閉じる


《一流》会計事務所の 《優秀》な会計士

《一流》会計事務所の 《優秀》な会計士

 

 

 

   一度目の決算書を見た顧客。

 

――こんなに正確に数字を出してどうするんだ。こういうのを馬鹿正直って言うんだよ。

 

   二度目の決算書を見た顧客。

 

――赤じゃ困るんだよな。

 

   三度目の決算書を見た顧客。

 

――多少は色をつけてもらわんと。

 

   四度目の決算書を見た顧客。

 

――こんなところか。

 

 

   望む結果を得ようとしたら、プログラムの書き換えを要するコンピュータとは異なり、仄めかすだけで足りるとすれば、故障もしやすければ、連続運転に難もありはするが、それでも《優秀》な出力装置ではある。そこには少なくとも利便を見出せはする。

 

 

(了)


この本の内容は以上です。


読者登録

野島明さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について