閉じる


<<最初から読む

9 / 9ページ

その他の"day of infamy"について

その他の"day of infamy"について

 

2000年12月の"infamy"。

  

It seems to me, on the basis of all that is coming down on this day in the USA, that today is another day that will live in infamy.(下線は引用者)
〈合衆国で今日起こっているありとあらゆることを基にすると、今日という日は汚辱とともに記憶されることになる新たな日付であるように私には思える。〉
(注)today : 2000年12月14日。フロリダ州の開票を巡って混迷を続けた2000年米大統領選でブッシュ候補の当選が確定し、ゴア候補が敗北宣言した日。 
(注)"Progressive Sociology Network"への投稿。

(Another Day that will Live in Infamy(14 December 2000 03:31 UTC) by Scott Kerlin, Progressive Sociology Network)

 

百数十年前の"infamy"。

  

"1845 - 1852 YEARS OF INFAMY"(1845 - 1852 忌わしき時代)
(http://www.alltel.net/~dmurphy595/Years_of_Infamy.html)。

  

1845年から続いたアイルランドのジャガイモ大飢饉[The Great Potato Famine of Ireland]である。1845年から1851年の期間の餓死者は2,225,000人以上と見積もられている。

  

最後に、重ねてM.M.氏の貴重なご意見・ご指摘に心より感謝申し上げる。 

 

(了)

-----------------------------------------------------------------------------------


この本の内容は以上です。


読者登録

野島明さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について