閉じる


はじめに

 2011年の東日本大震災から既に7年の月日が過ぎました。

 被災三県の中でも福島県だけが今も抱えている大きな問題があります。それが福島第一原発事故による放射能汚染です。

 私は震災以降、被災地の支援活動は直接関わっていませんが、心理職として福島県に足繁く通っていました。福島県では毎日の天気予報で各地の放射線量を伝えています。撤去されることが決まりましたが、県内の至る所に線量計が置かれています。日本で福島県だけが放射能、低線量被曝とつき合い続けています。

 福島に通うになってすぐに放射能についての本を読んで勉強するようになりました。無料で公開された『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』が最も勉強になった一冊でした。恥ずかしながらここで初めて低線量被曝というものを意識しました。私だけではありませんが、多くの人が原発事故以前は全く知らなかった低線量被曝というものについて知ったのでした。それまでは全く知らなかったベクレルやシーベルトといった単位についても、それなりに知識を得ました。

 しかし、問題はこの後です。低線量被曝のリスクというものが心理的にどんな意味があるのかという部分の考察をしている人がいないことに気づきました。

この本はその低線量被曝の意味を考察し、どうしていくのが良かったかを考える構成になっています。

 まず、そもそもの低線量被曝とは何かについて『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』を元に簡単に書いていき。低線量被曝のリスクとは何か。それは心理学的にどう評価すべきかという点を考えていきます。

 次に、そういった心理学的な考察をふまえて、さらに福島はどうするべきだったかを考えていきます。

 最後に、さらに踏み込んで福島の問題とは日本にとって何だったのか、なぜこうなってしまったのかを考察します。


低線量被曝とは

 福島の放射能の不安を考えることは低線量被曝の不安を考えることになります。

 

 この章では低線量被曝とは何か。どんな害があるとされているのかについて簡単にまとめ、さらにその心理的な影響について書いていきます。序盤の低線量被曝の身体的影響についての情報のほとんどは『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』からのものですので、詳しく知りたい方はそちらをお読みください。

 

 放射線による人体へのダメージをsV(シーベルト)という単位で表しますが、だいたい一度に1sV被爆すると吐き気などの症状がすぐ生じます。10sV一度に被爆するとその人はほぼ死亡します。映画などで見る放射能汚染で人がバタバタ倒れるシーンはそれくらいの被爆を表現しているのでしょう。

 今の福島ではそれよりはるかに小さい値の被爆が続くような状態です。その単位はミリの1000分の1のナノを使います。被曝量では1時間あたりどれくらいかの値が使われますので、nSv/hという単位が使われています。

 

 低線量被曝が人体に及ぼす害についてはICRP国際放射線防護委員会)という民間団体がそのダメージを推定しています。それによると

 

・生涯に渡って合計で自然被爆より1Sv多い被爆量だとガンで死亡する可能性が5%上乗せされる。

・ガンで死亡する可能性の上乗せは自然被爆以外の被曝量に比例する

 

 この二つが言われています。ですが、実際に生涯にSvも余分に被爆するということはあまりなく、二番目のガンで死亡する確率上昇と自然被爆以外の被曝量が比例することから、この推定はこうなります。

 

・自然被爆以外の被曝量が生涯で100mSvになると、ガンで死亡する可能性が0.5%上乗せされる

 

 これがICRPが提唱する低線量被曝の人体への害です。

 さらに、生涯をだいたい100年として、年間1mSv以内に被曝を抑えることをICRPでは一つの基準としています。ただし、緊急時には年間20mSvまでとされています。

 

 現在はほとんど撤去されましたが、福島県内には空間線量計が小中学校や駅前、公園など非常に多くの場所に設置してありました。その数値を見て、その場所の線量を知ることができるのです。空間線量は1時間そこにいた時の線量となるので、単位はmSv/hになります。

 年間1mSvの被曝を考えた場合、1日のうち16時間は外にいて8時間は屋内にいると仮定して、だいたい0.2 mSv/h余分に被曝すると年間で1mSvになります。

 ここで、自然被爆についてふれなければなりません。ICRPでは自然被曝以外の被曝とガンの関係を予測しています。実は自然にもわずかながら放射能が毛測できます。場所によって違いますが、東京でも0.04 mSv/h程度の空間線量になるはずです。

 なので、空間線量計の数値が0.24 mSv/h程度の数値を示す場所が、ICRPが勧告する年間1mSvの基準になります。

 震災から23年くらいは、福島市、郡山市、伊達市のかなりの部分で0.24 mSv/hを越えていたように記憶しています。その後は除染の甲斐あって、大部分でこの数値を下回っています(この大部分という点が問題なのですが、それはまたのちほど)。


「ただちに健康に害はありません」の本当の意味

 ICRP勧告は生涯でガンで死亡する可能性の上乗せでした。

 これは人生の中で最後にガンで死亡する可能性のことです。ガンになる可能性ではありません。そしてすぐガンになるわけではありません。低線量被曝は生涯を通してガンで死ぬ可能性を上げるものなのです。

 もうみなさんは忘れてしまったかもしれませんが、震災直後に当時の枝野官房長官が言っていた言葉がありました。それが表題の「ただちに健康に害はありません」でした。

 そうなのです。そもそも低線量被曝はただちに健康に害のあるものではないのです。しかし、この言い方は不親切でした。枝野幹事長はこう言うべきでした。

「原発事故による放射能の被害は何十年という長いスパンで考えるものです」

 これが低線量被曝なのです。

 

 低線量被曝については、もう一点重要なことがあります。それは、個人のガンの原因が低線量被曝かどうかを判断することができないということです。あなたがガンになった時にそれが低線量被曝によるものかそれ以外の原因によるものかを知ることはできません。

 低線量被曝のガンを知るには大勢のデータが必要です。線量が高い地域とそうでない地域とでガンで亡くなった割合に差が出た場合、低線量被曝による影響があると推測できるのです。

 個人のガンを低線量被曝によるものかどうかを判断することはできません。このことは心理的には非常に重要な意味を持ちます。

 震災直後の『朝まで生テレビ』のある放射能の専門家の言葉が今でも私の記憶に鮮明に残っています。

 彼は放射能の危険性を語る上で自身が数年前にガンになったことを告白しました。すぐ前に書いたとおり、それが低線量被曝のせいと断定できないことは専門家として彼は当然知っています。しかし、彼ははっきりとこう語りました。

「私は放射能研究で被曝を続けたので、そのせいでガンになってしまったのではないか。その思いが消えないのです。そして、それが放射能の怖さなのです」

 低線量被曝はガンで死ぬ可能性をわずかに上げるだけのものかもしれません。しかし、それが人に与える不安は大きく、決して軽視できるものではないのです。被曝をするのは計算機ではなく心を持った人間なのです。


そして誰も放射能を見なくなった

 低線量被曝の中で特に意識せず何十年と過ぎた地域を想像してみます。

 そこは概ね他の町と変わりありません。しかし、ガンでの死亡率が全国平均より少しだけ高くなっているでしょう。どれくらい高くなるかはどれくらい線量が高いかと比例します。これはさらなる推測ですが、死ぬほどではないけど何らかの持病を持っている人も他の地域より高い可能性があります。おそらくそれはがん死亡率の上昇より大きいでしょう。

 しかし、現在の福島はそれ以上の問題に溢れています。それは多くの人が避難生活を余儀なくされたからです。

 

 ここまで低線量被曝とそれに対する不安について述べてきましたが、実際の福島では低線量被曝の不安というものとは少し違った現状になっています。

 なぜか。その答えは誰もが知っていることです。福島県では線量が高い地域で強制的に避難を指示されている、もしくはいたからです。指示されていたと書いたのは震災後数年で除染などで線量が下がり、多くの地域が避難指示を解除されているからです。

 しかし、避難によって数年を別の地域で生活したところで、突然、元に暮らせるから戻ってこいと言われて、そう簡単に戻れるでしょうか。避難指示地域からの帰還はまだまだ進んでいません。自分が住んでいる町や仕事を急に追われてしまい、数年後に戻って来てもいいと言われても個人の人生も地域も大きく乱れてしまうことは誰にでも想像できたはずです。避難によるストレスなどで健康を害した人も多かったはずです。

 確かに線量が高い地域ではガンのリスクが高まります。ですが、はたして避難をしないリスクと避難をするリスクとをきちんと比較して避難の決定がされていたのでしょうか?

 

もう大半が撤去されてしまっているかもしれませんが、2018年の時点では福島県内では非常に多くの空間線量計が置かれていました。駅や学校、公園など、とにかく至るところにありました。復興ステーションのホームページによると、県内で約三千台あったようです。

しかし、私は六年間福島県に通っていましたが、私以外にこの線量計をマジマジと見つめていた人を見たことがありませんでした。誰もが線量計を、低線量被曝から目を背けているような印象を受けました。

もちろん、実際は多くの人が線量計を意識的にチェックしていたはずです。避難解除された地域などで、個人的に線量を計測して発表している人も多くいます。

 しかし、大半の人が線量計の数値から興味を失ってしまったというのはあながち間違っていないのではないでしょう。

 避難地域とそうでない地域を区切ったことで、福島の人々は自分がどれくらいの被曝をしているかという興味を失ってしまったのです。

 低線量被曝の被害は短期的に単純に安全と危険とを区別できるものではありません。何十年という時間の中でガンの可能性がやや上がるという長く微妙な問題です。そんな不安と向き合う為には 自分がどれくらい被曝したかを知り続けることが重要だったのではないでしょうか。


空間線量から個人線量へ

 この章は対策編です。

 低線量被曝の特殊性を考えた上で、どのような避難政策を取るべきだったかを書いていきます。

 それは言うならば、見えない放射能を見る方法です。

 

 前章で多くの人が線量計を見ていないようだと書きました。県内全域で空間線量を計るという試みはどれくらい意味があったのか不明です。

 少し前にホットスポットという言葉が関東圏でも話題になりましたが、空間線量は少し場所を変えるだけで値が大きく違うということも多いのです。

 私が提案するのは空間線量から個人線量に測定の比重を変えることです。一定以上の線量が予想される地域に住む全ての人と希望する人に個人の線量を図れる線量計を配布するべきでした。

 個人線量計なら、その人がどれくらい被曝したかを把握することができます。

 実際、それまで避難地域となっていて、それが解除された地域では住民に個人線量計を持ってもらい、空間線量だけでなく、個人線量を計る試みが動き出しています。

 個人線量計を持つことによって各個人の累積の被曝量が推定できるのです。人生の中でどれくらい被曝したのかが分かれば、健康問題との関連も推測することができます。



読者登録

勝沼 悠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について