閉じる


もっと自由になるために

 

もっと自由になるために ~あなたは本当に自由になる~

 

 

 

はじめに

 

 

 

こんにちは!!

 

ラピスです

 

クリスチャンになるとあれをしてはダメかとかこれをしてはダメかとか思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません!!

 

キリスト教の世界はとっても自由な世界です。

 

現世利益もちゃんとあります!!

 

現実に即した宗教なのです。

 

罪から解放され、とってもフリーダムに行動できます!!

 

それは主から愛されているから

 

その愛を信じて、活動したいですね!!

 

主はいつでもあなたのことを見ていてくださいます。

 

この最良のパートナーといつも歩めますように。

 

主を信じて委ねます。

 

アーメン。

 

 

 

目次

 

 

 

1.心のおもむくまま、目の望むまま

 

2.死んだ者は律法から解放されている

 

3.本当に自由になる

 

4.あなたの自由を妨げる律法はない

 

5.私の趣味

 

おわりに

 

 

 

1.心のおもむくまま、目の望むまま

 

 

 

若い男よ。若いうちに楽しめ。若い日にあなたの心を喜ばせよ。あなたの心のおもむくまま、あなたの目の望むままに歩め。しかし、これらすべての事において、あなたは神のさばきを受けることを知っておけ。

 

伝道者11:

 

 

 

このみことばはとっても自由です。

 

自分の心のおもむくまま、自分の目の欲するままに歩むなんてなんて素晴らしい!!と思ってしまいますが、欽定訳聖書(King James Version)では、

 

And walk in the ways of thine heart, and walk in the sight of thine eyes:

 

私訳:そして、あなたの心の道を歩み、目の見る道を歩め。

 

とあり、少し違うんですよね……。

 

自分の心の道……主を思う、愛する道ってことですよね!!

 

目の見るところの道……目の前のことをちゃんとするってことかなぁ……。

 

そう考えるとちょっとここは自由とはちょっと違うかなぁと思いますが、

 

新改訳ではとっても自由です!!

 

自由って本当に大事なことだし、神様のみこころも人が不自由に暮らすことを喜ばれるものではない。

 

なので、日本の翻訳でもいいと思います。

 

口語訳がこれに近かったです。

 

あなたの心の道に歩み、あなたの目の見るところに歩め。

 

心がしたいことは大体していいと思います。

 

それは神様が与えてくださったもので、別に悪いものでも克服すべきものでもない。

 

大丈夫だよ……問題ないよ……のサインだと思う。

 

これしたいなぁ、あれしたいなぁは神様があなたにそれを体験してもらいたくて出してるサインかも。

 

そういうのに素直になって、いろいろなことを楽しめたらいいですね!!

 

アーメン。

 

 

 

2.死んだ者は罪から解放されている

 

 

 

死んでしまった者は、罪から解放されているのです。

 

ローマ人への手紙6:7

 

 

 

死ぬ……これはイエスの十字架の死をまとうこと……つまり洗礼を指します。

 

 

 

私たちはキリストの死にあずかるバプテスマによって、キリストと共に葬られたのです。

 

ローマ6:4

 

 

 

そして、律法からも解放されています。

 

 

 

それとも、兄弟たち。あなたがたは、律法が人に対して権限を持つのは、その人の生きている期間だけだ、ということを知らないのですか――私は律法を知っている人々に言っているのです。ローマ7:1

 

ローマ7:1

 

 

 

律法とは神様が造った規則のことです。つまり旧約聖書全般です。

 

それから解放されている。

 

つまり完全に自由になったということです。

 

死んでしまったから。自分の意志なんてものはない、

 

ただキリストの御霊が考えてくれているということです。

 

パーフェクトフリーということです。言い方を変えました笑

 

キリストの御霊が考えてくれている、私たちは霊ということです。

 

 

 

肉によって生まれた者は肉です。御霊によって生まれた者は霊です

 

ヨハネ3:6

 

 

 

私たちは霊……幽霊でしょうか……。

 

キリストの霊が本体で体は依り代ということですね!!

 

自分の霊はどこに行ってしまったんでしょうか??

 

多分。神様の御手の中にあると思います。

 

 

 

あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神のうちに隠されているからです。コロサイ3:3

 

 

 

死んでしまったから何をしても大丈夫

 

神様の内側ってことは天にあるってことですよね!!

 

イエス様と一緒にいのちが

 

この世で何をしても大丈夫。

 

イエス様は私のいのちを捨てない。

 

そう信じてこれからも歩みたいです

 

 

 

3.本当に自由になる

 

 

 

ですから、もし子があなたがたを自由にするなら、あなたがたはほんとうに自由なのです

 

ヨハネ8:36

 

 

 

子というのはもちろん御子イエス様

 

これは主の十字架を指しているのかもしれませんね。

 

主の十字架の血潮ですべてのものが清くなった。

 

律法というものを廃棄された。

 

 

 

ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。

 

敵意とは、さまざまな規定から成り立っている戒めの律法なのです。

 

エペソ2:15

 

 

 

戒めである律法を廃棄された。

 

残る戒めはキリストの戒めということです。

 

キリストの戒めとは愛。

 

愛に反することがしてはならないこと。

 

人を悪く思ったり、物を悪く言ったり。

 

そういうことから離れることが大事だと思います。

 

そこから本当の自由がやってくると思います。

 

愛にあふれた素晴らしい世界が

 

大きく足を踏み入れて進みたいですね!!

 

アーメン。

 

 

 

4.あなたの自由を妨げる律法はない

 

 

 

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、

 

柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。

 

ガラテヤ5:22,23

 

 

 

人を愛する気持ち、素晴らしいですね!!

 

あなたの心の喜ぶものは、誰も否定するものでもない。

 

楽しいなら、うれしいなら、ハレルヤならそれは全然構わないってことです。

 

平安を与えるヒーリングミュージックも素晴らしいですね!!

 

私もいっぱい持ってます笑

 

柔和、心が朗らかになるものも素晴らしいですね!!

 

あんまり、心によろしくないもの、攻撃的になる音楽とかダークなゲームとか。

 

趣味も選んだ方がいいってことですね。

 

最初は嫌かもしれないけど、あとは喜びです。

 

心豊かな音楽、懐かしい音楽を聴いて心ハレルヤです。

 

そうやって主を信じていきましょう。

 

主はあなたのことを愛していますから。

 

アーメン。

 

 

 

5.私の趣味

 

 

 

えっと私の趣味はぁ、音楽鑑賞です!!

 

Mp3プレーヤーに入れて聴いています。

 

でも、あんまり音楽は買っていません。

 

昔の曲も素晴らしいですからね。

 

では、私の聴いている音楽を紹介したいと思いまーす

 

 

 

 

 

 

1章 一般の曲編!!

 

1.ジブリのオルゴール

 

アマゾンで買いました。とても癒されています。

 

 

 

2.ガチで恋するお前らへ

 

うごくちゃんが歌っています。とっても面白い!!

 

大切なことを教えてくれます。

 

愛は行動で示すものなんだよ。

 

 

 

3.走馬灯ラビリンス

 

サビが好きです。ねぇどーして 走馬灯 君が君が浮かんでしまうの?

 

Yunomiさんの曲は全部好きです。

 

お勧めします!!

 

 

 

4.白金ディスコ

 

私は元オタクです。なのでこういう曲も聴きます。私だって恋がしたい!!

 

でも、それはいいです……忘れます……。

 

 

 

5.愛しのバービーガール

 

洋楽も聴くんですよ。昔の彼女が聴いててそれで思い出です。

 

 

 

6.Someone to call my lover

 

ジャネット・ジャクソンさんの曲です。

 

可愛く歌っています。 

 

 

 

7.月の光 ドビュッシー

 

ドビュッシーの曲はとても聴きやすいと思います。

 

2つのアラベスクとか。

 

ヤナーチェクのシンフォニエッタも興味深い。

 

村上春樹の1Q84の影響です。

 

 

 

 

 

2章 賛美歌編!!

  

どんな時でも

 

Praise stationの賛美です。

 

どんな時でも賛美をやめないなんてすごいなぁ……。

 

見習いたい信仰ですね!!

 

 

 

御腕に抱いて

 

これもPraise stationです。

 

主はどんな時でも優しく迎えてくれ、

 

御腕で抱いてくださる。

 

私も主に飛び込みます。

 

すべてを手放して。

 

 

 

君は愛されるため生まれた

 

そう思えなくても、時間がたってみると、

 

ああ、これも愛だった、これも愛だったってなる。

 

主の愛って偉大ですね。

  

   

 

 

番外編 ディスガイア

  

私は洗礼を受けて6年はたってから、福音のためとか言って

  

ディスガイアを始めました。

  

このゲームは悪魔が主人公で、ひたすら強くなっていくやりこみゲーです。

  

レベルは9999まで上げられるんですよ。

  

私は9000まで上げました。

  

それでもラスボスを装備を奪わないと勝てないなんて……

  

プリニーバール強すぎです。

  

被ダメ240万とか。一発で吹っ飛びます。

  

でも、これを作業所のスタッフに話すと笑ってくれました。

  

それだけでもやった意味はあったのではと思います。

  

私も面白かったし、いい思い出です。

 

アーメン。

 

 

 

これからはゲームは懐かしいのをやっていこうかなと思います。

 

だってストーリーが覚えてないんだもん!!

  

それに子供に帰ったみたいでそれもまた面白い。

  

まず、FF7をやってみようかな。

 

ストーリーがよくできてると思います。

 

 

 

創作活動も面白いですよ。エレキベースに挑戦したいです。

 

神様は祝福してくださると思いますから。

 

主にあってできるのです。

 

なんでも挑戦してみるって素敵なことですね。

 

そう思います☆

 

アーメン。

 

 

 

あとがき

  

主にあっての自由、キリスト者の自由、お分かりいただけたでしょうか?

 

罪から解放されたということは悪いことはしない。

 

自分のしたいように生きていけるということです。

 

バイブルもそんなに読まなくっていい。

 

神様が愛してくださっていることが分かるのに、どうしてそんなに聖書を読まなくちゃいけないの??

 

それも律法的な思いだと思います。

 

大切なのは人を愛すること、神を愛することです。

 

人を愛するというのはその人と同じようになるということです。

 

 

 

弱い人々には、弱い者になりました。

 

弱い人々を獲得するためです。

 

すべての人に、すべてのものとなりました。

 

それは、何とかして、幾人かでも救うためです。

 

コリントⅠ9:22

 

 

 

みんなのように暮らすということです。

 

好きな音楽を聴いて、したいことして、好きな本を読んで。

 

そうやって、人々に寄り添っていくということです。

 

そうした思いから、人々を受け入れ、受け入れられ、キリストのいのちにあずかる人が幾人かでも現れてくれたらと思います。

 

自由に暮らすっていうのはとても伝道的な生き方だと思います。

 

ここまで、お読みくださりありがとうございます。

 

聖書は読まなくてもいいです。

 

キリストを受け入れてください。

 

そこから、真の自由が始まりますから。

 

祝福をお祈りいたします。

 

ありがとうございました。

 

 

 

アーメン。

 

 

 

 

 

2019年11月13日

 

 

 

ラピス

 

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

ラピス♰さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について