twitterアカウントでログイン

この本は、「【連載】魔法野菜キャビッチ3・キャビッチと伝説の魔女」 のバックナンバーです。(2019-01-01 13:32:35 発行)

カテゴリー 小説・ノンフィクション ファンタジー , 学園・青春・友情 作者 葵むらさき
タグ 連載
ダウンロード

この本には、PDFファイルとePubファイルが存在していません。

Kindleに送信

この本にはePubファイルが存在しないため、MOBIファイルを生成することができません

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ポピーは魔法の世界に住む少女。その世界では「キャビッチ」という、神から与えられた野菜で魔法を使う――「食べる」「投げる」「煮る」「融合」など。
13歳になったポピーは、新たに「シルキワス」という伝統の投げ魔法を会得し、充実した毎日を送っていた。
そんなある日ポピーは母親に頼まれて、祖母の家までおつかいに出た。その祖母こそ、ポピーにシルキワスを教えた人であり、魔法界に――そして鬼魔(キーマ)界に名だたる伝説の魔女・ガーベラその人だった。
おつかいの途中でポピーは、ふしぎな声を耳にする。気になりながらもその正体はつかめずにいた。
そして祖母の家でポピーは、長いこと旅に出ていた父親と再会するが、彼女にくっついて来たポピーのライバル鬼魔・ユエホワを見て祖母と父が言った言葉に、はげしく動揺するのだった――

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

神奈川県内にある「かながわの名木100選」国や県による指定天然記念物を含む大小の名木たち。山岳山林、...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

もっとみる