閉じる


<<最初から読む

2 / 9ページ

No.46 "the Day of Infamy"

 真珠湾、9.11、the Day of Infamy

No.46 "the Day of Infamy"

No.45 "September 11"の補記。読者のご意見を元に。) 

 

「毎回New Terms & Usages 《新語・新用法紹介》を楽しみにしています」というあり難い読者M.M.氏から、No.45 "September 11"の記述について以下のようなご意見及びご指摘をいただいた。深く感謝申し上げる。

 

このテロ事件に関しては「パールハーバー以来の」という修飾語が付けられる ことが多いようですが、"date that will live in infamy" "Day of Infamy" がパールハーバー奇襲の日を指すということを説明した方がよかったと思います。
(何故anotherNewが使われているのかがはっきりします)

19411941年12月8日の演説でFranklin D. Roosevelt大統領は次のように述べました。

 

Yesterday, December 7, 1941 -- a date which will live in infamy -- the United States of America was suddenly and deliberately attacked by naval and air forces of the Empire of Japan.

 

演説草稿では"date that will live in infamy"という言葉は使われていな かったようです。

 

Yesterday, December 7, 1941, a date which will live in *world history*, the United States was *simultaneously* and deliberately attacked by naval and air forces of the Empire of Japan."

 

M.M.ご指摘通り、9月11日のテロ攻撃に際しては数多くの書き手が真珠湾攻撃[Pearl Harbor]を連想している。表題に"Pearl Harbor"を含む記事は今のところ目にしてはいないが、"day of infamy"を含む報道記事・解説・論説は気がついた限りでもいくつかあった。No.45 "September 11"で引用した文例の出典、Column: New Day of Infamy (By WILLIAM SAFIRE, The New York Times ON THE WEB, SEP 12, 2001)の他にも、

 

Day of infamy (Economist, Sep 12th 2001)

Column: Another day of infamy: In this case, civilians are the targets (by Howie Carr, Boston Herald, Wednesday, September 12, 2001)

Editorial: Another day of infamy (Baltimore Sun, September 12, 2001)

Opinion: Two days of infamy - and the chance to lead (By Godfrey Sperling, Christian Science Monitor.com, the September 18, 2001 edition)

 

ここ60年ほどの合衆国の歴史の中では"the day of infamy"は"Pearl Harbor"の別称とされているらしく、いずれの記事でも"Pearl Harbor"が引き合いに出されている。

合衆国両院合同議会での大統領演説という極め付きの公式の場においても、それとはなしに"Pearl Harbor"への言及は行われるのである(この演説では"infamy"という語は用いられていない)。

 

アメリカ人は数々の戦争を体験しています。しかし、過去136年の間、戦争は外国の地におけるものでした。1941年のある日曜日を別にすれば。

Americans have known wars. But for the past 136 years they have been wars on foreign soil, except for one Sunday in 1941

(President Bush's Address on Terrorism Before a Joint Meeting of Congress, The New York Times ON THE WEB, September 21, 2001)

 


Rooseveltの演説草稿中の"a date which will live in world history"について

 

M.M.氏にご教示いただいた点、草稿段階では"a date which will live in world history"云々、については、


National Archives and Records Administration中の頁"A Date Which Will Live in Infamy: Historical Background"(http://www.nara.gov/education/teaching/fdr/infamy.html) が参考になる。そこには以下の記述が見える。

  

He made the most significant change in the critical first line, which originally read, "a date which will live in world history." (下線は引用者)

 

 演説のタイプ原稿を画像で見ることもできる。加筆された結果"a date which will live in infamy"に落ち着いたことまではわかる。ただ、画像から加筆前の該当部がどうであったかを読み取るのは少々難しい。

  

"infamy"という語の意味合いについては次のような記述があった。

 

In his second draft, he crossed out "world history" and substituted a condemnatory word that was far more memorable: infamy. Though its adjective, infamous, was frequently used, the noun infamy was less familiar. It means "evil fame, shameful repute, notorious disgrace" and befitted the nation's shock at the bloody destruction at Pearl Harbor, a successful surprise blow that was instantly characterized by the victim nation as a ‘‘sneak attack.’’
〈その第二稿で、彼は "world history" を抹消し、遥かに記憶に残る断罪的な語、infamy[汚辱]に書き換えた。 その形容詞infamousはよく用いられていたが、名詞infamyはそれほど馴染みのある語ではなかった。この語は「悪名、恥ずべき世評、公然の恥辱」を意味し、真珠湾での血腥い破壊、被害を受けた国によって直ちに「奇襲」と特徴づけられることになった首尾よく不意をついた攻撃で受けた国民の衝撃に見合っていた。〉
(Words of the War on Terror By WILLIAM SAFIRE, The New York Times Magazine ON THE WEB, SEP 23, 2001) 

 


関係詞thatとwhichの使い分けについて

関係詞thatwhichの使い分けについて

 

ローズベルトの演説原文(注1)の"a date which will live in infamy"の転用のされ方を見ていると、関係詞thatとwhichの使い分けがこれ以上はないほど明確に行われているのに気づく。原文を直接引用している場合(注2)を除くと、No.45 "September 11"で引用した部分を含め、目にした限りではすべてが"a day[date] that will live in infamy "とthatを用いているし、引用という体裁を取っていながら"that"を用いている例さえある(注3)。馴染みの言語事実である。 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
(注1)
FRANKLIN D. ROOSEVELT'S PEARL HARBOR SPEECH (December 8, 1941)

  

(注2)


But initially he plainly missed his chance to reflect the national mood in the way that Franklin Roosevelt did when, following the attack on Pearl Harbor, he branded December 7, 1941, as “a date which will live in infamy”.
(Political posturing by ANTHONY HOWARD, The Times Online, TUESDAY SEPTEMBER 18 2001)

  

Echoing Franklin D. Roosevelt's description of the attack on Pearl Harbor as an event "which will live in infamy," Gov. George E. Pataki of New York, a Republican, spoke of "an incredible outrage" and Senator Charles E. Schumer of New York, a Democrat, spoke of "a dastardly attack."
(Nation Plunges Into Fight With Enemy Hard to Identify By R. W. APPLE Jr., The New York Times ON THE WEB, SEP 12, 2001)

  

Pearl Harbor was so clear. In school the next day we gathered in the auditorium and listened to President Roosevelt. "Yesterday, December 7, 1941, a date which will live in infamy . . ."
(A Different World By ANTHONY LEWIS, The New York Times ON THE WEB, SEP 12, 2001)

 

 (注3)


September 11, 2001 - a day that will live in infamy.
〈2001年9月11日、忌まわしさとともに記憶されることになる日。〉 
(Another day of infamy: In this case, civilians are the targets by Howie Carr, Boston Herald.com, Wednesday, September 12, 2001)

  

This, too, was a day that will live in infamy.
〈この日もまた忌まわしさとともに記憶されることになる日となった。〉
(注) この社説は11日のデトロイト・フリー・プレス紙特別夕刊に掲載された[This editorial appeared yesterday in a special edition of the the Detroit Free Press.com.]という注が冒頭にある。

(Editorial: Another day of infamy, The Baltimore Sun, September 12, 2001)

  

Our leaders are bent on convincing us that everything is O.K. America is not afraid. Our spirit is unbroken, although this was a day that will live in infamy and America is now at war.
〈我が国の指導者らは、すべて問題ないのだと我々に信じさせる気である。アメリカは怖れてはいない、我々の意気は粗相してはいない、なるほどこの日はおぞましさとともに記憶されることになる日になったし、アメリカは今戦時下にありはするけれども、と。〉
(注) この号のニューヨーカー紙の"THE TALK OF THE TOWN"は、September 11の「悲劇とその影響[the tragedy and its consequences]」に焦点を当て、John Updike, Jonathan Franzen, Denis Johnson, Roger Angell, Aharon Appelfeld, Rebecca Mead, Susan Sontag, Amitav Ghosh, Donald Antrimの各氏が短文を寄稿している。

 

ソンタグはこの短文(460語)によって右派から批判されることになった。ソンタグ批判の一例は、No Choice (by Lawrence Kaplan, The New Republic Online, Issue Date: 10.01.01/Post Date: 09.20.01) 。「国賊」扱いの批判に対してソンタグは電話インタビュー、The "traitor" fires back (By David Talbot, Salon.com, Oct. 16, 2001)で反論している。

(Opinion: THE TALK OF THE TOWN, The New Yorker.com, Issue of 2001-09-24, Posted 2001-09-17)

  

以下は、引用という体裁を取りながら"that"を用いている例。

  

That evening, I sat with about a hundred of my fellow trainees to hear President Roosevelt's solemn words: that this was "a date that will live in infamy" and that we Americans would always remember "the character of the onslaught against us."
〈その晩、私は百人ほどの訓練兵仲間とともに腰を下ろし、ローズベルト大統領の次のようなおごそこな言葉を聞いた―今日という日は「おぞましさとともに記憶されることになる日」であり、私たちアメリカ人は「我々に対して加えられたこのようなすさまじい攻撃」をいつまでも忘れることはないであろう。〉
(Opinin: Two days of infamy - and the chance to lead (By Godfrey Sperling, Christian Science Monitor.com, the September 18, 2001 edition)

 


"the Day of Infamy"について

"the Day of Infamy"について

 

「リーダーズ+プラスV2」には次のようにある。

  

"the Day of Infamy" 忌まわしき日 《1941 年 12 月 7 日未明, 旧日本帝国海軍が真珠湾の `奇襲攻撃' を行なった; このため米国は翌日日本に宣戦布告をし, 第 2 次大戦に参戦することになった; そのとき議会で大統領 Franklin D. Roosevelt が用いたことば》.]

 

ローズベルトの演説全文を読めば分かるとおり、"the Day of Infamy"という表現をローズベルトは用いていない。従って「Franklin D. Roosevelt が用いたことば」という記述は厳密に言うと適切ではない。想像するに"a date which will live in infamy "から、"day[date] of infamy"という表現が派生したのである(注4)。ちょうど、"the United States of America was suddenly and deliberately attacked by ....."を元にして「奇襲[sneak attack]」(Column: Words of the War on Terror By WILLIAM SAFIRE, ibid. 参照)あるいは「急襲・不意打ち[sudden attack/surprise attack]」が非反省的に使用されるに至り、今なお引き継がれているように(注5)。 

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 
(注4)

 

To assess the movie’s accuracy--and reconstruct “the day of infamy,” in President Franklin Roosevelt’s memorable phrase--NEWSWEEK interviewed dozens of survivors and consulted histories and experts on Pearl Harbor.
〈この映画の正確さを評価し、また、フランクリン・ローズベルト大統領の記憶に残る一節中にある「おぞましき日」を再現するため、ニューズウイーク誌は数十名の生存者から話しを聞き、真珠湾に関する様々な記述にあたり、専門家の助言を求めた。〉
(注)the movie : 2001年に公開されたディズニースタジオの映画“Pearl Harbor”。脚本はランドール・ウォリス[Randall Wallace](“Braveheart”も氏の作品)。この記事はこの映画を特集している。

(The Real Day of Infamy By Evan Thomas, Newsweek[MSNBC.com], May 14 issue)

 

あるいはよく知られている書物、 Day of Infamy: The Classic Account of the Bombing of Pearl Harbor By Walter Lord

 

 
(注5)

 

And it was, without a doubt, a meticulously planned stealth attack by foreigners on US shores.
〈そしてこれは紛れもなく、外国人によって慎重に計画された合衆国の国土に対する奇襲だった。〉
(注)筆者はKorean American。2001年に公開されたディズニースタジオの映画“Pearl Harbor”(脚本はランドール・ウォリス[Randall Wallace])を見ての思いを綴った一文。

(Looking like the Asian enemy By Terry Hong, Christian Science Monitor.com, 2001/05/31)

  

I was sitting on a cot in an Army barracks in New Jersey back on Dec. 7, 1941, when I learned via the radio about the Pearl Harbor sneak attack.
〈さかのぼること1941年12月7日、私はニュージャージ州のとある陸軍兵舎の簡易寝台に座っていた。そのときラジオで真珠湾奇襲のことを知った。〉
(Opinion: Two days of infamy - and the chance to lead By Godfrey Sperling, Christian Science Monitor.com, the September 18, 2001 edition)

 

Americans have known surprise attacks. But never before on thousands of civilians.
〈アメリカ人は幾つかの不意の攻撃を体験しています。しかし、数千人の民間人に対するものは一度たりともありませんでした。〉
(President Bush's Address on Terrorism Before a Joint Meeting of Congress, The New York Times ON THE WEB, September 21, 2001)

 

Bloody Tuesday took more lives than the 1944 D-Day invasion at the Normandy beaches (3,082) and the Japanese 1941 sneak attack on Pearl Harbor (2,388) combined. 

血まみれの火曜日は、1944年のノルマンディー海岸上陸のDデイ(3082人)や1941年の日本による真珠湾奇襲(2388人)を合わせたより多数の人命を奪った。
(注)D-Day : 1944年6月6日、連合軍がノルマンディーに上陸した日。

(Opinion: The terrorists' attack through history’s lens by John Omicinski, USA Today.com, 09/28/2001 - Updated 05:39 PM ET)

 

What happened Sept. 11, 2001, has been called another Pearl Harbor , but let it be noted that, while Pearl Harbor was a sneak attack, it was on a military target.
〈2001年9月11日に起こったことは、真珠湾の再来と呼ばれている。しかし、真珠湾は奇襲である一方、軍事目標に対するものであったことを明記しておこう。〉
(Opinion: Why do they hate us so much? by Paul Greenberg, Washington Times.com, Published 10/4/2001)

  

Today the smoke is still rising from the ruins of the World Trade Center and parts of the Pentagon, as it was from the ruins of Pearl Harbor, but the differences between the only two sneak attacks against our country are mind-boggling.
〈今日、世界貿易センターの廃墟から、またペンタゴンの一部からは依然として煙が立ち昇っている。真珠湾の廃墟がそうであったように。しかし、我が国に対するたった二回の奇襲攻撃の間にある種々の相違点は人を呆然とさせるほどである。〉
(Then And Now By Benjamin C. Bradlee, Washington Post.com, Friday, September 28, 2001; Page A39)

 

We were told we were living through a second day of infamy, and the analogy with Pearl Harbor -- a sudden attack, a catastrophic failure of intelligence -- seemed illuminating until one recalled that the enemy in that case was an identifiable nation state, with discernible territorial aims, while in this instance the enemy had neither face nor name, nor aims that could even be called political.
〈私たちは二度目となるおぞましき日を生きていると告げられた。そして、真珠湾(不意打ち、諜報機関の破局的不手際である)との類比は事態を明らかにしてくれるように思われたが、それもあの場合の敵は正体の明白な国民国家であり、その国家にはそれと分かる領土的目的があったが、今回の敵には顔も名前もなく、政治的と呼べるほどの目的さえないことを思い起こすまでのことであった。〉
(Opinion: Where They Came From by Michael Ignatieff, The New York Times Magazine ON THE WEB, SEP 23, 2001)

 

The film uses state-of-the-art special effects to convey both the sweep and the devastation of the Japanese surprise attack.
〈この映画は最先端の特殊効果を用いて、日本による不意打ちの全体像とそれによる惨禍を伝えている。〉
(The Real Day of Infamy By Evan Thomas, Newsweek[MSNBC.com], 2001 May 14 issue)

  

WILLIAM SAFIREは"sneak attack"を気の利いた言葉で飾っている。

  

It means "evil fame, shameful repute, notorious disgrace" and befitted the nation's shock at the bloody destruction at Pearl Harbor, a successful surprise blow that was instantly characterized by the victim nation as a "sneak attack."
〈この語は「悪名、恥ずべき世評、公然の恥辱」を意味し、真珠湾での血腥い破壊、被害を受けた国によって直ちに「奇襲」と特徴づけられることになった首尾よく不意をついた攻撃で受けた国民の衝撃に見合っていた。〉
(注) It : "infamy"という語。

(Column: Words of the War on Terror By WILLIAM SAFIRE, The New York Times Magazine ON THE WEB, SEP 23, 2001) 

 

 



"sneak attack"あるいは"sudden attack/surprise attack"について

"sneak attack"あるいは"sudden attack/surprise attack"について

 

 「急襲」が成立したのは一つには「諜報機関の破局的不手際」(Where They Came From by Michael Ignatieff。(注5))があったからである。9月11日のテロ攻撃についてさえ諜報機関の不手際を指摘しうる(注6)としたら、「真珠湾」についてはなおのことなのである。戦争は突如としてはじまるわけではない。当時の日米関係の緊迫の度合いは、例えば現在の合衆国とイラクの関係の緊迫度などとは比べようもなかった。警戒を怠らざるべき理由はあったのである。

 

Further, President Roosevelt, just a couple of days earlier, had warned of the breakdown in negotiation with the Japanese and that we were at a point of high risk of being attack.
〈その上、ローズベルト大統領は、(真珠湾攻撃の)ちょうど数日前に、日本との交渉の決裂を警告していたし、それにまた私たちは攻撃の高い危険にさらされていた。〉
(注)無名の一兵士による第二次大戦回想記。文章には相当難がある。
(The Cruiser Scout: Chapter 4 -- "Day Of Infamy" by Paul A. McKinley, cruiserscout.com)(注7)

 

ただし情報収集力の不足だけが「不意打ち」を可能にするわけでもない。 オアフ島の北西部に設置された早期警戒レーダーに巨大な光点が映った後どんなことが起こったか。

 

When the sighting was reported about 7:00 that morning, the officers to whom it was relayed, dismissed it as a flight of geese. The whole island could have been waiting for them, but complacency put the officers in command off guard. (ibid)
〈その発見がその朝7時頃に報告されたとき、報告を受けた当直士官はそれを雁の一隊であるとして片付けた。全島がそれを待ち構えていたであろうが、自足感によって当直将校は警戒を緩めていた。〉(注8)

 

「不意打ち」を成立させることになる「自足感」は将校から一兵卒にいたるまで、現象の仕方は様々であったにせよ、合衆国に遍満していたのである。


以下は一兵卒の「自足感」である。

 

James Wire, ship fitter third class, couldn’t imagine that the Japanese would attack Pearl Harbor. Reflecting the racial views all too typical of his time, he regarded the Japanese as incapable of such a bold affront.
〈三等艤装手であったジェイムズ・ワイアには、日本人が真珠湾を攻撃しようなどとは想像もしえなかった。当時のあまりにも典型的な人種観の反映だが、日本人にはあのように大胆な侮辱的行為は不可能であると彼は思っていた。〉
(注)James Wire : 真珠湾攻撃の生存者。この記事の時点で82歳。
(注)2001年に公開されたディズニースタジオの映画“Pearl Harbor”の特集記事。脚本はランドール・ウォリス[Randall Wallace](“Braveheart”も氏の作品)。

(The Real Day of Infamy By Evan Thomas, Newsweek[MSNBC.com], 2001 May 14 issue)

 

そして当直将校の「自足感」。

 

Tyler, who is now 88, told NEWSWEEK that he did not think “the Japanese would have the audacity to do it against a powerful country like ours. Most people thought Japan wasn’t all that significant.”(ibid)
〈今88歳のタイラー氏はニューズウイーク誌に、「日本人が我が国のような強国に対してあのようなことをするほど大胆である」とは思っていなかったし、「たいていの人たちは日本はそれほど大した国ではないと思っていた」と語った。〉
(注)Tyler : 当直士官であったカーミット・タイラー大尉[the lieutenant in charge, Kermit Tyler]。(注8)参照。

 

最上層部の「自足感」。

 

Love points out that Kimmel failed to send out patrols while keeping his own fleet at a low state of alert, despite numerous signs and portents that war was near.(ibid)
〈ラブ教授が指摘するのは、キンメル司令官は偵察を送ることを怠る一方、艦隊の警戒態勢を緩めたままであった、戦争が近づいているという数々の徴候や予兆があったにもかかわらず、という点である。〉
(注)Love : 海軍兵学校教授であり真珠湾の専門家でもあるロバート・ラブ氏[Robert Love, a professor at the U.S. Naval Academy and a leading authority on Pearl Harbor]。
(注)Kimmel : 太平洋艦隊司令官ハズバンド・E・キンメル海軍大将[Adm. Husband E. Kimmel, the fleet commander]

 

組織とて「自足感」と無縁ではなかった。

 

But a warning telegram from Gen. George C. Marshall, Army chief of staff, was delayed by bad luck and red tape and delivered to Kimmel five hours after the attack had begun. (ibid) 
〈しかし、陸軍参謀長ジョージ・G・マーシャル大将からの警戒を告げる電信は不運と官僚主義によって遅れ、キンメル大将の手元に届いたのは攻撃が始まって5時間後であった。〉

 

アメリカ国民全体が自足していた。

 

The American people, so complacent up to then, suddenly buzzed with wild rumors.(ibid)
〈その瞬間まで非常な自足感にひたっていたアメリカ国民は突然途方もない噂話にざわついた。〉
(注)then : 真珠湾攻撃を受けたとき。

 

あれから60年経っても「自足感」は止むことなく続いていた。

 

“Americans have become complacent,” he told NEWSWEEK. “They think it can’t happen now. But it can.”(ibid)
「アメリカ人は自己満足に陥っている。」と彼はニューズウイーク誌に語った。「アメリカ人はあんなことは今は起こるはずもないと思っている。しかし、起こり得るんだ。」
(注)he : 真珠湾攻撃の当時三等艤装手であったジェイムズ・ワイア(82歳)[James Wire, ship fitter third class]。 更に(注9)参照。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――-

 
(注6)


The attacks exposed a serious weakness in the U.S. intelligence network: How could an operation on this scale have gone undetected? 
〈この攻撃は合衆国の諜報網の重大な欠陥を露わにした。このような規模の作戦が察知されないままであり得たのはなぜか。〉 
(Editorial: Another day of infamy, The Baltimore Sun, September 12, 2001)(この記事については(注3)参照)

  

We have eviscerated our intelligence-gathering capabilities, mainly due to politicians and their media colleagues who have alleged that the United States no longer has enemies and to think so is to engage in a Cold War mentality. 
〈我々は自らの情報収集能力を骨抜きにしてしまったが、この原因は主として、合衆国にはもはや敵はおらず敵がいると思うのは冷戦的精神構造に陥ることであると主張してきた政治家と報道の世界にいるその仲間たちにある。〉 
(Opinion: Goodbye to the doctrine of moral equivalency by Cal Thomas, The Seattle Times.com, Friday, September 14, 2001, 12:00 a.m. Pacific)

  

Why, with $30 billion a year spent on intelligence, couldn't our F.B.I., C.I.A. and N.S.A. prevent this well-coordinated, two-city attack? 
〈何故に、年間300億ドルを諜報機関に費やしながら、我が国のFBIもCIAもNSAも二都市に対するこの十分に連携の取れた攻撃を防ぐことができなかったのか。〉 
(注) NSA : National Security Agency[国家安全保障局] 

(Opinion: New Day of Infamy By WILLIAM SAFIRE, The New York Times ON THE WEB, SEP 12, 2001)

  

痛烈な指摘もある。

  

In other places, when things go wrong, ministers resign and directors are fired. In Washington, after what has to be considered a colossal intelligence failure, the president went over to the Central Intelligence Agency to tell the folks there that he appreciates the great job they're doing. 
〈他のところでは、何かうまく行かなかった場合、大臣は辞任し、担当者は首になる。ワシントンでは、諜報機関の途轍もない失態と見なされねばならない出来事の後、大統領は中央情報局に赴いて職員たちに立派な仕事振りを高く評価していると告げた。〉 
(Opinion: Patriotism Calls Out the Censor By RICHARD REEVES, The New York Times ON THE WEB, October 1, 2001)

  

諜報機関の失態を調査すべきではあるが、当面は後回しにするということで収まっているようである。果たして責任追及が行われることになるのか。

  

It has been deemed a bad idea to start finger-pointing -- at the CIA in particular -- when the country is at a crucial phase of the war in Afghanistan. 
〈国がアフガニスタンでの戦争の重大な局面にあるときに責任追及を(特にCIAに対して)はじめようというのは間違った姿勢であると思われている。〉 
(Patriotism slows inquiries into intelligence failures By David Usborne in New York, Independent Digital, 24 November 2001)

   

"President Bush's Address on Terrorism Before a Joint Meeting of Congress"(ibid)の中でも、諜報機関の責任、大統領自らの責任には全く触れられていない。 

  

 
(注7)


In Washington, as the movie shows with scenes of a fictional code-breaker, the War Department was able to read Japan’s diplomatic cable traffic. On the eve of the attack on Pearl Harbor, Washington knew that Japan was readying to break off peace negotiations.
〈ワシントンでは、この映画が架空の暗号解読係の場面で示しているように、戦争省は日本の外交電信連絡を読み取れていた。 真珠湾攻撃の前夜、ワシントンは、日本が平和交渉を打ち切る用意をしていることを承知していた。〉
(The Real Day of Infamy By Evan Thomas, Newsweek[MSNBC.com], 2001 May 14 issue) 

 

 
(注8)


U.S. radar operators did pick up the intruders as they bore in on the island of Oahu. But the lieutenant in charge, Kermit Tyler, a pilot untrained in radar, figured the huge blip on the screen must have been a flight of American B-17s coming from the mainland.
〈合衆国のレーダー係は実は侵入者を捉えていたのであり、侵入者はオアフ島に迫っていた。しかし、当直のカーミット・タイラー大尉はレーダーの訓練を受けていないパイロットであった。画面上の巨大な光点は本土からやって来るアメリカのB17の編隊であるにちがいないと考えた。〉

(The Real Day of Infamy By Evan Thomas, Newsweek[MSNBC.com], 2001 May 14 issue) 

 

 
(注9)
The United States, lulled into complacency through years of peace and prosperity, was suddenly on a wartime footing against an enemy it may not even know.
〈長期間の平和と繁栄によって自足状態にあった合衆国は突如として、正体も分からないような敵を相手の戦時体制に置かれることになった。〉
(Editorial: A national tragedy, The Record Online[New Jersey], Tuesday, September 11, 2001) 

 

 



読者登録

野島明さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について