閉じる


ユダの手紙

 

ラピス訳新約聖書 ユダの手紙

 

 

 

1.イエス・キリストのしもべであり、ヤコブの兄弟であるユダから父なる神によって聖別され、イエス・キリストによって守られ、召されている方たちへ。

 

2.あわれみがあなたがたにあるように。また、平安と愛が豊かにされますように。

 

3.愛する方々、私は共に受けている救いについてあなたがたに書くためにあらゆる努力をしてきましたが、あなたがたに書くことは私にとって必要なことであり、聖徒にただ一度伝えられた信仰のために本気で戦うようにはっぱをかける必要がありました。

 

4.それはある人々がひそかに忍び込んできたからです。彼らは不敬虔なものたちで、私たちの神の恵みを好色に変え、唯一の主である神と私たちの主であるイエス・キリストを否定しているので、このようなさばきにあうとはるか昔から定められています。

 

5.ですから、あなたがたはかつてこれらのことを知っていましたが、どのようにして主がエジプトの地から人々を救い出し、その後滅ぼされたか、思い出させるでしょう。

 

 

 

6.また、初めに与えられた領分を守らず、自分らの住処を捨てた天使たちには、大いなる日のさばきのために深淵の下で永遠の鎖に留保されています。

 

7.ソドムとゴモラならびに他の周辺の都市も同じように、姦淫を犯し、不自然な肉の欲を追い求めたために、永遠の火の刑罰に苦しみ、みせしめにされています。

 

8.同様にこれらの汚れた夢想家たちは肉体を汚し、支配者を軽蔑し、威厳のある者の悪を語ります。

 

9.しかし大天使ミカエルはモーセの体についてまくしたてる悪魔と論争したとき、あえて、告発の流れに持ち込まず、「主があなたを非難してくださいますように」と言いました。

 

10.しかし、この人たちは自分たちが知りもしないことを悪く言い、野獣的な獣のように、自然に知るようなことの中で堕落するのです。

 

 

 

11.彼らは災いだ!彼らはカインの道を行き、利益のために欲深くバラムの誤りに走り、コラのそむきのように滅びました。

 

12.彼らはあなたがたの愛餐のしみです。彼らがあなたがたと饗宴をするとき、恐れもなく食事をしますが、風に運ばれる水のない雲、果実がしおれ実を結ばない木、枯れに枯れて根こそぎにされた木、

 

13.彼ら自身の恥を泡立たせる海の荒波、深淵の闇が永遠に用意されているさまよう星です。

 

14.そして、アダムから7代目のエノクはまた、彼らについて預言して言いました。「見よ。主は何万もの聖徒を従えてやってくる。

 

15.すべての人にさばきを実行し、不敬虔な者たちの不敬虔に犯したすべての不敬虔な行いと不敬虔な罪びとが主に逆らって話したひどい暴言について、彼らすべてに納得してもらうためです。」

 

16.彼らは自分の欲望のままに歩く、ぶつぶつ言うもの、不満を言う者です。そして、彼らの口は利益のために人々にひどく誇張して称賛するのです。

 

17.しかし、愛されている皆さん。私たちの主イエス・キリストの使徒たちの前に話された言葉を思い出してください。

 

18.彼らはあなたがたにこう言いました。「終わりの時には自分の不敬虔な欲望のままに歩むあざける者どもが現れる。」

 

19.この人たちは御霊を持たず、好色で、自分自身を分離する人たちです。

 

20.しかし、愛する皆さん。あなたがたの最も聖なる信仰の上に自分自身を築き上げ、聖霊の中で祈り、

 

 

 

21.神の愛に身を置き、私たちの主イエス・キリストの永遠のいのちのあわれみを求めなさい。

 

22.疑いを抱く人たちをあわれみ、

 

23.またある人々を恐れを感じながら救い、火の中から彼らをつかみ出し、肉によって汚された衣服さえも忌み嫌いなさい。

 

24.あなたがたをつまずかないように守ることができ、完全な者として、喜びを超えて栄光の御前に立たせることのできる方に、

 

25.唯一知恵のある私たちの救いの神に、栄光と威厳、主権と力が今もこれからもありますように。アーメン。

 

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

ラピス♰さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について