閉じる


試し読みできます

目次

1.アクセルワークでガソリン節約

1-1.急はダメ!

1-2.ガソリン消費をおさえる運転術

1-3.ブレーキのテクニック

 

2.運転時、メンテナンスで気をつけること

     空気圧はこれがベスト!

     ガソリン給油時は満タンにすべき?

     エアコンをつけると燃費が○%悪化する

     アイドリングはダメ?

     エンジンオイルはどんなオイルが良いか

     ガソリンを入れるのにベストな時間帯とは

     トランクやルーフの荷物

     渋滞は燃費の敵

     車の色って燃費に関係する?

終わりに


試し読みできます

1. アクセルワークでガソリン節約

1-1 急はダメ

急はダメということですが、これは急発進、急停車どちらもダメ

 

ということです。

 

 

 

燃料を最もたくさん消費するのは、発車する時なんですね。

 

あれだけの重いものを動かすわけですから、パワーもいるわけです。

 

 

 

急発進は、燃料の消費が多くなってしまうので、発進する時はゆっくり

 

するようにしましょう。オートマでしたら、クリープ現象というものがあり

 

ます。

 

 

 

クリープ現象とは、ギアをドライブに入れると勝手にゆっくり動き出す現象

 

のことですが、オートマでしたら、このクリープ現象でまずちょっと車を動かしてから、ゆっくりとアクセルをちょっとずつ押していくような感じでスピードを上げていきましょう。

 

 

 

アクセルを踏み込むのではなく、優しく押していくような感じで加速するようにしてください。

 

また、燃料は減速時にも消費されます。

 

ブレーキも急にかけるのではなく、余裕を持ってかけるようにしましょう。

 

 

 

1-2 ガソリン消費を抑える運転術

 

ガソリンを消費するのは、発進時が一番燃料を消費すると前述しましたが、アクセルを踏み込むと燃料は多く消費されてしまいます。

 

 

 

アクセルで加速する時は、ふんわりと加速するような感じにすると燃料の

 

消費を抑えることが出来ます。

 

 

 

運転中の意識として、エンジン音を静かに保つよう心がけてください。

 

エンジン音が上がるということは、それだけアクセルを踏み込んでしまっているということです。一定の速度で走ることで、余計な燃料消費は抑えることが出来ます。

 

 

 

また、スピードの出しすぎは燃料が多く消費されます。加速時に燃料を消費するのと、減速時に燃料を消費するのがスピードを出すと増えるからです。

 

また、スピードが増えると空気抵抗が増します。

 

空気抵抗が増えると、車を動かすのにそれだけパワーが必要になって

 

燃料消費も増えてしまうので、注意しましょう。

 

 

 

また、高速道路ではスピードを出すことから空気抵抗はどうしても一般道で走るよりも多くなってしまいます。

 

 

 

高速道路で燃料消費を最小限に抑えるためには、一定の速度で、スピードを出しすぎないようにすることです。

 

 

 

また、空気抵抗を減らすために他の車の後ろにつくようにするというのも

 

一つのテクニックです。前に車がいると、風の影響をもろに受けないので空気抵抗をおさえることが出来ます。

 

 

 

しかし、空気抵抗をおさえるためにと前の車に近づきすぎるのは危険ですので、車間距離は保つようにしましょう。

 

 

 

あと、高速道路に限らずですが、車線変更を頻繁にしたり、追い越しを

 

したりするのも燃料を多く消費してしまうので、控えましょう。

 

 

 

1-3 ブレーキのテクニック

 

急ブレーキがダメということは既にお伝えしました。

 

急ブレーキをしないようにするためには、車間距離を保った運転と、スピードを出しすぎないようにすることが重要です。

 

 

 

車間距離を保っていれば、早めにアクセルから足を離してエンジンブレーキをかけることが出来ます。

 

 

 

坂道を下る時なども、車間距離を保っていればエンジンブレーキを積極的に使うことが出来ます。

 

 

ガソリンを節約する運転術は、安全運転にもつながるので、積極的に取り入れるようにしましょう。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格10円(税込)

読者登録

ピースさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について