閉じる


WEB絵本
『露店商人(金子文子)』第6巻
絵・訳:茜町春彦
原作:金子文子

 

Title: A Street Vendor (Kaneko Fumiko) volume 6
Illustrated and translated by: Akanemachi Haruhiko
Original author: Kaneko Fumiko


創作環境について:
Windows7のサポート終了が間近に迫って来たので、Windows10搭載のパソコンに買い換えました.ちょっと奮発してハイエンドマシンを買ってしまいました.表現力はあるけれど動作の重かったArtRageをバージョンアップしてもストレスなく処理できるようになりました.グラフィックボードの御蔭でしょうか.そこで作画手順の変更を思いついたのです.ArtRage5で背景を描いて、Photoshop Elements2020で人物を描くようにしました.第6巻以降、作風が少し異なりますが、御了承ください.


絵1

 

引き上げは大概10時頃だった

それから私は湯島まで12、3町をテクテクと歩いて帰るのであるが、家に着くのはほぼ11時過ぎだった.そしてその頃にはもう大抵の場合、家のものは戸を締めて寝ているのだった.

 

I usually closed my stall at around 10 o'clock. And I went back to Yushima town on foot for 1.2 or 1.3 km. I mostly got home past 11 o'clock.

Around then, the people of the rooming house almost always shut the doors and were sleeping.


絵2

 

私は、商売道具の風呂敷包を片手にぶらさげたまま、片手でそおっと戸をゆすぶって「おかみさん、おかみさん」と呼び起こすのだった.

 

Holding the cloth (the tool of my trade) in a hand, I softly shook a door with another hand. And saying "Mrs. Mrs.", I always woke the wife of the landlord.


絵3

 

だが、それがあまり幾度も重なると気の毒になって、つい起こす勇気もなく、そのまま神田明神の境内にある藤棚の下の、昼間はサイダアや氷を売っているが夜は店をたたんで帰る見晴らし台の上に、ごろりと横たわって寝るのであった.

 

I repeated the same thing many times. And I felt sorry for her. I couldn't gather the courage to wake her up anymore. So, I directly went to the Kandamyojin shrine.

There was a gazebo under the wisteria trellis within the precincts. In daytime, a vendor sold soda and shaved ice at the gazebo. At night, they already removed their stall from the place and went home.  I lay down there and got to sleep.


絵4

 

そうした時、夏でも夜は涼しかったが、その代わり、蚊が猛烈に襲撃して来るので、なかなか容易に眠りつけなかった.

 

In a case like that, it was cool at night even in summer. But mosquitos awfully bit me. So, I couldn't sleep easily.



読者登録

茜町春彦さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について