FILM 
ナイトレート・ベースのフィルムではないもの通常はアセテート系を指すが、ポリエステルがこれに含まれることもある。 
    
ゼラチン GELATIN 
乳剤として使用される物質。ハロゲン化銀の粒子はゼラチンの中に拡散して浮いていると考えて良い。蹄、骨、獣皮などを原料とする動物性たんぱく質から成る。ゼリーやマシュマロなど、食用ゼラチンと基本的には同じものだが、純度がより高い。 

染色 TINT 
無声映画の時代に一般的だった技法。通常は現像後に白黒フィルムのベース面を染める。したがって透明(スクリーン上では白)であるべき部分が、パ ーフォレーションも含めて全面何らかの色に染まる(調色 TONE 参照のこと)。 
 
相対湿度 RELATIVE HUMIDITY 
飽和水蒸気量(水が空気中、気体でいられる最大量の絶対湿度)に対しての割合(%)。飽和水蒸気量は気温が上がると増え、下がると減る。長期保存を考えるとき、相対湿度の設定は重要となる。 
 
[た] 

タイミング・シート、タイミング・ストリップ TIMING SHEET/ TIMING STRIP 
現像所で使用される紙片で、プリント作成の際に正しい光量や使用するフィルターを確認し、結果として適切な色や濃度などを出すためのもの。 米国ではタイミング、米国外ではグレーディングと呼ばれることが多い。 
    
ダイアセテート DI-ACETATE 
アセテート系ベースの素材。初期の16mmフィルムはセルロース・ダイアセテートを使用して生産された。防虫剤のような独特の臭いがある。 1951年を境に、これに代わってトリアセテートが使用されるようになった。 
  
縮み/シュリンケージ SHRINKAGE 
水分、可塑剤(樟脳など)、溶剤を失うことでフィルムの従来の長さが変化したり幅が狭まること。映写熱や使用頻度、経年劣化によることもある。同じ条件のフィルムでも縮み率は不規則。 
 
調色 TONE 
無声映画の時代には一般的だった技法。白黒フィルムの銀粒子(通常は黒色)を別の色に変える。したがって通常は黒であるべき部分が何らかの色に染まる。ベース面やフレームの外側に色が付くことはない(染色 TINT 参照のこと)。

テイクアップ・リール TAKE-UP REEL 
映写機のゲートを通過して映写されたフィルムが巻き取られるリールのこと(サプライ・リール SUPPLY REEL 参照のこと)。 
    
テレシネ TELECINE 
映画フィルムの情報をDVDなどに変換する装置。 

ディスプレイスメント DISPLACEMENT 
映写機の構造上、画とそれに対応する音とはフィルム上で若干ずれている。このずれ(フレーム数)のことを指す。 
レギュラー8磁気 = 56 フレーム 
スーパー8磁気 = 18フレーム 
スーパー8光学 = 22フレーム 
16mm磁気 = 28フレーム 
16mm光学 = 26フレーム 
 
トップ HEAD 
フィルムの巻頭。フレームの画像の天地をみると、天の方向ががトップに向かっている(エンド END参照のこと)。 
    
トリアセテート TRI-ACETATE 
アセテート ACETATE 参照のこと。 
 
[な] 
ナイトレート NITRATE 
 ニトロセルロース・ベースのフィルム。(米国では)1951年以前に製造された35mmフィルムのみに使用されたと考えてほぼ間違いない。非常に燃えやすい危険な性質のため、1952年以降は製造中止となった。(但し旧ソ連や中国では1970年代まで製造されていたといわれる)。コダック社製の場合、エッジに沿って「NITRATE」と印刷されていることから判別できる。 

ネガ NEGATIVE 
一般的に上映用ではなく、反転画像を持つフィルム。ポジ・プリントを作成する為のプリント過程において原版として使用する。基本的にはスチル写真用カメラで使用するネガと同じと考えて良い。 
 
[は] 

パーティクル・トランスファー・ローラー PARTICLE TRANSFER ROLLERS (PTRs) 
フィルムに付着したゴミや埃を除去するための粘着性のあるゴム製のローラー。フィルム洗浄機、または映写機(通常は35mmのプラッター映写用)にも使用されている。 
 
パーフォレーション PERFORATION 
映画フィルムの端に一定の間隔であけられている穴。厳密な規格が定められている。カメラや映写機などの機械にかけると、この穴とスプロケットやピンなどがかみ合わさってフィルムが輪動する。この穴の損傷は 「パーフォレーション壊れ」と呼ばれる。 
    
バインダー BINDER 
フィルムのベースとエマルジョン、または磁気とベースをつなぐ素材。 
    
バックリング BUCKLING 
パーフォレーションのあるフィルムの端が中央より激しく縮むと起こる。長期保存に際して、端から溶剤や水分が失われることに起因する。 
    
ハブ HUB 
フィルムリールの中央部分。


読者登録

Film Preservation Societyさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について