目次
ユークリッド-Eukleides-
1
2
3
4
5
ピエール・ド・フェルマー-Pierre de Fermat-
6
7
8
9
10
ピタゴラス-Pythagoras-
11
12
13
14
15
ルネ・デカルト-René Descartes-
16
17
18
19
20
アルキメデス-Archimedes-
21
22
23
24
25
レオナルド=フィリオ=ボナッチ-Leonardo Fibonacci-
26
27
28
29
30
ブレーズ・パスカル-Blaise Pascal-
31
32
33
34
35
ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ-Gottfried Wilhelm Leibniz-
36
37
38
39
40
アブラーム・ド・モアブル(Abraham de Moivre
41
42
43
44
45
ヤコブ・ベルヌーイ-Jakob Bernoulli-
46
47
48
49
50
ジャン・ル・ロン・ダランベール-Jean Le Rond d'Alembert-
51
52
53
54
55
ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ-Joseph Louis Lagrange-
56
57
58
59
60
ピエール=シモン・ラプラス-Pierre Simon Laplace-
61
62
63
64
65
ジャン・バティスト・ジョゼフ・フーリエ-Jean Baptiste Joseph Fourier-
66
67
68
69
70
ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス-Johann Carl Friedrich Gauss-
71
72
73
74
75
ゲオルク・フリードリヒ・ベルンハルト・リーマン-Georg Friedrich Bernhard Riemann-
76
77
78
アンドリュー・ワイルズ-Andrew John Wiles-
79
80
81
82
83
84
85
86
ジュゼッペ・ペアノ-Giuseppe Peano-
87
88
89
90
オーガスタス・ド・モルガン-Augustus de Morgan-
91
92
93
ダフィット・ヒルベルト-David Hilbert-
94
95
96
レオンハルト・オイラー-Leonhard Euler-
97
98
99
100
101
102
103
最終定理-the Last Theorem-
104
105
106
107
108
109
110
奥付
奥付

閉じる


ダフィット・ヒルベルト-David Hilbert-

94

「トイレかな」

「トイレはトイレだろうけど、用を足しに行ったかはわからねえな」

僕はいすひとつ横にずれて、巧のとなりに座った。「なんであんな言い方したの? 考え方までまねしなくてもさ。もっと自分を持ってもいいんじゃない?」

「俺は俺だ。しっかり分別はついてるぜ。ただ自分が認める人間のいいところ、俺が思ういいところだがな、それを吸収するのは単にまねしてるだけじゃねえ。自分をそうやって肥大化させてるわけさ。中にはあいつにも理解できないこともあるだろうけどな」

「有里は寂しいんだよ」

「そのへんはもう六年なんだから、いつまでも同じ立場同じ考え方ってわけにはいかねえだろ。人それぞれなんだ。まあ、気持ちはわかるけどな」

「幼馴染なんだからさ、もう少しつき合ってあげたら? 巧がどんどん先に行くから有里もあせってると思うよ」

「まったく、お前はお人よしだよ。善のかたまりみたいなやつだ。ちょっと有里にわけてやれよ」

「そんなことないよ。ただちょっと有里の気持ちもわからなくないな、と思うだけだよ」

「でもお前は真に理解してるんだろ?」

「仕組みとしてはね、おかしな点もないしさ。でもどれだけ頭で納得してもさ、どうしても不満がたまって声をあげるもんだよ。有里はそれが強いんだ」

「女心ってやつか?」

「いや、人情っていうんじゃないかな」


95

 老先生と有里は同時に談話室に戻ってきた。時刻は二時前だ。

「今日もよい天気だ。一服は青空の下、空気がうまい環境だと格別の味になる」老先生は満足そうだ。僕のとなりに座った老先生から、ほのかなタバコの香りが漂ってきた。とても甘く優しい香りだ。

 有里も腰を下ろした。僕と反対側の老先生のとなりだ。巧の席とはいすひとつ分離れている。現在の僕たちの位置関係を的確に表しているように思えた。

「じゃあビルなんかの喫煙室での一服はおいしくないんですか?」巧が老先生にたずねた。

「そんなところで一服したことはないから想像でしか答えられんが、きっとひどい味だろう。わざわざあんな箱の中で貴重なタバコを消費するなど理解しがたい」

「どちらにしても、僕たちにはまだまだわからない感覚ですね」僕は感想を述べた。

「君たちはタバコに興味はあるのかね?」老先生は僕たち全員を順に見てきいた。

 僕は思わず巧を見てしまった。巧も僕を見ている。感づかれたかな、と不安な視線を交えて考えるふりをして時間をつくった。

「あります」

 意外にも有里がすぐに答えた。僕と巧は老先生と有里の顔を見比べた。

「ほう。どうしてかね?」

「自然なことです。禁止されているものほど、おいしそうにみえるものはありません」

「もっともだ。有里君はじつに素直だな。とてもよいことだ」老先生は優しい表情になった。怒ったりしないことがちょっと意外だった。

「君たちはどうかね?」

 矛先がこちらに向いて、少し動揺したけど、正直に答えることにした。

「僕もあります」

「俺もです」

「どうしてかね?」

 本音を言おうと思ったけど、すでに有里に答えられてしまっている。僕は何かほかにいい回答はないかと思案した。巧も考え中の表情だ。

「そうか」老先生が言った。「べつに同じ回答でもよろしい。人と違う必要など、どこにもないのだからな」

 僕と巧はお互いに顔を見合わせて、くすっと笑いあった。やっぱり老先生は尊敬できる。


96

 巧はトイレに行くと言って席を立った。談話室から出ていくのを確認してから、僕は席を移動して有里が正面に見える位置についた。

「あのさ、さっき巧と話してたんだけど」僕が切り出すと、有里はばっと片手をまっすぐ僕のほうに伸ばして「待った」のポーズをした。

「それはもういいの。私がわがままだった」有里の声は消え入りそうに小さかった。やっぱりちゃんと気づいて考えていたんだ。

「巧も有里はちゃんとわかってるって言ってはいたんだけど」

「本当の気持ちを巧に言っても、返してくれない。答えてくれない。だからべつに言わなくてもいい」固い表情で有里はまくし立てた。

「それでいいの?」最後のつもりで僕は確認した。

「いい。私がそう決めたから」返ってきた答えの力強さを感じて、僕は頷いただけだった。